関西京都 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関西 > 京都

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
【アダルトビデオの出演を強要された女性】
「自分ができないと思ったこともやらされたし、痛いって言って泣き叫んでた。心も体もズタズタな状態で帰ったという記憶があって」

いま、社会問題となっているアダルトビデオへの出演強要。背景には少女たちを狙うスカウトマンの存在があります。 

【記者リポート】
「あ、男がいきました。男がずっと女性につきまとっています」

大阪の夜の繁華街でも、その姿が… 

【アダルトビデオの元スカウトマン】
「もうお金としかみてないです。2人きりになれれば何とでも言えるので」

<少女たちの身に迫る危険とは一体?>

かおりさん(仮名)のきっかけは5年前。大学4年の時、駅前である男に声をかけられたことでした。

【出演強要の被害にあったかおりさん】
「芸能関係で活動されています?って言われて。有名アーティストの名前出してこういう子もプロデュースして、デビューさせたんだよって。この人なら信用できるかなって雰囲気はありました」

音楽業界への憧れがあったかおりさん。就職も決まっていましたが、音楽デビューを約束するという男の言葉を信じ、芸能プロダクションへの所属を決意しました。

しかし、最初の仕事はサイパンでのグラビア撮影。さらに、ヌードまで要求されたのです。そして、撮影の最終日、プロダクションの社長から唐突に話を切り出されました。

【アダルトビデオ出演強要の被害にあったかおりさん】
「AVは芸能界でいうここで、グラビアアイドルは芸能界で言うここだよって。
一回世にさらしちゃったんだから、どんどん脱いでいかないとみたいなことを言われて。そういう方向に行きたいわけじゃないんでって言っても、ずっと説得してくるんですよ」

プロダクション側の勝手な言い分で、かおりさんにアダルトビデオの出演を要求。その後半年間、説得は続き、状況はさらにエスカレートしていきます。

【出演強要の被害にあったかおりさん】
「椅子で囲まれて、一回ヌードになっちゃってるから、もうそこ(アダルトビデオ)にしか道はないよみたいな感じで。やめたいですと言ってもすごく威嚇してくる雰囲気を出してくる。とにかく帰してくれない。逃げられないんですよ

かおりさんは精神的に追い詰められ、契約書にサインし、出演せざるを得なくなりました。なぜ、このような状況に陥ってしまったのでしょうか?

<元スカウトマンが語る実態とは?>

取材班は、およそ2年間アダルトビデオのスカウトをしていたという男性に接触しました。

【アダルトビデオ元スカウトマン】
「モデルさんとかタレントしませんかとかそういう入口を広めにとって入っていく感じが多い。簡単に芸能人になれそうな世の中なんで、スカウトマン的にも声をかけやすい」

少女たちの心を巧みにくすぐるスカウトマン。彼らを動かすのはプロダクションからの高額な紹介料です。

【アダルトビデオ元スカウトマン】
「紹介すれば多い時で1人30万円。嘘ついてでもプロダクションに連れていったりしますね。そういう現場に来てしまえば後戻りできない」

度重なるプロダクションからの圧力に対して、逃げ道がなくなったかおりさん。当時の心境を綴った日記には…

―かおりさんの当時の日記―
「私が勝手に飛び込んでいく判断が親戚にまで悪影響を及ぼすことになる。私はどうなってもいいけど迷惑はかけたくありません」

【出演強要の被害にあったかおりさん】
「自分ができないと思ったこともやらされたし、痛いって言って泣き叫んでた。はい、またやり直しね あなたが泣いてわめくから全然帰れない、これ終らないと帰れないよって。できないはだめっていうことだった」

しばらくはトラウマで家からも出ることができなかったというかおりさん。結局、プロダクションの社長が金を持ち逃げし、音楽の夢も叶うことはありませんでした。

少女の人生を大きく変えてしまう、アダルトビデオ出演強要問題。
ことし10月、執行猶予付きの有罪判決を言い渡された男は、インターネットサイトで「給料3時間5万円、モデル募集」と呼びかけ、女子高生など200人以上に出演を強要したとされます。

関係者によると、いまアダルトビデオ業界は、出演料が安くすむ普通の少女を狙っているといいます。

【スカウトされたことがある22歳の女性】
「前働いていたスーパーの店に名指しで電話かかってきて、うちの部下があなたのことを見て、ちょっと気になったみたいと電話してきて」
(Q.なんの勧誘?)
「アダルト(ビデオ)」

【16歳の娘をもつ母親】
「昔小さい時(娘が)スカウトされたことがあって、娘が一人で出歩くときは報告してもらいたいなって思う時はある」

様々な形でスカウトされる少女たち。なぜ出演を拒否できないのでしょうか?

