全国デリバリーヘルス 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  デリバリーヘルス > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
激安で知られるデリヘルチェーンに 「公式HPの女の子と実物が違いすぎる!」と苦情が殺到していたそうで、なぜか結果的に売春防止法で経営者らが逮捕されるという(個人的に)衝撃的なニュースを目にした。


今回逮捕されたのは、全国展開する『サンキューグループ』の経営者ら21人。激安デリヘルながらも年間で約4億円の売り上げがあったそうで、「30分3,900円」の価格設定から考えると年にのべ10万人の利用者がいた計算になる。全国に約100店舗あるとされているので、強引に平均すると1店舗につき年間1,000人の利用者がいたようだ。ただし地域によって利用者数にバラツキがあるだろうし、また表面上は別の店となっていても実際は1つの店というケースもあるだろうから、簡単な目安程度にしかならない数字ではある。
http://n-knuckles.com/street/downtown/news001869.html
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: デリバリーヘルス
地域詳細タグ: 東京
AXフェチクラブ青山営業
MILKY WAY 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
「風俗嬢は超高収入」は過去の幻想

1980年代、1990年代の性風俗の全盛期を知る中高年の男性を中心に、この数年間の風俗業界の深刻な不況と、風俗嬢の収入の下落を理解していない方が多いです。たとえば「風俗嬢は超高収入で、ラクして稼いでいる。消費と遊びが大好きな女ども」みたいな意識は、過去の栄光に基づいた時代錯誤な認識です。

風俗業界に大打撃を与えたリーマンショック以降、その傾向は特に顕著となって、現在風俗嬢の大半は中小企業のサラリーマンと同程度か、それ以下の賃金でカラダを売っています。カラダを売って中小企業のサラリーマン以下の賃金とは夢も希望もないですが、本当のことです。

風俗嬢たちがそのような厳しい状況なので当然、経営者たちも儲かっていません。風俗嬢への誤解と同じく、たまに「風俗経営者は女性たちから搾取して暴利を貪っている!」みたいな批難をする人がいますが、大きな間違いです。この10年間ほど、風俗業界から景気のいい話はまったく聞こえてきません。

そのような現状でも、風俗嬢と聞いて多くの人がイメージするのは、派手な化粧して複数のブランド物で派手に着飾り、ホスト遊びするみたいな華やかな若い女性でしょうか。そのような風俗嬢は、当然減っています。

歌舞伎町などの繁華街の活気が失われた原因のひとつは、堅実になった風俗嬢たちがお金を使わなくなったからです。理由は単純で、風俗嬢の可処分所得が減ったからです。性風俗の単価が下がり、さらに男性客数は減ってしまいました。この数年の性風俗店は志願者の半数を断っている状態です。もう、人並みの女性では裸になっても稼げないのです。
http://toyokeizai.net/articles/-/115480
カテゴリー : 風俗ニュース
フェチさんサンバ
【L 〜エル〜】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
素人風俗嬢が増えると、脱税が増える?
デリヘルなどの風俗業はワキが甘いのか、はたまた単に税務署をナメているのかわからないが、彼らの基本が「現金商売」であることが不正額を大きくする原因の一つだろう。
クレジットカードの「売上除外(正しい売上を計上しない)」は決済代行業者への調査でバレやすいが、客から店への支払いが現金である場合は記録がなければウソがつきやすい。
目の前に現金があれば、人間は手を出してしまうものだ。
脱税は「人間性」が出るものだとつくづく思う。


周知の通り、マイナンバー制度が導入された。マイナンバーはすべての国民に個別の管理番号をつけ、それに基づいて社会保障や個人情報の管理などの行政処理を効率的に行おうというものだ。風俗業界では本業を持っていながら副業としてダブルワークしている嬢も多く、導入当初は従事する貴重な人材が逃げてしまうのではないかと懸念があった。実際はどうだったのだろうか?


http://president.jp/articles/-/23176?page=3
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 関西
業種タグ: デリバリーヘルス
「デリヘルタイムズ」
プラチナ_営業
斎藤 (39歳)
今回は初めてサヤさん指名しました。
打ち解けやすい性格の良さと共にサヤさんのスタイルの良さは完璧でした。
しかもDカップの美巨乳でとてもラッキーでした。
全体的には料金分以上のスペックを持った女性だと思います。
また近々会いに行きます!
カテゴリー : 風俗体験動画&写真
地域タグ: 関西
業種タグ: デリバリーヘルス
地域詳細タグ: 大阪
熟女家 豊中蛍池店
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「スマホへの依存度がどんどん高まっていくと、スマホを片時も手放せなくなります。現実的にやるべきことのほぼすべてを放置してしまう状態になり、社会生活・家族関係に支障をきたすようになりますので、“スマホ廃人”と表現しました。中高生にも増えていますが、私が取材したなかには、主婦たちの例も多かったのです。日中ひとりで過ごす時間の長い主婦だけに、スマホに依存しやすいのだと思います」


そう話すのはジャーナリストの石川結貴さん。石川さんはこの春に『スマホ廃人』(文春新書)という著書を出版している。スマホに依存するあまり、夫や子どもたちからも愛想をつかされて……。そんな状態の主婦が増えているという。石川さんが取材した“スマホ廃人”主婦たちの驚きの肉声とは−−。




