風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  全国 >  セクシーキャバクラ > 

投稿日:2014-05-12 16:33
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
ヌケないから物足りない?!

確かにヌケない! 
でも≪THE 恋愛≫の醍醐味が味わえる! 
それもかなり安い金額で味わえる!
そんな「セクシーキャバクラ」の魅力を紹介しよう! 

「セクシーキャバクラ」、略して「セクキャバ」。 
地方によって&店によっては
「お触りキャバ」「おっぱいパブ」「ハッスルパブ」とも云う。

ココは要はおっぱいが触れてキスが出来るキャバクラだ。 

店に入ったら 
酒を飲みながらソファの上で女の子とイチャイチャ! 
内容はキス、胸触り、舐めが中心。 
だが、店によってOKラインが違う。 
実は店によって「ディープOK」「下半身もOK」な店もある!

これらお触りが常時OKかショータイムのみOKかも店次第。 
女の子は基本ワンセットで2〜3人が10分〜20分ずつくらい付き、 
指名をするとワンセットの中でもその子が長めの時間付く。

遊び方にはコツがある。 
ソファにつくなりトークなど無しで最初からがっつり触る客も居る。

しかし、これは女の子側からするとかなり不評。 
その後のサービスにも影響する。

最初は挨拶や世間話など軽いトークをし、 
慣れたらお触りという流れ、コレがオススメだ。 
こうして客側から「いい客」になると 
女の子から乗って来てくれる事もある!

サービスとしてあんなところまで触らせてくれる事もある! 
この駆け引きを楽しもう。 

そう、「セクキャバ」ではセックスは出来ないけれど、 
恋愛における「セックスまでのワクワク感」があるのである。 
女の子と初めて会って、会話をして、キス、ペッティング・・・

女の子といかに触れ合ってゆくか楽しんでゆくか・・・ 
このまるで恋愛の初めのような楽しい魅力が 
凝縮された10〜20分で味わえるのだ! 

「ヌケないのに行く意味ない」「欲求不満が募るだけ」 と思い込んでいる諸君! 君こそこの魅力と醍醐味を味わいに 是非「セクキャバ」へ行ってみて欲しい。 

「セクキャバ」は基本明朗会計でコストパフォーマンスが良い

また意外と可愛い女の子が多い。 
(ディープな風俗じゃないと思い軽い気持ちで働きに来てる子が多いため)

男何人かの飲み屋帰りや上司の接待で使うのもありな風俗だ。
カテゴリー : 管理人オススメ女性
札幌人妻城
小岩デリヘルキャンキャン☆CanCan

風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
東京・立川市の風俗店で17歳の少女を働かせていたとして、店長の男ら2人が逮捕されました。


立川市の風俗店の経営者・並木一央容疑者(26)と店長の安元啓容疑者(39)は去年1月から半年間、店で高校1年の少女を働かせていた疑いが持たれています。警視庁によりますと、並木容疑者らは少女がインターネット上に書き込んだ「働けるところを探しています」というメッセージに返信し、面接をしていました。店は1年間で約1億円を売り上げ、少女には約1カ月分の給与として125万円を渡していたとみられています。取り調べに対して並木容疑者は容疑を認め、安元容疑者は「17歳と知らなかった」と一部、否認しています。


http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000096340.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
知らなかったでは済まされないからこそ、雇う側は絶対に年齢確認を怠ってはいけない。。。


それにしてもお店は1年で1億円の売上で、17歳の女の子は1ヶ月で100万超えのお給料。
高収入のお仕事は間違いなく高収入のお仕事なのだと改めて世間に認識させるニュースだと感じてしまった。


違法でない年齢に達した女性がきちんとしたお店で高収入ワークをすることがこの業界で生き残っていく正当な道なのだから、このブログを読んでくれている女性にはちゃんとした求職活動をして欲しいと思っているのでした★
カテゴリー : 風俗ニュース
風俗SEO.com
にゃんだフル 梅田店_営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
<中国のネットで今、「日本AV風俗をオーダーメイド」というツアー旅行のパンフレットが出回っている。「東京に行けばAV女優に会えるかも」というスケベ心につけこんだ詐欺を野放しにしていいのか>


