華やかな「料亭」の間に佇む廃屋が語る遊廓時代の在りし日

 今もその遊廓時代の雰囲気を色濃く残す飛田新地。そこに、かつて「満すみ」という屋号で営業し、今は廃墟となった飛田遊廓時代の建物がある。この「満すみ」を舞台にした写真集が『ある遊廓の記憶 飛田新地の廃墟が語る「在りし日」(https://kawazumedia.base.shop/)』だ。静かに時を刻む「満すみ」の写真やダンボールの中に残されていた当時の資料や文書を通して、当時の喧噪や暮らしを追体験する一冊に仕上がっている。今も「料亭」を経営する飛田新地料理組合の組合長、遊廓史や建築史の専門家、『さいごの色街 飛田』の著者であるジャーナリストの井上理津子氏のインタビューや談話も見どころの一つだ。

 『ある遊廓の記憶 飛田新地の廃墟が語る「在りし日」』を上梓した蛙企画の篠原匡氏(ジャーナリスト・編集者)に話を聞いた。(聞き手:加藤 葵、シード・プランニング研究員)

 ──今回出版された『ある遊廓の記憶 飛田新地の廃墟が語る「在りし日」』について、どのような写真集なのか教えて下さい。

 篠原匡氏(以下、篠原):この写真集は、大阪の歓楽街、飛田新地に現存する元遊廓の写真集です。

 この物件は、一帯が「飛田遊廓」と呼ばれていた1929(昭和4)年に建てられたものです。1958(昭和33)年の売春防止法完全施行後は「満すみ」という屋号の「料亭」として風俗営業を続けていましたが、1990年代後半に廃業し、その後はずっと放置されていました。

 この物件との出会いは2019年の夏です。取材で大阪・西成に行った時に物件を管理している方と知り合いになり、中を見せてもらったんです。外観はだいぶ傷んでいましたが、中には大正から昭和初期、戦後に「赤線」と呼ばれた時代の様々なものが残っていて、とても面白いと思いました。

 建物が老朽化して、いつ解体されてもおかしくない状態だったこともあり、「写真集」という形で記録に残そうと考えました。

 ──建物の中には何が残っていたのでしょうか。

飛田新地にあった元遊廓の内部

 篠原:「床が抜けているのかな」などと思って入りましたが、建物の中は意外と綺麗でした。廊下には赤い絨毯がそのまま残っており、表階段の手摺りには松、竹、梅の透かし彫りがされていて、昭和初期の妓楼建築、遊廓建築の特徴が至るところで見受けられました。

 1階の角はバースペースで、壁全体は漆喰で塗られ、床は目の細かいタイル張りでした。もともと吉原遊廓を代表とする妓楼建築は豪奢な木造建築が主流でしたが、大正時代になると、ステンドグラスやタイルを使ったり、窓を洋風の丸窓にしたり、西洋モダンの意匠やデザインが流行り始めました。「満すみ」もそういう流れの中で作られたようです。

 2階には4畳半または6畳の座敷が13部屋ありますが、伝統的な書院造りをわざと崩して数寄屋風にしたり、床の間の柱にわざと曲がり木を使ったり、天井も船の底のような形にしたり、壁も農村や漁村の家のように土壁にしたりと、それぞれすべて異なる作りになっています。このような、意図的に形式を崩すスタイルは当時の遊廓建築によく見られます。非日常的な世界観の演出ということではないでしょうか。

 2階の1室には、当時の書類や資料がたくさん入ったダンボールがありました。時計を買った時の割賦払いの契約書や大分出身の人の履歴書、新聞の4コマ漫画の切り抜き、誰かが結核になった時の体温を記録したメモ、映画や演劇の雑誌。コンロの上に置いて湯煎し、日本酒の熱燗を作る大きな寸胴の器具もありました。

 ──「飛田遊廓」とは、どのような場所だったのでしょうか。

 篠原:江戸時代の吉原遊廓が典型ですが、茶屋で芸妓を呼んで遊興し、そこから遊廓に上るという遊び方でした。しかし、その遊び方だとお金も時間もかかるために、だんだんプロセスが簡略化されて時間が短縮されていくようになった。大正時代にかけて、より直接的な性売買にシフトしていったと言われています。

 1918(大正7)年に開業した飛田遊廓も、その流れの中で作られました。戦前の飛田遊廓は娼妓の数が多く、短時間で直接的な性売買を安価で提供する形が主流だったそうです。戦後は、いわゆる赤線地帯になって、1958(昭和33)年の売春防止法の完全施行後は「料亭」などの業態に転換しました。

 この写真集の舞台である「満すみ」は、完全施行後の当初は旅館と小料理屋の2店に分かれて営業していたようです。納戸の奥で見つけた旅館時代の看板には、「御休憩 250円」「お泊まり 400円」と書かれていました。恐らく1階のバースペースの小料理屋で女性給仕と出会って、“恋愛”をして、隣接する旅館に上がるという形だったのだと思います。

