風俗勤務がやめられない「有名国立大」のエリート研究員 四十路を越え、振り返る半生

“大人のパーティー”を主催している知人から「コンパニオンの女の子に、学校の先生がいるんですよ」と連絡をもらった。性風俗でアルバイトをしている教師というのは珍しくないから、私は始め驚きもしなかった。が、よくよく聞けば単なる“先生”ではないという。誰もが知る有名国立大学で研究員をしているというのだ。【酒井あゆみ/ノンフィクション作家】

 その大人のパーティーは、月に一度ほどのペースで、マンションの一室で行われている。表向きは「性行為が好きな男女が集まる」というフレコミだが、実際のところ、女性のほうは主催者からギャラをもらっている玄人が大半だ。取り分はひとりを相手するたびに4000円ときわめて安く、しかもまともな店では雇ってもらえない女性がたどり着く「墓場」のようなところだ。そんなところに超エリートが働いているというのだから、興味をそそられ、知人を介して取材を申し込んだ。

 インタビュー現場に現れた由紀子(仮名)は、いま44歳。すらりとした長身の女性だった。事前に、例の主催者から胸をはだけた彼女の写真を見せてもらっており、そちらはなかなかグラマラスだったから、イメージと違った。脱いだらすごい……というタイプだ。

 念のため、在籍する学校の身分証明書を見せてもらうと、たしかに聞いていた通りの所属だった。専門分野を聞いたが、それが理系だということだけは分かるのだが、門外漢の私には何の研究なのかはよくわからない。「特定されたくないので詳しくは書かないでください」と言われたので、ここでは仮に数学系としておこう。

 しかもよくよく聞けば、研究員になる前には海外で日本語学校の講師を務め、数学の教師として働いていた時期もあったそうだ。しかも地方の老舗ホテルの1人娘である。幼い頃に母を亡くしたというから、父から溺愛されていたことは想像に難くない。学生時代は「お金は天から降ってくるものだと思っていた」というくらいの仕送りをもらっていた。いまもお金に困っている素振りはなく(月収30万円だといっていた)、たしかに若くはないが、彼女ならばもっと条件のいい店で働くこともできるはず。ますます、なぜ、墓場のようなパーティーで働いているのかが分からない。

「怖いもの見たさ、それか、自分を落とし入れて虐げる快楽、なのですかね……。ホスト狂? 違います。そういう子がいることは知っていますが、なんで高い男にお金払わないといけないの? って思っちゃうくらいです」

 1000人に1人の確率で、いわゆる「好き者」は存在するといわれるが、30年近くこの業界にいる私でも、その手の女性には2、3人しか会ったことはない。彼女も「違います」と断言する。

「地元にいた高校生のときにテレクラで出会った男性と初体験は済ませました。上京して大学に入ってからもテレクラを利用して、色んな男の人とも寝てきました。およそ10店の風俗店でも働いてきましたが……そういう行為が本当に好きになったのは、40歳を越えて、今の彼氏と出会ってからですから」

 自分でも、なぜ働いているのかは上手く説明できないらしい。小さい頃は「ガリ勉キャラ」で、友人関係や職場でも、下ネタは一切、口にしない人間として過ごしてきたそうだ。自分が望んだというよりは、勝手にそうレッテルを貼られていた節がある。「高校生の時、教室で安野モヨコさんの『ハッピー・マニア』を読んでいたら、“そんなもの読むなんて”と友人に言われたのを覚えています」。性的なことへの関心は「パパが買っていたスポーツ紙を盗み見て」小さい頃からあったそうだが、そんなことはよくある話。研究職をしながら性風俗の仕事をしているのは、由紀子本人がいう「怖いもの見たさ」という理由が、今のところ一応しっくりくるものだろうか。

「詳しい学歴をお客さんに伝えたことはありませんが、“頭の良い女性”をどうこうしたい、という欲望がある男性は一定数いるので、そういった方の受けはいいですね」

テレクラ、スイス人、SM作家…の恋愛遍歴

 今つきあっている彼氏というのも、例のパーティーに客としてきていた男で、しかも既婚者だという。よくよく聞けば、由紀子には普通の恋愛経験がほとんどないことがわかってきた。

「初めての彼氏らしい彼氏は、大学生のときにテレクラで出会った、20歳年上のウェブディレクターでした。でも彼も奥さんがいて、恋人というよりは身体だけの関係でしたね。しばらく関係がありましたが、私が目黒にあるSMクラブで働きはじめ、そこのお客さんだったひとつ上のスイス人の男性と付き合い始めたので、ディレクターの彼とは別れました。でもスイス人の彼は、じつはお店の女王様の“おさがり”でした。その方はSM業界では有名な方なんですが、ご存じですかね? そのスイス人が人生で唯一のまともな彼氏といえば彼氏で、実家にも連れて行ったんです。でも付き合って半年で『君はまだ幼過ぎる』と言われて、電話に出てもらえなくなって、破局。その別れの翌々日に、あるライブハウスで、SM作家の方に出会ったんです」