こんにちは、新宿案内人の李小牧です。中国のネットで今、次のようなパンフレットが出回っていることをご存じだろうか。


パンフレットのタイトルは「日本AV風俗 深度定制」(日本AV風俗をオーダーメイド)。7泊8日の日本ツアー旅行の案内となっている。富士山や箱根、浅草、お台場といった定番観光地も回るが、メインとなるのは日本の風俗体験だ。


到着初日の夜の女体盛り宴会から始まり、ストリップ、デリヘル、ソープランド、AV撮影現場見学、温泉旅館でのコンパニオンとの一夜、韓国式歓楽街訪問、おっぱいパブなどが盛り込まれている。希望があればAVへの出演(記念としてDVDがもらえるという触れ込みだ)、コスプレ、JKリフレなどのオプションもつけられるという。


わずか8日間の日程にこれほど多くの内容を詰め込んでいるのだから、最後にはへとへとになってしまうのではないだろうか。


このいかがわしいツアーが実在するかどうかは不明だ。パンフレットには浅草にある旅行会社が企画・運営元と記されている。知人のノンフィクション作家・安田峰俊氏が調べたところ、該当の住所には別の会社が入居しており、ドアホンを鳴らしても誰も出てこなかった。また記載の番号に電話しても自動応答のテープが流れるばかりだったという。


ただのイタズラなのか、それともすでに会社が移転したのかはわからないが、それでも相当数の中国人がこのパンフレットを目にし、「東京にはAV女優風俗がある」と信じ込んだことは事実である。


というのも「日本のAV女優に会える」という触れ込みは、多くの中国人男性にとって魅力的なフレーズなのだ。米国、日本、ドイツという経済大国は、いずれもポルノコンテンツ大国――経済大国でポルノコンテンツ産業が発展していないのは中国ぐらいではないだろうか――であるが、その中でも日本のAVは中国市場で圧倒的な地位を築いている。


同じアジア系という文化の近さや日本人の細やかさが中国人の心をとらえたのだろう。中国での蒼井そら人気は有名だが、それ以外でも有名AV女優は日本の芸能人をはるかに上回る知名度を誇っているし、「雅蝶(やめて)」というAV頻出用語は中国の若者ならば必ず知っている言葉となっている。


昔は抗日戦争映画で使われる「ミシミシ(メシ、メシ)」「バカヤロー」がもっともよく知られている日本語だったが、今やAVのほうが影響力が強いのだ。それほどまでに、違法ダウンロードソフトを使ってハードディスクいっぱいに日本の海賊版AVを収集していた中国人男性は多い。


パンフレットには次のようなうたい文句がある。


「寂しい夜に付き添ってくれたハードディスク女神たち。手が触れられそうなほど近くにいるのにパソコンのスクリーンに阻まれて近づけない、永遠の片思いを続けるのですか。あの寒々しいパソコンのスクリーンをたたき壊し、日本という天国へ向かいましょう」


これを読んだ中国の中年男性は、P2Pソフトを駆使して海賊版AVを収集し続けていた若き日を思いだし、ついつい「今ならば俺も......」と心が揺らいでしまうという寸法だ。


これを読んだ中国の中年男性は、P2Pソフトを駆使して海賊版AVを収集し続けていた若き日を思いだし、ついつい「今ならば俺も......」と心が揺らいでしまうという寸法だ。


パンフレットのツアーが実在していようといまいと、問題は「東京に行けばAV女優に会えるかも」というスケベ心につけこんだ詐欺が現に横行していること。それも嘆かわしいことに我がお膝元、歌舞伎町でである。