 ──現在の飛田新地の取材もされていますね。

162店舗が加盟する飛田新地料理組合

 篠原:写真集では、飛田新地料理組合の組合長の徳山邦浩さんにもインタビューしています。飛田新地料理組合には現在162店の料亭や料理屋が加盟しています。

 飛田新地料理組合の組織力は強く、若い経営者たちは地域の防災活動なども頻繁に行っています。今回のコロナでも、職域接種として働いている女性たちや近隣の人たちにワクチンを接種しています。特殊な地域なので、失火で燃えてしまえば再建は難しいでしょう。世間の批判にもさらされやすい場所なので、防火や近隣・世論対策に細心の注意を払っているのだと思います。

 ──本写真集を作った経緯を教えて下さい。

 篠原:経済誌「日経ビジネス」の副編集長時代に、インバウンドで盛り上がる日本の不動産を取材するという特集企画があり、大阪・西成の不動産事情を調べに行きました。その時に、大阪・西成の飛田本通商店街(動物園前一番街・二番街)で、中国人が商店を買ってカラオケ居酒屋に転換しているという話を聞いたんです。

 ──面白いですね。

 篠原:ここは飛田に近いところですが、日雇い労働者や生活保護の高齢者の単身男性が1曲100円で歌って飲めるカラオケ居酒屋が100軒以上あって。閉店した商店街の店を買って、カウンターとカラオケの機材と中国から若い女の子を連れて来ればもう営業できる、と。

 その時「満すみ」の物件を管理している不動産会社で、西成の街づくりに取り組む杉浦正彦さんと知り合いました。

 その後、2020年2月頃、西成の労働者の高齢化をテーマにドキュメンタリーを撮ろうと思って、日経ビジネス・ニューヨーク支局時代に一緒に仕事していた映像作家の元吉烈(もとよし・れつ)と一緒に、釜ヶ崎で撮影をしていました。その時にまた、杉浦さんと会って、建物の内部を見せてもらった時に、私とカメラマンがいるから「写真集ならできますね」という話になって、2020年8月末に撮影しました。

 本書では、飛田新地料理組合の組合長の徳山邦浩さんの他に、遊廓史研究をされている佐賀朝さん(大阪市立大学大学院文学研究科・日本史学専修教授)や遊廓建築を研究されている建築史家の橋爪紳也さん、『さいごの色街 飛田』の著者である井上理津子さん(ジャーナリスト)にお話を聞きました。日経ビジネスの先輩で、『ドキュメント がん治療選択』などの著作で知られるジャーナリストの金田信一郎氏には、「遺す」という視点でエッセイをいただいています。

 遊廓や売春には様々な意見があります。「満すみ」という建物を中心にして、経営者・インサイダー、歴史、建物、社会とそれぞれの視点から多角的に浮き上がるようにインタビューと談話を入れようと思いました。

遊廓写真集に続く第二弾は「イタコ」

 ──今回はクラウドファウンディングで出版されていますね。

 篠原:知り合いの編集者に企画を持っていこうと一瞬思いましたが、遊廓の廃墟写真集を出版する出版社なんてないだろうということで、クラウドファンディングにしました。結果、418人の方に合計380万円をご支援いただき、無事出版することができました。支援いただいた方には本当に感謝しています。

 ──クラウドファンディングのリターンに、「満すみ内限定ツアー」がありました。

 篠原:実際に中に入れる元遊廓の廃墟というのは日本中にどこにもないと思って、ツアーをリターンに入れたところ、30人以上の方に参加いただきました。参加者には女性が多く、中には飛田新地で働いていたという女性もいましたね。このプロジェクトを通して、遊廓ファンや廃墟好きの方が全国に大勢いることを知りました。

 ツアーでは、皆さんが見る場所がそれぞれまったく違って面白かったです。タイルとか蛇口とか細かいところまでじっくり見る方もいて。「1~2時間、各自ご自由にご覧になって下さい」と言ったら、午前の部の3時間だと足らないので午後も参加していいですか、という方もいました。

 ツアーはクラウドファンディングのリターンのために考えたものですが、「満すみ」は今も残っているので、もし中を見学したい方がいれば、有料になりますが個別にご連絡下さい(連絡先:info@micro-heritage.jp)。「満すみ」の保存に向けて動き始めており、そのための資金も必要になりますので。

 ちなみに、「満すみ」のような生活文化に根ざした文化や習俗を残すため、杉浦さんたちと「Micro Heritage Japan」という一般社団法人を設立する予定です。地域との共生を含め、どのように「満すみ」を遺すかはこれから考えていきます。

 ──写真集の第2弾を準備されているそうですね。

 篠原:今、写真集の第2弾として青森のイタコの写真集を作っています。

 死者の口寄せで有名なイタコですが、伝統的な修行を通じてイタコになった方はもう3~4人しかいません。しかも、盲目のイタコはご高齢の中村タケさんだけです。もともとイタコは目の見えない女性が生きていくための仕事で、コミュニティの中における社会保障的な意味がありました。

