この先も必要とされる風俗男性スタッフ、そうでない男性スタッフ

新型コロナウイルスの影響は、風俗をはじめとしたナイトレジャー産業に大きな影を落とし続けて、一部の店舗では閉店や男性スタッフの人員削減は避けられない状態です。それでも今からでも高収入を目指せるのが風俗業界の魅力。今回はこの先も必要とされる男性スタッフとはどんな男性なのか解説していきます。

二極化がすすむ風俗業界

コロナショックを受けて、風俗業界は二極化が進みました。売上を落とさず、ともすれば売上を伸ばした店舗と、売上を落としてしまった店舗。変わらず稼ぎ続けている女の子と、まったく稼げなくなってしまった女の子。一気に格差が広がりました。

飲食店の時短営業に飲み会の自粛など、「飲んだついでに風俗」「休日ギャンブルついでに風俗」が難しくなりライトな風俗ユーザーは激減。目の肥えた風俗ヘビーユーザーが業界を支えている状況になりましたので、ルックス・サービスの良い女性キャストは変わらず稼げるものの、ふらっと店を訪れる「フリー客」に依存していたようなキャストの収入は急激に厳しくなっていきました。

男性スタッフに必要なのは、在籍女性を確保する力

となると、これからの風俗男性スタッフに求められる第一の能力は「指名が取れるキャストをしっかりとつなぎとめておく力」になります。

しっかり稼げているキャストにお店を辞めたいと思わせてしまう理由でいちばん多いのは「男性スタッフにミスが多い」ということ。特に本指名絡みのダブルブッキングや予約ミスは、そのキャストの重要な収入源を失いかねない大きな事故。

ですので、「ミスなく業務を遂行できる能力」を持った男性スタッフが非常に大切になります。これから風俗業界を目指そうという方も、PC・ネットスキルに長けていたり、地道な作業が得意な方は適性があると言ってもよいでしょう。

稼げない女性を変えるスタッフ力も必要

これからの男性スタッフに必要な第二の力は、「指名が取れないキャストを覚醒させる力」です。

指名が取れないキャストにはたいてい何か問題があります。接客で足りない部分がある、写メ日記などの打ち出しが弱い、勤怠が安定しないなど、考えられる要素はさまざま。

とはいえ風俗歴が長いのに指名が少ないキャストほど、お店がヒマでも今までのやり方を変えようとしなかったり、ヒマなのは全てお店や男性スタッフのせいにして移籍を検討したり…となりがちです。

指名の取れないキャストを退店させてしまうのは非常に簡単ですが、在籍女性が少ないお店にはお客様は集まりませんので、悪手と言わざるを得ないでしょう。

待機時間の長くなってしまったキャストにしっかりと向き合い、「お店もこういった形でベストを尽くすから、○○さんも一緒に頑張りましょう!」と理解させる能力が必要になります。

まとめ

風俗男性スタッフに求められる力はたくさんありますが、今までよりも「女性確保」できるような力をもった男性スタッフが必要となります。イケメンであることやうわべで上手く乗り切るちからではなく、小さなことからこつこつと、実直に仕事ができるタイプが出世しやすいのではないかと思います。だからこそ、異業種からの転職、一般企業からの転職が成功しやすい状況なのは間違いありません。

こんなご時世でも未経験30歳スタートで初年度から月30万円以上、もちろんそれよりさらに上が普通に狙えるのが風俗男子スタッフの良いところ。でも「上を目指せるグループ」と「沈みゆくグループ」の差は激しいですし、一般企業からの転職組が受け入れられやすい風土のグループかどうかも重要です。TwitterのDMやLINEから相談いただけましたら、喜んでご相談に乗らせていただきます。

掲載:https://fuzokublog.jp/2021/01/27/withcorona-mensstaff/

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)