置き去りにされてきた「高齢者の性」をめぐる問題

トップ >  ブログ >  全国 >  風俗ニュース >  置き去りにされてきた「高齢者の性」をめぐる問題

投稿日:2017-05-26 21:15
置き去りにされてきた「高齢者の性」をめぐる問題
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
”高齢者と性”と聞くと”高齢になれば性欲は減退するし、年老いてそんなものに囚われたくない”という意見がある一方で、いくつになってもモテたいと考える人もいる。シニア専用の風俗店まで存在するほど高齢化が進む日本で、高齢者は性とどう向き合っていくべきか。それは現在の高齢者のみではなく、やがて高齢者となる若い人たちにとっても決して他人事ではない。そこで、今回『セックスと超高齢社会』(NHK出版新書)を上梓した一般社団法人ホワイトハンズ理事の坂爪真吾氏に「高齢者の性の実態」や「介護現場での性」などについて話を聞いた。




――高齢者の性を一言で言うと、どう言うことができますか?


坂爪:「全世代の性の問題が表れる世界」ですね。高齢者の性というと、高齢者特有の問題と考えがちです。しかし、取材を進めていくうちに、それまでの人生でどう性に向き合ってきたか、もしくはこなかったかや、幼少期、思春期、青年期、壮年期の性の総決算として表れると感じました。そうした全世代の鏡として「高齢者の性」を捉えることで、我々の社会でどのような制度やサービスが欠けているかを見ることができるんです。確かに若くて健康なうちは、自らの力でなんとかなるかもしれません。しかし、年齢と共に、体力や経済力、精神力が衰え、自らの力ではどうにもならなくなる日が誰にでも訪れます。


また、性は、単に性欲の発散だけを意味しません。性を通し、個人と個人、または個人と社会のコミュニケーションの手段として存在します。また、個人が社会へ出ていこうという動機づけになることもあります。もし両者を切り離してしまうと、高齢者と社会のコミュニケーションが切断されてしまうと思うんです。


――数年前から『週刊ポスト』(小学館)や『週刊現代』(講談社)といった週刊誌で熟年男性の性が大々的に特集されました。そもそも高齢者と性については、語られるようになったのは最近になってからなのでしょうか?


坂爪:両誌が、13年に「死ぬまでセックス特集」といった刺激的なタイトルの特集を組み始めて以降、タイトルのインパクトが強かったため印象には残っていますが、熟年男性の性については40年くらい前から度々特集が組まれています。


その背景には、平均寿命の伸びがあると考えられます。戦後、1950年では58歳だった男性の平均寿命は、一昨年には80.79歳まで伸びました。そのために、格段に増えた定年後の時間をどう充実させるかという問題が出てきました。そのうちの1つがパートナーや性の問題です。


――今回の本では、交際クラブから官能小説までさまざまな現場や経営者へ取材をしていますが、取材前後で高齢者の性に対するイメージは変化しましたか?


坂爪:先ほど高齢者の性は「全世代の性の問題が表れる」とお話しましたが、男性の場合、想像以上に、若者や中年、高齢者で性に関する悩みや問題は変わらないということをあらためて感じました。たとえば、少し前に「夢は腹上死と語る高齢男性は多い」という記事を読みました。そうした考えを持つ高齢者は若い頃から変わっていないのではないかと思いますね。


――実際の高齢者の性生活と聞いてもなかなか想像できないのですが、実態はどうなのでしょうか?


坂爪:日本性科学会が11年から12年に関東圏に住む40歳から79歳までの男女に行った調査によると、「この1年間に性交をしたいと思ったことはどれくらいあるか?」との質問に「たまにある」も含めると、配偶者のいる60代男性で78%、70代の男性で 81%が、配偶者のいる60代女性では42%、70代の女性では33%が「はい」と答えています。単身者でも60〜70代男性の78%が、60〜70代女性の32%が願望を持っています。しかし、実際の性交の頻度については「この1年まったくない」との回答が、男性が60代で53%、70代で69%、女性は60代で66%、70代で76%となっています。


これらの数字から言えるのは、老いたら枯れるのではなく、多かれ少なかれ70代になってもセックスへの関心を持っている反面、60代以上の6割〜7割がセックスレスの状況にあることです。


――ステレオタイプな見方ですが、やはり男性のほうが関心が強いと。男女差があることで問題はないのでしょうか?


