メラニア夫人が英紙を提訴 「大きな商機を失った」

トップ >  ブログ >  全国 >  風俗ニュース >  メラニア夫人が英紙を提訴 「大きな商機を失った」

投稿日:2017-02-08 18:22
メラニア夫人が英紙を提訴 「大きな商機を失った」
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
メラニア・トランプ(Melania Trump)米大統領夫人は3月6日、英タブロイド紙「デイリー・メール(DAILY TRUMP)」と「メール・オンライン(MAIL ONLINE)」を所有する米メール・メディア(MAIL MEDIA)に対し、同社がメラニア夫人がかつて風俗業に従事していたと報道し、その結果彼女は大きな商機を失ったとしてニューヨーク最高裁判所に訴状を再提出した。彼女は少なくとも1億5000万ドル(168億円)の損害賠償金を求めている。「メール・オンライン」は昨年8月、メラニア夫人が1990年代にモデルではなく、売春婦として働いていたと報道。これを受けメラニア夫人は、記事の内容は事実と全く異なり、名誉が毀損されたとして9月にメリーランド州の裁判所に訴状を提出していた。その後、記事は取り下げられた。


今回の訴えでメラニア夫人は、大きな商機を失ったと主張。彼女は元モデルで現在はブランドのスポークスマンやビジネスウーマンであり、今後アパレルやアクセサリー、シューズ、ジュエリー、化粧品、香水を手掛けることを検討していたという。訴えによると、各ビジネスは数百万ドル規模になりうるという。また、記事によって「彼女がスポークスマンを務めるブランドやライセンスビジネスには数百万ドルの損害が生じている」としている。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170208-00010017-wwdjapan-ent

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
事の真偽は置いておくとして、

・風俗業界で働く側はきちんと秘密を守ってくれるお店を見つける。
・お店は働く女性を大切にし、情報の管理統制等をきちんと守る。
・サービスを受けるお客様は、この業界の秩序が保たれるためにルールに従って遊ぶ。

という3者間の協力があってこそ、風俗業界が生き残っていけると言える。

人はどんな境遇に生まれて社会に放り出されるか分からないし、家庭に平和に収まっていた方が社会にでざるを得ない状態になることが起こらないなんて言えないし、そのとき困っている人の弱みにつけこむことなく、各々の需要を満たすことが理想なんだけどな・・・。

メラニア夫人は凄く強くてしっかりしてそうだから心配の必要はなさそうだけどね★★
カテゴリー : 風俗ニュース
横浜ミクシーグループ_営業
アドミ