北陸・信越その他 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  北陸・信越 >  その他 > 

風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)

「チャット」、
「テレフォン」、
「メール」、
店に行かず、気軽な気分で楽しめるこれらは
その気軽さゆえやみつきになる風俗
の遊びである。

会う事は出来ないが想像力をかきたてられるし、
何しろ安い値段で女の子と恋人同士気分や
エッチな会話を楽しめるのが嬉しい。

中でも! 「チャット」は動画が楽しめるリアルさが人気だ。

女の子の様子がライブでわかり、
ライブでエッチな動画要求に答えてくれたり、
自宅に居ながら、リアルさが楽しめるのがたまらない。

「チャットレディー」に登録をする女の子は勿論素人も居るが、
ネットの世界を利用してネットアイドルやタレントになりたいと思うような
ルックスやスタイルにそこそこの自信があるコも実は多かったりする


彼女らと繋がる事が出来たらサービス動画もきっとたっぷりだろうし、
下手な風俗で失敗するよりも楽しい気分が味わえるかもしれないぞ!

このような「チャット」をはじめ、
会話を楽しむ声だけの出会いが
より想像力とエッチな気持ちをかきたててくれる
「テレフォン」

顔見せも声も要らず文章だけだからこそ
かなりエロいやりとりが出来るかもしれない
「メール」

登録さえすれば女の子たちと会える
これらの風俗はなかなかあなどれない。

体験した君は是非体験談をカキコミし、皆とこの楽しさを共有しよう!

カテゴリー : 管理人オススメ女性
一発風俗SEOちゃんねる
風俗SEO.com

風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
◇東京・鶯谷でスタート、活動が各地に広がる


東京・鶯谷でスタートした弁護士や社会福祉士が性風俗店で働く人たちの法律・生活相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」の活動が各地に広がっている。公的支援を求めにくい女性らをサポートするのが目的で、2月に大阪、先月には新潟で初めて開かれた。一般社団法人「ホワイトハンズ」のメンバーが無店舗型性風俗店(デリバリーヘルス)の事務所などを回って相談を呼び掛けている。【福島祥】


3月末。ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾(さかつめ・しんご)さん(35)らが新潟市内にある風俗業者の事務所を訪ね歩いた。風テラスのチラシを届けるためだ。


最初に訪れたのは、住宅街にあるワンルームアパートの一室。壁に掛けたホワイトボードには、女性の源氏名と働く時間を表す数字が並んでいた。


対応した従業員によると、インターネット上のトラブルや職探し、引っ越しなど同店で働く女性たちの悩みはさまざま。女性の店長を慕って相談することもあるが、従業員は「相談が多く、店長自身がパンクしそうになる時もある」と明かす。「(風テラスのような相談先は)あると助かると思う」と話した。


別の業者の事務所では、説明を聞きたいと男女6人が集まった。同じ店で働く女性から保育や転職の相談を受けたことがあるという男性は「話を聞いてやることはできても、アドバイスをするのは難しい」とこぼした。坂爪さんは「関心を持ってくれる業者が多く、驚いた。地方でもかなりの需要があるのではないか」と手応えを語った。


新潟では、地元の弁護士と、生活困窮者の支援に取り組む「パーソナル・サポート・センター」の相談支援員がペアで対応する。江幡賢弁護士(42)は「都市部に比べて数は少ないかもしれないが、問題を抱えながら風俗業界で働いている女性はどこにでもいると思う。風テラスの活動が、弁護士に相談するきっかけになればいい」と話している。


風テラスは、ホワイトハンズが2015年10月に都内で始め、今年2月に大阪市でもスタート。新潟分を含めて計35回開催され、計約120人が利用している。風俗店の待機部屋に弁護士や社会福祉士などを派遣して、相談に乗る。基金を作り、業者や一般からの寄付で経費をまかなうため、相談料は不要。また、本名ではなく、源氏名で相談を受け付ける。入り口で職業を尋ねられるのが嫌で、公的窓口などへの相談を敬遠しがちな人たちに配慮している。