坂爪:お互いに性的欲求があまりない夫婦は特に問題ありません。しかし、お互いの性的欲求のギャップが激しい場合に問題となります。先の調査では、60〜70代の男性のうち約4割が「相手(妻)の欲求が自分より乏しすぎる」と回答しています。逆に、60代女性の26%、70代女性の11%が「相手(夫)の欲求が自分の欲求より強すぎる」と回答しています。こうしたお互いのギャップを、主に男性は婚外セックスや自慰行為で埋めています。


――婚外セックスというのは愛人などでしょうか?


坂爪:本書で取り上げた中で言えば、そのうちの1つは年配男性と交際したい若い女性を紹介してくれる交際クラブです。ただ、交際クラブは、男性の入会金が5万円〜10万円と高価で、富裕層が多いことが特徴です。


――他には性交以外では性風俗があると思いますが、60歳未満お断りのお店があるんですね。


坂爪:大抵の性風俗店は、18歳以上であれば利用できますが、60歳未満お断りと制限しているのは、おそらく全国で唯一そのシニア専用デリヘルのみです。しかし、先の交際クラブにしても、シニア専用デリヘルにしても、一部の経済的に豊かな男性が主な利用者です。


――高齢化社会になると、そういった高齢者にターゲットを絞った風俗店が繁盛すると言う声もありますが、どうお考えですか?


坂爪:さまざまな性風俗の経営者に話を聞く限り、おそらくそうはならないと思います。


60代になって風俗に通う人は、ずっと真面目に働き、奥さん以外の女性には見向きもしなかったけれども、奥さんに先立たれ、週刊誌などで性風俗店の記事を見て、寂しさを紛らわすために来店する人が多いといいます。60代で風俗デビューする人は少数派だと考えられますから、そこまで繁盛するかという議論には懐疑的です。


――性風俗店に限らず、パートナーに先立たれ、新しい出会いを探している高齢者の方々は、どんな場所で出会いを求めているのでしょうか?


坂爪:年を取るに従い、孤独感や孤立感が深まり、パートナーが欲しいというのは誰でもあることだと思います。


そういう人たちが集うのが同窓会であったり、中高年向けのバスツアーです。特にこうしたバスツアーは、運営会社も参加者の男女構成を考えていると思われますし、実態としては中高年の出会いや婚活の場になっています。また表面上は旅行ツアーなので参加もしやすく、ツアー中にさまざまな場所をめぐる中で、異性と自然と会話に発展するのも魅力のようです。他にも陶芸や野鳥の観察など趣味の活動を通してというのが多いようです。


――病気などで体を悪くした高齢男性は、性にどんなものを求めるのでしょうか?


坂爪:長年、神経難病を患い手足の不自由な男性に取材することができました。彼が求めているのは、セックスそのものよりも性的なコミュニケーションです。たとえば、女性が自宅を訪問した際に、女性と会話できるだけでリラックスできるということでした。


必ずしも、全員がセックスそのものを求めているわけではなく、生活の中で普通に性が存在するのを求めているのではないかと思いますし、程度の差はあれ、そこは共通前提としてあると思います。


――性の部分で充実している高齢者とそうでない人では違いがあると、取材中感じましたか?


坂爪:充実しているかどうかは、コミュニケーションの基本である、相手を考えて行動できるかどうかだと思います。


たとえば、前出のように「夢は腹上死」と言ってはばからない人がいます。男性側は良いのかもしれませんが、される立場の女性側は大変迷惑です。相手のことを考えない、そうした一方的な願望をパートナーに押し付ける人は、モテないのではないでしょうか。そういった意味では、当たり前ですが、これまでの人生でコミュニケーションの基本ができている人がモテるのかなと思いますね。


――続いて、坂爪さんが活動のフィールドとしている福祉の場面での性について聞かせてください。介護現場などでは性に関してタブーになっていると思います。それは坂爪さんが代表を務めるホワイトハンズの障がい者の性介助についても同じくタブー視されていた面はあると思います。


坂爪:両者ともタブー視されていた面はありますね。ただし、それは支援する側の都合だとも思います。障がい者の介助であっても、高齢者の介護であっても、相手が色気のない、性欲のない存在としたほうが支援や関わりを持ちやすいからです。


逆に、高齢者や障がい者という当事者からすれば性のことで声を上げづらい面もあります。


――現在、福祉の現場で性に関わることで問題になっていることはありますか?


