老人ホーム「サニーライフ」重役が風俗嬢と妊娠トラブル 「着信拒否され堕胎」女性本人が告発

 盛んに流れるテレビCMでおなじみの有料老人介護施設サニーライフ。近年は入所者を巻き込んだ虐待や殺人などの事件で世を騒がせてきた。その運営会社で重役におさまる男性を、訴えたいと憤る女性がいた。

 2019年3月、男女が出会ったのはJR千葉駅からほど近い歓楽街にある特殊浴場。いわゆるソープランドだった。女性は亡き川島なお美似の美形で、一見客として訪れた男性は一目惚れしたのだろう。店外デートに彼女を誘った。

「最初から彼は“結婚してほしい”“俺の子を産んでくれ”と口説いてきました」

 と明かすのは、風俗店で働いていた当の女性である。

「会う度に何度も言うので、私も信じるようになってしまいました。彼は投資家だと名乗り“面倒を見るから心配しないで”と迫ってきました。とはいえ、彼は既婚者で子供がいるとも話していました。私は不倫にためらいがある一方で、前に付き合っていた男性と彼が似ていて引かれてしまったのも事実で……。避妊せず男女の仲となったのです」

 そして年の瀬が迫る頃、彼女の身に異変が起こった。

「生理が遅れたことを告げると、彼は喜び“一緒に暮らそう”と言ってくれた。その後、妊娠検査薬で妊娠が分かり、エコーに写った赤ちゃんの写真も彼に送ったのですが、電話が繋がっても“後でかけ直す”と言ったきりで、しまいには着信拒否されました」

「子供を産んでと言ったことはない」

 彼の態度の変化に戸惑う彼女は弁護士に相談。最終的には中絶を決意したという。

「手術の同意書に男性側のサインも必要で、弁護士さんが彼と会う約束を取り付けたのですが、当日にすっぽかされた。それで私はサインなしでも受けられる新宿のクリニックでの堕胎を余儀なくされました」

 出会いから1年が経った20年3月、彼女は手術費用と慰謝料、計約1千万円の請求を行った。かたや男性側から提示された額は、手術費用と雀の涙ほどの慰謝料のみ。両者の主張の隔たりは大きかった。

「私自身、ショックで心も病み、店で働けなくなりました。ようやく体調が元に戻りつつあったこともあり、昨年春から再び彼の弁護士と話し合いを続けましたが、何の謝罪もないどころか、“子供を産んでと言ったことはない”“受け取ったメッセージは人違い”などと主張する始末でした」

 その不誠実さに業を煮やし、告発を決意するに至ったのだ。改めて件の男性の携帯に架電すると、

「かけ直します」

 と回答を避けた挙句、代理人の弁護士を通じて、

「プライバシーにかかわる事項ですから、一切お答えいたしかねます」

 彼女はこう話す。

「彼はダイヤモンドがちりばめられたような時計や、上等なスーツを身にまとっていました。入居者や家族たちから搾取したお金で贅沢をし、人を欺く人物が経営に加わっていることを、世間に知ってもらいたい」

「週刊新潮」2022年3月24日号 掲載

掲載:https://news.yahoo.co.jp/articles/70ea7f3c83901cc047a5d78ac8b30a025c57751b

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)