警察庁によると、営業を届け出ている無店舗型風俗店は全国で約2万店ある。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000035-mai-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗で働く女性全員が人生に困っている人のように扱うのは偏見になるけれど、悩んでいるが職種の関係上、相談しづらい立場にあり、唯一相談できる先の店長が相談内容に対応できるとは限らない。
店長だって1人の人間なのだ。
悩みと相談という面で風通しが比較的良くない風俗業界で「風テラス」のような相談機関があるのは女性が自身の人生と向き合うのに必ず助けになると言えるだろう。
酒は飲んでも飲まれるな。
金を愛せど溺れるな。
こういう観点から風俗や好収入の仕事も同じことが言える。
風俗は生きる上での1つの手段というだけで、風俗に溺れてはいけない。。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
◆ガッツかない特別な良客を装い、気遣いも見せてセフレ関係に持ち込む

風俗嬢とタダでする商社マンの秘策 本来、お金を払ってプレイをするデリヘル嬢(21歳・彼氏なし)をセフレにしたのは、商社マンの山田博武さん(仮名・41歳・独身)。まずは客として彼女を呼び、「ガッツくようなまねをせず、紳士的な態度を取り続けた」とか。

「最初の指名は会話メインで、次の出勤日である2日後に再び指名。それもわざと遅い時間に指名して、彼女のその日最後の客になるようにしたんです」

まさかの間髪入れずの再指名に彼女は大喜び。加えて飲み物を差し入れるなどさりげない気遣いを見せたとか。

「そのうえで『よかったらこの後ご飯でもどう?』と誘い、いったん事務所に戻った彼女と再合流して食事→カラオケの流れからホテルへ。風俗じゃないのでベッドではこちらが終始責め続け、彼女をイカせまくりました。正直、僕は冴えない男ですが、風俗嬢扱いしない対応がよかったみたい。『エッチしたくなったら連絡するね』と月イチペースでタダでヤッてます」

http://nikkan-spa.jp/898439

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

これは…見事な作戦勝ちですね。笑

風俗に行く男性はどうしてもガッツキがち。
女のコ相手に紳士的な態度をとっていても、
「風俗嬢扱いしない」方は少ないのでは?

みなさんも彼を見習ってみてはいかがでしょうか。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
盗撮という卑劣な行為は世間では頻繁に行われており、首都圏などでは非常に長いエスカレーターなどで女性が「盗撮されました!捕まえてください。」と叫んでいる姿を目にすることもあります。公共の施設でこのような行為を行えば犯罪となることはいうまでもありません。

では、性風俗店で行われた盗撮行為はどのように評価されるのでしょうか?

この場合、駅などと違って公共の施設での盗撮行為ではないため、犯罪を構成するのはかなり難しいと思われます。

しかし、性交類似行為の行われる性風俗店で裸体と素顔などが撮影されて、それがもしインターネットなどで公開されれば、取り返しのつかない事態に発展することはいうまでもなく、このような行為をオプションとして提供している店なら格別、通常は禁止しているもので、当該女性の肖像権侵害として不法行為を構成することは問題ないと思われます。

●「罰金100万円」は払う義務はあるのか?

このような前提を踏まえて、性風俗店に張り紙や禁止事項に付帯して記載されている罰金100万円などの記載に盗撮してしまった客は拘束されるのでしょうか。

この場合、店との契約内容の一部を構成するかとという点が大切になります。

確かに、盗撮したら、金100万円を支払いますとの内容の書面にサインしてから遊ぶような店はほとんどないでしょうが、性風俗店との役務提供契約は諾成契約(当事者双方の合意だけで成立する契約)なので口頭の合意で足り、すべて書面化する必要はありません。

したがって、禁止事項等の説明と違反金の支払いが公序良俗に反しない限り、損害賠償の予定として当事者間を拘束するものと解されます。

また、インターネットのHPに記載されている場合や張り紙なども内容が合理的であれば当事者間を拘束するものと解されますので、違約金、すなわち禁止事項記載の損害賠償の金額を支払う義務は生じます。

くれぐれも、盗撮は卑劣な行為なのでなさらないよう、性風俗をお楽しみください。

https://lmedia.jp/2015/09/15/66117/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

盗撮はれっきとした犯罪行為です。
「風俗だから」OKなんて理由はあり得ません。

せっかくお店や女の子が良いサービスを提供しているのに、
お客さん側がぶち壊してはダメですよね。

自分の欲を満たす方法として犯罪に走るのではなく、
別の道を探すべきではないでしょうか。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発0円広告
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
韓国・ソウルの中心部で23日、性風俗産業に従事する女性ら約800人が、売春業者の罰則強化を柱とする売春禁止特別法の廃止を求め集会を開いた。

