吉村府知事会見でうがい薬の買い占め多発 風俗嬢からは意外な声

大阪府の吉村洋文知事(45)らが4日、「イソジンなどのポビドンヨードという成分が入ったうがい薬を使うことでコロナの重症化を抑制する効果がある」との研究結果を発表し、全国のドラッグストアなどでイソジンが売り切れる大騒動になった。うがい薬を手掛けるメーカーの株価は急騰。だが、イソジンを日常的に使用する風俗嬢からは意外な声が上がった。

 騒動の発端となったのは吉村知事、大阪市の松井一郎市長(56)らが4日、大阪府公館で開いた会見だった。

 吉村氏は「ウソみたいな本当の話をします。コロナに効くのではないかという研究結果が出ました。イソジンなどのポビドンヨードが入ったうがい薬を使うことで、コロナの重症化を抑制する効果がある」と明言した。

 ウソみたいな研究結果とは、大阪府立病院機構「大阪はびきの医療センター」で、5月から府の宿泊療養施設で療養していた新型コロナウイルスの軽症患者41人を対象にした「ポビドンヨード」入りのうがい薬の効果の“実験”。毎日、唾液検体を採取し、PCR検査を行ったところ、1日4回のうがいをした患者の4日目の陽性率が9・5%だったのに対し、うがいをしなかった患者の4日目の陽性率は40%だった。今後も臨床研究を進め、重症化予防に効果があるか調べていくという。

 吉村氏は「薬事法があるので、これがコロナに効くとは言えないが、こういう結果が出た。どこまで効果が出るかは分からないが、8月20日までポビドンヨードが入ったうがい薬で、うがいを励行してもらいたい」と府民に呼び掛けた。会見場にはイソジンうがい薬や明治うがい薬などの実物も置かれた。

 これまで新型コロナには明確な有効性を示す治療薬が少ないとされており、吉村氏と松井氏は成果の発表に胸を張ったが、会見の模様は昼のワイドショーで生放送され、市民は即反応。吉村氏の「買い占めはやめて!!」との訴えもむなしく、うがい薬が市中から消えた。

 大阪市内の薬局従業員は「お客さんがレジにイソジンを10本持ってきたので、どうしたのかと聞いたら『今、ニュースでやっとってん』って。あっという間に売り切れて、明日も入荷するかは未定です」と驚いた。

 フリマアプリの「メルカリ」では、会見中からうがい薬が次々と高額で転売された。シオノギヘルスケアの「イソジンクリアうがい薬A」や「イソジンクリアうがい薬M」が多く出品され、定価1280円が5000円、2つで1万2000円などで転売された。

「イソジンクリアうがい薬」を販売する塩野義製薬の担当者は「実際にコロナに効果があるかどうかは弊社では判断しかねる。メルカリ等でお買い求めいただくのではなく、ドラッグストアなど正規のルートで購入してほしい」と困惑した様子で語った。

 イソジンといえば風俗ではおなじみだ。シャワー中に風俗嬢からコップを手渡されてうがいを促される。風俗店ではよくある光景で、イソジンが使われることが多い。風俗嬢に口移しされたり、風俗嬢が口に含んだまま口淫するプレーをしたり、ノーマルでない使われ方もある。

 まだイソジンが本当に効くと決まったわけではない。今回示されたのは予防効果でなく、重症化の抑制。現に青森ではデリヘル嬢を介して客に感染した事例がある。過度な期待は禁物だ。品切れも心配だが、風俗関係者は「風俗店にはうがい薬がたくさん備蓄されていますから、すぐに影響はないです。うがいするつもりで来店するのもアリです」と話す。

■どうする風俗界!? 大阪・吉村府知事会見でうがい薬の買い占め多発

掲載:https://news.livedoor.com/article/detail/18685763

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)