風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  全国 >  ランジェリーパブ > 

風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
性風俗産業で働く女性(キャスト)のセカンドキャリアを支援する一般社団法人Grow As People(GAP)が今年2月、キャストたちの稼働数や収入、業界に足を踏み入れた動機などをまとめた「夜の世界白書」を発行した。


同白書は、377人のキャストへのアンケート結果から、平均すると月に12日間の実働日数で約40万円の収入がある一方、年齢とともに出勤日数と収入が減少しているといった実態を明らかにし、そのうちの47人もが「なんとなく」働き始めたと回答していることなどを報告している。


このような具体的なデータは今までなく、同白書に注目が集まっている。そこで、今回はGAPに詳しい話を聞いた。


――まず、GAPの取り組みについて教えてください。


GAP 創始者の角間惇一郎が2010年に活動を開始し、12年に一般社団法人格を取得。現在は10人のスタッフが在籍しています。「どんな状況にいても孤立せず、望めば次に行ける。そんなセカイをつくろう」という理念のもとに活動しており、「どんな状況にいても」というのが、具体的にいうと「性風俗産業で働いていても」ということで、「望めば次に行ける」というのは、いわゆる“夜職”から“昼職”への転職や、やはり女性ですので“結婚”や“出産”といったライフステージへ進むということです。キャストの皆さんがそんなセカンドキャリアを実現できる社会の仕組みづくりをしたい……との思いで活動しています。


――サポートの対象は、具体的にどのような方々なのでしょうか。


GAP まずは、極度の貧困であったり、精神障害・疾患をお持ちの方、福祉的なサポートが必要な方。そして、GAPの一番の対象となっているのが、なんとなく風俗を始めて、ずるずると続けている方です。後者は辞め方も知らず、「性風俗店勤務を知られたくない」との思いを抱えつつ、やはり将来に対して漠然とした不安がある。実は7年間の活動のなかで、このような方々が全体の60%と最も多い割合を占めているとわかったのです。




セカンドキャリア支援事業


――具体的には、どのような支援をしているのでしょうか。


GAP セカンドキャリア支援ですが、その前に、前者に対しては一旦しかるべき支援に橋渡ししています。たとえば、性風俗店に在籍していた時の写真がいつまでもインターネット上に残っているといったトラブルや、お客さんの子どもを妊娠してしまったけれど店に言えないなどの悩みに対し、支援をしてくれるしかるべき機関に橋渡しした上で、その後、本人が「昼職にチャレンジしたい」と望めば、改めてセカンドキャリア支援を行っていきます。


――セカンドキャリア支援事業の内容を教えてください。


GAP まず最初はGAPのスタッフと当事者のマンツーマンで2回にわたる無料の面談を行い、その後、それぞれ有料のプログラムに移ります。プログラムは1000円から3万円のものまで幅広く選べますが、内容は主に2つに分かれていて、ひとつは専門のキャリアカウンセラーによるカウンセリング。面接指導や企業研究、適性検査などです。


そしてもうひとつはインターン研修で、最短3カ月、最長6カ月派遣されます。GAPの活動理念に賛同いただいている企業や団体に派遣しているのですが、その間に昼職の感覚を知ってもらいます。昼職と夜職では、収支や時間軸の感覚にギャップがありますので、そこをインターンで身に付けた後、初めて就活に臨むというルートです。なので、初回の面談からインターンを通して実際に転職が実現するまで、およそ1年かかります。


――その1年の間に、途中で諦めてしまう人などはいないのでしょうか。


GAP いないです。基本的に皆さん「自分を変えたい」と思って来られているので。もちろん、途中でメンタル的に落ちてしまうようなことはありますけど、だからといって転職を諦める方はひとりもいらっしゃらないです。そのためにも、GAPスタッフの手厚いサポートがあります。




一般女性に到達しやすい環境


――転職のタイミングですが、同白書にも「40歳の壁」について書かれていますが、性風俗産業で働く女性は年齢を重ねるとともに働きづらくなり、40歳を前に限界を感じるという問題があります。しかしその前に、女性は30代に差し掛かる際にも一度、年齢を意識するタイミングがくると思うのですが、実際にGAPに相談に来るのは、どの年代が多いのでしょうか。


