《東京・葛飾》3歳長男を虐待した風俗店勤務の母親、同居男との“だらしない”関係

「ゆきちゃんは、まじめで頑張り屋さん。小さいころから仲よくしてくれて、優しいお姉ちゃんという感じ。子どものことも可愛がっていたし、ずっと気にかけていた。とても、そういうことをするとは思えない」

 そうかばうママ友だが、逮捕された容疑は尋常なものではなかった。

容疑者と内縁の夫が長男に虐待

 東京・葛飾区の風俗店従業員・沖間友紀(おきまゆき・26)容疑者は、今年1月15日から16日にかけて、自宅アパートで長男(当時3)の顔面を殴打。

 長男は、右目付近に全治1週間の頭蓋(ずがい)内損傷を負い、意識不明の重体となったが、現在は回復して児童福祉施設に保護されているという。

 さらに、1月24日には太もも付近を殴打し、打撲でやはり全治1週間を負わせたというものだった。この2件の傷害の疑いで8月5日に逮捕された沖間容疑者は、

「言うことをきかないときは叩いていた」

 と日常的な虐待を認めている。

 この長男の父親で当時、沖間容疑者の内縁の夫だった神奈川県横浜市の向山純貴(むこうやまじゅんき・26)容疑者も昨年3月下旬ごろ、長男の耳を引っ張るなどの暴行をしたとして、8月14日に傷害の容疑で逮捕された。

「ケガをするほど引っ張っていない」

 と向山容疑者は、容疑を一部否認している。

 沖間容疑者は以前から、「育児に手間がかかる」などと区や保育園に相談。

 昨年の2月には、長男の右腕が骨折しているのを保育士が発見して、区に連絡。

 沖間容疑者は、「自転車で転んだ」と、みずからの関与を否定していたが、その後、説明が二転三転……。そのような情報が、行政で共有されているなかでの事件だった。

 一連の犯行に関して、現場アパートから徒歩10分ほどのところに住む父親は、

「弁護士から“マスコミには話してはいけない”と止められているので、何も話せない」

 と言うばかり──。

付き合ったり、別れたりを繰り返していた2人

 沖間容疑者は、葛飾区の出身で、地元の農業高校を卒業後は、旅行関係の専門学校に進学。英語が得意で、校内スピーチ大会で優勝したこともあった。

 その後は箱根で働くなどしていたが、そのころに知り合ったのが、向山容疑者。

 2年前からは現在のアパートに、沖間容疑者と2歳になった子どもと暮らし始めたが、その後、向山容疑者も転がり込んできたようだ。

「引っ越してきたころは、確かに2人だったので、シングルマザーかと思った。沖間さんは派遣会社の配膳関係の仕事をしていた。

 そのあと、男性が出入りするようになったので、“とうとう男ができたんだな”と思っていた」(同じマンションの住人)

 2人の知人は、次のように説明する。

「向山くんは人当たりもよかったが、2人は長年、付き合ったり、別れたりを繰り返していた。

 向山くんが少しだらしなかった覚えがあるので、もしかすると赤ちゃんができてしまい、結婚する流れにはなったかと思うが、(沖間さんは)結婚は内心、したくなかったのかと思う。長男は間違いなく2人の子ども」

近隣住人が虐待を疑っていた

 そんなゴタゴタで内縁関係のまま、長男の存在がうとましくなったのか、虐待が始まった。

 近所の主婦はこう話す。

去年の秋ごろ、夜に子どもの泣き声が聞こえてきて、そのあと沖間さんが子どもを散歩させている姿を見かけた。

 それが泣きじゃくる子どもをあやすようにではなく、無理やり連れ回しているように見えたので、虐待じゃないかと思った。

 でも、もしかすると虐待ではないかもしれないので、近所トラブルになると思って、通報はしなかったんですけど」

 同じアパートの住人も、

「毎日のように泣き声が響いてきたけど、泣きグセのひどい子かもしれないので、やはり通報すればトラブルにもなりかねないし……」

 さらに、沖間容疑者は1年ほど前から、月6万円のアパートの家賃を滞納していた。

「報道で、風俗店で働いていたと知ったけど、配膳関係の仕事がなくなり、お金に困っていたのかも。内縁の夫も無職だったみたいだから、すべてひとりで稼いでいたんでしょうけど」(アパートの住人)

“面倒見のいいお母さん”の一面も

 一方で、近隣のダーツバーなどで楽しむ姿が目撃されている。

「明るい性格で、いつも仲間数人で来て、カラオケやダーツに興じていました。SMAPやサザンの曲が多かった。お酒も結構、いける口でしたね。

 子どもさんも数回、連れてきたことがある。そのときは面倒見のいいお母さんといった感じでしたけどね。でも、ダンナさんは一度も連れてきたことがなかった」(バーの仲間)

 さらに、容疑者のインスタグラムによれば、家賃滞納が始まっていた昨年9月には、世界バレーを観戦。

《大林素子さんデカっ! 栗林恵さんデカっ!  中田監督…足細っ!》

 10月の自分の誕生日には、

《めんどくさいだろう私の相手いつもありがとうございます》と報告。

 長男を意識不明に追い込む直前の今年1月には、東京ドームシティのヒーローショーに長男と一緒に参加。

《怪獣出てくる度に手をギュッと握ってくるのが可愛かった》

 と長男を可愛がる様子もあった。

 逮捕前の7月には、ウニ専門店を訪れている。

《やっぱりウニしゃぶおいしかった! からの〆の雑炊は間違いなかった!》

 そんなSNSに綴られている日常は育児にプライベートに、充実しているようだったが実態は違っていた……。

 ちょうど1年前の愛息の3歳の誕生日には、

《産まれてきてくれたこと 毎日笑っていてくれること それだけでなんでも頑張れる。感謝》

 と記していたが、いまとなってみれば、虚(むな)しいきれいごとにしか聞こえない。

 逮捕前、すでに施設に預けられている息子の4歳の誕生日を容疑者は、直接祝うことはできたのだろうか……。

掲載:《東京・葛飾》3歳長男を虐待した風俗店勤務の母親、同居男との“だらしない”関係 | 週刊女性PRIME (jprime.jp)

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です