【エロ専門マッチング】今なら7日間無料で使い放題!

「パパ活」をやめられない女性たち お金に困っていないのに続ける理由

 1990年代半ばに登場した「援助交際」という言葉に取って代わり、2015年前後に使われるようになった「パパ活」。金銭を介した男女のお付き合いといった意味合いで捉えられることが多いが、当事者たちの声に耳を傾けると、「お金に困っている」というよりも“パパ”への強い依存があるように見える。ジャーナリストの河合桃子氏がレポートする。(前後編の前編)

 食事やデートを共にし、時には肉体関係を持つ対価として男性から金銭を受け取る女性が“パパ活女子”と呼ばれる。コロナ禍による減給や失業で生活苦から始める女性も多いが、彼女たちがパパ活をやめられないのは、必ずしも経済的な困窮が理由ではない。

結婚しても続けたい

 昼間は会社員のまどかさん(25歳、仮名)には3人のパパがいる。朝ドラ女優の上白石萌音のようなおぼこい雰囲気にもかかわらず、結婚を前提に交際中の彼氏には内緒でパパ活をしているというギャップに驚かされる。

「私はコロナ禍による生活への影響はとくにないですが、将来に不安を感じ会計士の資格を取るための学校への入学金100万円が作りたくてパパ活を始めました。

 交際クラブ(※編集部注/男性と女性のデートをセッティングし、セッティング料を受け取る形態の業種)からの紹介で初めて会ったパパは、“身なりが垢抜けない”とその日に銀座のロエベやフェンディみたいなブランド店に連れて行ってくれて、服にバッグに靴にと買い揃え、美容室でヘアメイクもしてくださいました。

 私を変えてくれた。自分の力では到底叶わない“変身”をさせてくれたんです。パパは実の父親と同年代ですが、父以上に社会的な地位も高く視野が広くて話が面白く、頼りになります」

 まどかさんは「いまやパパなしには生きていけない」と言う。

「パパといると会員制ホテルに泊まるなどの贅沢な経験をさせてもらえて、大人の女になった気持ちになるんです。人間関係の悩みもパパに言えばスッキリするし彼氏と一緒にいる時には感じられない充足感があります。

 感覚的にはすごく年上の彼氏って感じ。彼氏からは結婚しようと言われてるけど、パパとの関係は断ちたくないです。今はどうにかしてバレないように付き合い続けられないか考えてます」

 当初の会計士資格取得という目的も、もはやどうでもよくなったとか。

「パパからいただくお金は月に50万円ほどでこれまで500万円くらい貯金できました。なので会計士の学校にも入学しましたが、パパから“今後、会計士なんて役に立たない。そんな時間があったら別のことをしたほうがいい”と言われ、確かにその通りだと思って辞めました。何かあったら真っ先に相談するし、金銭より精神的な依存度のほうが高いです」

 なぜ、パパにここまで依存してしまうのか? 自身も10年ほど愛人経験があるパパ活コンサルタントの七瀬結氏は、男女比の偏りがひとつの理由ではないかと言う。七瀬氏がかつて関わってきた老舗交際クラブ「ユニバース倶楽部」の会員数を見てもその違いは明らかだ。

「2019年時点の『ユニバース倶楽部』男性登録者数は3366人。対して女性は7366人と、女性が男性を奪い合う構図で常にパパ側の供給不足が続いています。

 20年近く前に交際クラブに所属していた女性たちは、容姿端麗でそれこそクラスで一番可愛い子レベルの方ばかり。自分は男性にとってお人形さんのような存在だと十分に認識していました。いわばプロ愛人です。しかし今ではごく普通のクラスの女の子がパパとの出会いを求めているため、男女比率も圧倒的に女性のほうが多いのです。

 ごく普通の女の子がパパに贅沢させてもらったら、その夢のような経験に味を占めてしまうのは当然です。自分の金銭感覚を狂わさず分別がつく子はパパを上手に利用できますが、そうでない子はパパに依存しがちですね」

“パパ活沼”の先に待つのは、決して華やかな未来ではない。

普通の彼氏じゃ物足りない

 パパ活歴10年以上で昼間は某自動車メーカーに勤めながら10人ものパパがいる香さん(29歳、仮名)は、女優の柴咲コウのようなクールビューティな雰囲気の長身美人。気が強そうな印象とは裏腹に“今はすごく焦ってる”と表情を曇らせる。

「パパ活女子の間では『30歳引退説』があって、その“寿命”に近づき焦ってます。早く結婚して子供を産む普通の暮らしをしたいけど、一般的な男性が恋愛対象にならず困ってます。

 パパと食事で割り勘なんてあり得ないし、パパは私の愚痴を聞いてくれるのはもちろん、私を楽しませようと盛り上げてくれる。同年代の彼氏がパパに勝つ要素がひとつもないんです」

 金銭的な余裕も、二人の時間を楽しく過ごすための最大限の気配りも男性に求める香さん。10人いるパパの中にはかなり複雑な関係の人もいると明かす。

「5年前に付き合ってた50歳の彼に、当時結婚したいと言われた時は断わってしまった。その彼は別の女性と結婚したものの、いつまでもフラフラしてる私を心配しその後も連絡をくれてたんです。そして会って食事して、夜も一緒に過ごして……付き合ってた時はくれなかったお手当もくれるようになり、元カレなのにパパ化しました。

 いっそ離婚して今度こそ私と一緒になってくれないかと思うくらい。とにかく今は40~50代のパパと出会って、“水揚げ(※編集部注/キャバクラなどの「水商売」で顧客と交際、結婚することでお店を辞めること)”ならぬ“パパ活揚げ”してくれるパパが現われないかと期待してます……」

 ただ、理想の“パパ”が、現実の“夫”になるケースは、ほとんどない。

掲載:https://news.yahoo.co.jp/articles/fdaf9d574976a82e339276ddb36ed64e546e69c6

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)