その手口は以下のとおり。


中国人観光客が歌舞伎町をぶらついていると、日本人の客引きに声をかけられる。日本語がわからないので戸惑っていると、客引きは「あ、中国の方ですね。少し待っていてください」と今度は中国人の客引きを連れてくる。


情けない話だが、最初から中国人の客引きが出てくれば、中国人は詐欺の確率が高いと警戒する。ところがまず日本人の客引きが相手することで、「日本人向けのサービスなのか。日本人ならば信頼できるのでは」と、ころっとだまされてしまうのだ。


中国人客引きは、こんなサービスがある、あんな店もあると列挙していくが、最後に小声で「実はAV女優が相手してくれるデリヘルがあるんですが......」と持ちかけてくる。相場は20万〜30万円。


せっかく日本にやってきて、あこがれのAV女優にお相手いただけるならばと大枚をはたいてしまう人も少なくない。コンビニでは24時間ATMが稼働しているため、いつでも現金を引き出せてしまうことも被害を拡大させる要因となっている。


交渉がまとまり前金を払えば、後はホテルであこがれのAV女優がやってくるのを待つだけ。ところが女性はなかなかやってこない。約束の時間も終わりかけという時になってようやくドアがノックされる。


ついに来た!と喜び勇んでドアを開けると、なんとそこには自分の親よりも年上のような、ご高齢の女性の姿がある。文句をいってもその熟年女性は中国語がわからないので馬耳東風である。しばらく文句を言い続けていると、約束の時間が終わってしまい女性は立ち去ってしまう。


――というのが詐欺の一部始終である。


警察に訴えるなど大事にすれば、中国にいる家族にばれて大問題となってしまう。悔しいが泣き寝入りするしかないわけだ。なかには私のところに駆け込んできて、「取り返してくれたら、手数料として半分あげるから」などと頼んでくるものもいるが、いくら私が事情通とはいえ警察ではないので、どうもしてあげることはできない。


この話を読んで皆さんはどんな感想を持たれただろうか。AV好きの馬鹿な中国人がだまされただけでどうでもいい話? その意見には同意できない。


日本の性風俗産業は長年、グレーゾーンに置かれてきた。社会的に認められた仕事ともいいがたい。しかし、世界を見れば性風俗を一定の基準で合法化し、透明化しようという動きが主流になっている。


違法なままにしておけば、地下にもぐってさまざまな問題が生じてしまう。そうなれば行政も問題の所在を把握できないし、詐欺などがあっても対処はできない。働く女性たちの安全も守りにくくなる。


東京五輪を控えた今こそ、性風俗産業の管理、合法化という決断が必要だろう。オランダ、フランス、ドイツなど性風俗が合法化された国・地域で国際的イメージが低下したという話は聞かない。


むしろ優柔不断な日本人らしい、表向きは違法だが裏では野放しというあいまいな状態を続ければ、カモにされる被害者が増えるばかり。日本の評判にもはねかえってくるのではないだろうか。


http://www.newsweekjapan.jp/lee/2017/03/japanav_1.php

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
日本の風俗が国際的な犯罪や詐欺に利用されることのないように、国も風俗店経営者も働く女性も目を光らせて警戒しておかなければならない時代と言える。


というありきたりなことを書いても意味はなく、国の腰はどうせ重いのだから、ここは風俗店経営者が自ら外国人に向けてのマーケティングをすることが必須と言える。


それをしないから、国内の風俗店が外国人詐欺師のマーケティングに巻き込まれてしまっていると言える。


風俗業界に関わる筆者も他人事ではなく、外国人へ正しい情報を届けることの必要性を今日は頭に叩き込まさせて頂いた。。。


問題が生じるからこそ、そこには新たな需要が生まれるわけなので、一概に問題を毛嫌いすることはできないというのが筆者の考えなのだ★★★
カテゴリー : 風俗ニュース
『高級人妻デリヘル 彩-AYA-』 求人
にゃんだフル 梅田店_営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
ココリコ遠藤、バイきんぐ小峠がロケ番組「坂上忍流ディープな夜遊び」のエピソード3・北海道編に出演。この第1話が本日3月3日、Amazonプライム・ビデオにて配信開始された。


