「偽物の愛でも」風俗で稼ぎ ホストに出会い生活一変、月100万円超貢ぐ

トップ >  ブログ >  関西 >  風俗ニュース >  「偽物の愛でも」風俗で稼ぎ ホストに出会い生活一変、月100万円超貢ぐ

投稿日:2017-05-22 23:05
「偽物の愛でも」風俗で稼ぎ ホストに出会い生活一変、月100万円超貢ぐ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「今振り返ると、全ては金を使わせるために嘘をつかれていたと思う」


大阪府内の20代の女性は、あるホストとの出会いで生活が一変した。


昨年夏、知人女性に連れられ、初めてミナミのホストクラブに足を踏み入れた。それまで「未知の世界」と考えていたが、初回利用の店を連れ回された。「安いから、朝まで過ごす場所としてちょうどいい」とハードルが下がっていった。


通い始めて約1カ月後、ホストから告白され、交際を始めた。連日のように「売り上げ実績がやばい」「お前しか頼める人がいない」と言われ、昨年10月ごろからは毎日通うようになった。1日の料金が25万円にもなることもあった。


そんな中、ホストクラブの幹部から夜の仕事を紹介された。渋っていると「あいつ(交際相手のホスト)と一緒に頑張ってほしい」と説得され、引き受けた。


仕事になじめず、涙を流す日々。「彼のためにも耐えないといけない」と稼いだ金をホストクラブで使う生活を続け、家出もした。


仕事を始めて約1カ月後の昨年11月半ば、生活実態を知った親がホストクラブに出向き、強引に関係を終わらせてくれた。


「当時は頼ってくれる相手を裏切ってはいけないとの思いでいっぱいだった。今思えば甘い言葉は全て嘘だった。値段が安いからと覚悟もなく通うべきではなかった」と女性は悔やむ。


現在も連日、ミナミのホストクラブに通う別の女性(25)は、複数の風俗店を掛け持ちして勤務し、月100万円ほどをホストクラブで使っている。


東北地方の出身で、約5年前に大阪市内へ引っ越すと、ミナミに通い始めた。交際に発展したホストは2人。誕生日には「シャンパンタワー」を注文するなどし、支払いが月500万円になったこともある。


「風俗で稼いでホストに使う生活を何度もやめたいと思ったけど、やめられない。“偽物の愛”と分かっているが、飲んでいるその場が楽しいし、一人では寂しい」とホスト通いを続ける理由を明かした。


http://www.sankei.com/west/news/170521/wst1705210016-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人の幸せって全然違うし、環境や境遇が変わるときにストレスが発生して、その時の心のバランスを保つ手段に何かを使ったりと、理屈じゃないことってたくさんある。

だから嘘の愛でもほしいときもあれば、嘘の愛だから求めてしまうときも、、人というのはあるものとも言える。

それだけ一生懸命生きている証なのだから、人から正しくないと言われたとしても、しっかりと自分と向き合って生きていくことが自分から逃げないことに繋がる。

確固とした自分を確立してから、人と生きると、人依存ではなく自分有りきの人生を送れるともとれる。

そういうわけで、自分有りきの人生を実現するために、夜の世界や高収入のお仕事が1つの手段になることも世の中にはよくある話なのだ。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
モンロー
人妻茶屋 梅田店 営業用