コロナ禍で「パパ活」蔓延 SNSで飛び交う隠語…企業公式アカウントで“誤爆”も 「飲んでる」「そのまま」「優しいp」

 「来週募集してます」。ある企業の公式ツイッターアカウントによる「謎の投稿」が波紋を広げている。ネット上では、女性がデートの対価に男性から金銭的支援を受ける「パパ活」を呼びかけたものとの憶測もある。コロナ禍で「パパ活」が増えたともいわれるが、どこまで蔓延(まんえん)しているのか。

 話題になったのは、ある事業者のツイッターアカウントによる「来週募集してます 飲んでるんでそのままで平気です 横浜辺り。条件DM下さい」との投稿。

 個人用アカウントで投稿するつもりが“誤爆”してしまったのか、アカウントを乗っ取られたのか真偽は不明だが、ネット上では「パパ活の呼びかけに用いられる隠語ではないか」との指摘が相次いだ。「飲んでる」とは、避妊薬を指す隠語で、「そのまま」とは避妊の必要がないという意味だというのだ。

 これに限らず、SNSには「今日、都内で会える方いませんか」「p活」など、直接「パパ活」という言葉を使わない「におわせ投稿」が横行している。

 風俗業界などに詳しいライターの高木瑞穂氏は「基本的にSNSでは、パパ活であることを濁すケースが多く、『優しいp(パパの略称)募集』と書いたり、『困っています』とにおわせる。世間的には同じでも、当事者にはパパ活と援助交際は別という価値観があるようだ」と解説する。

 コロナ禍で風俗業界の客離れが進んだことで、パパ活への進出は増えたのか。「現在の風俗やキャバクラは、固定客を持つ“プロ”を除き、出勤が制限される従業員が多い。そのため、SNSでのパパ活も増えているようだ」と高木氏は語る。

 パパ活をめぐっては、未成年が巻き込まれたり、パパ活を入り口にした詐欺事件に発展したりすることもある。安易に踏み込むべき世界ではないのはいうまでもない。

掲載:コロナ禍で「パパ活」蔓延 SNSで飛び交う隠語…企業公式アカウントで“誤爆”も 「飲んでる」「そのまま」「優しいp」 (1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

最後に…

木村風俗太郎

私が風俗嬢と遊んでいるサイトをご紹介します!

矢印

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン
エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

sanmarusanでは、女子大生・OL・キャバ嬢・風俗嬢・人妻・熟女・痴女・処女・モデル・CA・看護師・M女・変態女性…等々。ここでは書ききれないほど、色々なジャンルの女性とエッチできます。その様子が気になる方はsanmarusanを見てね!

sanmarusan公式サイトへ

※18歳未満は利用できません

↓↓風俗嬢と遊ぶ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です