GAP やはり、20代後半から30歳ちょうどの方が一番多いです。周りの女性が結婚し始めた頃、「あ、ヤバいな」と気付く。そこは、昼職の女性と同じ感覚だと思います。そんなときに、「風俗嬢」「転職」などでネット検索すると、GAPがヒットするのです。というのも、日本で風俗嬢のセカンドキャリア支援をしているのは、GAPだけなので。あとは、GAPの公式サイトやSNS、またメディアの報道などを見て来ていただいています。相談者は月30人ほどで、確実に増えてきています。


――同白書のような、性風俗店で働く女性のデータをまとめたものはこれまでになかったと思うのですが、GAPのスタッフから見ても「意外」といえる情報などはありましたか。


GAP やはり、「なんとなく始めた」という方が多いというデータは、私たちにとっても重要だと感じています。「なぜ、なんとなく始めたのか」という分析もしているのですが、このネット社会に性風俗産業が湯水のごとく広告費をかけているので、一般女性に到達しやすい環境になっているようです。なんとなく始めてしまったという人に話を聞くと、スマートフォンで「短期間」「高収入」などと検索した時に一番上に性風俗店の広告が出てきた、と。現在、デリヘルなどは店舗を持たない代わりに広告費にお金をかけられるような形態になっているので、皆さんが性風俗産業の情報を知る垣根が低くなっているのです。




“孤立”を防ぐ


――そんななか、国や行政にはどのようなことを求めていますか。


GAP 私たちも最終的には行政を巻き込んで活動をしたいと思い、その端緒として同白書を発行しました。まず国や行政に理解してもらいたいのは、性風俗産業に従事している20代の女性が30万人いるということ。この30万人というのは、14年に厚生労働省が発表している全国の医師の数と一緒なんですね。それくらい労働人口があるということなので、それを活かすような取り組みをしてほしい。そのために、私たちのデータをもとに冷静に、一緒になって考えてほしいです。


――現在、国や行政の動きは不十分だと感じますか。


GAP 行政機関の方々は「どうしたらいいか、わからない」という状態のような印象を受けます。だからこそ、私たちのような団体と二人三脚でやっていけたらと思います。


――GAPは性風俗店からも所属キャストの相談などを受けておられ、決して性風俗そのものを否定しているわけではない。「そこに困っている女性がいる」ということが問題なんですよね。


GAP そうです。私たちは性風俗で働いていることを否定も肯定もしないけれど、そこで女性が“孤立”するのはマズいと考えています。


――では最後に、今後の活動に向けての思いをお聞かせください。


GAP ひとつは、全国の当事者の方にサポートが行き渡るようにしたいということ。今は関東エリアを中心に活動していますが、北海道から沖縄まで、地方にいらっしゃるキャストさんに支援の手が行き渡るように、インターンの受け入れ先を地方でも募集したり、『夜の世界白書』を郵送したりしています。もうひとつは、国や行政を巻き込んで活動していきたいので、やはり私たちのような団体をうまく使ってもらいたい。そして、性風俗で働く女性のセカンドキャリアを実現することが望ましいと思ってもらえるようにしていきたいです。ひいては、GAPは今、性風俗産業に絞って活動していますが、ゆくゆくはアスリートなどさまざまなジャンルの方のセカンドキャリアにもお力添えしていきたいと思っています。


GAPは現在、公益社団法人の申請中であり、企業のインターン受け入れ先を募集しているほか、個人会員としての支援も受け付けています。また同白書は郵送料のみ自己負担いただければ郵送しますので、詳しくはGAPの公式ホームページ、もしくはFacebookをチェックしていただければありがたいです。
(構成=編集部)


http://biz-journal.jp/2017/05/post_19277.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗にも抜け出せなくなる人がいる。
他も同様。

例えば株で儲け続けている人。
手を使って頭を使って働くことを捨ててしまい、そちら側へ戻れなくなっている人がいる。
もちろん儲け続けているということはお金が入ってきているということで死にはしないが、ある意味で死んでいる。
それは、、、考える力、何かを成し遂げる力、手を使う実行力、、、そいういった自身の能力が死んでいってしまっているのだ。

サラリーマンの場合も同様。
雇われ続けることに慣れてしまい、そこから抜け出せずにいる。
指示されたことだけをこなし、自分の力で考えること、歩くことを忘れてしまっている人たちがいる。

つまりは、それだけ地に足を付けて自分の足で立っていることができる人が少ないということだ。

そういう意味で何かのポジションから開放する組織・団体は必ず必要になるのが世の仕組みのようだ。
何かに依存して死にかけている人が再び自分の力で歩きだすキッカケというのはそれだけ社会にとって必要不可欠なのだ。