 由紀子が口にしたその作家の名を私は知らなかった。グーグルで検索すると、官能作家だということがわかった。

「その方が数年前に亡くなるまで、15年ちかく“ご主人様と奴隷”の関係で付き合ってきました。もっとも、彼は職業上サドの設定でしたが、実際はマゾ。かなりの年上でしたので、肉体関係もほとんどありませんでした。“東京のお父さん”のような感覚でしたね」

 パートナーだったというその男性との関係を続けながらも、由紀子は西麻布にあるショーが売りのSMサロンで働いたり、大塚にあるこれまた墓場のような店で働いていた。学業面では、大学を卒業後に院に入り、博士課程まで修了した。そして29歳で、数学の教員として高校に就職をする。

「さすがにまずいと思い、就職してからは一度、風俗店で働くのをやめたんです」

 就職したのは共学の学校。ソフトテニス部の形ばかりの顧問をしていたそうだ。男子生徒とのロマンスはあったのか、とお決まりの質問を投げても、笑って首をふるばかり。

「むしろ同僚の男性教師からは“先生、恋愛したことないでしょう”とからかわれたりしていました。まあ、一般的な恋愛の経験はほとんどなかったので、間違ってはいないんですけれどね」

留学先でも…

 ところが教師になって1年半ほどがたったころ、就職前に働いていた風俗店オーナーから「復活してほしい」と電話があった。それに二つ返事で答えたというから、仕事のストレスが溜まっていたのだろうか。

「いえ、私は昔からストレスで性欲が減退するタイプなので、それはありませんね。教師生活は楽しかったし。なぜまたやろうと思ったのか、自分でも分からないんですが……とにかく休みの日曜日だけ風俗に勤める生活が始まりました」

 貴重な休日を費やしてまで仕事をするというのだから、やはり不思議な女性である。

 その後7~8年ほど教師の仕事をつづけたのち、留学制度を利用してアジアの国へ留学、現地の日本語学校で講師をした。その間も現地で知り合った中華系の男性と関係をもったり、オランダ人やアメリカ人と付き合ったりしたそうだ。

「セックスワークではなく、プライベートの関係です。行為中、中華系の彼に『アイ・コンク・ユー(君を征服する)』と言われたのには笑ってしまいました」

 帰国後は、以前の学校とは別の高校でまた数年教えた後、母校にきていた公募のオファーに応募し、いまの職を得たという。“もうひとつの仕事の方”も、蒲田の熟女専門店に再就職した。が、コロナ禍もあって稼ぎは悪く、そもそもかなりレベルの低い店だったようだ。

「その店、お客さんの元へ行く移動が電車で。ヒール壊れちゃうくらい歩くんです。だから辞めました。大変過ぎて……」

 そうして、私の知人のパーティーのキャストに流れ着いた、という訳である。

「子供は欲しかったかな」

 キャストの勤務は月に1度だから、これまでの彼女の仕事ぶりからすれば、かなり落ち着いた性生活といえるだろう。

「うまく説明できないのですが、例の“東京のお父さん”の作家の方が亡くなったことがひとつの区切りになったのかもしれません。やっと自立できたといいますか。ちなみに本当のパパは存命です。実家にいます。私のこと、処女だと思ってるかもしれませんね」

 と由紀子は笑う。いまはやりがいのある仕事につき、彼氏もいる(不倫関係だが)。充実していそうだ。一方、いわゆる「女性の幸せ」を求めたい気持ちはないのだろうか。

「父親の勧めでお見合いも2回しましたが、先方から断られて。それで親も諦めてくれたようですね。本当は家を継いで欲しかったようですけれど。寂しいと思ったことはないですね。飲むのが好きで飲み歩いたりして。知り合いも友達も多い方だと思います。今から結婚しても、相手も同い年位でしょう。向こうの親の介護をさせられるだけだから、ぜったいに嫌。子供は欲しかったかな、って思う時はありますが」

 世間から見れば彼女は、凡人にはできない努力をし、それが報われた珍しい成功例といえるだろう。だが話を聞いた限り、彼女に「満たされた」感はなく、それがもうひとつの仕事に駆り立てているのかもしれない。その渇望感は母の死からくるものなのか、父の溺愛なのか、例の作家との出会いゆえのものなのか……。3時間程度のインタビューでははっきりとは見えてこなかった。

 知人の主催しているパーティーは公然わいせつ罪にもなりうる類のものだ。バレたら、学校はクビになるんじゃないですか。ヘタをすれば週刊誌も食いつくようなネタですよ、と最後に告げると、

「まあそうかもしれませんね」

 とつぶやくのみだった。

酒井あゆみ(さかい・あゆみ) 福島県生まれ。上京後、18歳で夜の世界に入り、様々な業種を経験。23歳で引退し、作家に。近著に『東京女子サバイバル・ライフ 大不況を生き延びる女たち』ほか、主な著作に『売る男、買う女』『東電OL禁断の25時』など。Twitter: @muchiuna

デイリー新潮編集部

掲載:https://news.yahoo.co.jp/articles/288ff852ffbba829fa9308a46cc7c043fcda7f22?page=1

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)