坂爪:そもそも現場でケアを担当する介護福祉士や看護師は、学校や教科書などで高齢者に性欲があること、そして性的なことへの対処をまったく学んでいません。ですから、介護の現場でセクハラがあるとショックを受けます。


――教科書等では一切学んでいないんですね。では、どこまで事前に学び、どう対処するのが良いと坂爪さんは考えていますか?


坂爪:まず近年、医療や介護の現場で注目を浴びている「ユマニチュード」というコミュニケーション技法があります。フランス語で「人間らしさ」を表すユマニチュードは、たとえ認知症の高齢者であっても「自分が人間であること」を思い出してもらい、支援者と良好な関係を築く技法です。


ユマニチュードの考え方を踏まえると「高齢者の性はあってはならないもの」ではなく、人として生きる上で当たり前のものとして捉え、支援者や家族と連携し支援することは重要です。


ただし、セクハラや性暴力といった人として当たり前という理念だけではどうにもならないこともあるのは確かです。


福祉では「できること」と「できないこと」が当然ながらあります。介護福祉の枠内で具体的に実現可能な性的支援は4つあると考えています。


まず、1つ目は「プライバシーを保つことのできる時間、空間の確保」です。こうした時間や空間が確保されれば、誰にも邪魔されずに自慰行為を行ったり、パートナーとふれあうことができます。


2つ目は、「性的欲求の昇華を促す」。直接的に性的欲求を満たすことが難しい場合には、散歩などで気晴らしができる時間をつくることです。


そして3つ目は、「スキンシップの活用」です。ユマニチュードでは、ケアされる人との信頼関係を築くために触れる技術が体系化されています。ですから、介護職としての倫理基準に反しない範囲で手と手をあわせたり、肩を叩いたりすることは可能です。


最後が「積極的黙認」です。もし本人から性風俗店を利用したいと要望があった場合、推奨はしないが、否定もせずに、できる範囲で対応や支援をする。


そのためには、厚生労働省などがトップダウンできちんとガイドラインをつくることが必要だと思います。こういったことが起きた場合には、こういった対処をしましょうと、現場での事例を取り上げながらです。


――幅広い方々に読んでもらいたいとは思うのですが、あえて注目して欲しい人とは?


坂爪:高齢者よりも若い人に読んで欲しいと思います。当たり前ですが、若い人もやがては高齢者になり、同じような状況を迎えます。それまでにどういうことができるかというヒントにしていただければと思いますね。


――高齢になるまでに、具体的にどんなことをすれば良いのでしょうか?


坂爪:高齢期での性生活の充実度は、その前の段階が大きく影響します。60代になってから、急に人間関係を広げようとサークルなどに参加しても難しいのが実情です。そのためには、30〜40代のうちから趣味のサークルに参加したり、自分でサークルをつくったりとしておけば、高齢期に入った時に楽なのではないかと思いますね。


ただ、性というのは自分の思い通りにはなかなかならないものです。思春期に自分勝手に理想の相手を思い浮かべては思い悩んだ経験は多くの人にあると思います。そうやってジタバタしながら生きているのを、応援しなくとも、暖かく見守る社会になってほしいと思いますね。


本多カツヒロ (ライター)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00010001-wedge-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
「性」も人間の本質の一部なのだから、福祉でできることがあってもなくても、高齢者の「性」に関する欲求をないことにすることなど絶対にできない。

介護施設に入所された高齢者はまた別問題ではあるが、ただ高齢なだけで普通の日常を送っている人は、普通に「性」の欲求と付き合うことになる。

そういう観点からシニア層に寄り添った風俗店が存在することは必要不可欠と言えるだろう。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
【L 〜エル〜】
人妻茶屋 梅田店 営業用