そういう意味で、風俗だけでなく今後の社会発展を祈って、解放の団体というのは存続し続けて欲しいものだ。
カテゴリー : 風俗ニュース
MILKY WAY 営業用
横浜ミクシーグループ_営業
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
◇東京・鶯谷でスタート、活動が各地に広がる


東京・鶯谷でスタートした弁護士や社会福祉士が性風俗店で働く人たちの法律・生活相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」の活動が各地に広がっている。公的支援を求めにくい女性らをサポートするのが目的で、2月に大阪、先月には新潟で初めて開かれた。一般社団法人「ホワイトハンズ」のメンバーが無店舗型性風俗店(デリバリーヘルス)の事務所などを回って相談を呼び掛けている。【福島祥】


3月末。ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾(さかつめ・しんご)さん(35)らが新潟市内にある風俗業者の事務所を訪ね歩いた。風テラスのチラシを届けるためだ。


最初に訪れたのは、住宅街にあるワンルームアパートの一室。壁に掛けたホワイトボードには、女性の源氏名と働く時間を表す数字が並んでいた。


対応した従業員によると、インターネット上のトラブルや職探し、引っ越しなど同店で働く女性たちの悩みはさまざま。女性の店長を慕って相談することもあるが、従業員は「相談が多く、店長自身がパンクしそうになる時もある」と明かす。「(風テラスのような相談先は)あると助かると思う」と話した。


別の業者の事務所では、説明を聞きたいと男女6人が集まった。同じ店で働く女性から保育や転職の相談を受けたことがあるという男性は「話を聞いてやることはできても、アドバイスをするのは難しい」とこぼした。坂爪さんは「関心を持ってくれる業者が多く、驚いた。地方でもかなりの需要があるのではないか」と手応えを語った。


新潟では、地元の弁護士と、生活困窮者の支援に取り組む「パーソナル・サポート・センター」の相談支援員がペアで対応する。江幡賢弁護士(42)は「都市部に比べて数は少ないかもしれないが、問題を抱えながら風俗業界で働いている女性はどこにでもいると思う。風テラスの活動が、弁護士に相談するきっかけになればいい」と話している。


風テラスは、ホワイトハンズが2015年10月に都内で始め、今年2月に大阪市でもスタート。新潟分を含めて計35回開催され、計約120人が利用している。風俗店の待機部屋に弁護士や社会福祉士などを派遣して、相談に乗る。基金を作り、業者や一般からの寄付で経費をまかなうため、相談料は不要。また、本名ではなく、源氏名で相談を受け付ける。入り口で職業を尋ねられるのが嫌で、公的窓口などへの相談を敬遠しがちな人たちに配慮している。


警察庁によると、営業を届け出ている無店舗型風俗店は全国で約2万店ある。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000035-mai-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗で働く女性全員が人生に困っている人のように扱うのは偏見になるけれど、悩んでいるが職種の関係上、相談しづらい立場にあり、唯一相談できる先の店長が相談内容に対応できるとは限らない。
店長だって1人の人間なのだ。
悩みと相談という面で風通しが比較的良くない風俗業界で「風テラス」のような相談機関があるのは女性が自身の人生と向き合うのに必ず助けになると言えるだろう。
酒は飲んでも飲まれるな。
金を愛せど溺れるな。
こういう観点から風俗や好収入の仕事も同じことが言える。
風俗は生きる上での1つの手段というだけで、風俗に溺れてはいけない。。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
アドミ
フェチさんアモイ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
8日、おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるAbemaTVのトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。この番組は「明日のブスのためにブスがブスを語り合う、ブスが主役のトーク番組」であり、この日もブスのゲストたちを招き、さまざまなブス事情をフカボリ。この日は“ブス枠”に応募してきたフリーター・永井はるかが初登場。驚きの結婚エピソードを明かした。


永井は自身の経歴について「実はバツイチ」と告白。「昔、男性に(30分や1時間単位で)癒しとやすらぎを与える仕事をしていて、そこで客だった旦那と出会いました」と、ある“業界”にいたことをほのめかし、矢作は「お客さんと結婚したの?」と興味津々の様子。共演者たちからも「すごい」という声が上がった。