芸能人たちが日頃のうっぷんを晴らすために、国内外の“ディープな夜遊びスポット”を満喫する「坂上忍流ディープな夜遊び」。シーズン3では遠藤、小峠、坂上忍、吉木りさがカニ料理の店「活カニの花咲」やキャバクラ「CA Merry SEA」、エンタテイメントガールズバー「LoooP」などを訪れる。さらにその翌日には競馬場へ。一同が自腹で臨んだ賭けの結果やいかに。


「坂上忍流ディープな夜遊び」北海道編は全3話配信予定。新作は毎週金曜日に追加される。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000044-natalieo-ent

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
家に引きこもって趣味もなくテレビや動画ばかりを見る若者が少しでも夜遊びの楽しさを知ってくれたらと思う今日このごろ。
こうやって芸能人の方々が動画を通して遊んでくれると、「こういう遊び方もあるんだよ?」というライフスタイル上の選択肢が増えるので有り難い。


しっかり働いて、しっかり遊んで、、、そういうバランスのとれたライフスタイルを若者にも謳歌してもらいたいと思うのでした♪
カテゴリー : 風俗ニュース
むきたまご 日本橋店_営業用
『高級人妻デリヘル 彩-AYA-』 求人
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
どんなに辛いことがあっても、私は負けない──。そんな強い意志を持った林希美恵さん(仮名・神奈川県・45才)が、自らの半生を告白する。


〈本稿は、「自らの半生を見つめ直し、それを書き記すことによって俯瞰して、自らの不幸を乗り越える一助としたい」という一般のかたから寄せられた手記を、原文にできる限り忠実に再現いたしました〉




* * *
待ち合わせの駅の改札で、男が私に向かって、会釈ともいえない微かすかな首の動きをし、距離を縮めたら、1時間半で手取り8000円が決定。


足を止めて男が携帯を取り出したら、1000円にしかならず、交通費をさし引いたら百円玉がいくつかしか残りません。


「う〜ん、ちょっと違うんだけど」


男は携帯で、別の女に変えてくれと、事務所に「チェンジ」を要求しているのです。


私の仕事はデリヘル。デリバリーヘルスの略で、男の住まいやホテルで性的なサービスをしています。始めたのは12年前。33才のときでした。なぜ? それをこれから話します。


◆キャバクラで「小林麻美似」とチヤホヤされ月100万円


バブル──この3文字を聞いただけで切ないような、まぶしいような──私が地元の商業高校を卒業した1990年はその真っ最中でした。


成績のいいマジメな子は大学に行ったり、高卒で銀行や証券に勤める子もいたけど、私にはムリ。高校時代、友達と繁華街で遊んでいると、「うちの店に顔を出してくれたら、1時間3000円あげるよ」と、まあ、スカウトですよね。店のマネジャーに「きみ、小林麻美に似ているね」と言われ、それからは毎日がお祭り。週3日で、月のバイト料が30万円から60万円になり、3か月目には100万円。「麻美ちゃん」の私を目当てに、オジさんたちが指名合戦をし始めたんです。


父親は夕方出ていく私に、「今に後悔するぞ」と顔を曇らせていましたが、母親は「好きにすれば」と言ったかどうか。総合病院の看護師で忙しく、私のすることに口をはさみませんでした。


あの頃の興味は、お金と海外旅行。キャバクラは「月、100万円あげる」という「パパ」が現れたので、あっさり辞めて、そのとき遊びに行ったのがハワイ。初めての海外旅行でした。空も海も、食べ物も車も、目に映るものすべてがおとぎの国のよう。


「パパ」はその後、失踪して行方知れずになりましたが、そんな人は、夜の街にいくらでもいたのです。


そうなったら、またキャバクラで働けばいいだけ。ちょっとお金がたまると、ハワイやフィジー、ニューヨークを自由気ままなひとり旅です。それが夜の街の流行りというか、私のようなキャバ嬢ってけっこういたんですよ。


