全国添い寝・リフレ 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  添い寝・リフレ > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
制服姿の女性に接客させる「JK(女子高生)ビジネス」の実態把握を進めようと、大阪府警が府内の約40店舗を対象に初の調査を始めた。マッサージ店やカフェをうたいながら18歳未満の少女に性的サービスを行わせている例もあり、店長らに従業員を雇用する際の年齢確認の徹底などを求めた。


JKビジネスは東京や大阪など都市部を中心に広がり、客にマッサージをする「リフレ」や悩み相談をうたう「カウンセリング」などさまざまな形態がある。少女らがバイト感覚で働くうちに性被害に発展することなどが問題となっている。


24日は、府警少年課の警察官らが大阪市浪速区の約30店舗を巡回。マンション1階にあるマッサージ店では個室内で添い寝をしたり、一緒に街中を歩いたりするサービスがあり、従業員の年齢確認の方法や少女らを雇用していないかを聞き取った。また、わいせつな行為をさせた場合には法律違反になることを説明し、確認書への署名を求めた。


府警は昨年、大阪市内のJKビジネス店計3店舗を摘発。店内で少女にわいせつな行為をさせたとして、店長ら4人を児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑などで逮捕した。【宮嶋梓帆】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00000008-mai-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
ついにJKビジネスの取り締まりが大阪で!!
違法行為が蔓延するのは秩序の維持の観点から危ないので、取り締まりが行われるのは時間の問題だったと言える。。
根本的な問題としては、女子高生で高収入のお仕事をしたい、またはしている子がいるという事。


なんでしたいのか?
家が貧しいのだろうか?


なんでそのお仕事をしたのか?取り締まるならそこのデータも集めた方がいいんじゃない??
と思うのは私だけ??
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
フェチさんアモイ
ミリオンガールズ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
弁護士や社会福祉士らが、性風俗店で働く女性の法律・生活相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」の活動が2年目を迎えた。公的支援が届きにくい女性たちに法律や福祉の専門家が寄り添う。相談会場は、ホテルなどで客と会う無店舗型風俗店(デリバリーヘルス)で働く女性たちが客の電話を待つ「待機部屋」だ。




◇借金・DV・育児…匿名でも対応


1月21日、東京・池袋の雑居ビルの一室。弁護士で社会福祉士の浦崎寛泰さん(35)と、臨床心理士の鈴木晶子さん(39)が40代の相談者と向き合った。


女性は緊張した面持ちで「税金関係なんです」と切り出した。風俗で得た収入をどう確定申告すればいいか分からず、不安だという。「すぐにはこの仕事をやめられないと思うし……」と漏らす女性。弁護士の説明を聞き、「去年からずっと気になっていた。ありがとうございます」。少しほっとしたような表情を見せた。


風テラスは一般社団法人「ホワイトハンズ」が2015年10月以降21回開催し、延べ89人が利用した。連携する二つの風俗業者が使う都内2カ所の待機部屋に弁護士らを派遣し、従業員の女性の相談を受ける。基金を作り、業者や一般からの寄付で運営する。


風俗店で働く女性は、仕事について尋ねられることに抵抗を感じ、公的機関などへの相談をためらうケースが多い。一人で悩み、問題がより深刻になることもある。


そのため、風テラスは女性が本名ではなく、源氏名で相談できるように配慮する。浦崎さんは「匿名性を担保し、本人が言いたくないことは言わずに、悩みを語れる環境をつくる。本人がいま一番悩んでいることに焦点を当てる」と言う。女性が「風俗の仕事をやめたい」と訴えなければ、先回りして「やめる」ことを前提に話はしない。相談は借金やドメスティックバイオレンス(DV)、育児や仕事上のトラブルなど幅広く、大半は一般の法律・生活相談と変わらない。


ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾さん(35)は「『風俗をやめたい』という相談がたくさん来るだろうと想像していたが、意外と少ない。だが、一定の年齢を過ぎて資格やキャリアがないと就ける仕事が限られる社会環境があり、やめられないだけかもしれない」と分析する。今後の活動について「連携する業者を増やし、東京以外の地域にも広げたい」と語る。


警察庁によると、営業許可を届け出ている無店舗型風俗店は全国で約2万店ある。【福島祥】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000017-mai-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
女性を嫌々働かせるようなお店なんて長く続かないし、逆に女性から干される危険性だってある関係上、風俗をやめたいと相談する女性は少ないんじゃないだろうか?
ただし風俗業界とは関係ない場所で働きたいとなると、なかなか難しいのは当たり前で、だってどんな人でも自分の畑を変更するのは大変なんだから、風俗業界に限られた話ではないじゃない??