後に夫となるその男性は永井を何度も指名してくれたそう。「そういう仕事をしていると、男性が本心でしゃべっているかどうかが大体わかってくるんですが、結婚相手は私のことを本心で褒めてくれているなと感じて、私から好きになりました」「他の人とは違う、本当の優しさを感じました」といい、出会いから3ヵ月でスピード結婚したという。


結婚後、一度は業界から足を洗ったものの、生活難から間もなく再開。しかしそんな壮絶な結婚生活は、相手の浮気が原因で約2年で幕を閉じたという。


しかし、永井は現在、アルバイト先で知り合った彼氏がいるとのこと。その彼氏は永井の過去も知った上で愛してくれていると幸せそうに語り、共演者たちから羨望のまなざしを受けていた。


(c)AbemaTV


http://news.livedoor.com/article/detail/13035463/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
男性のことで人生を左右される女性を見ると、本当にそれでいいの?と思ってしまうのは私だけ?
女性が自分1人で生きていけるように、全てを構築できていたとしたら、、、、楽しみとか恋愛のためだけに男性と距離感を保ったお付き合いを楽しんで、自分の人生のコアとなるものについては、男性抜きの自分軸で生きていけるとしたら、男性依存しない本当の自分の人生を楽しめるのではないだろうか?

人間はみんな支え合って生きているのだから、依存して生きるのは望ましくないと私は思う。
女性が自分軸で生きていけるように、高収入ワークもツールの1つになればこの業界の将来も明るいと思う今日このごろなのでした。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
熟女家 豊中蛍池店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
若い世代の貧困が話題だ。なかでも、奨学金返済などで金銭的に追い詰められ、夜の仕事へと足を踏み出す若い女性が注目を集めている。一昔前に比べて、水商売や風俗業で働く若い女性が増えている。そんなイメージも広がりつつある。きちんとした統計がとりづらい世界で働く女性たちは、本当に増えているのか、ライターの森鷹久氏が追った。


「とにかく人が足りないんです。いろんな店を転々とする子が多く、引き止めるのにも精一杯。風俗嬢が増えている?そんなワケないですよ。需要は増えていますけどね」


風俗の激戦地、東京・池袋で派遣型風俗店を営む男性経営者から返ってきたのは、意外な返答だった。“景気の悪化により体を売る女性が増えている”といった論調の雑誌記事やテレビ特集、いわゆる「JKビジネス」に代表されるような、若い女性の売春行為についての報道に日常的に触れていれば、なんとなく「風俗で働く女性が増えている」という雰囲気が醸成される。特に筆者は、特殊な状況下に置かれた女性を取材することも多く「女性と性産業」の距離が縮まり続けているのではないか、と感じていた。


前述の経営者男性によれば、同店に所属する女性は18歳から38歳までの約80人というが、そのうちスケジュールに沿って定期的に出勤する女性は30人未満。面接を経て初出勤後に連絡が取れなくなる女性も少なくなく、スタッフには「女性の確保・管理」の徹底を指導しているが、成果は芳しくない。


一方、東京・台東区内で店舗型風俗店の店長を務める男性は「風俗で働く女性は明らかに増えた」と言い切る。この違いは何か。風俗雑誌のベテランライターが解説する。


「風俗業界の二極化が進んでいるんです。若くて美人で可愛い女性が在籍していると謳う“高級店”の数が増え続けていますが、そういった店で働くことができる女性は当然少ない。特に都市部では高級店を利用したいというニーズが高まっていて、景気上昇の波を感じます」


高級店の対極である“大衆店”や“激安店”の事情は全く逆なのだと、ライターは続ける。


「高級店バブルの陰で、激安店で働きたいという女性は捨てて吐くほどいるというのが現状です。特に“熟女”と言われるジャンルが確立して以降は、中年女性が風俗店で働くケースが激増し、利用料金も下がる一方」


世代間や男女間の“格差”について論じられる機会が増えた昨今だが、それぞれの立場によって物事の見方は180度変わってしまう。「風俗嬢が増えたのか、減ったのか」という視点から景気を読み解こうとしても、逆に景気状況から「風俗嬢の増減」を計ろうとしても、その作業に意味を見いだせないことに気がつく。30代後半から性風俗店で働くようになった40代の主婦・Aさんは言う。


「森さんみたいな人たちが、私たちの存在を面白おかしく書くでしょう?でも実情は全く違う。景気が悪いからこういう業界で働いている人もいれば、私みたいに暇つぶし感覚でやっている女性もそれなりにいる。そもそも“体を売ること”が悪いって前提が男にはあるんじゃない?私と森さんでは、見えているものがぜんぜん違うのよ」