女性らは同法が生存権を脅かし、性的自己決定権を侵害していると憲法裁判所に違憲確認を求め、年内にも結論が出る可能性がある。ことし8月には国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが合意に基づく売春の処罰に反対姿勢を打ち出し、韓国政府の締め付けは不当だと主張する女性らは勢いづいている。

23日は2004年の同特別法施行から11年に当たる。サングラスやマスクで顔を覆った女性らは「特別法を廃止して私たちを労働者と認め、社会福祉の対象に含めよ」と訴え、デモ行進した。

韓国では以前から売春は禁じられていたが、各地に売春街があった。業者の処罰強化と女性の保護をも目的にした特別法の施行後、警察が「浄化作戦」を続けた。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150924/frn1509241139003-n1.htm

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

風俗産業に従事する女性が労働者として
認められない、というのはおかしな話ですね。

彼女らも生活のためにその職種を選んだはずで、
それは立派なお仕事のはずです。

それなのに福祉を受けられないのはちょっと横暴ですよね。
カテゴリー : 風俗ニュース
風俗SEO.com
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
米国ドラマ『デスパレードな妻たち』に、郊外の住宅地に暮らす奥さまが家計のために、ライブチャットサイトでセクシー配信する、というエピソードがありました。絵本作家で顔が広く、友人とも家族ぐるみでつき合うなど郊外ならではの濃い人間関係に身をおく彼女が、誰が観ているかわからないライブチャットで自分自身も自宅内部も晒してエロを提供するというのは、私の目には、いわゆる〈風俗〉よりよほどリスキーなものに見えました。

でも、彼女にとってはきっと「こっちのほうが安全」なのですね。米国での性風俗といえばコールガールでしょうが、こちらは見知らぬ男性と部屋にふたりきりになり、じかに性的接触をします。その過程で起きうるトラブルは、いくつも想定できます。。暴行に性感染症……身体に深刻なダメージを受けることもありえます。アメリカと日本では性風俗にまつわる法律も違えば、それぞれのサービスにおけるシステムも違います。私はそこについての知識を持ちあわせていないのでこれ以上は掘り下げられません。が、ドラマを見たときの私は、性風俗において〈リアルな男性と会う〉と〈ネットで世界中に自分の姿をさらす〉と、どっちがより危険なのだろうと首をひねったのです。

ということを思い出しながら、『ネット風俗嬢』(中山美里著、リンダパブリッシャーズ)を読みました。ライブチャットサイトを利用した性風俗の全体像に迫るルポルタージュで、1980年代の創始期にまでさかのぼってその変遷をひも解き、どんな女性が働いているか、稼げている女性はどんなタイプか、利用者はどんな男性か、女性たちに何を求めているか、どんな人たちが運営しているのか……などなど、取材に基づき業界全体を網羅した1冊です。

オビには〈処女でも年収1000万円!〉とあります。なかなかに刺激的な惹句です。処女、ないし男性経験が少ない女性でも、というのはリアルな接触がない〈ネット風俗〉の特異性ゆえですが、そのぶんほかの性風俗よりサービス内容はライト。なのに1000万円稼げるといわれると、下世話な好奇心が刺激されます。「ネット風俗ってそんなに儲かるの? だったら私も……」と考えて手に取る女性も少なからずいるでしょう。

◎驚くほどの収入! だけど…

代理店(=女性が通勤し、そこから配信するチャットルーム)を経営する男性の証言によると、「そこらへんの風俗より稼げる」「月100万円は難しくない」「普通にちゃんとやっていれば40〜50万円は稼げる」というから、スゴイ世界です。ラクで、場合によっては自宅でもできちゃって、それでもって高収入なんて、夢のような話。でもそれだけに、かえってウマすぎる話のような気がしてきます。

と思って読み進めると、やはり現実に稼げている女性はごく一部。自己プロデュース力がきわめて高いとか、チャットルームの管理人に素養を見抜かれるとか、何らかのアドバンテージがないと、そこまでの売れっ子にはなれないようです。後者の場合、お店が持っているノウハウをその女性につぎ込み、稼げる素材として育てあげてくれるのです。

容姿よりも、コミュ力や頭の回転の早さ、場を読む力、自己プロデュース力が求められ、それが天性のものか教えこまれたものなのかはともかく、すべていかんなく発揮されれば売れっ子になり、そのぶん稼げる……というのは、このジャンルに限らずどの性風俗も同じでしょう。ただ、ネット風俗では顔出しをしない女性が多いことや、直接の性的刺激がないぶん、こうした無形の要素が人気をダイレクトに左右するようです。