そんな女性のために相談できる場所があるというのはいいことだと思う。


他業種の場合は職安や公的機関等で相談できても、風俗ではセクシャルな部分も含まれる産業のために、そもそも女性が相談しずらかったりするというのが風テラスではないみたいで、素晴らしいと思う!


必要を満たす必要が循環を生むのであるから、困った人がいるのも有り難いし、力になれる心を持った人がいるのも有り難い♪♪♪
カテゴリー : 風俗ニュース
一発0円広告
池袋人妻アデージョ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
ヤンキーの就労支援をする会社と、風俗店で働く女性(キャスト)のキャリア支援に取り組む団体が協力してサポートに乗り出すことになった。20日に東京都内で協定書締結式とトークイベントが開かれる。「ヤンキーとキャストに共通するのは、学歴、経済的な問題、世間から冷たい目で見られ身動きが取れないこと。タッグを組んでこの『障壁』を取り除きたい」と両団体は意気込んでいる。


協定を結ぶのは共に東京に拠点がある株式会社ハッシャダイと一般社団法人Grow As People(GAP)。ハッシャダイは元ヤンキーの久世大亮代表取締役(23)が設立。2015年から「よそもの・わかもの・ばかもの支援」を掲げ、中卒・高卒者の就労支援事業を始めた。仕事がない地方のヤンキーに東京の企業でのインターンを紹介している。


GAPは角間惇一郎代表理事(33)が、大阪の風俗店で働く母親が2児を放置して餓死させた事件(10年)をきっかけに「夜の世界で働く人の孤立を防ぐ仕組みを作りたい」と12年に設立。角間さんはゼネコンを脱サラし2年間風俗店に勤め、実態調査や昼の仕事への転職支援をしてきた。


両者は、支援相手の今の仕事や立場を否定しない。無理にやめさせるのではなく、一緒に次の世界に踏み出す準備をする姿勢が共通している。支援対象も重なることから、GAPの活動を知った久世さんが昨年秋、「一緒に何かしましょう」と連絡。意気投合して協力することになった。


ハッシャダイは男性スタッフがほとんど。女性が多いGAPから女性への接し方を学んだり、逆に男性への対応を教えたりと相互に持つノウハウや情報を共有する。


20日は午後7時半から東京都渋谷区渋谷3のモノステップビル9階で協定書締結式と活動報告を行う。角間さんは「ヤンキーも風俗嬢も知っているようで知らない世界。実情を知る機会にしてほしい」と話す。支援者や受け入れ企業も募集している。定員30人、参加費3000円。申し込み、問い合わせはGAP広報・柳田さん(yanagida@growaspeople.org)【上東麻子】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000000-maiall-life

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
このような支援活動は素晴らしいと思う!


だからこそこのような支援を利用する側が気をつけた方がいいんじゃないか?と思うことは、このような力強い支援への依存心を持たないこと。


支援を受けているときに「支援事業に支援してもらっているから自分は大丈夫!」と依存心を出した人ならではの失敗パターンというものが世の中にあるのを私は見てきた。


支援を受けているときには「自分は必ず自分独自の成長を遂げる!」と自分の足で立って自分のペースで自分の思う方向へ支援をツールとして利用するようにするのが、今まで私が見てきた成功パターンだった。。。。


進み続ける時代の中でキッチリと生きていくには「依存心」を捨てることがBESTと私はコッソリと思っている(*ノω・*)テヘ
カテゴリー : 風俗ニュース
Club☆痴女ギャル
フェチさんサンバ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
制服姿の女子高生らがマッサージなどのサービスを提供する「JK(女子高生)ビジネス」のサービスが過激化している。スケスケ衣装を着た半裸状態の少女と密着したり、ストリップショーやアダルトビデオ(AV)のまねごとをしたり。性風俗店と大差ない接客を行う店が出てきているのだ。その実態とは−。


