関西派遣エステ 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  関西 >  派遣エステ > 

投稿日:2014-05-12 16:25
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
例えば出張先のホテルや自宅で、
「癒されたい」「ムラムラ気分が治まらない」
そんな時に利用したいのが「派遣エステ」だ。

派遣エステは、
電話一本もしくはネット予約だけで
女の子が「来てくれる」から
わざわざ店に行かなくていい

いつでも思い立った時に呼べるし、
しかも他の客や他のスタッフを気にすることなく二人っきりだし、
まったり癒され、思う存分、イチャイチャ出来る

サービスの内容は一般的なエステマッサージから
エッチな要素がたっぷりのもの(性感)まで
店やコースによって異なり様々だが、
この便利さ気軽さ、そしてイチャイチャ感はとても魅力的だろう。

ちなみに同じく派遣系の風俗に「デリヘル」がある。
かっつり≪対戦≫したい場合は「デリヘル」がいい。

しかしがっつりではなくまったり癒しを求めたい、
そんな「受け身」な気分の時は断然!「派遣エステ」の利用がオススメだ。

これら「派遣エステ」を利用する際の注意点としては
店(事務所)との距離を把握しておく事を挙げておきたい。

呼びたい場所(ホテル・自宅)近くの場合は時間・費用共に心配は要らない。

しかし距離がある場合は交通費を余分にとられる店舗もあるので
電話やネット予約の際にはまず先に確認をしておこう。

店舗型エステの場合は風俗街にある店舗に入店する際に
誰か知人に会って気まずい思いをするなんて事もありがちだが
派遣エステの場合はこういった無駄な心配も要らない。

それより何より女の子がコチラへ来てくれる
来てサービスをしてくれるという気楽さと便利さは最高に嬉しい。

そんな「派遣エステ」は日々忙しく過ごす我ら男性にとって
最高の癒しサービスのひとつ。そう言っても過言ではないだろう。
カテゴリー : 管理人オススメ女性
クラブパラダイス_営業用
大阪ファッツ

風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
◇東京・鶯谷でスタート、活動が各地に広がる


東京・鶯谷でスタートした弁護士や社会福祉士が性風俗店で働く人たちの法律・生活相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」の活動が各地に広がっている。公的支援を求めにくい女性らをサポートするのが目的で、2月に大阪、先月には新潟で初めて開かれた。一般社団法人「ホワイトハンズ」のメンバーが無店舗型性風俗店(デリバリーヘルス)の事務所などを回って相談を呼び掛けている。【福島祥】


3月末。ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾(さかつめ・しんご)さん(35)らが新潟市内にある風俗業者の事務所を訪ね歩いた。風テラスのチラシを届けるためだ。


最初に訪れたのは、住宅街にあるワンルームアパートの一室。壁に掛けたホワイトボードには、女性の源氏名と働く時間を表す数字が並んでいた。


対応した従業員によると、インターネット上のトラブルや職探し、引っ越しなど同店で働く女性たちの悩みはさまざま。女性の店長を慕って相談することもあるが、従業員は「相談が多く、店長自身がパンクしそうになる時もある」と明かす。「(風テラスのような相談先は)あると助かると思う」と話した。


別の業者の事務所では、説明を聞きたいと男女6人が集まった。同じ店で働く女性から保育や転職の相談を受けたことがあるという男性は「話を聞いてやることはできても、アドバイスをするのは難しい」とこぼした。坂爪さんは「関心を持ってくれる業者が多く、驚いた。地方でもかなりの需要があるのではないか」と手応えを語った。


新潟では、地元の弁護士と、生活困窮者の支援に取り組む「パーソナル・サポート・センター」の相談支援員がペアで対応する。江幡賢弁護士(42)は「都市部に比べて数は少ないかもしれないが、問題を抱えながら風俗業界で働いている女性はどこにでもいると思う。風テラスの活動が、弁護士に相談するきっかけになればいい」と話している。


風テラスは、ホワイトハンズが2015年10月に都内で始め、今年2月に大阪市でもスタート。新潟分を含めて計35回開催され、計約120人が利用している。風俗店の待機部屋に弁護士や社会福祉士などを派遣して、相談に乗る。基金を作り、業者や一般からの寄付で経費をまかなうため、相談料は不要。また、本名ではなく、源氏名で相談を受け付ける。入り口で職業を尋ねられるのが嫌で、公的窓口などへの相談を敬遠しがちな人たちに配慮している。


