木下ほうか、性加害報道で無期限活動休止 恩人激怒で映画界追放の危機

 俳優の木下ほうか(58才)が、『週刊文春』で複数の女優から性加害を告発され、映画界追放の危機に晒されている。同誌によれば、木下は演技指導という名目で女優を自宅に呼び出し、性的な行為を強要していたという。木下は28日にTwitterで、報道が概ね事実であることを認め、芸能活動を無期限休止すると発表。同日には所属事務所が木下との契約解除を発表した。

「木下は高校生時代に井筒和幸監督の映画『ガキ帝国』でデビュー。剃り込みの入ったパンチパーマでオーディションに臨み、演じたのも不良少年役でした。過去のインタビューでは、暴走族のまねごとのようなことをしていたと告白しており、若い頃はバリバリのヤンキーだったようです。  その後、井筒監督や島田紳助などに可愛がられ、一時期は吉本新喜劇にいた時期もありましたが、本格的に俳優を目指すために上京。バラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)で“イヤミ課長”を演じてブレイクし、『はい論破!』というセリフは流行語大賞にもノミネートされました」(芸能ライター)

 近年は俳優だけでなく、バラエティ番組や旅番組などでも活躍。長い下積みを経て、ようやくメジャーシーンに躍り出たが、出演が決まっていたドラマ『正直不動産』(NHK)は降板が決定し、キー局関係者は「テレビではもう使えない」と語る。

「木下はこれまで悪役、嫌味な役、憎まれ役を数多く演じてきましたが、近年ではトーク番組や旅番組にも頻繁に起用され、誰もが“悪役は演じているだけ”だと思っていた。ところが今回、卑劣なプライベートが明らかになってしまいました。俳優として“イヤな奴”を演じてきた人間が実際に“悪さ”をしていたのではシャレになりません。

 今回の報道で、女性はもちろん男性も激しい嫌悪感を覚えたことは想像に難くないですし、性加害について本人も概ね認めたという事実は、スポンサーとしては大きい。キー局では、彼が出ている作品の再放送さえ難しいかもしれません」(キー局関係者)

 木下はポジションが主役ではないだけに出演作品は多く、お蔵入りになり得る作品は数知れない。また、映画界からも総スカンを喰らう可能性もある。エンタメ誌記者はいう。

「ドラマや映画では、男性が権力を盾にして女性に関係を迫るようなシーンがしばしば描かれますが、観客はフィクションだと捉えていたわけです。ところが先日、榊英雄監督が多数の女優から性加害を告発され、『本当にそんなヤツがいるのか』と、誰もが呆れ返りました。告発されたのが彼だけなら、映画界も何とか言い逃れができますが、木下も似たようなことをやっていたわけで、映画界の一部に時代錯誤の悪弊が存在することが白日のもとに晒されました。

 この件に関しては、木下にとって恩人である井筒監督が『映画界が“こういう世界”だと思われるのが、いちばん迷惑だね』と一部で語っており、これが映画界の多くの意見でしょう。木下を簡単に復帰させれば、『映画界は反省していない』と強い批判を浴びるのは確実ですし、木下に救いの手を差し伸べる人間は、そう簡単には現れないでしょう」(エンタメ誌記者)

「はい、論破!」ではなく「はい、追放!」となってしまうかもしれない。

掲載:https://news.yahoo.co.jp/articles/4cf250fa5c4a1f655bc6dca23210651df499a15c

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)