「摘発の強化で業者の数自体は減った。その一方で、サービス内容はより過激になっている」


業界の内部事情に詳しいライターの高木瑞穂氏は「JKビジネス」の現状についてこう話す。


都内のある店舗では、「30分ハグ」(5000円程度)というサービスが人気という。


「30分間、女子高生と抱き合うというものです。しかも、この店はオプションで少女が着るコスチュームを自由に選ぶことができる。『ハイパーシースルー衣装』といって、スケスケの半裸に近い衣装。ハグといっても、ほとんどペッティングに近い」(高木氏)


高田馬場や池袋などの店舗のなかには、客が女子高生に性行為を連想させるようなポーズを取らせたり、制服から下着姿になる「ナマ脱ぎショー」なるメニューもある。


女子高生によるリフレクソロジー(JKリフレ)などのJKビジネスは、2011年ごろから都内の繁華街を中心に増加。短時間で高い報酬を得られることから、女子高生のアルバイト先として急速に広まり、「添い寝」や「散歩」などサービスもより細分化されていった。その一方で、「援助交際の温床になり、少女が犯罪に巻き込まれるケースが増えている」(捜査関係者)ことから、警察当局による取り締まりも強化されてきた。


高木氏は「これまでJKビジネスの中心地は秋葉原だったが、当局の取り締まりの激化に伴い、郊外や地方に拠点を移す店も増えている。摘発を免れるため、業界用語で『アンダー』と呼ばれる18歳以下でなく、法律に引っかからない18〜19歳の“女子高生”を雇う店が増えた。従業員の年齢層が高くなったのに伴い、利益を出すためにサービス内容が過激化する傾向にある」と指摘する。


少女を食い物にする“JK商法”。どこまで悪質になるのか。


http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/150110/lif15011020100021-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
今良くも悪くも注目を集めるJKビジネス今後の動向は注目したいところ。
やっぱり秋葉原から集中的に取締を強化すると郊外や地方に分散するのは必然と予想できる。
そうなると取締がどんどん難しくなるという流れが今後の第一ステップ??かな??
地方での18歳未満でそのような違法に近い人材の獲得は至難の業なのではないか??はたまた人材を獲得したところで継続して働いて頂くことは可能なのだろうか??
と、地方に一時分散したとしても次なる課題が出てくることが見込まれる。
18歳未満の女性に対して言えることは、違法行為に近いようなことでお小遣いを得るのではなく、社会貢献に重きを置いたお小遣い獲得の活動をして欲しいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪ファッツ
街中娘の秘密の素顔。。営業
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
世間の注目を集めてからはや数年。愛好家の支持を受ける一方で、警察当局はもちろん、昨年、国連をも動かした「JKビジネス」が、またひとつの転換点を迎えようとしている。全国店舗の大多数が集中するとされる東京都で、営業を規制する条例が年内にも可決する見通しとなっている。これまで所在地を変え、業態を変え、摘発をかいくぐりながら生きてきたJKビジネス。今後はどうなっていくのか。




■全国初の条例へ


警視庁は平成28年11月、JKビジネスを規制する条例案を公表した。条例案では、18歳未満の接客や勧誘を禁止。営業を届け出制とすることで、都公安委員会が営業停止命令を出すことができるようになる。違反に対する罰則も盛り込む方針だ。


届け出が必要な営業の例は、「リフレ」「散歩」「見学」「撮影」「作業所」「コミュ」「カフェ」−と細かく挙げている。また、水着や下着姿で接客する「ガールズバー」「ガールズ居酒屋」も例示した。


これまでJKビジネスに対しては立ち入り権限がなかったため、サービス内容や従業員の年齢が把握できず、悪質な店舗の判別が困難だった。外部からの情報や、補導した少女から話を聞く中で、18歳未満(アンダー)がいる店を把握し、わいせつな行為をする「裏オプション」の有無を判断していた。