売春少女や性風俗産業で働く女性には数多く取材をしてきた自負があったが、いつの間にか“正義感めいた何か”を盾にし驕っていたのかもしれない。性風俗産業は悪ではないが、自分の妻や娘が性風俗産業で働くとなれば良い気持ちにはなれないだろう。30代以上について仕事として従事する人が増えているという証言はあるものの、「風俗嬢の増減」について実態を知るには、彼女たちの本音を聞き続けるしかなさそうだ。


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170506/dms1705061156007-n1.htm

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
定点観測で世の中を見ることはできても、世の中を測ることはできないということが二極化を機に認識されることになるのかもしれない。
格差があるからこそ、それぞれの世界観にも格差が生じてしまい、「望むこと」「望まないこと」等、個人が欲しがる事象が大きく違うということになるのだろう。

私が疑問に思うことは、その世界観格差の違いの先に目を向ける人は果たしているのだろうか?ということだ。

人は「望むこと」や「望まないこと」に人生を託すことなる。

果たして「望むこと」「望まないこと」として生き残ることができるモノとは何なのだろうか?

そこに着目した人はどんな世界観であれ、絶対に生き延びることができるというのは私だけが知る事実として認識させてもらおう。
カテゴリー : 風俗ニュース
モンロー
ミセスモンロー
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
トップ女優はもちろん、企画単体の女優ですら顔を晒してSNSをしている20代前半の女子。一昔前までは高額求人情報誌でも「バレずに稼げる!」が定番フレーズだったが、彼女たちは“身バレ”を恐れていないのだろうか?


「小さい頃からSNSで顔や名前、住所など個人情報を晒してきたから、あまり抵抗がないんですよ。AVに出てることがバレても、同世代からは何も言われません。親はギリギリSNSをやらない世代だから、親にさえバレなきゃいいかなって(苦笑)。あと私たちは中学、高校の頃にモバゲーとかグリーが全盛期で、それを使って援交してるコも多かった。そこらへんもAVに出るハードルを下げてると思う」(24歳・企画女優)


こういった考え方について、「友人知人にバレても『仕方ない』程度の価値観が、この世代の特徴」と分析するのはAVライターのアケミン氏だ。


「思春期にスマートフォンでAVを観ている世代なので、そもそもAVに対しての抵抗がないように思います。“手っ取り早く稼ぐ”手段の一つ程度の考え。だから就職、結婚などの転機であっさり引退し、過去を切り離すんです」


ただ、なかには完全隠密で副業する若い女優もいるとアケミン氏は続ける。


「女子校出身だったり、化粧品会社など、女性の多い職場で働いていたら、案外バレないようです。また、マニア系のみに限定して出演している女優さんもいる。ネットに出回りづらいので、身バレしにくいですし、手堅く稼げます」


職場にこっそりAV出演している部下が潜んでいた……なんてことも、大いにありうるのだ。


一方、男子はというと……この時期は新入社員を連れて“新歓風俗”に行く読者もいると思うが、これが風俗嬢からは大不評だというのだ。いったい、なぜ?


「無趣味なコが多くて、いくら話しかけても盛り上がらないから、雰囲気をつくるのが難しいんです。来た理由を聞いても、仏頂面で『仕事なので……』と。さすがにプレイ中は多少表情も崩れますけど、ヤル前から“賢者モード”なんです」(デリヘル嬢)


草食系をさらにこじらせたステルス世代(本性が見えない若者世代の特徴)の男子は、風俗嬢からもヒンシュクを買ってしまうこと必至。“新歓風俗”に行く前にも研修が必要なようだ。


― [ステルス世代]の若者たち ―


https://nikkan-spa.jp/1325516

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
え・・・
ゆとり世代、さとり世代は知ってたけど、「ステルス世代」っていうのがあるの!?!?
そしてそんなステルス世代が風俗に行くとやる前から賢者モードなのね・・・(笑)
世代別の扱いづらさというのも風俗嬢に聞いていくと面白いデータになりそう。
そしてそれが業界の次なる進化に活かされるのが世の常だったりする。
カテゴリー : 風俗ニュース
WOW!こんなの!?ヤリすぎサークル.com 新橋店
「デリヘルタイムズ」