【エロ専門マッチング】今なら7日間無料で使い放題!

「家族仲はよかったけどいじめで…」容疑者2人の悲しい素顔と、元交際相手の後悔「致死量の動機はきっと僕に」《“オーバードーズの会”死亡事件》

《M氏と車で遊びに行く》

 このメッセージを元交際相手に送った19歳の少女は半日後、自宅である京都府から100㎞以上離れた滋賀県のアパートで遺体となって発見された。

 12月12日、滋賀県守山市内のアパートで京都市伏見区に住む篠原聖奈さん(19)が遺体で発見された事件。岐阜県関市に住む無職の金城え夢容疑者(21)と、無職の入江公史郎容疑者(38)が未成年者誘拐の疑いで逮捕された。《M氏》とは金城容疑者のことだと推測される。

定期的に「オーバードーズの会」を開いていた

 12月11日15時45分頃、金城容疑者が篠原さんを「知り合いの男の家にいるけど来ない?」と電話で誘い出し、入江容疑者の運転する車で篠原さんを迎えに守山市から京都市内へ向かった。3人は合流後に守山市へと向かい、同日18時頃に両容疑者が篠原さんを入江容疑者の住むアパートに連れ込んだとみられている。

 篠原さんが遺体となって発見されたのはこの12時間後。着衣の乱れ、出血や外傷はなく、死因は薬物中毒だった。入江容疑者宅のゴミの中からは、抗不安剤、睡眠導入剤、咳止め薬などおよそ100錠分の空殻が見つかっている。

「警察は3人が“オーバードーズ仲間”として集まったとみている。3人それぞれが愛好者で、SNSで知り合った仲間同士で定期的に『オーバードーズの会』を開いていたようです。取り調べに対しても、両容疑者は『私たち3人はオーバードーズ仲間として会っていた』などと供述しているそうです」(社会部記者)

 被害者、容疑者共になぜここまで薬に依存し、“オーバードーズ仲間”として集まることになってしまったのか。取材を進めていくと3人の素顔が明らかになってきた――。

容疑者は「高校でのイジメで精神的な傷を負った」

 金城容疑者の知人は、彼女のここ数年での変化についてこう証言する。

「え夢が精神的に落ち込んでしまったのは高校に進学してから。中学生の時は、明るい性格で友達も多かった。中学卒業後は市外の高校に進学しましたが、ほどなくしてイジメが原因で中退してしまったと聞いています。それ以降、え夢は髪を明るく染め、メイクも変わり派手な見た目になっていったんです。次第に薬にも頼るようになってしまった」

 高校を中退してからは友人たちと疎遠になっていた。しかし金城容疑者は子供好きだったようで、近所の子供とよく遊んでいた姿が目撃されていた。だが、母親は娘について周囲に悩みをこう溢していたという。

「え夢さんのお母さんは、近所にある居酒屋さんで、早い時間に週1回ほどお手伝いをしていました。その時にお母さんが、『娘が精神的なことで病院に通っている』と心配していたんです。

 金城容疑者の家族仲は良かったと思いますよ。3、4年前に町内会の旅行にお母さんと一緒にえ夢さんも参加していましたし。その時は、ちょうど高校を中退した時で、髪の毛がピンク色でしたね。高校を辞めてから定職にも就いたことがあるみたいですが、そちらも精神的に続かず、辞めてしまったそうです」(近隣住民)

仕事は風俗の受付と宣材写真撮影

 一方の入江容疑者。現在は無職で以前はカメラマンをやっていたと周囲に話しているが、直近では滋賀・雄琴で風俗店の黒服として働いていたという。

 元同僚が明かす。

「彼は以前からカメラマンの仕事はほとんどしていませんよ。2017年頃からすこし前まで雄琴の風俗店で受付をやっていて、時々、一眼レフカメラを肩にかけて女の子の宣材写真を撮影していましたけどね。

 九州出身で博多弁訛りがあり、ハキハキと物をしゃべるタイプでした。でも威圧的な感じはなかったな。身長は180センチ前後で体重は100キロくらいでゴツかった。顔立ちははっきりしていて、ロン毛でいつもメガネをかけていました」

 上司との折り合いが悪く数カ月で辞めることもあり、風俗店を転々としていた。一方で仕事は真面目で、女の子に対しても優しく、誰とでも話せる性格だったという。しかしその反面、入江容疑者に「“陰の部分”を感じることもあった」と元同僚が続ける。

「気さくに振舞っているけど、どこか疲れている感じは常にあって、いつも悩みを抱えているような雰囲気でした。自分の過去については全然喋ろうとせず、聞いたことがあるのは『適当に仕事を探して、フラフラして流れ着いたのが滋賀だった』とだけ。薬に流されてしまったことに驚きはするけど彼なら、と理解もできますね」

日頃から“あつ森”をして遊ぶ仲

 そんな入江容疑者と篠原さんが会ったのは、篠原さんが亡くなった日が初めてだった。年齢も住まいも違う被害者と容疑者3人を繋ぎとめていたものは「オーバードーズの会」だけではない。

「Discord」というビデオ通話や音声通話ができる通信アプリ内でグループを作成し、一緒にゲームに興じていたのだという。篠原さんの元交際相手である男性もSNSでこのように綴っている。

《容疑者のMさんとは日頃からSwitchのあつ森をして遊ぶ仲であり、僕もその存在は認知していました。そのディスコグループに男がいることも知ってはいました。「最近仲良くなったゲーム友達がいて」と、楽しげに話す彼女をみて、気さくに話せる友達が増えたんだなと安心してしまっていました》

「致死量を飲むほどの動機は、きっと僕にありました」

 篠原さんには「声優、歌い手になりたい」という夢がありYouTubeに歌の投稿もしていた。アニメキャラの声真似が得意だったという。しかし半年ほど前から、不安なことがある時などにオーバードーズをしてしまう癖がついてしまっていた。

 今回の篠原さんの死について、元交際相手の男性は自責の念に苛まれているようだ。

《僕は隣に立って彼女のOD(オーバードーズ)癖に向き合い、共に戦うべきでした。致死量を飲むほどの動機は、きっと僕にありました》

 16日、篠原さんの葬儀が執り行われた。周りの人たちが篠原さんを失ってしまった悲しみは計り知れない。

掲載:https://news.yahoo.co.jp/articles/98455e9fa76837e855e57c3c9e06ea098710fcdc?page=1

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)