北陸・信越ソープランド 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  北陸・信越 >  ソープランド > 

投稿日:2014-05-15 23:26
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)

「ソープランド」は風俗の王様だ。

プレイ時間は長く(90〜120分)、サービスも濃厚。
ヘルスのように手と口と素股で…だけではなく
いわゆる“最後まで”のサービス
なのだ。

まずは嬢(泡姫と呼ばれる)と一緒にお風呂に入ってから
マットやベッドでたっぷり御奉仕してもらい、最後は挿入、
本番アリ
で、しっぽりたっぷり楽しめる。

現在の日本では本当のところは
風俗店での本番は禁止されている。
その法の目をかいくぐっての風俗「ソープランド」は
名目上「お風呂」として営業をし、我々を癒し、元気にしてくれるのだ。

呼び方として「特殊浴場」、「泡風呂」、「個室サウナ」、
「個室付サウナ」、「個室高級サウナ」とも呼ばれる
「ソープランド」は存在する地域が限られている事も特徴である。
例えば東京の「吉原」や神戸の「福原」は
代表的なソープ街として知られるので、
観光ついでやいわゆる遠征で行く価値も十二分にありである。

数ある風俗の中でも「ソープランド」はやはり熱い!
最高級の「泡姫」は最高級の癒しと元気をくれる!
他の風俗と比べて値段もそれなりではあるが満足感は半端ないぞ!
さぁ、今すぐ≪対戦≫しに出かけよう!!

カテゴリー : 管理人オススメ女性
一発0円広告
風俗SEO.com

風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
◇東京・鶯谷でスタート、活動が各地に広がる


東京・鶯谷でスタートした弁護士や社会福祉士が性風俗店で働く人たちの法律・生活相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」の活動が各地に広がっている。公的支援を求めにくい女性らをサポートするのが目的で、2月に大阪、先月には新潟で初めて開かれた。一般社団法人「ホワイトハンズ」のメンバーが無店舗型性風俗店(デリバリーヘルス)の事務所などを回って相談を呼び掛けている。【福島祥】


3月末。ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾(さかつめ・しんご)さん(35)らが新潟市内にある風俗業者の事務所を訪ね歩いた。風テラスのチラシを届けるためだ。


最初に訪れたのは、住宅街にあるワンルームアパートの一室。壁に掛けたホワイトボードには、女性の源氏名と働く時間を表す数字が並んでいた。


対応した従業員によると、インターネット上のトラブルや職探し、引っ越しなど同店で働く女性たちの悩みはさまざま。女性の店長を慕って相談することもあるが、従業員は「相談が多く、店長自身がパンクしそうになる時もある」と明かす。「(風テラスのような相談先は)あると助かると思う」と話した。


別の業者の事務所では、説明を聞きたいと男女6人が集まった。同じ店で働く女性から保育や転職の相談を受けたことがあるという男性は「話を聞いてやることはできても、アドバイスをするのは難しい」とこぼした。坂爪さんは「関心を持ってくれる業者が多く、驚いた。地方でもかなりの需要があるのではないか」と手応えを語った。


新潟では、地元の弁護士と、生活困窮者の支援に取り組む「パーソナル・サポート・センター」の相談支援員がペアで対応する。江幡賢弁護士(42)は「都市部に比べて数は少ないかもしれないが、問題を抱えながら風俗業界で働いている女性はどこにでもいると思う。風テラスの活動が、弁護士に相談するきっかけになればいい」と話している。


風テラスは、ホワイトハンズが2015年10月に都内で始め、今年2月に大阪市でもスタート。新潟分を含めて計35回開催され、計約120人が利用している。風俗店の待機部屋に弁護士や社会福祉士などを派遣して、相談に乗る。基金を作り、業者や一般からの寄付で経費をまかなうため、相談料は不要。また、本名ではなく、源氏名で相談を受け付ける。入り口で職業を尋ねられるのが嫌で、公的窓口などへの相談を敬遠しがちな人たちに配慮している。


警察庁によると、営業を届け出ている無店舗型風俗店は全国で約2万店ある。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000035-mai-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗で働く女性全員が人生に困っている人のように扱うのは偏見になるけれど、悩んでいるが職種の関係上、相談しづらい立場にあり、唯一相談できる先の店長が相談内容に対応できるとは限らない。
店長だって1人の人間なのだ。
悩みと相談という面で風通しが比較的良くない風俗業界で「風テラス」のような相談機関があるのは女性が自身の人生と向き合うのに必ず助けになると言えるだろう。
酒は飲んでも飲まれるな。
金を愛せど溺れるな。
こういう観点から風俗や好収入の仕事も同じことが言える。
風俗は生きる上での1つの手段というだけで、風俗に溺れてはいけない。。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
松坂大輔を輩出した野球の名門・横浜高で1年生からエースに君臨し、3年時の1980年夏には早実の荒木大輔に投げ勝って優勝した投手が愛甲猛だ。甲子園の優勝投手となれば当時も今もアイドル扱いだが、愛甲氏は見事に青春を謳歌していたようだ。優勝の栄冠を掴んだ高校3年生の夏を、愛甲氏が振り返る。

