【大阪】吉村知事のおかげで「イソジン」どころか「グリンス」も品薄に?!

いろいろな意味で波紋を呼んだ、吉村大阪府知事による「ポピドンヨード」会見。その後の買い占めや、医療現場からの悲鳴で知事もトーンダウンをしているが、いまだその余波は続いている。

なかでも、会見当初から懸念(?)されていた風俗業界への影響はいまだ収まっていない。一部の報道では、「風俗店はストックがあるので大丈夫」というものもあったが、それでも高齢者などを中心に吉村発言を真に受けて買い占めが続く状況には手を焼いているのだ。実際、Amazonなどではいまだ「入荷未定」となっている。

そもそも論として、風俗店は常備している、と言ってもそれはソープやヘルスなどの店舗型風俗の場合だ。そして、いまやそれらの風俗店は度重なる規制や条例でマイノリティとなっており、多数派を占めている派遣型風俗(合法・違法ともに)では風俗嬢自身が常備しているケースが少なくない。そういった意味では風俗業界にとって、吉村発言がダメージとなったのは事実で、これが府内の風俗業を委縮させることまで予想していたのなら、知事の大変な深謀遠慮ではある。

実は、吉村発言を待つまでもなく、風俗業界ではコロナ禍による集客などの直接的な影響だけではなく、細かい部分でも様々な影響は受けていた。話題となったポピドンヨードを含む『イソジン』もそうだが、風俗嬢にとってはイソジン同様にマストである『グリンス』(正式には『グリンスα』)なども品薄、あるいは価格が高騰していたからだ。

グリンスとは、簡単に言えば薬用石鹸の仲間なのだが、家庭で使うものより消毒効果が強く、本来は医療現場などで使用するものだ。しかし、衛生面に強く神経を使う風俗嬢には人気で、大多数がグリンス(及び類似品)を使用していると言ってもいい。そんなグリンスが高くなっている、また必要なときにすぐ手に入らないというのが彼女たちのストレスとなるのは想像に難くない。

コロナ禍のなかで濃厚接触が懸念される風俗業を続けることの是非はあるだろうが、少なくとも法令下で営業している以上、それ自体は問題とされることではない。そのなかで、生活のために仕事をせざるを得ない彼女たちの苦衷は理解してもいいのではないか。

本質的な問題は、彼女たちもそうであるように、過剰な買い占めなどによって必要とされるものが、必要とする人へ届かない状況が続くことだろう。今回のポピヨンヨード騒動であれば、医療関係者などがその最たるものだ。

今回の騒動、効果の是非を判断するのはまだ早いかもしれないが、個人的にはイソジンの匂いを漂わせながら街中を闊歩するのは、好事家の注目を浴びそうで少し気が引けてしまうのだ。

イソジン同様「グリンス」も品薄 「吉村のせいで…」風俗業界が困苦 嬢が焦る理由

掲載:https://news.biglobe.ne.jp/trend/0812/tbl_200812_4390745845.html

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です