「愛妻家でも風俗には来る」 悩める妻たちにベテラン風俗嬢がやさしく解説

自他ともに愛妻家を名乗っていた夫が、なんと風俗店に出入りしていた…。そんな事実が発覚したとき、妻は「こんなにも幸せで仲の良い夫婦なのに、なぜ…」と思い切り悩むことだろう。

なかなか理解できない部分も多い男の心と体、そして性。ベテラン風俗嬢がそのあたりについて解説し、世の妻たちの関心を集めている。

■既婚男性も多々利用

女手ひとつで2人の子を育てあげるため、オーストラリアのシドニーで長年にわたり性風俗業に従事していたというサマンサ・X(本名アマンダ・ゴフ)さん。

引退した後、著書『Hooked』および『Back on Top』に高級エスコート嬢として歩んだ半生を赤裸々に綴り、話題をさらっていた。独り身の男性ばかりか、身体に障害がある男性やガン末期の男性、そしてもちろん既婚男性のお相手を多々してきたという。

■風俗に通う既婚男性は3種類

風俗を利用する既婚男性は大きく分けて3種類だと解説するサマンサさん。

まずは、「妻とはセックスレスで愛情もない」という男性。サマンサさんを抱いた後に「妻にとって僕はただのATM。離婚での財産分与は腹立たしいし、子供がいるから別れられない」などとボヤく夫も少なくなかったという。

続いては「妻を愛しているが、セックスがマンネリ化して…」という男性。仕事が多忙で過労ぎみの男性でも、いざ事に及ぶと驚くようなパワーをみせることがあり、「セックスこそが元気の源」という男性の言葉は真実だという。

■どんな愛妻家でも…

そして最後が「妻を心から愛している。傷つけたくない。でも多様なセックスを楽しみたい」という愛妻家の男性たち。幸せな結婚生活を営む愛妻家の男性は多いが、巧みな嘘とアリバイ作りで彼らが妻を欺く様子を、サマンサさんは嫌というほど見てきたそうだ。

夫の風俗通いをおおっぴらに認める必要はないが、「男の性はどうにも我慢ができないもの。誰もがじつは風俗に行きたがっている」と考えてみるだけで、世の妻たちはもっと楽になれるのではないかという。

■浮気願望こそ問題

サマンサさんが最も嫌うのは、風俗を利用する夫たちではなく、浮気をする夫たちだ。

しらべぇ編集部では全国20〜60代の既婚男女773名に調査を実施。すると「何があっても浮気しない」と心に決めているのは、年代が上昇するごとに女性では増加傾向を示すのに対し、男性ではむしろ減少していくことが判明した。

世の夫たちは年齢を重ねるごとに、妻を裏切ってはならないという気持ちより「浮気は男の甲斐性」という気持ちが勝っていくのだろうか。

掲載:「愛妻家でも風俗には来る」 悩める妻たちにベテラン風俗嬢がやさしく解説 – ニュースサイトしらべぇ (sirabee.com)

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です