困窮した女性に「マスク着用」で動画出演要請 取り返しがつかなくなる事例も

かつて常にマスクをしている人というと、花粉症の人や風邪を引いているひとをのぞけば、見つかりたくない有名人、暴れるときの不良、振り込め詐欺の受け子や出し子など顔を覚えられたくない、見られたくない人というのが相場だった。ところが2020年以降は、新型コロナウイルスの感染拡大によって呼びかけられた新しい生活様式が広まったことで、真夏でもマスク姿が奇異なものではなくなった。その新標準を悪用して経済的に困窮する女性に、違法動画出演の勧誘をする人たちが存在する。ライターの森鷹久氏が、マスク着用動画出演で苦しめられる女性についてレポートする。

「コロナ禍」と言われ続けて、早2年が経過しようとしている。これまでの日常は大きく変わり、外出の際のマスク着用もほとんどの人が「常識」と捉え、マスクをすることに、他人がマスクを着用していることに違和感を持つことは無くなった。しかし、この「マスク」が思わぬところに負の影響を及ぼしているという。

「マスクのおかげで、出演へのハードルはグンと下がっているようです。それだけで済むならいいが、深刻な人権侵害も起きている」

 成人向けビデオ制作会社幹部・吉岡大輔さん(仮名・40代)が「人権侵害」が起きていると指摘するのは、ウェブ上の成人向けサイトで閲覧が可能な映像制作で発生しているトラブルについてだ。

「マスクをしていれば誰かわからない、そんな制作者の誘惑に乗せられ、出演する女性がコロナ禍以降、本当に増えているんです。実際、マスクをしっかり着用していれば、親やかなり親しい友人でなければ出演していることは気づかれにくい。だからか、マスク系の映像は今なお数多く供給されている」(吉岡さん)

 吉岡さんが「マスク系の映像」と言っているのは、最初から最後まで、どんな服装になろうともマスクを着用したままの映像作品のことだ。かつてなら、そんな不自然なものは受け入れられなかったかもしれないが、コロナ対策で常にマスク着用となったいま、道行く女性に声をかけるときはもちろん、部屋で話をするときにマスクをしたままでも受け入れられるようになった。かえって、作り物ではない感じがすると受け取れられている面もあるのかもしれない。

 これらの映像のほとんどは、海外にサーバーを置く日本人向けの映像サイト上で販売されているが、その多くは、吉岡さんのようなプロによって作られたものではない。ほとんどは、素人同然の人物が家庭用ビデオカメラやスマートフォンなどを用いて撮影したもので、サイトを通じて制作者からユーザーに販売されている。そして、この数年、こうした映像の中に法に触れるものがあったとして、制作者や出演者が逮捕される事例も相次いでいる。

 販売サイトを確認すると、そこには確かに多くの「マスク姿」の女性の写真が掲載されていて、安いものでは数百円、高いものでは3千円ほどで販売されていた。吉岡さんが確認のために購入したという映像を見せてもらうと、女性は基本的にマスク姿なのだが、カメラのアングルや女性の姿勢によっては、顔がハッキリとわかるシーンが収録されているものもあった。それが、深刻な「人権侵害」にあたるというのだが、どういうことか。

たった一度、マスクをつけて出演で10万円以上

 取材を続けていくと、その被害に遭ったと訴える女性にたどり着いた。

「顔バレは絶対にしないと念押しされ、かなり迷ったのですが、学校もバイトもなく、お金もなかったので一度だけと思って出演を決めたんです」

 埼玉県内在住のアルバイト・Kさん(23歳)のSNSに「高額なバイトをしないか」というダイレクトメール(DM)が届いたのは、2021年2月のことだった。地方出身のKさんは一人暮らしをしていたが、コロナの影響で学校が長く休校になり、生活費の大半を占めていた飲食店でのアルバイト代も、時短営業などを理由に体よく辞めさせられことでゼロに。幾許かの預貯金はあったものの、生活に大きな不安を抱えていた。

「SNSにお金がなくて辛いと書き込んでいたら、投資しないかとか風俗で働かないかとか、勧誘のDMがたくさん来るんです。普段は無視しますが、偶然何となく見ていた時に『マスク着用でのビデオ出演』という文字が目に入りました」(Kさん)

 スカウトを自称するアカウントから送られてきたDMには「たった一度、マスクをつけて出演するだけで10万円以上を支払う」という条件が記されていた。そういった映像への出演経験はおろか、水商売の経験もなかったKさんだから、当初は「怖いな」と思い見ないようにしていたが、学校も再開されず新たなバイトも決まらず、話だけでも聞いてみようと返信してしまったのだった。

「お金がなくなるのが怖かったし、私みたいな人がたくさんいると言われて、ちょっと安心したのかもしれません。コロナだし不景気だし、仕方ないと自分に言い聞かせながら、相手に指定されたマンションに行きました」(Kさん)

 詳細は省くが、部屋に入るなり1人の男に簡単な自己紹介を求められた。「マスクで顔はわからない」と念押しをした男は、すぐに撮影を開始。男は、撮影も出演も、映像の編集も全て1人で行なっていて「趣味みたいなもの」と話していたというが、撮影中に気になることがあったと振り返る。