◆憧れの海外暮らしで待ち受けていたのは貧困と労働


のちに結婚することになる中国系アメリカ人のチャンと出会ったのは、アメリカを旅していたときです。駅で電車を待っていたら話しかけてきて、「食事をしよう」「車を借りるから一緒に旅をしよう」と、猛アプローチしてきました。


結局、1週間べったりと過ごすことになったのですが、それだけではすみません。一度帰国してキャバクラ勤めに戻った私に、「日本は夜でしょ? どこに行っていたの?」と、毎晩電話をかけてきました。


チャンを好きになった、というよりは海外の暮らしに憧れて、半年後にロサンゼルスに渡り、結婚しました。ウエディングドレスは着なかったけど、両親と兄が渡米して、みんなで食事したのが1994年。まだバブルの泡は、虹色に輝いていました。


だから、結婚して驚いたのは、車のディーラーをしていた1つ年下のチャンの経済力のなさでした。「お米がきれたから、50ドルほしい」と手を出すと、「今日はない」と言われることがたびたびなのです。


翌年と、その2年後、日本で里帰り出産をする私に、チャンはとうとう1ドルもくれませんでした。それだけじゃありません。出産して3か月後に戻ってみるとアメリカは日本食ブーム。寿司店、和食店などいつも募集がありました。


「子供は預かるから」とチャンの母親は、私に募集の紙を見せるのです。結局、朝から深夜まで働いて、家計費は私がほとんど出すことになりました。それでもまだ、私はアメリカの一面しか知らなかったのです。


◆高熱なのに莫大な治療費を払えず、病院に行けない


渡米して10年が経ったときのこと。寒気がして熱を測ったら39度近い。春先に風邪? と仕事を休んでベッドに入ったものの、なかなか熱が引きません。


症状が治まるのを待って、仕事に出るとまた高熱が出る。それを見てチャンは、「オーケー?」と心配そうに顔を覗き込むだけ。夜中に歯の根が合わないほど震えがきても、「病院に行こう」とは言いません。


その時になって初めて、「小さな家族保険しか入っていないから、カバーできない」と言い出したのです。つまり、私が病院にかかると莫大な医療費がかかるから、診察は不可能ということ。


「気分が変われば、病気もよくなるよ。食事に行こうよ」


チャンは私をランチに連れ出しましたが、そのときの不安といったら。明るい陽射しの西海岸の道を歩きながら、私は初めて日本が恋しくてどうしようもなくなりました。


◆腎盂腎炎で人工透析一歩手前の身に離婚を突きつけた夫


日本で診察を受けると、医師は「なぜここまで悪化させたんですか?」と顔を曇らせました。悪化した腎盂腎炎で人工透析の一歩手前の状態だったそうです。


親元に身を寄せて、治療が始まりました。アメリカから持ってきたお金はすぐに底をつき、何かと援助してくれていた親は、わけあって離婚。とうとう生活保護を受けながらの治療になりました。無料の治療費がどれだけありがたかったか。


日本でしっかり治療に専念してからアメリカに帰る。電話でチャンにそう伝えると、「う〜ん」といい返事をしません。


だけどまさか一方的に離婚をつきつけられるとは…。カリフォルニア州では、半年間の別居で離婚が成立するのは知っていましたが、このタイミングで? と思うと、返す言葉が見つかりません。


実は、すでに新しい女性がいたのです。


「だってきみは帰ってこられるかどうか、わからないじゃないか」


これが夫の言うことでしょうか。そっちがその気なら争おうかとも思ったけれど、仕事も貯金もなく、私にあるのは病気だけ。弁護士費用などを考えると、勝ち目はありません。


ただ気がかりなのは子供のこと。病身の体を引きずるように渡米すると、子供は「日本語が話せないからアメリカに住みたい」と言います。だけど、病身の私が子供2人を引き取りアメリカで暮らすのは不可能です。


