子供の人身売買と性奴隷の撲滅へ、マリオット・ホテルなど対策強化

トップ >  ブログ >  関東 >  風俗ニュース >  子供の人身売買と性奴隷の撲滅へ、マリオット・ホテルなど対策強化

投稿日:2017-10-14 12:31
子供の人身売買と性奴隷の撲滅へ、マリオット・ホテルなど対策強化
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
人身売買は、多くの人たちが考えるよりも広くまん延している問題だ。国連の国際労働機関(ILO)によると、被害者は世界全体でおよそ2100万人に上り、その多くが「現代の奴隷」にされている。

人身売買の被害者らが都市から都市、国から国へと移動させられる際には旅客機、電車、バスといった交通機関が使われることから、旅行・観光産業はこの問題への対応において、他の業界とは異なる位置付けにある。

世界86か国で活動を行う国際非政府組織(NGO)「ECPAT/ストップ子ども買春の会」の米国支部(ECPAT-USA)は9月末に発表した報告書の中で、「売春あっせん業者らによって、子どもたちは戦略的に標的にされ、操られている。業者はホテルが被害者らを保護するシステムの一部であることを知らずに、子どもたちの虐待にホテルの客室を利用している」と指摘した。

報告書によれば、ホスピタリティ業界は近年、疑わしい人物を特定し、対応するための研修をホテルなどの従業員らを対象に実施することで、この問題と戦うための対策に積極的に取り組んでいる。

米国にあるホテルのおよそ半数以上がすでに、性的な目的で子どもを狙った人身売買を防ぐための従業員向けの研修を行っている。ただ、ECPAT-USAは、「対応は依然として不十分」としている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171011-00018045-forbes-soci
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 関西
業種タグ: その他
池袋人妻アデージョ
若妻エスコートクラブHips越谷本店