【神奈川】かつてのちょんの間街、横浜・黄金町がアートの街に変貌しつつある件

横浜はアートに関しては長い歴史があります。1859年に横浜が開港したとき、横浜の絵師たちは横浜にやって来た西洋人たちを風変わりな顔とエキゾチックな衣服で描き、錦絵の一ジャンル『横浜絵』を生み出しました。最近では、横浜のクリエイティブなシーンはさらに成長を続け、東京と肩を並べるほどになっています。

 現在横浜のアーティストやコミュニティーのグループは、大きな美術館にとどまらず、以前にはあまり関心を持たれていなかった地域をクリエーティブなアートの中心地へと変えています。今や横浜の黄金町と日ノ出町は秋にアートフェスティバルの「黄金町バザール」を開催しており、見逃せない芸術文化の中心地の一つです。その中でも、カフェやバーはリラックスした雰囲気を醸し出して、アートの愛好家たちを引きつけてやみません。本記事では横浜のアートシーンとして最適な、いくつかのスポットを紹介します。

通路全体にわたる映像、写真、インスタレーション
 横浜の新高島駅に直結した、コンクリートの貯蔵庫のような「バンカートステーション」は、BankART1929の新しい拠点となっています。BankArt1929はこれまでに10年以上を費やして、横浜の海岸地域を創造性とアートの中心地として再開発することに取り組んできた非営利団体。

 電車のバイパスとして建設され、その後地下倉庫として数十年にわたり使われてきたこの1000平方メートルのスペースは、BankArt Studio NYKが惜しまれつつ閉鎖された後、BankART1929の主要な多目的イベントスペースとして機能するように改装されました。

 展覧会、ワークショップ、シンポジウムなどのイベントプログラムを行う広大なメインスペースに加え、隣接する地下通路はパブリックアートスペースになっています。この使われなくなった歩行者用の地下通路は、通路全体にわたる映像、写真、インスタレーションなどで歩行者たちを驚かせてくれます。

 店の壁にたくさんのストリートアートが描かれたコンパクトなカフェバーの「ラフパーク(Laugh Park)」は、線路下の狭い通り沿いにある、のんびりとした雰囲気で使い古された家具があふれる多くのスタジオの中にあります。以前は合法性が疑わしい風俗店が並んでいたこのエリアを活性化させたアートシーンの中心となる店舗です。

 ファンキーなアートが描かれた店の壁に加え、定期的に展示会や、大抵はDJが音楽を流して行うライブペインティングセッションが開催されています。また、地元のクリエーティブな人が酒を飲みに来る店にもなっています。ドリンクは、豊富な種類のウオッカ、ビールや梅酒、日本酒など15種類を提供し、フードメニューではオムライスなどの定番のメニューが楽しめます。

横浜で行くべきアートスポット

掲載:https://www.timeout.jp/tokyo/ja/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)