* * *
最後の夏の大会前はまさに野球漬けだった。朝練後、ユニフォームの上に学生服を羽織ってホームルームに出席、1時間目が始まる前に球場に向かった。日暮れまで練習して夕食後はマシンで打撃練習。終わるのは22時過ぎだ。悪さをするヒマもなかった。

県大会では7試合中6試合完封して甲子園を決めた。当初の部員の目標は、国体出場条件のベスト8だったが、監督が知事への挨拶で「優勝旗を持って帰ります」と宣言してしまい、これが新聞に大きく出たことで優勝を目指すしかなくなった。

最後の夏ももちろん宿舎からは外出禁止。2回戦以降は親とも面会禁止になった。外に出られないので部屋のトイレが唯一の息抜きの場になった。そのまま決勝まで進み、最後の相手は早実の荒木大輔。1年坊主には負けられない。大輔の連続無失点記録を阻止し、試合も6対4で逃げ切った。甲子園優勝を決め、これでまた人生が変わっていくのがわかった。

新横浜に帰ってくると駅前を人が埋め尽くしていた。嬉しいというより怖くなった。家の前には朝から女の子が大勢待っていて、弁当をくれる子もいた。見知らぬ親戚や知人も増えた。

一番変わったのが先生の態度だ。授業中に校内放送で副校長室に呼ばれると、「お客さんにサインをして欲しい」という。体育教官室には300枚の色紙が置いてあり、「愛甲君、お菓子を食べながら書いてよ」ともいわれた。

サインといえば普通では考えられない場所でも書いた。知り合いの会社社長にいわれてついていったら、堀之内のソープランドだった。ソープ嬢からは「昨日のパレードに行ったよ」といわれ、待合室ではソープ嬢たちに囲まれて即席のサイン会が開かれた。

こんな経験ができたのも、甲子園で優勝したからだと思う。甲子園はやはり特別な存在だ。この時期になると、プロのロッカーでは甲子園に出場していないヤツはバカにされていたし、「甲子園に出たかった」と口を揃える。野球人にとって甲子園は、今も昔も別格だ。

http://www.news-postseven.com/archives/20150806_339805.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

先日夏の甲子園が開幕しましたが、
今も昔も野球ファンにとってこの時期は本当に
「待ってました!」と言わんばかりに楽しみですよね。

今年は大注目の1年生選手に高野連も厳戒態勢を
敷くことを決めたそうです。

それにしても高校生が風俗店でサイン会とは…。
それだけすごい人気を誇っていたということですね。
カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
“元AV女優・水咲ローラが中国人大富豪と10億、15年で専属契約!”ーー。

先月、中国人大富豪のアダルト爆買い事情を象徴するニュースが配信された…と思いきや、その翌日には水咲ローラ本人が報道を完全否定。ガセネタとして決着したが、しかし! 実は、あながちガセとは言えない事情があったりするのだ。中国のアダルト事情に精通した商社勤務のA氏が語る。

「蒼井そらが中華圏でブレイクして以降、中国人にとって日本のAV女優はエロの最高峰なんです。“こんなかわいいコと、金さえ出せばあんなドエロなプレイができる!”という思考なので、中国の大富豪たちが日本のAV女優を2、3週間契約で中国に呼ぶことがあるんです」(A氏)

セックス目的がメインでしょうけど、その他に日本人AV女優と契約する理由は?

「彼らにとって不動産、高級車、そして日本のAV女優がある意味、富の象徴です。AV女優をフェラーリやリムジンに乗せ、仲間に自慢するのがステイタスですから」

では大富豪たちはどのようなプレイを? やはり、札束風呂に漬かっちゃってますか!

「殴る、縛る、アナルです」

完全にアウトな3連コンボじゃないですか!

「200万から300万円のギャラがあり宿泊は高級ホテル。しかし、連日のプレイが激しすぎて“もう二度と行きたくない!”と、みんな疲弊してしまうんです。中には反日感情が強すぎて、首を絞められることもあったらしいですから。なので最近は、富豪たちがAV女優の在籍しているソープへ来ていますね」

国内でも“殴る、縛る、アナル”の大陸的プレイをされたら風俗もAV業界も壊滅の危機ですよ。では、日本の風俗での中国人たちの行動とは?

