全国キャバクラ・ガールズバー 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  キャバクラ・ガールズバー > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
弁護士や社会福祉士らが、性風俗店で働く女性の法律・生活相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」の活動が2年目を迎えた。公的支援が届きにくい女性たちに法律や福祉の専門家が寄り添う。相談会場は、ホテルなどで客と会う無店舗型風俗店(デリバリーヘルス)で働く女性たちが客の電話を待つ「待機部屋」だ。




◇借金・DV・育児…匿名でも対応


1月21日、東京・池袋の雑居ビルの一室。弁護士で社会福祉士の浦崎寛泰さん(35)と、臨床心理士の鈴木晶子さん(39)が40代の相談者と向き合った。


女性は緊張した面持ちで「税金関係なんです」と切り出した。風俗で得た収入をどう確定申告すればいいか分からず、不安だという。「すぐにはこの仕事をやめられないと思うし……」と漏らす女性。弁護士の説明を聞き、「去年からずっと気になっていた。ありがとうございます」。少しほっとしたような表情を見せた。


風テラスは一般社団法人「ホワイトハンズ」が2015年10月以降21回開催し、延べ89人が利用した。連携する二つの風俗業者が使う都内2カ所の待機部屋に弁護士らを派遣し、従業員の女性の相談を受ける。基金を作り、業者や一般からの寄付で運営する。


風俗店で働く女性は、仕事について尋ねられることに抵抗を感じ、公的機関などへの相談をためらうケースが多い。一人で悩み、問題がより深刻になることもある。


そのため、風テラスは女性が本名ではなく、源氏名で相談できるように配慮する。浦崎さんは「匿名性を担保し、本人が言いたくないことは言わずに、悩みを語れる環境をつくる。本人がいま一番悩んでいることに焦点を当てる」と言う。女性が「風俗の仕事をやめたい」と訴えなければ、先回りして「やめる」ことを前提に話はしない。相談は借金やドメスティックバイオレンス(DV)、育児や仕事上のトラブルなど幅広く、大半は一般の法律・生活相談と変わらない。


ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾さん(35)は「『風俗をやめたい』という相談がたくさん来るだろうと想像していたが、意外と少ない。だが、一定の年齢を過ぎて資格やキャリアがないと就ける仕事が限られる社会環境があり、やめられないだけかもしれない」と分析する。今後の活動について「連携する業者を増やし、東京以外の地域にも広げたい」と語る。


警察庁によると、営業許可を届け出ている無店舗型風俗店は全国で約2万店ある。【福島祥】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000017-mai-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
女性を嫌々働かせるようなお店なんて長く続かないし、逆に女性から干される危険性だってある関係上、風俗をやめたいと相談する女性は少ないんじゃないだろうか?
ただし風俗業界とは関係ない場所で働きたいとなると、なかなか難しいのは当たり前で、だってどんな人でも自分の畑を変更するのは大変なんだから、風俗業界に限られた話ではないじゃない??


そんな女性のために相談できる場所があるというのはいいことだと思う。


他業種の場合は職安や公的機関等で相談できても、風俗ではセクシャルな部分も含まれる産業のために、そもそも女性が相談しずらかったりするというのが風テラスではないみたいで、素晴らしいと思う!


必要を満たす必要が循環を生むのであるから、困った人がいるのも有り難いし、力になれる心を持った人がいるのも有り難い♪♪♪
カテゴリー : 風俗ニュース
ミリオンガールズ
池袋人妻アデージョ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
伊香保温泉などの風俗店でカンボジア人女性に売春させたとして、群馬県警は19日、同県渋川市伊香保町の風俗店経営、渡辺久雄容疑者(44)ら3人を出入国管理法違反(不法就労助長)の疑いで逮捕したと発表した。カンボジア人女性は母国で「ウエートレスのような仕事で稼げる」などとうその勧誘を受けて来日しており、県警は女性らを人身取引の被害者と特定した。他にもタイ人らを働かせていたとみられ、売春防止法違反の疑いもあるとみて捜査を進める。【杉直樹】


他に逮捕されたのは、沼田市柳町、風俗店経営、チョンタパー・チュダーポン(44)=タイ国籍=と、沼田市西原新町、風俗店従業員、後藤知幸(32)の両容疑者。


逮捕容疑は昨年11月10日〜12月2日、伊香保温泉や沼田市東倉内町にある風俗店で、就労資格のない20〜36歳のカンボジア人女性7人を売春婦として働かせたとしている。県警によると、渡辺、後藤両容疑者は容疑をおおむね認めているが、チョンタパー容疑者は「雇用していない」と否認している。


昨年、カンボジア人女性らが在日カンボジア大使館にインターネットを通じ被害を通報し、発覚。女性らは大使館に保護された。母国で「月3000ドル(約35万円相当)稼げる」と説明されて来日したが、無給だったという。