■“お小遣いサイト”での過熱競争の果てに……


「スマホで1日500円か600円くらい稼げたらいいな。最初はそんな軽い気持ちだったのですが、熱中しすぎて家事も手につかなくなり、子どもたちのこともほったらかしに……。夫からは叱られるやら、軽蔑されるやらで、夫婦関係も危機的な状態です」


こう語るのは、東海地方に住む秋葉紀子さん(40代・仮名・以下同)。秋葉さんは小学生の子ども2人を持つ専業主婦。秋葉さんは、なんと2年半もの間、起床から就寝直前までほぼスマホ漬け。家事も育児もすべて放棄してしまう状態に陥ってしまったという。


秋葉さんが、家事の合間の在宅ワークにできればと始めたのがポイントサイト(別名「お小遣いサイト」)だった。人気のものは数百万人のユーザー登録者数を誇っている。サイトによって違いはあるが、「広告を見る」「資料請求する」「アンケートに答える」などのメニューがある。たとえば「広告を見る」というメニューを選び、CM動画を視聴したら10ポイント。初日はお手軽にスマホをいじっているだけで、数百ポイントためることができた。


「ためたポイントによって、ショッピングサイトのギフト券がもらえたり、電子マネーに交換したりできます。『今月は20万円稼いだ』なんて書き込みもあって、私も頑張ろうと思ったのです」(秋葉さん)


いつしか秋葉さんの生活はポイント獲得を中心に回っていくようになり、かなりの収入があった月もあった。


「サービスの1つに商品お試しキャンペーンがあります。たとえばサプリメントを1カ月分購入すると、その金額が丸々ポイントになるというものです」(秋葉さん)


ポイントを換金すれば、実質無料で商品を入手することができる。いいことずくめのようだったが、落とし穴があった。“無料でお試し”したつもりが、実際には“定期購入”に申し込んでしまっていたのだ。つまり最初の1カ月は無料だが、その後は料金が発生するという契約だったのだが秋葉さんは気づかなかった。


その損失を取り戻そうと、秋葉さんが手を出したのが、「ワーク」というメニューだったという。単価は安いが、指定された文字や文章を正しく入力したり、商品レビューを書き込めば、ポイントを得られるというシステムだ。利用者の入力の正確性を競うランキングもあり、上位者ほど多くのポイントを獲得できる。


「ほかの利用者たちに負けたくないと必死になって、朝起きると、すぐにスマホをつかみ取るようになりました」(秋葉さん)


その結果、家事もおろそかになり、スーパーのお総菜ばかりが食卓に並ぶようになった。さすがに夫も気づき、厳しく叱られたが、それにも上の空だったという。そんな秋葉さんがふと我に返ったのは、娘が高熱を出しているにもかかわらず、ワークが気になって仕方がないという異常事態に気づいたからだった。


「2年半で獲得したポイントをすべて換金したら30万円ほどでした。無駄に買ってしまった商品の金額などを引くと、もうかったのは10万円程度で……」(秋葉さん)


試みに、費やした合計時間で時給を計算したらわずか25円にすぎなかったーー。




■“位置ゲー”の交通費で家計が崩壊寸前に!


「私、君臨しているんです」。そう嬉々として石川さんにスマホ画面を見せてくれたのは、東京都内に住む主婦の、溝口陽子さん(40代)。溝口さんも客観的には“スマホ廃人”
だが、いまだ自覚はしていない。彼女がハマったのは、いわゆる“位置ゲー”。


GPS機能を利用しており、移動距離に応じてゲーム内の通貨がもらえ、ゲームに利用することができる。遠くに行くほど、多くの通貨を獲得できるため、まず溝口さんは、日帰りで行ける範囲でバスを利用していた。しかし、あっという間に新幹線、飛行機まで使って全国を巡り歩くように。通貨をためたり、特定の土地に行くともらえるレアアイテムを集めたりするのが楽しくて仕方がなくなったのだ。


「同じゲーム内の仲間から《すごいね!》とか称賛のメッセージをもらえるのも快感でした」(溝口さん)


だが、この優越感の陰で犠牲になっていたのは子どもたちだった。話しかけられても、煩わしいばかりで、ぞんざいな受け答えばかりするように……。そんな彼女に対し、夫は激怒。「いつも出歩いてばかりで何をやってんだ!」と、怒鳴られたとき溝口さんは、こう啖呵をきった。


「このゲームのポイントは換金もできるの。家計の足しになるんだから!私は家族のために頑張ってんのよ!」


もちろん夫は納得するはずもなく、家計のみならず家庭崩壊状態に。最近、溝口さんは交通費を稼ぐため、早朝にデリバリーヘルス(風俗の一種)で働くようになった。「今朝もおじいさんの相手をしてきましたよ」と、石川さんにあっけらかんと語ったという。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170614-00010005-jisin-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
高収入ワークを勤しんで、どこか他の場所にて自分なりの幸せを掴んでいる人がいるという見方もできる。
高収入ワークをどう活かすかは人それぞれ、将来のため、または今の幸せのため、、、人を批評したりする前に誰しもが自分の人生と向き合って生きることが必要不可欠。
酒は飲んでも飲まれるな、と一緒でお金に人生を飲まれず、栄誉や誉れに人生を飲まれず、というスタイルを貫くのは難しいことなのかもしれない。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
地域詳細タグ: 全国
「デリヘルタイムズ」
改札劇場