コロナ一年 歌舞伎町で「勝者」となったのは“若い女性”に客を絞ったホストクラブ そして「敗者」となったのは…

「若者」と「依存症」をターゲットにしたビジネスが勝った

コロナ禍以降、まる一年たつが、収束の目途はいまだたっていない。筆者はこの渦中、マスコミやネットにより半ば「戦犯」扱いされてきた日本一の歓楽街・歌舞伎町を定点観測してきた。およそ、週の半分は現地に足を運んだと思う。率直に言って街自体は青色吐息、住人たちは終わりの見えない戦いに疲れを隠せない。

そんな、現時点で少しずつ業態ごとの反応に違いが見えてきた。語弊を恐れず言えば、「勝ち組」と「負け組」に分かれてきたようなのだ。つい先日、歌舞伎町のメインから少し外れたビルの外壁を見て驚いた。コロナ以前は、歌舞伎町の実質的な風俗王(都内一の風俗王と言ってもいいだろう)が率いるグループ店舗の広告が出ていた場所が、某大手ホストグループの広告に変わっていたのだ。

もちろん、風俗王が率いるグループは莫大な資金と多岐の業種にわたり、コロナ禍にも屈することはおそらくないだろう。それでも、「無駄」と思える出費は控えるようにはなっているし、看板店で歌舞伎町の有名店でもあるレストランは、長期休業中の状態だ。

そのような状態を考えると、ホストクラブは結果的にではあるが、コロナ禍において「勝ち組」に入るのかもしれない。むろん、平時と比べれば「どこが勝ち組だ」というお叱りも受けようが、客層が圧倒的に“若い”女性。ホスト自身も若年だ。コロナに罹患することに怯えている中高年とは違い、万が一の場合でも「若いから大丈夫」という心理が働いていると思われる。

いまひとつ、最初の緊急事態宣言時に強い批判を受けたパチンコ店もまた、「勝ち組」に入るかもしれない。もともと、他者とはしゃべらない、また、店側の努力もあり、広い店内で換気を徹底すればリスクは他業種に比べてまだ少ないとも言える。さらにはっきり言えば、客の多くは一種の「依存症」に近い。彼らにとっては不要不急ではなく有用有急な存在なのだ。そこも、コロナ禍でも一定の需要が保たれる理由と思われる。

「不要不急の最たるものだ!」と目の敵にされた…

一方「負け組」に分類されそうなのは、圧倒的に居酒屋を筆頭とする酒類を提供する飲食店だろう。特に店舗規模が大きく、従業員を多く雇っているところほどダメージが大きい。

本来なら、多くの雇用を生んでいるいるという意味では、国への貢献も大きいのだが、現在の国の対策下においては不公平感が否めず、ここ一年で数多くの居酒屋が閉店していくのを、筆者は歌舞伎町で目の当たりにした。

先日、取材終わりに歌舞伎町のメインストリートにある、某有名飲食店で遅いランチをとったのだが、平日の午後4時とはいえ、広い店内に客は筆者ひとり……平時なら、多くの客で賑わう人気店にもかかわらず、だ。

ネット世論を中心に「不要不急」の最たるものだ、という批判にさらされることの多い酒類も提供する飲食店だが、これらの業種を含むサービス産業は国内経済の約3割にも及ぶ。いわば重要な国の要だ。歌舞伎町の苦衷は日本全国のの縮図、と言ってもいいのではないか。(文◎堂本清太)

掲載:コロナ一年 歌舞伎町で「勝者」となったのは“若い女性”に客を絞ったホストクラブ そして「敗者」となったのは… (2021年1月27日) – エキサイトニュース (excite.co.jp)

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です