「値引き交渉はなく、『通常90分総額で4万円ですが外国人対応で6万円になります』とお店に言われてもキッチリ払ってくれるんです」(月刊マンゾク・丹田勇人編集長)

あれ、中国本土でのハードコアなプレイは?

「コーディネーターに“お店には用心棒がいるから絶対にむちゃしないで!”と言われてるらしく、ビビっていつものようなプレイはしないんですよ。至って紳士です(笑)」

中国人大富豪、アウェー弱! 一方、家電爆買いツアーのオプションで風俗巡りをする中国人も増えているとか。

「よく報道されている爆買いツアーで来日する方々は大富豪ではなく、中間層よりやや上ぐらいの人たちです。彼らは嫁さんたちがポケモンセンターやスカイツリーを観光している間にソープなど行くんです」(前出・A氏)

ツアーってことは団体で?

「団体です。もう店を丸ごと押さえてしまうんですね」

それって、お店にとっては嬉しいことなのでは?

「そんなことないですよ。とにかくキャンセルが多い。お店を半日押さえているのにドタキャンされてしまう。爆買いツアーついでの中国人客は店にとってリスクが高いんです。だから都内以外だと日本語ができない中国人を受け入れるところはほぼないですね」(前出・丹田編集長)

日本人のコーディネーターはいないの?

「本気で生業(なりわい)にするなら中国オフィスが必要です。現地で決済して極力ドタキャンの損害を少なくする。ただ、共産圏なので性風俗関連のビジネスを表で展開すれば逮捕されるリスクもあります。その手間を考えると、日本人でコーディネーターになろうって人はいませんよ」(前出・A氏)

爆買いツアー客のトンデモプレイはないんですか?

「まず店内に入って写真を撮りたがる。店舗の装飾や女のコとのツーショットなどです(笑)。これはどのお店でもNG行為なんですよ。若い有能なスタッフがいるお店だとスマホの翻訳アプリで注意しますけど、それは一部ですね。そして、一回遊んだら即退店しようとするのが定番。90分で入っても時間いっぱいで遊ぶ客はほとんどいないらしいです。料金は言い値で払っているのにね」(前出・丹田編集長)

ソープは各種洗いテクを楽しむのが基本ですけど?

「ソープの遊び方を知らないんですよ。彼らにとって風俗は『ハメ』のみ。だから、女のコが“お風呂に入って”とジェスチャーでやりとりしたりしています(笑)」(風俗店スタッフ)

一体、ナニをしにソープに来たのかと!

「でも、日本の風俗のほうが特殊なんですよ。彼らの“ハメて即退店”がグローバルスタンダードで、日本のソープの各種プレイは完全にガラパゴス。お店的にはリスクの高い中国人客ですが、ギャラが多くプレイ時間も短いから女のコにとってはコスパの高いお客さんですね」

そして風俗以外のアダルト関連でも中国人の爆買いが進行中という。秋葉原の老舗アダルトグッズショップ「ラブメルシー」では、どんな爆買いが?

「人気の商品はオナホ、コンドーム、ローションです。特にコンドームは薄さ0・01?の商品は『2万個用意できないか?』とオファーがあったほどです」(ラブメルシー販売スタッフ)

中国人セックスしすぎ!

「皆さん観光バスで店にやって来て、値段を見ずにカゴに商品を入れていきます。だいたい、ひとり4万から5万円ぐらい買いますね。ただ、ひとつ質問されるのが『日本製?』ということ。家電と一緒で日本製に対する信頼度が圧倒的なので、オナホならTENGA、ローションではペペとMADE IN JAPANグッズにしか興味ありません」

では今後、中国人のアダルト爆買いツアーはどのような発展を?

「若者の風俗離れが進んでいる現在、システムさえ整えば中国人客の受け入れはお店にも女のコにもメリットは大きいです。あとは、ガラパゴス化した日本の風俗文化をどのように理解してもらえるか? 性感エステで四つん這(ば)いにされてアナルに指突っ込まれたら外国人はキレるでしょ(笑)」(前出・丹田編集長)

2020年の東京オリンピックに向けて、どれだけ外国人対応できるか? それが今後のアダルト業界活性化のカギになるかもしれません。

(取材・文/直井裕太)

http://yukan-news.ameba.jp/20150623-11/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

中国人富豪の遊び方は規格外ですね。
日本に来る中国人も一般的に見れば
かなりの富裕層でしょう。

日本の風俗店からしてみても、
お金をもっている中国人観光客は
言ってみれば最高のお客さん。

今後はオリンピックも控えていますし、
外国人向けのサービスがどんどん
出てくるのではないでしょうか。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発0円広告
「デリヘルタイムズ」