「福原の風俗店の女性に飛ぶように売れた」向精神薬マイスリーなど800錠販売 容疑で中国人医師ら逮捕

トップ >  ブログ >  関西 >  風俗ニュース >  「福原の風俗店の女性に飛ぶように売れた」向精神薬マイスリーなど800錠販売 容疑で中国人医師ら逮捕

投稿日:2017-05-30 23:51
「福原の風俗店の女性に飛ぶように売れた」向精神薬マイスリーなど800錠販売 容疑で中国人医師ら逮捕
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
睡眠薬として処方される向精神薬「マイスリー」など800錠を不正に販売したとして、兵庫県警薬物銃器対策課などは29日、麻薬取締法違反(営利目的譲渡)の疑いで、神戸市中央区小野柄通の「おう内科クリニック」院長、王東明容疑者(58)=中国籍、同区加納町=を逮捕した。容疑を否認している。


県警は2月、向精神薬を市価の数倍で販売していた同市兵庫区の薬局を摘発。王容疑者が販売した薬が複数の人物を介して薬局に流れていたことが判明した。経営者の男(60)=同法違反(営利目的所持)罪で起訴=は「福原地区の風俗店の女性従業員に飛ぶように売れ、8年ほど前から周囲に仕入れを依頼していた」と供述している。


逮捕容疑は1月、患者だった女(38)=同法違反(営利目的譲渡幇助(ほうじょ))罪で起訴=の依頼で、女の代理人を称する内装業の男(44)=同法違反(営利目的譲渡)罪で公判中=に「マイスリー」や「アモバン」など800錠を約2万5千円で売ったとしている。


http://www.sankei.com/west/news/170530/wst1705300009-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗店の女性従業員にだけ飛ぶように売れたのだろうか??
風俗店勤務の女性は比較的経済的に豊かな傾向にあり、薬だけではなくて色々なものが飛ぶように売れるのが一般的。
時給700800円台のパートの女性と比べたら、色々と買えるのは当たり前といったところだろう。

よって、、、風俗店勤務の女性だけに飛ぶように売れたかどうかは定かではないが、、、高収入の女性たちは色々な怪しい物売りに気をつけるべきと言えるだろう。
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪ファッツ
「デリヘルタイムズ」