JKビジネスの規制をめぐっては、愛知県が27年に改正青少年保護育成条例を施行し、18歳未満の就業を禁じた。都でJKビジネス単独の条例ができれば全国初。早ければ今春の都議会にも条例案が提出される。


加えて、警察庁は29年度、全国のJKビジネス一斉調査を行うことを明らかにしている。「東京五輪が近づいている。こうした環境浄化策は着実に進めなければならない」。警察関係者は力を込める。




■大人のJKも…


ではJKビジネスはどうなるのか。


捜査関係者によると、これまでの取り締まりを受け、すでに女子高生を連想させるような「制服」「学園」などといった単語を使わない店が増えている。さらには条例の成立を待たずして、現役女子高生ではない、18歳以上(オーバー)がサービスする店舗が多くなっているのが現状だ。


「店が悪質かどうか以前に、JK店なのかどうかすら把握しづらくなっている」と捜査員も頭を悩ます。条例では18歳以上の稼働については触れられておらず、今後はこの傾向が進むとみられる。JKビジネスはもはや“JK風”ビジネスといえそうだ。もちろん裏の裏をかいて、少数の18歳未満が紛れれば把握はより難しい。


一方で無店舗化も進むとみられる。外で客と待ち合わせてホテルなどで2人きりになるとすれば、届け出制になったとしても立ち入りでの直接的な実態解明は困難。デリバリーヘルスのようになれば「もはやJKビジネスである必要はなく、個人の援助交際が相次ぐかもしれない」とみる関係者もいる。


このほか、条例に例示されていない別の業態の誕生もありそうだ。すでにスマートフォンの操作を教えるとうたうサービスが都内などにある。また、東京以外での店舗進出を指摘する声もある。




■「パパ活」台頭か


供給サイドが法の網をかいくぐろうとする一方で、需要サイドの愛好家はどうなるか。


「本物志向が強まる」。風俗ジャーナリストの青山照彦さんはこう言い切る。


青山さんによると未成年と関わりたいと考える男性は一定数いる。「本物の女子高生を見つけようと、店のホームページでの投稿内容や会話の内容からヒントを探る。現役じゃないと学校生活の話題に疎くなる。そういった点をヒントに相手を厳選する傾向が一層強まります」と語る。


こうした男性たちは必ずしもわいせつな行為を求めていない、とも青山さんは指摘する。JKビジネスももともと、体を触るような過激なサービスがある店は少数で、差別化のために裏オプションが横行した向きがある。


「つまり本当の愛好家はJK風ビジネスには目を向けない」。一方で、「パパ活」という言葉が流行しつつあるという。


学生らがお小遣いをくれる男性を持つことを指し、体の関係を持たないことが多いらしい。こうした別の手段に目を向けることになるようだ。


ただJKビジネスが問題となったことで、世間の目が厳しくなっているのも事実。「ホテルやカラオケ店などでも、おじさんと少女が手をつないでいれば通報が入るようになってきている。今後さらに女子高生と交際するリスクは高まっていくだろう」


当局と店と愛好家。それぞれの模索が続きそうだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000508-san-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
何事も表裏一体なわけだから、どこかを取り締まって規制すると、どこかに抜け目が出来てそっちに流れてしまう、そんな風に言えるニュース。。。


それにしてもどのビジネスにも「儲け第一主義の節操のない人」というのは存在するわけで風俗やJKビジネスだけというわけではない。


例えばWeb業界にしたって普通な顔をして人を騙す人だっているわけなんだから、ある意味でWeb業界ほど無法地帯はないとも言える。


じゃあ、どうすればいいの!?!?
なんて声が聞こえてきそう。
「当局」「店」「愛好家」のバランスが取れる管理体制を生み出すこと、ある程度の抜け目は認めること、そして一番重きを置くべきところは「教育」「良心の咎め」「思いとどまるための厳罰」。


どうしても罰だけだと、抜け目によって掻い潜れてしまうからこそ、やっぱり人の心に重きを置いた「教育」「良心の咎め」が大切と言える。


何にせよ「人の欲求」というものを軽んじない取締や規制が求められるところとも言える。
今後の動きも見逃せない!
カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
ミセスモンロー