子供は夫がアメリカで育て、私は日本から教育費と養育費を送れば、「子供たちに会わせてやるよ」というのがチャンの言い分。


中国系アメリカ人だから、とは言いませんが、これほどひどい条件を突きつける日本の男もそういないはずです。


離婚して帰国した私は、翌月から、2人の子供に月々10万円を送らなければなりません。


さて、どうする。成田空港に着いた私は、身も心もボロボロ。長い間、ベンチから立ち上がれませんでした。
《次回につづく》
※女性セブン2017年2月23日号


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170215-00000019-pseven-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
1日前の投稿でも書いたけれど、高収入で働くからには「金に呑まれない」意識をしっかりと保たなければいけない。


一時儲かったからと言って油断してはいけないし、儲かっていないからといって必要以上に悲観してはいけないし、兎にも角にもニュートラルな心が必要なのだ。


儲かっている人は変に浪費せずに、普通に生活しながら、次の自分が人生の時間を使って取り掛かりたいことときちんと向き合う。
そういう風に生きなければ、お金があるからといって油断すると、色路な条件が重なったときにあっという間に足元をすくわれる。


せっかくこのような記事が出ているのだから、今高収入のお仕事に携わっている女性は是非ともお金に呑まれない心と向き合ってもらいたいと思うのだ。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 神奈川
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
にゃんこspa 天王寺店_営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
大阪・ミナミで増加している風俗店へのスカウトやキャッチ行為に対応するため、大阪市が警察官OBらでつくる「特命チーム」を4月から配置することが27日、分かった。市が平成26年に全国初の罰則付きの客引き適正化条例を施行させ一時は減少。しかし、監視の目をくぐり抜ける形で活動を活発化しているとみられ、市は対応が必要だと判断した。チームは違法なスカウトらを徹底マークし、撲滅を図る。


市の調査によると、条例施行直後は、キタとミナミ合わせて400人以上いた客引きが3分の1近く(約160人)に減少。しかし丸2年が経過した昨年11月には約220人が確認された。市は指導員を巡回させるなどしているが、監視の目をくぐる形で復活しつつある。特に居酒屋の客引きよりも、ミナミ地区での風俗店系のスカウトの増加が顕著だという。


この現状について、市の担当者はミナミのほうがエリアが広い上、店舗数も多く激戦であると指摘。その上で「場所にとらわれないスカウトは、(市の)指導員の巡回の動きを把握して立ち回っており、実数はもっと多い」とみている。


居酒屋の客引きは来店させるため必然的に店舗近くで活動せざるを得ないのに対し、女性の勧誘が目的のスカウトは活動の場所を問わないのが特徴。実際、指導員の姿を見ると、場所を移して活動する様子も確認されているという。


そこで、市は現状の指導員20人態勢に、新たにミナミ地区での特命チームとして6人を追加配備。通常の巡回に加え、スカウトらに対象を絞り集中的に監視する。


別の場所に移動してもついていき、条例違反の行為がないか徹底的に取り締まりをする方針だ。


http://www.sankei.com/west/news/170227/wst1702270040-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
市の動きをキッチリ把握する側と、徹底的にスカウトを追跡する側。。。
こうやって「仕事」というのは生じているのかというのを垣間見た気がする。。。


何はともあれ、本当に働きたい女性はスカウトじゃなくて、信頼できるお店をしっかりと自分の意思で探した方がいい。
どこのお店も女性を募集しているのだから、わざわざスカウトについていく必要はない。


それにネットで高収入のお仕事を検索して、大手グループや優良店やその他のお店を徹底比較することだって可能な昨今、高収入ワークの情報源をスカウトだけに絞るのは視野が狭いと言わざるをえない。


賢く生きよう!!!
カテゴリー : 風俗ニュース
Club☆痴女ギャル
若妻エスコートクラブHips越谷本店