県警は19日、風俗店など県内6カ所を家宅捜索。風俗店で勤務する21〜34歳のタイ人女性従業員ら8人も出入国管理法違反(不法滞在)容疑で現行犯逮捕した。この女性たちも人身取引の被害者である可能性があり、県警は「被害が判明すれば釈放する」としている。


http://mainichi.jp/articles/20170120/k00/00e/040/234000c

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
海外で女性を勧誘して来日させて、そこから売春させた???
こんなコッテコテに映画みたいなお話って存在するのね!?って驚いたのは私だけ???
私が世間知らずなのか、、このニュースがコテコテすぎるのか?私には判断つかないけど、、、


「ウエートレスのような仕事で稼げる」
なんて嘘巻いて、国境を超えて女性を勧誘して売春させているんだから、やっぱり生きていくには警戒心がいるね!
さらに無給で働かせたとなると、、、もう開いた口が塞がらない。。。



それにしても誘う方も誘う方だけど、、、、乗る方だって自己責任というのも覚えておかないと、なんでもかんでも人のせいになんてしてたら、自分の人生生きていけないんだからね。
カテゴリー : 風俗ニュース
『高級人妻デリヘル 彩-AYA-』 求人
改札劇場
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
ヤンキーの就労支援をする会社と、風俗店で働く女性(キャスト)のキャリア支援に取り組む団体が協力してサポートに乗り出すことになった。20日に東京都内で協定書締結式とトークイベントが開かれる。「ヤンキーとキャストに共通するのは、学歴、経済的な問題、世間から冷たい目で見られ身動きが取れないこと。タッグを組んでこの『障壁』を取り除きたい」と両団体は意気込んでいる。


協定を結ぶのは共に東京に拠点がある株式会社ハッシャダイと一般社団法人Grow As People(GAP)。ハッシャダイは元ヤンキーの久世大亮代表取締役(23)が設立。2015年から「よそもの・わかもの・ばかもの支援」を掲げ、中卒・高卒者の就労支援事業を始めた。仕事がない地方のヤンキーに東京の企業でのインターンを紹介している。


GAPは角間惇一郎代表理事(33)が、大阪の風俗店で働く母親が2児を放置して餓死させた事件(10年)をきっかけに「夜の世界で働く人の孤立を防ぐ仕組みを作りたい」と12年に設立。角間さんはゼネコンを脱サラし2年間風俗店に勤め、実態調査や昼の仕事への転職支援をしてきた。


両者は、支援相手の今の仕事や立場を否定しない。無理にやめさせるのではなく、一緒に次の世界に踏み出す準備をする姿勢が共通している。支援対象も重なることから、GAPの活動を知った久世さんが昨年秋、「一緒に何かしましょう」と連絡。意気投合して協力することになった。


ハッシャダイは男性スタッフがほとんど。女性が多いGAPから女性への接し方を学んだり、逆に男性への対応を教えたりと相互に持つノウハウや情報を共有する。


20日は午後7時半から東京都渋谷区渋谷3のモノステップビル9階で協定書締結式と活動報告を行う。角間さんは「ヤンキーも風俗嬢も知っているようで知らない世界。実情を知る機会にしてほしい」と話す。支援者や受け入れ企業も募集している。定員30人、参加費3000円。申し込み、問い合わせはGAP広報・柳田さん(yanagida@growaspeople.org)【上東麻子】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000000-maiall-life

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
このような支援活動は素晴らしいと思う!


だからこそこのような支援を利用する側が気をつけた方がいいんじゃないか?と思うことは、このような力強い支援への依存心を持たないこと。


支援を受けているときに「支援事業に支援してもらっているから自分は大丈夫!」と依存心を出した人ならではの失敗パターンというものが世の中にあるのを私は見てきた。


支援を受けているときには「自分は必ず自分独自の成長を遂げる!」と自分の足で立って自分のペースで自分の思う方向へ支援をツールとして利用するようにするのが、今まで私が見てきた成功パターンだった。。。。


進み続ける時代の中でキッチリと生きていくには「依存心」を捨てることがBESTと私はコッソリと思っている(*ノω・*)テヘ
カテゴリー : 風俗ニュース
ミリオンガールズ
旭川デリヘル ココルル
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
「往年の名選手」が水商売に手を出したと聞けば、頭を過(よぎ)るのは転落や困窮といった言葉である。だが、横浜大洋ホエールズの「スーパーカートリオ」で鳴らした高木豊氏(58)に、そんな悲愴感は皆無。札幌が誇るネオン街にガールズバーを構え、その「コーチ術」で黒字経営に導いていたのだ。


忘年会シーズン真っ只中の12月15日――。


前夜からの大雪にもかかわらず「すすきの」は、大勢の酔客で溢れ返っていた。そんな歓楽街の雑居ビルにあるのが、高木氏が経営する「Second」だ。店名を聞いて、「二塁手(セカンド)」として活躍した、彼の現役時代を思い出す野球ファンも少なくなかろう


6席ほどのカウンターにボックスシートが3つ。20〜30代の女の子が客を出迎える、いかにもなガールズバーだ。1セット1時間で2500円と、地元の相場に照らして価格は良心的。そのせいか、午後9時を過ぎた頃から常連客が続々と来店し、まもなく満席となった。


