「美女と一晩30万円」は安い? 4000人に30億貢いだ伝説の男 「紀州のドン・ファン」75歳の告白

トップ >  ブログ >  関西 >  風俗ニュース >  「美女と一晩30万円」は安い? 4000人に30億貢いだ伝説の男 「紀州のドン・ファン」75歳の告白

投稿日:2017-02-10 20:24
「美女と一晩30万円」は安い? 4000人に30億貢いだ伝説の男 「紀州のドン・ファン」75歳の告白
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
こんなマンガみたいな御仁が、本当にいるのだ。美女を抱くためだけに、これまで30億円つぎ込んできた。「勿体ない」なんて言葉は、氏の辞書にはない。なぜならそれが彼の「生きる意味」だから。




カネは女のためにある


私は75歳のバツ2。子どももいない「種なしスイカ」で、独身生活を愛犬の「イブ」と一緒に謳歌しております。


14歳で筆おろしをしてもらってから60年以上、美女とセックスすることだけを考えてきたのですから、新年を迎えたからといって急に聖人君子になれるワケがありません。これまでカネを稼いできたのは、美女と付き合うため。その信念がまた一つ年を重ねたからといって、いささかも揺らぐことはないのです。


本誌にこう豪語するのは、和歌山で不動産業や金融業などを営んできた野崎幸助氏(75歳)だ。様々なビジネスで巨額の資産を蓄え、そのカネで数々の美女をモノにしてきた野崎氏の半生を綴った『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』(講談社+α文庫)が発刊され、話題になっている。


「いい女とセックスするためだけにカネを稼いできた」と語る野崎氏は75歳の現在も「現役バリバリ」。果たして年末年始はどんな美女との逢瀬を楽しんでいたのだろうか。


年末は恋人の美紀ちゃんと一緒に年を越しました。美紀ちゃんは昨年秋に私が銀座でナンパした元モデルの美女。身長は170cmと、私より10cm以上も高く、20代半ばで私好みのボン・キュッ・ボンのダイナマイトバディですが、心優しい大和撫子です。


美女を見れば声を掛けたくなるのが私の性分で「ヘイ、ハッピー・オーラ、ハッピー・エレガント、ハッピー・ナイスバディ。私とお付き合いしませんか、食事しませんか」と声をかけ、名刺を渡すのです。「付き合ってくれたら30万円のお小遣いもお渡しします」と加えると、意外と受け取ってもらえるものです。


相手にされなくてもめげません。「まさか」があるのが人生で、美紀ちゃんもその「まさか」の一人です。


美紀ちゃんには年の瀬に羽田から私の住む南紀白浜に飛んでもらい、自宅で吉兆の特製のおせち料理や、勝浦の有名ホテルのお重に二人で舌鼓を打ちました。お重から黄金色に輝く数の子を箸に取って「美紀ちゃんのアソコはこんな感じだよね」なんて言うと「全く助平なんだからぁ」って呆れられちゃいました。




バイアグラには頼らない


でも実はこれはマヌケな冗談ではないのです。女性器の奥に無数の凹凸がある「数の子天井」なる秘宝を所有している女性はいるもので、美紀ちゃんもその一人であります。これまで私は4000人以上の女性とお付き合いをしてきましたが、素晴らしい身体の持ち主とセックスできれば、60代でも70代になっても元気になれるんです。


よく「バイアグラとか使われるんですか? と聞かれることがありますが、私はクスリなんかに頼らなくてもちゃんと勃起します。私にとって元気の源は、女性の愛液なのです。「古女房とでは……」と思う方々の気持ちもわかりますが、「長生きをしたかったらとにかくセックスに励みなさい」と言いたくなります。


「どうやってそんなに女性に出会うのか」とよく聞かれます。美紀ちゃんの時のようにナンパをすることもあるし、銀座や新地(大阪)のホステスさんとお付き合いする場合もありますが、最近は交際クラブに登録して女性を紹介してもらうことが多くなりました。


交際クラブによって異なりますが、なかには入会金が50万円とか100万円とかいう高級なところもあります。そこから「社長、いい娘がいますけど会ってみませんか」と連絡が来て、モデルや女優の卵など、20〜30歳手前くらいのかわいい女の子と会うことができるのです。


お互いに気に入れば食事をし、一夜を共にするかどうかも自由。クラブ側はノータッチです。


ナンパは今もバリバリやっています。もちろん、ただ声をかけただけでは相手にしてもらえません。いかに相手を気遣っているかがわかるようにしないとね。


実は私は食べ物にはあまり興味がないのですが、女性のためを思って、自分で選んだ銀座の高級天ぷら屋やお寿司屋に連れていきます。食事まで行ってもらえたら、「食事のお礼にブランド物のバッグでもプレゼントしたいけど、あいにく今日は夜も遅いから、今度自分で買ってくれますか。30万円あればいいかな? とカネを渡します。