<背景に“契約書”の存在>

これは関西テレビが手に入れたあるプロダクションの契約書です。
「自分の意思でヌード撮影を決意し、専属タレントとして出演業務を行う」
あくまで強要ではないとした上で…
「出演業務を拒んだ場合は、それによって生じた一切の損害について賠償しなければならない」

少女たちにとって一方的に不利な契約。出演を拒否した場合、契約書をたてに、数千万もの違約金を求める業者もあるといいます。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00001001-kantelev-soci
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪ファッツ
東京風俗NEWS
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
2017年07月04日

留学生に違法に長時間労働させたとされる事件で、京都府警組対1課と東山署は4日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、フィリピンで日本語学校を経営する同国籍の女(37)を逮捕した。

逮捕容疑は、昨年10月29日、留学生の1週間当たりの法定労働時間(28時間)を超えて就労させることを知りながら、フィリピン人女性(25)ら現地の20〜40代の男女15人を、京都市南区の日本語学校運営会社「丸盛商事」社長の男(63)=同罪で起訴=に清掃作業員などとして紹介し、雇用させた疑い。

府警によると、女は「紹介していない」と容疑を否認している。

社長の男は15人を自身の日本語学校に在籍させながら最長で週54時間働かせ、給与の一部を授業料などとして天引きしていたという。
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170704000221
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 京都
モンロー
クラブパラダイス_営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
2007年06月29日
不法滞在の中国人を風俗店で働かせていたなどとして、大阪府警国際捜査課と都島署は29日、入官難民認定法違反(不法就労助長)などの疑いで、堺市堺区新町、立命館大の女子留学生で風俗店経営の中国人、李玉英容疑者(23)や同店店長ら計9人を逮捕したと発表した。

李容疑者は平成14年に就学ビザで入国し、17年から留学生として立命館大経営学部に在籍。堺市内で風俗店を経営していた父親(49)が今年2月、不法入国で大阪入国管理局に摘発され、強制送還されたため、経営を引き継いでいた。

調べでは、李容疑者は今年2月20日から4月27日までの間、不法滞在の中国人女らを風俗店で働かせていた疑い。調べに対し、李容疑者は「店の売り上げはもらっていないし、経営に直接かかわっていない」などと容疑を否認しているという。

李容疑者経営の風俗店は堺市内に2店あり、「中国エステ」などとして約10人が店員として勤務。店長の女らは売り上げから給料や経費を差し引き、毎月100200万円を李容疑者に渡していたという。府警は李容疑者が不法滞在の中国人を集め、風俗店の実質経営者として利益を上げていたとみている。
カテゴリー : 風俗ニュース
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
熟女家 豊中蛍池店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
急速に知名度を上げた画像投稿SNSのインスタ。「インスタ映え」という言葉も定着し、利用者も急増中だ。しかし、メインユーザーの女性たちのなかには、生活が一変した例もあった!

◆フォロワー増のために借金やパパ活までする

「ちょっと待ってください」都内の私大3年生・ミエさん(21歳)は、こちらの話を遮ると、運ばれてきたカフェラテをスマホで撮影し始めた。何度かシャッターを押し、うち1枚をインスタグラム(以下、インスタ)にアップした。

インスタは今や国内の月間アクティブユーザー数が1600万人を突破。
「インスタ映え」などの言葉も登場し、大企業や飲食店、観光客を誘致したい自治体もこぞって活用。日本の消費動向はインスタ抜きでは語れない状況だ。

「ここ1年で、企業はかなりインスタを意識するようになった。写真をアップしてもらい、ハッシュタグで拡散すれば、安上がりで効果的に宣伝できることに気づいたからです」(SNS事情に詳しい千葉商科大学専任講師の常見陽平氏)

そして今、ミエさんのような若い女性の多くは、インスタを中心に生活や人生が回っているといっても過言ではないのだ。彼女を目下、悩ませているのが就活だ。

「アパレルとネット系広告の2つの企業を志望しているんですが、どちらもインスタを使った採用活動をしている。なので、それぞれの企業用に、就活用のアカウントを育ててます。アパレル企業用にはオシャレな友達とのみ繋がり、その企業のブランドの服を着た写真を中心にアップ。ネット系広告用のアカウントではフォロワー数重視で誰とでも繋がり、いろんなイベントで撮った写真をアップしまくってフットワークの軽さをアピールしています。就活用に10アカウントくらい育てているコもいる。インスタを見て、リクルーターから直接メッセージが来ることもあるので気が抜けない。正直、疲れますね。友達はインスタの投稿ばかり気にするようになって、うつ状態になってます」

ミエさんの言う通り、採用にインスタを取り入れる企業が増えているのだ。フォロワーが1500人以上いる就活生だけが参加できる「インスタ就活」なる合同説明会も複数回行われている。同イベントの参加企業には、伊藤忠やソフトバンク、サイバーエージェントなど有名企業がズラリ。ほかにも、直接インスタ上でエントリーを受け付ける企業も多い。就活塾「内定ラボ」代表の岡島達矢は、企業側の意図をこう説明する。

