【エロ専門マッチング】今なら7日間無料で使い放題!

ハグ、添い寝、そして「本番」 秋葉原・リフレ店を摘発  過激「裏オプ」で売春行為は当たり前

リフレ店とは、女性従業員との添い寝やハグなど、ソフトサービスを提供している店のこと。そんなリフレ店を装い、実際には「裏オプション」と称して、売春行為をしていたとされる店が摘発された。

「裏オプ」当たり前 ハグ、添い寝、本番

東京・秋葉原のリフレ店「エース秋葉原」。店内にはマジックミラーが存在し、そこから待機室にいる女性を選んで指名することができる。料金体系は、基本料金30分4000円。60分コースは6000円。外に出かけることができる「お散歩コース」(60分8000円)や、複数の女性からサービスを受ける「回転コース」(30分10000円・女性3人)もある。

ただし、こうした基本料金はすべて店の取り分。これだけでは、女性従業員の取り分はない。では、女性たちは一体何で”稼ぐ”のかというと、オプション料金だ。

正規オプションとして「ハグ」は30秒3000円。「添い寝」は5000円。ただ、オプションはこれにとどまらず、通称「裏オプ」と呼ばれる、裏のオプションが存在する。金額は女性との交渉次第だが、「本番行為」=性行為は3万円が秋葉原の”相場”とのこと。女性従業員側としては、交渉次第では、値下げにも応じていた。しかし逆に6万円支払っていた客もいたという。

店名変更 女性派遣で”摘発逃れ”か

この店の経営者は、石河謙作容疑者(36)。店員の蛸島祥太容疑者(37)らとともに、女性従業員に売春をさせるため、店の個室を使用させた売春防止法違反の疑いがもたれている。実は秋葉原では、今年3月に別のリフレ店が同様の摘発を受けている。

そのため、石河容疑者らは、様々な”対策”を講じたという。翌4月に、店名を「エース秋葉原」から、「ラプンツェル秋葉原」に変更。店舗型の営業にとどまらず、『派遣型』として、レンタルルームやホテルに女性を派遣するスタイルを取り入れるなど、知恵を絞って摘発逃れにつとめていたようだ。

店は1日30人程度の客が来店する人気店。在籍女性は約30人程度で、おととしの開店以降、少なくとも8400万円以上を売り上げていたとみられている。

調べに対し石河容疑者は「逮捕された事実について、今日は答えたくありません」と供述。蛸島容疑者は、「今の状況が理解できないので、弁護士と相談してから話したいと思います」と認否を留保している。

掲載:https://news.yahoo.co.jp/articles/07edda108485b565960e9cb73c3fcd244e1399a8

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)