さらに「一生に一度の思い出として、キミのような素敵な方と一晩共にさせてくれませんか」と誘いかけるのです。


一晩に30万円という金額は高いと思うでしょうか。たとえばホステスをモノにしようとすれば、一回のクラブ通いで10万円なんてアッという間に飛んでいきます。店によっては「特攻隊」と呼ばれる、客と寝るためのホステスも用意されていますが、私はそういう女性と遊びたいとは思わない。


3回クラブに通って同意した女の子と一夜を共にした、と考えれば、30万円は適正価格だと思います。


なにしろ生まれてこのかた、若い女性とセックスをするために大金を稼いできましたから、人と多少感覚が違うところはあるかもしれません。


でも今でこそ年収は億を軽く超えるようになりましたが、もともと私は戦前の貧乏な家庭に生まれ育ちました。鉄くず拾いで日銭を稼ぎながら、思いついた商売は「コンドームの訪問販売」。


一軒一軒家を周り、「コンドームは要りませんか」と尋ね歩きました。当然追い返されることもありましたが、時には「商品の効果を教えてくれますか」と奥さんに「実演販売」を求められることもありました。


求めてくる客のほとんどは私のタイプでない年配の女性でしたが、そこは商売。懸命に「実演」にはげみ、そのおかげか売り上げは割と伸びていきました。


それでも私は「もっと稼いで、いつか若い美女とセックスしたい」と思い続けていたのです。そんなある時先輩の誘いに乗り、金融業を始めた私は、コンドーム販売では手に入らない大金を手にするようになりました。


金回りがよくなりはじめたころは、銀座や大阪・新地などの高級クラブ通いにもハマりました。ですがその多くは空振り。ホステスにぼったくられたこともありました。


相場の10倍はするようなお好み焼き屋に同伴で連れていかれ、高級バッグを買わされ、ホテルの誘いも「お母さんが倒れた」と見えすいた嘘でドタキャン。


あとでわかったことですが、ホステスはそのお好み焼き屋からマージンをもらっていて、貢いだバッグも質入れされていたようです。私は彼女にとって体のいい金ヅルだったんです。




ダマされても恨まない


そんな風にクラブ通いを続けていたころは、まさにカネをドブに捨てるような日々でしたが、ようやく仕組みがわかって登録制の交際クラブに頼るようになったんです。
とはいえ、それでも女性で痛い目を見ることはいまだにあります。私が世間の注目を浴びることになった、例の事件がそのひとつです。


'16年2月、和歌山県田辺市の私の自宅に突然、ワイドショーのスタッフがたくさん押し寄せてきました。私が被害届を出していた窃盗事件の容疑者が逮捕されたのです。当時交際していた27歳の原田由香容疑者(仮名)で、6000万円相当の私の金品を盗み、姿を消しました。


この原田容疑者と出会ったのが、先ほど申し上げた交際クラブです。私と知り合ったころは、モデル事務所に所属して写真撮影会などで糊口を凌いでいたと聞きました。


福岡県出身の彼女はノルウェー人とのハーフで高校卒業後に上京し、新宿区内の古い賃貸マンションで暮らしていたそうです。エキゾチックな顔とFカップのダイナマイトバディを持つ素敵な女性でした。


「囲っていた27歳の自称モデルの愛人に金品を盗まれるなんてバカな爺さんだな」と面白おかしく思って、マスコミの方が集まったんでしょう。


ですが先ほども申し上げたように、私はバツ2の独身ですので、気に入った女性がいれば結婚してもいいという気持ちで、交際クラブが紹介してくれる女の子たちとお付き合いをしていたのです。たしかに痛い目を見ましたが、被害届を出したのは信頼を裏切られたからで、カネが戻ってこないのはかまいません。


仕事も女性とのお付き合いも、「死ぬまで現役」と心に誓っております。誰もが真似できる生き方ではないかもしれませんが、一つの目標に向かって努力を続ければ夢はきっと叶う。私の人生が、皆さんに少しでも勇気を与えることができたなら、これほど嬉しいことはありません。


「週刊現代」2016年2月4日号より


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170201-00050858-gendaibiz-bus_all

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
正直、、、記事を読み出した時は、、「なんじゃこりゃ。。。」と記事の内容にクラっと来てしまった。。。
でも読み進めていってこの方の「カネは女のためにある」や「ダマされても恨まない」と貫かれている精神を尊敬してしまった。


私も完璧な人間じゃないけど、ダマサれても恨まないって貫こう。


だって自分を守るようなことを考えてたら何もできないし、人を信じて人と人の「間」を構築してこそ「人間」でしょ?


カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
業種タグ: 交際クラブ
地域詳細タグ: 和歌山
クラブパラダイス_営業用
大阪ファッツ