「インスタ採用は、ITやアパレルなどトレンドに敏感な業界、またWEBマーケティングに注力する企業に事例が目立つ。『インスタ採用』という目新しさをフックに情報収集力の高い学生を確保し、発信力などを見極めたいのでは」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171006-01409184-sspa-soci
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪風俗NEWS
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
年ごろの娘は大丈夫か…。若い女性が自分の魅力と引き換えに、裕福な紳士から経済的支援を受ける、いわゆる「愛人探し」は相当昔から存在してきたが、最近では、気安く「パパ活」と呼ぶようになった。スマホ一つで、誰でも“パパ”を探せる便利な?時代だが、実はこれが完全に買い手市場。悪い男にヤリ逃げされる“パパ活詐欺”の実態を追った。

古くは「愛人バンク」、つい最近までは「援助交際」だったが、いまや「パパ活」という。どこかほんわかした響きだが、とんでもない! 簡単にいえばヤラせる代わりにお金をもらうという、限りなく売春に近い関係だ。出会い系のアプリやサイトが隆盛する現代だけに、パパ活に励む若い女性が増加している。

都内の専門学校に通うA美さん(20)は、1年で複数人をゲットしたパパ活のプロ。月収は多いときで80万円に上る。女優・小松菜奈(21)似の美形で、男心をつかむバスト93センチGカップ乳を持つぽっちゃり体形だ。

貧しい田舎育ちのA美さんは、進学し上京した当時は、学費も家賃もバイトで稼いでいた。だが…。

「それだけじゃ勉強も遊びも時間が足りない。短時間で稼ぐため体を使うことにした」
まず、出会い系で探したのはワリキリ相手。ルックスと若さをフル活用して簡単に“商談”をまとめてきたが、売春には危険がつきまとう。
「一度、相手の部屋に軟禁されて…。なんとか逃げたけど、ワリキリで初対面の人とHするのは心配ごとが多い。同じ相手から安定した収入をもらえることは、すごいメリットなんです」(A美さん)

そこでパパ活に方針転換。ネット上に星の数ほど転がる指南ブログやツイッターを参考にして、老舗の「P・M」や流行中の「S・D」などのサイトでパパを見つけた。そんな中で出会ったのが、好条件を提示する経営者の40代男性B氏だ。


しかし、おいしい話には裏もある――。


提示されたのは「試験制度」だった。第1ステージはホテルで裸のチェック。そのまま「フェラで15分、勃起を維持させる」試験をへて「具合を確かめる」ためにゴム付きで挿入。

「入れても全く動かないし、射精もしない。最後に裸の体の写真を撮って終わりました」(A美さん)

翌日、第1ステージ突破の連絡を受けたA美さんは、本番しながらも射精しなかったB氏を疑うことなく、事前説明の通りに「10万円コース」「30万円コース」を選択することになった。

「1か月のお手当の違いです。『10万』なら挿入で一晩に2回射精させたら合格。『30万』はフェラで10分でイカせた後に、休憩を経て騎乗位だけで30分以内にイカせなきゃいけません」(A美さん)

愛人になると、1か月に数回のデートと0〜2回のセックスが条件だ。

「かなりオイシイ話なので、他のパパを相手に騎乗位とフェラを猛特訓しましたよ」(A美さん)

迷わず30万円コースにチャレンジして、フェラ10分ヌキはクリアしたものの、騎乗位は失敗。それでも、まだあきらめない。

「『30万』が厳しいときは『10万』に挑戦できるし、再チャレンジも可能です。『30万』に4回挑戦してもダメで、『10万』に下げて合格したら“頑張ったで賞”として20万円になるという説明でした」(A美さん)

ここまで体を張ってきたが、この時点でもらったお金はタクシー代の3000円だけ。さすがにだまされているのでは?と心配になり、パパ活仲間の女子大生に連絡を取った。パパ活女子は情報が命。横のつながりが強いのだ。

「値段は違うけど、同じような『テスト』を持ちかけられて、全然お金をもらえなかった子の話がけっこうあるようなんです」(A美さん)

いま、パパ活は完全に買い手市場だ。

「おっぱいが大きいとか、美人とか、相手の欲しいものを理解する頭の良さとかがない限り『楽して稼ぎたいからパパが欲しい』って気持ちの普通の子には難しい世界」(パパ活中のOL)

女性は声をかけられること以上に、自らを売り出していく。卑劣なやり口は、必死にパパを獲得したい女性の弱みにつけこむ悪行にほかならない。


https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/788494/
カテゴリー : 風俗ニュース
ミセスモンロー
風俗SEO.com