新山千春の真剣交際で注目、芸能人「マッチングアプリ」事情 グラドル、アイドル、舞台女優らは〝身バレ〟対策 鷲見アナも過去に活用

タレントの新山千春(41)が20代の一般男性と再婚を視野に入れた真剣交際をしている。しかも交際相手との出会いのキッカケが「マッチングアプリ」というから、注目されているのだ。しかし実のところ、こうしたアプリを愛用している芸能人は想像以上に多いようだ。

「マッチングアプリ」は、アプリを通じて不特定多数のプロフィルを閲覧したり、メッセージをやり取りすることで、他のユーザーと交流を深めることができるオンラインサービス。以前から出会いを求める若者層を中心に一般社会では普及していた。

芸能人をはじめとする有名人には縁遠い存在と思われていたが、今回の新山に加えて、少し前に元テレビ東京でフリーアナの鷲見玲奈(31)もテレビ番組で、過去に「マッチングアプリ」を活用して恋人を探していたことがあると告白していたこともあり、にわかにその存在がクローズアップされている。

そんな中、自身も「マッチングアプリ」を愛用する芸能事務所のマネジャーはこう明かす。

「実際のところは、新山さんや鷲見さんだけでなく、『マッチングアプリ』を愛用している芸能人は多いですよ。大半は〝身バレ〟対策として仕事を偽ったり、顔写真の公開をNGにしたりして身分や素性は隠していますけどね」

最も顕著なケースは、グラドルやアイドル、舞台女優らが〝パパ活〟や〝ギャラ飲み〟目的で利用するパターンとか。

「彼女たちは本業での収入がまだ少ないうえ、立場上、アルバイト先もかなり限られますからね。しかも、ここ2年ほどはコロナ禍で芸能イベントが減って本業の収入がダウンしたり、以前にも増してバイト探しに苦労したりと、厳しい状況が続いています。そこで『マッチングアプリ』を介して、支援してくれる男性を探すケースが増えているんです」(同マネジャー)

実は真剣交際を目的とした女子アナのユーザーも多いという。

「正社員として採用されているキー局のアナウンサーとは異なり、地方局の女子アナの多くは、3年更新などの契約社員なので、将来に不安を感じているのか、若いうちから婚活に励むコが多いんです。とはいえ、立場上、あからさまには男あさりはできないし、まして地方はコミュニティーも狭く、地元の有名人となればかなり目立ちますからね。そこで身分を隠して、『マッチングアプリ』で彼氏や将来の伴侶を探すんです。基本的には〝身バレ〟のリスクを加味して勤務地ではなく、その近隣の大都市で会える〝優良物件〟を探すんだそうです」(民放テレビ局の情報番組スタッフ)

「マッチングアプリ」の中には、男性ユーザーに年収証明を求めているものもあり、「いくらでもウソがつけるナンパや飲み会よりも安心」といった声もあるが、アプリで芸能人と会えるのが当たり前の時代はすでに到来しているようである。

掲載:https://news.yahoo.co.jp/articles/65d629c482587dc6636890c6f1c170e7ddab71e0

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)