 僕自身、特定の宗教を信仰していませんが、多くの日本人と同じく墓参りや初詣で寺院や神社に行きますし、全く信仰がないわけではありません。そんな日本人の信仰や霊魂に対する考え方など、イタコのベースにあるものを伝統的なイタコを通して描こうと思っています。こちらもクラウドファンディングを実施しようと思っていますので、関心のある方はぜひご協力下さい(※クラウドファンディングの時期は3月頃を想定。連絡先:info@kawazu.media)。

 ──遊廓やイタコと、少し変わったテーマに興味をお持ちのようですが、もともとは経済記者ですよね。

シリコンバレーの貧困街を歩き回った日々

 篠原:そうです(笑)。私は1999年に日経BPに入社して、日経ビジネスに配属されました。若い頃は、孫正義さんの連載をやっていたフリージャーナリストの雑用係になったのを皮切りに、三井住友銀行の不良債権と元頭取の西川善文氏に関する連載をしたり、郵政問題を追求したりと、いわゆる週刊誌的な方向の仕事をゴリゴリとやっていました。

 ただ、その路線にだんだんと飽きてきて、2000年代末頃からは農業再興や地方創生、水俣に関する特集などを手がけるようになりました。もともと父親の田舎が「ポツンと一軒家」に出てくるようなところで、子供の時から農業や林業、地方に関心があったんですよね。

 2015年にニューヨーク支局に赴任した後は、それこそ米国中を出張していました。私が赴任していた時期は、ちょうどトランプ政権に切り替わる前後で、米国が大きく変わるタイミングでした。その中で、トランプ大統領を選び出した普通のアメリカ人を取材したかったんです。詳細は『グローバル資本主義VSアメリカ人』に書きましたが、非常にエキサイティングな経験でしたね。

 その中でも、オピオイド系鎮痛剤の依存症を取材するために行ったウエストバージニア州は、印象に残っています。コテージビルという小学校の全校生徒135人のうち、およそ3分の1の親がドラッグ関連の依存症で育児ができない状態、あるいは刑務所に入っていて、その子供たちは祖父母や里親に育てられていました。ある程度の知識はありましたが、実際に現場を見ると、ショックでした。

 シリコンバレーでは、「シリコンバレーの貧困」を取材しました。

 ──シリコンバレーと貧困は無縁な気がしますが。

 篠原:パロアルトの隣に、イーストパロアルトという地区があるんです。もともとはパロアルトの金持ちのところに通う使用人の黒人が集まった場所で、危険な貧困エリアとして知られていました。ただ、シリコンバレーの不動産価格が上がる中、相対的に割安だったイーストパロアルトにテック企業のエンジニアなどが流れ込み、不動産価格が急激に上がった。それで、家賃が高騰した家から追い出されてホームレスになったり、キャンピングカーで暮らしたりする人々が増えたんです。そのキャンピングカーコミュニティのボスに話を聞くなどしました。

 また、不法移民の問題の取材で米国とメキシコの国境にあるアリゾナ州では、不法移民を勝手に取り締まっている国境自警団のリーダーのジープに同乗して、猛暑の中、山岳地帯を走り回りました。日本時代から面白い取材をいろいろしていて不感症気味なんですが、メチャクチャ面白かったですね。貴重な経験をしました。

 ──現在は独立されてフリーのジャーナリストとして活動されています。大手メディアの報道や現在のネットメディアについてどう感じていますか。

一人ひとりがジャーナリスト

 篠原:調査報道など、大手メディアにしか報道できないものがありますので、大手メディアがなくなることはないと思います。やはり資金力や人材というリソースがありますから。

 一方で、一人ひとりの個人が書き手として、どんどん発信する時代になっていることも間違いありません。大手メディアが報道を独占するのではなく、個人も発信できる。その方が社会にとってはいいですよね。

 ただ、僕らのような記者や編集者は、書き手としてのトレーニングを10年間、20年間と受けているので、何をどこまで書いていいのか、これは信じるに値する話なのかということを肌感覚として持っています。でも、一般の個人は必ずしもそうじゃないように思います。

 やはり個人が発信する時に、それぞれがジャーナリストが持つような意識を持つことが必要だろうと思います。それぞれの書き手が情報の裏付けを取ってしっかり発信すれば、メディアのレベルも上がると思うんですよね。今のままだと負けちゃうから。

 ──一人ひとりが記者ですね。

 篠原:そう、一人ひとり。テクノロジーの進化もあって、メディアの仕事も一人である程度のところまでできてしまう時代です。取材して書くのもそうだし、YouTubeで発信することもそう。今回の写真集も、実際にはカメラマンとデザイナーの3人ですが、取材、編集、印刷、販売と、基本的にすべて自分たちでやりました。誰でもメディアを作れてしまう時代だけに、ジャーナリストや記者の作法は最低限、身につけた方がいいのではないかと感じています。(構成:添田愛沙)

篠原匡氏のインタビューはこちら  ※配信先のサイトで表示されない場合はこちら(https://www.youtube.com/watch? v=52TUX7UFG8U)をクリックしてください。

加藤 葵

掲載:https://news.yahoo.co.jp/articles/f9cf8d91eb0a4c8028c6874bc21ad4e2a4c8adc9?page=1

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)