「あまり思い出したくないのですが、要求された通りのことをしようとすると、どうしてもマスクを外さなければならない場面がありました。顔は映ってない、モザイクだってかけるとしきりに言われましたが気になってしょうがなかった」(Kさん)

 撮影は2時間ほどで終わり、帰り際に封筒に入った現金12万円を手渡された。電話番号や本名は最後まで聞かれなかったが、Kさんも教えるつもりはなく「これっきりだ」と思い、マンションを後にした。親やきょうだいに迷惑をかけずに済んだ、Kさんはそう安堵していたが、それから三ヶ月ほど経ったある日、Kさんに慌てて電話をかけてきたのは、他でもない実の弟だった。

「姉ちゃん、変なビデオに出ているだろうと言われて、目の前が真っ暗になりました。思春期の弟ですからそういった映像を見る機会も多いのか、友人から情報が回ってきた、と心配しているとも怒っているとも思える口調で教えてくれたんです」(Kさん)

転載されて今も残る動画や画像

 弟が送ってきた画像を見て、Kさんはその場に崩れ落ちた。あれだけ「顔は映らない」と言われにも関わらず、なぜかビデオ販売サイトとは別のサイトに、自身の顔がハッキリと掲載されていたのである。

「年齢や名前、それに肩書きなどは適当でしたが、間違いなく私の顔。何が起きているのかわからずパニックになり、丸一週間、ベッドから起き上がることもできませんでした」(Kさん)

 結局、弟は親にも相談していたようで、心配した母親から警察や弁護士に相談するよう勧められ、結局親の知人である専門家に対応を依頼。顔が写っていたと抗議をしたところ、すぐに販売は停止されたというが……。

「映像は確かに販売されなくなりました。でも、弟が教えてくれたサイトからはいつまで経っても私の顔写真が消えなかったんです」(Kさん)

 その後Kさん自身も、あの男にDMで事情を説明するよう何度も求めたが「知らない」の一点張りで、Kさんはさらに思い詰め、いまも睡眠薬が手放せなくなるなど、心身共に疲弊したままだ。

 Kさんはあまり理解していないようだったが、弟が見つけたサイトは、販売サイトの映像を無断で転載し公開しているサイトで、おそらく、Kさんを勧誘した男とは無関係の第三者が運営しているサイトだと思われる。いわゆる「アフィリエイト」などの広告収入目的で開設されたサイトで、あらゆる映像が無断で転載され、顔がわかるようなシーンだけがキャプチャー画像として切り取られていた。

「知り合いの専門家を通じて弁護士さんに相談しても、そういったサイトは海外の業者や司法機関に連絡を取らなければならず、かなりの費用がかかると言われました。警察にも相談して、一応調書は取ってもらいましたが、いくら待っても、それ以上の進展はありません」(Kさん)

 さらに悪いことに、消えたはずの映像はその後も、ネット上の動画サイトに何度も転載され、海外のポルノサイトにまで掲載されていた。もはや、どうにもできないと悟ったKさんは、その後も心身が不安定になり、日常生活を送ることすらままならない。浅はかだった自分を呪い続ける日々が今も続いていると告白する。

 きつい言い方をすると、その原因を作ったのはKさん自身である。いくら困窮していたとはいえ、怪しいと思う世界に飛び込んで行く判断をしたのはKさんなのだ。

 だが、終わりがない被害を受け続けねばならないほどの非があるとはいえないだろう。心身に重い傷を負ったのはKさんだけだ。やはり、Kさんが無知であることにつけ込んで勧誘した男の罪は重い。Kさんを騙し、Kさんの人権を蹂躙することで金儲けし、またおそらく、違法転載が常で「一度出回ってしまえば回収不可能」という実態を把握していたにも関わらず、自身は何も知らないと説明責任を果たさず逃げ回る。今も続く被害の鍵を握る人物なのは間違いないのに、男に責任を取らせる術はKさんにないも同然で、結局のところ、泣き寝入りを余儀なくされている。

 成人年齢の引き下げなどで、18、19歳も保護者なしで様々なことを決められるようになる。それにともない、金融詐欺への被害などが増えるのではと危惧されているが、それだけではなく、Kさんのような被害も今後、増加する可能性は極めて高い。経験が少ないのだから、若者が無知であるのは当然だし、それ自体は罪だと問うのは無理がある。だが、困ったときに親や家族に遠慮して、間違った大人に相談するのは危険だし、浅はかすぎるといわざるを得ない。経済的、精神的に追い詰められたときにとるべき手段の教育、そして、どんなときも相談してよい大人がいることを、また、公的機関やNPOなど様々な救済機関が存在していることを知らしめるべきだろうし、今よりもっと手厚くケアされるべきだろう。若者に失敗が許されない社会は、誰にとっても不幸なのだ。

掲載:https://news.yahoo.co.jp/articles/065400e6043fd3a61bf970782dd90722138bf420?page=1

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)