私が目を見張ったのは、チャットルームによる教育のきめ細やかさでした。女性の個性を見極め、その魅力を最大限引き出す見せ方を提案し(コスプレさせたり)、どのタイミングで何を言い何をすべきかを演出し、ことば遣いが汚い女性にはそれを正してあげ、日報を書かせてその女性の弱点を洗い出し、一緒に克服法を考えてあげる……。なんて、いたれりつくせり! 自分たちにお金を落としてくれる存在なのだから、管理側もそりゃ手をかけるよ、といってしまえばそれまでですが、この男性管理人の発言には端々から女性への思いやりが感じられます。

実際、彼の話ではこうした指導を受けた女性たちはネット風俗嬢を辞めた後、「銀行や大手不動産会社など結構良いところに就職」していくそうです。それができない女性のためにも、エステサロンやスクールを運営していて、そこで手に職つけて卒業……という道まで用意しています。そして、彼女たちがネット風俗嬢として活動していくうえで抱えるリスクにも、この男性は細心の注意を払っています。

性風俗にはリスクがつきもの、というのは私のような門外漢にもわかります。そしてネット風俗に特有のリスクが多いのも、想像がつきます。基本は顔出ししなくても、相手男性と1対1の2ショットとなったとき限定で見せる人もいるそうです。そうでなくても、何かの拍子に顔が写る可能性は低いとはいえありますし、そうなると個人が特定できてしまう場合だって当然ありますよね(身体の一部からの特定もできそう)。そうした配信動画を録画できるソフトなどもあるといいますから、つまりは流出の恐れもある……。

大小さまざまのリスクは、上げればきりないでしょう。しかし、それらはすべて管理人男性の取材によって「それについてはこう対策しています」「予防しています」とフォローされていくのです。そこで紹介されるリスクが、安全性を強調するための材料となっているようで、やや怖い印象を受けました。

◎優良店以外は推して知るべし

当然、それは〈取材に答えているこの管理人の運営するチャットルーム〉でのお話。このお店は大いに成功しているようですし、ここまで女性のことを考えてくれているのですから、そうとうな優良店なのは間違いないのでしょう。ネット風俗という風俗界の新たな潮流を紹介するにあたって、盛り上がっているお店の裏側を取材するのは当然のことです。本書では女性がほとんど稼げない、お店からのバックアップもないというケースも紹介されています。そうしたお店のリスク管理についての詳細はありませんが、おざなりにされていることは想像にかたくありません。

「だったら私も」とちらっとでも思った女性の印象に残るのが、優良店のすてきな事例ではなくシビアな現実であってほしい、というのが、私が読後まず思ったことです。安全に働けるお店もあるけれど、そうでないところが非常に多いというのが、やはり現実でしょう。そして、優良店でもリスクを軽減はできてもゼロにはできません。

これは日ごろ、AVについて話題になるときも思うことですが、何かAV業界のブラックな面が指摘されたとき、「いまどきAVメーカーもプロダクションもちゃんとした企業なんだから」「世間が思っているよりクリーン」という声がネット界隈でよくあがります。実際クリーンなところが大多数なのでしょうが、そうでないところも確実にあるはずです。クリーンさを強調されるほどに見えなくなるものがあるのではないか……という気がしてならないのです。

もちろんそれは、読む側、受け取る側の判断に任せられたものです。とはいえ、ネット風俗嬢への垣根はほかの性風俗よりずっと低そうです。加えて本書でも、学費を自分で稼がなければならない学生や、生活のために少しでもお金がほしいシングルマザーの受け皿となっているという記述もありました。切羽詰まると人は判断能力を奪われますが、そんなときほどマイナス面の情報をスルーせずにちゃんと受け取ってほしい。性風俗とは遠いところにいる者の杞憂かもしれませんが、そう願ってしまうのです。

http://www.cyzowoman.com/2015/09/post_17349.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

ネットが普及して十数年。
今やショッピングは通販で!という方も
多いのではないでしょうか?

そして風俗の世界もネットを活用して
新しいサービスが続々と登場。

女性本人がどこかに行くということもないので、
確かにプライバシー保護にもつながる部分はありますね。
カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
一発0円広告