それにしても、俊足好守の「ミートの名手」は、なぜこの店を始めたのか。


女の子に交じって笑顔で接客をこなし、ファンとの記念撮影にも気さくに応じる、高木氏ご本人に尋ねると、


「これまでは解説や講演の仕事がメインでしたが、いつか飲食店を出したいと考えていたんです。もちろん、生活を安定させることも考慮してね。ただ、それ以上に野球ファンと触れ合う機会を作りたかった。それで、16年6月に店をオープンさせました。中大の後輩の阿部慎之助に、中田翔や森福允彦(まさひこ)なんかも顔を出してくれます」


ちなみに、すすきので店を開いた理由については、


「たまたま、すすきので何軒も飲食店を手掛けている経営者と出会ったのがきっかけです。僕は子供の頃に帯広に住んでいて、現役の最後は日本ハムファイターズだから北海道に縁もある。それに、失敗しても東京で勝負するよりは痛手が少ないだろう、と」


とはいえ、朴訥なイメージの高木氏が、新たな勝負の舞台に「夜の店」を選んだのは少々意外である。


「まぁ、こういうお店が嫌いじゃないのは事実です。ただ、いまは組織を動かすことが楽しい。僕が球団オーナーだとすれば、店長の女の子はさしずめ監督で、副店長はヘッドコーチ。チームを仕切る人間がしっかりしないと現場の選手は動きませんから、特に店長には厳しく接しました」




■女の子に「代打」


そこは息子3人をJリーガーに育て上げたことでも知られる高木氏である。


「高木さんのことはアートネイチャーのCMで知っていたくらいでしたね」


と苦笑する店長にもスパルタ教育を施した。


「あえて店長以外の女の子だけを食事に誘って店に対する愚痴を聞きました。当然、店長は不安になる。それを何度か続け、最後に店長を交えて改善点を話し合った時には、彼女は涙を流していました。でも、孤独に耐えて決断を下すのが“監督”の務めですから。いまは立派に役割をこなしています。お客さんとの相性を考えて、女の子に“代打”を送ったりね」(高木氏)


東京在住ながら、札幌にアパートを借りて経営に打ち込んだ結果、店は黒字続き。12月には西麻布に2号店までオープンさせた。


アテネ五輪で日本代表チームを指導した高木氏だが、その手腕はすすきのでも遺憾なく発揮されていた。


ワイド特集「夜明けの鶏(チキン)レース」より


「週刊新潮」2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号 掲載


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170107-00516265-shincho-base

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
素晴らしい!!!!!!
やっぱりできる人はどこででも成果を上げるってことやん!!!!
夜のお店だろうが、野球だろうが、子育てだろうが、兎にも角にも人のことを見て、また各々のポジションに必要とされる力量や精神力も育成して、かつ自主性を損なわない、まさに本物の手腕!


そんな敏腕高木氏が、以前からやってみたいと考えられていた飲食店の経営をしっかりと実現されていて尊敬尊敬!!
と思いつつ、日本の若者も「自分なんて・・・」とか弱気にならないでキッチリと成果を上げる、または戦える人間になって欲しいと心の底から思った!


力強いニュースをありがとぉヽ(=´▽`=)ノ
カテゴリー : 風俗ニュース
地域詳細タグ: 北海道 東京
旭川デリヘル ココルル
WOW!こんなの!?ヤリすぎサークル.com 新橋店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
「驚いたけど楽しかった〜」


バイきんぐ・小峠英二(38)が、バナナマン・日村勇紀(42)に、キャバクラに連れていってもらった時の話。


キャバクラのVIPルームで3時間ぐらい飲んで、お会計が50万円超えだったそうなんです。シャンパンを何本も空けて、女の子もいっぱいドリンク頼んで、みんなでカラオケ歌って盛り上がってました。最初僕らの席に女の子4人ぐらいしか着いていなかったけど、最後は10人以上の女の子がいましたね。会計は日村さんが払ったので金額を後から知ってビックリしましたよ」(小峠)


日村は、キャバクラに慣れていなかったため店のシステムを理解しておらず、楽しく飲んでいたら会計が高額になってしまったと話していたが、日村の金払いのよさは有名だ。


「高級カラオケバーで、隣の席にいた男女数名と意気投合して盛り上がったときも、日村さんは隣の席の会計まで払っていましたよ」(芸能プロ関係者)


バラエティー番組で高級車や高級腕時計を購入させられる日村だが、プライベートでも金払いと後輩の面倒見はいいようだ。


http://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/150306/ent15030620150032-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
やっぱ儲けている人は使えてこそ儲けてるって言えると思う。
だって信頼とか人望とか優れた思考とか何かしら価値のある人のもとにお金って集まってくるやん。
そういう人ってお金を粗末にも使わないけど、お金がないと死ぬ!みたいなお金への囚われも少なくって、使うときはサッと使うやん。
だからこそ自分のことだけ考えてお金を溜め込む人ってちょっとな・・・って感じちゃうことがあるんよね。
そういう意味でも日村さんのように人を楽しませたり、後輩の面倒を見るために、心のこもったお金の使いかたをされている人を見ると尊敬してしまう。


もしも儲けるなら、同時に心ありきでお金を大切に使える人間になろうって思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 全国
地域詳細タグ: 東京 全国
改札劇場
旭川デリヘル ココルル