警察庁によると、営業を届け出ている無店舗型風俗店は全国で約2万店ある。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000035-mai-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗で働く女性全員が人生に困っている人のように扱うのは偏見になるけれど、悩んでいるが職種の関係上、相談しづらい立場にあり、唯一相談できる先の店長が相談内容に対応できるとは限らない。
店長だって1人の人間なのだ。
悩みと相談という面で風通しが比較的良くない風俗業界で「風テラス」のような相談機関があるのは女性が自身の人生と向き合うのに必ず助けになると言えるだろう。
酒は飲んでも飲まれるな。
金を愛せど溺れるな。
こういう観点から風俗や好収入の仕事も同じことが言える。
風俗は生きる上での1つの手段というだけで、風俗に溺れてはいけない。。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
プラチナ_営業
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
大阪・ミナミで増加している風俗店へのスカウトやキャッチ行為に対応するため、大阪市が警察官OBらでつくる「特命チーム」を4月から配置することが27日、分かった。市が平成26年に全国初の罰則付きの客引き適正化条例を施行させ一時は減少。しかし、監視の目をくぐり抜ける形で活動を活発化しているとみられ、市は対応が必要だと判断した。チームは違法なスカウトらを徹底マークし、撲滅を図る。


市の調査によると、条例施行直後は、キタとミナミ合わせて400人以上いた客引きが3分の1近く(約160人)に減少。しかし丸2年が経過した昨年11月には約220人が確認された。市は指導員を巡回させるなどしているが、監視の目をくぐる形で復活しつつある。特に居酒屋の客引きよりも、ミナミ地区での風俗店系のスカウトの増加が顕著だという。


この現状について、市の担当者はミナミのほうがエリアが広い上、店舗数も多く激戦であると指摘。その上で「場所にとらわれないスカウトは、(市の)指導員の巡回の動きを把握して立ち回っており、実数はもっと多い」とみている。


居酒屋の客引きは来店させるため必然的に店舗近くで活動せざるを得ないのに対し、女性の勧誘が目的のスカウトは活動の場所を問わないのが特徴。実際、指導員の姿を見ると、場所を移して活動する様子も確認されているという。


そこで、市は現状の指導員20人態勢に、新たにミナミ地区での特命チームとして6人を追加配備。通常の巡回に加え、スカウトらに対象を絞り集中的に監視する。


別の場所に移動してもついていき、条例違反の行為がないか徹底的に取り締まりをする方針だ。


http://www.sankei.com/west/news/170227/wst1702270040-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
市の動きをキッチリ把握する側と、徹底的にスカウトを追跡する側。。。
こうやって「仕事」というのは生じているのかというのを垣間見た気がする。。。


何はともあれ、本当に働きたい女性はスカウトじゃなくて、信頼できるお店をしっかりと自分の意思で探した方がいい。
どこのお店も女性を募集しているのだから、わざわざスカウトについていく必要はない。


それにネットで高収入のお仕事を検索して、大手グループや優良店やその他のお店を徹底比較することだって可能な昨今、高収入ワークの情報源をスカウトだけに絞るのは視野が狭いと言わざるをえない。


賢く生きよう!!!
カテゴリー : 風俗ニュース
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
やんちゃな子猫 日本橋店 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
大阪の“世界初! ナノビキニ導入の店”というJKリフレ店「エイティーン」が、18歳の少女に乳首がはみ出るほど極小なナノビキニを着させてマッサージをさせていたとして、摘発されたらしい。


大阪府警は2016年10月4日、大阪市中央区のリフレ店「エイティーン」が店長(35)を、風俗営業法違反(禁止地域営業)の疑いで逮捕したらしい。


「エイティーン」は表向き女子高生によるマッサージ店を装いつつ、ホームページでは「世界初! ナノビキニ導入の店」を謳っていたという。


大阪府警が公表した「エイティーン」のナノビキニは、ブラの乳首部分が3センチほどの三角形、パンツはVゾーンに幅3センチ、長さ5センチほどの三角形布地があるだけで、他はすべて“紐”という小ささ。


セクシーランジェリーを扱うショップ店員によると、「ここまで小さいのはほとんど流通していない」 「水着ではマイクロビキニが極小と言われています。それだってほとんど紐ですからね。でもナノビキニはそれよりもっと小さい。果たして衣装と呼べるかどうか…」というものらしい。


ナノビキニ愛好者によると、「乳輪は確実にあふれ出る(笑)。と言うか、乳首の位置が平均よりもずれてれば全部出ますね。しかも、パンツは肛門を隠しきれない。紐の幅が肛門より狭いから(笑)。」とのこと。


「エイティーン」では、18歳の女性従業員がこれを着用してマッサージ奉仕をしていたという。


http://sexynews24.info/blog-entry-48470.html
 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
違法はいかん。。。
と言いつつも、他のニュースではこの容疑者の言い分として
「女性従業員が勝手にやった。指示はしていない」と掲載しているところも。
http://www.sankei.com/west/news/161004/wst1610040053-n1.html


何はともあれ働く側としては、働く前に業務内容(サービス内容)を把握して、違法ではない合法なお店で合法なサービスをして、法に守られた状態で働きたいもの。


違法なことをする人ももちろん悪いけど、働く側もキッチリと情報収集する責任があると私は思う。
これは風俗や高収入のお仕事に限らず、ブラック企業にブラック企業と知らずに入社してしまう人も、情報収集や面接時の質問でヒアリング・分析力が足りなかったと私は見てる。


そんなこんなで「自己責任」について深く考えさせられるニュースだなーって思ったのでした。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
熟女家 豊中蛍池店
やんちゃな子猫 日本橋店 営業用