全国ランジェリーパブ 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  ランジェリーパブ > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
風俗店は「温泉」なのか? 九州最大の歓楽街、福岡・中洲などにある一部の風俗店が、地図検索サービスのグーグルマップで、3本の湯気が立つ温泉マークで表示されていた。
一般的に温泉マークは風俗店を意味せず、観光関係者や識者からは「適切ではない」との意見が出ていた。
グーグルは今月、表示がでないよう修正した。

11月24日の夜、福岡市博多区の中洲。
このエリアをグーグルマップで調べると、地図上に14件の温泉マークが出た
実際に現場を訪ねてみると、ネオンが光る通りの一角に「セクシー」や「ナース」といった言葉が並ぶ風俗店が軒を連ねていた。
店に聞くと「知らなかったっす。理由も分からない」との答え。
もちろん温泉は出ていない。

温泉地の大分県別府市では、隣接する市営温泉と風俗店でそれぞれ表示されていた。
東京の新宿や渋谷、大阪市、札幌市、名古屋市の繁華街のほか、川崎市、大津市の雄琴(おごと)温泉でも、いくつかの風俗店に店名とともに表示されていた。
https://www.asahi.com/articles/ASKDG03WGKDFTIPE04G.html?ref=rss
カテゴリー : 風俗ニュース
WOW!こんなの!?ヤリすぎサークル.com 新橋店
AXフェチクラブ青山営業
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
また一つ、名所が消えた。東京の新宿・歌舞伎町で1977年から営業してきた老舗ストリップ劇場「新宿TSミュージック」が15日、閉館した。あまたの踊り子を輩出し、歌舞伎町のネオン街に欠かせなかった“伝説の劇場”の最後を見届けようと全国から多くのファンが集結。戦後の大衆文化史に残る、感動のフィナーレとなったが、このままストリップの灯は消えてしまうのか――。

同劇場はビル家主側に起こされた立ち退き訴訟の末、15日限りでの閉館が昨年に決まっていた。グランドファイナルへ向け、連日、多くのファンが押しかけていたが、最終日はさらに膨れ上がり、40ある座席は瞬く間に埋まり、立ち見でさえも入りきれないほどの大盛況だった。

同日深夜、すし詰め状態の中で最後のステージが終わると客席からは大きな拍手が起こり、気温0度の寒さを感じさせない熱気をまとったまま、皆が帰途に就いた。

現行の風営法では、ストリップ劇場を歌舞伎町かいわいで新規オープンさせるのは実質的に不可能で、同劇場は約40年の歴史に幕を下ろすことに。歌舞伎町でストリップの殿堂として名をはせ、独自の大衆文化を築いてきた「新宿TS」が看板を下ろすのは、なんとも残念な状況だ。

深夜番組「トゥナイト」「トゥナイト2」(テレビ朝日系)で同劇場をリポートするなどストリップ文化に造詣の深い映画監督の山本晋也氏(77)は「仕方ないことではあるけど、なくなってしまうのは惜しいし、さみしい」としみじみ振り返る。

「テレビで踊り子を紹介すると、それで一気に人気が出てスターになる子がいたり、『自分もああなりたい』という子が出てきたりしました。狭い劇場の中ではファンと踊り子のコミュニケーションが出来上がっていて、精神的な恋愛に近い、粋な世界がありましたね」

山本監督自身も、様々な光景を脳裏に焼き付けてきた。

「劇場の楽屋に行くと、文庫本を読んでいる子がいて、よく見ると三島由紀夫の『金閣寺』なんです。でもこっちが気付くと恥ずかしそうにそれを隠すんですよね。あとは、踊り子さんがどこかで見た踊りをしているなと思ったら、かつて踊り子だった人が引退して、次の世代に伝承していたり。ボクは女の子たちの舞台を見ているとまるで妖精が踊っているように見える時がありました」

約20年にわたってTSミュージックの運営に携わってきた岡野健太郎社長は劇場を取り巻く変化を日々見つめてきた。

「女の子たちに関していえば、アイドル文化の影響でダンスのバラエティーは広がったし、全体的なレベルも上がったと思います。来ていただくお客さんには大きな変化はありませんが、それでも、昔は団体がメーンだった中国人のお客さんが、最近は個人旅行として来られるようになったりしました。日本でモーターショーが行われると、日本車の視察という名目で中国から来日された団体さんが、よく劇場に来たものです」(岡野氏)

歌舞伎町は浄化作戦が進み、次々と名所が消え、かつての面影はなくなってきている。岡野氏は「表に立って、きちんと税金を納めながら法律の中で営業している店がなくなれば、店舗型風俗店は“地下”に潜るし、空き店舗はぼったくりバーになって被害者が出る」とも。目先の摘発に終始するばかりの浄化作戦には、全体のビジョンが見えないと指摘した。

そんな岡野氏は自身の今後について「当面未定」としつつ、新たな夢ものぞかせた。「やはり、今せっかくここに芸術性の高い文化があるのだから、なんとか守りたい。彼女たちを出演させられるようななんらかのステージやショーをルールの範囲内でやってみたいなとは思っています」

志ある者とファン、そして踊り子がいる限り、まだまだストリップの灯が消えることはない。
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/641008/
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: ランジェリーパブ
地域詳細タグ: 東京
街中娘の秘密の素顔。。営業
ミリオンガールズ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
フィリピンの首都マニラにある繁華街マラテ・エルミタ地区。何十軒ものフィリピンパブが立ち並び、明け方まで日本人や韓国人が行き交う。この街では、驚くほど高い確率で日本での出稼ぎ経験を持つフィリピン人女性に出会う。

国連が定めた人身取引反対世界デー(7月30日)を機に、フィリピン外務省は8月3日、出稼ぎ希望の女性たちに注意を呼びかける声明を発表した。違法に日本に渡ると、人身売買の被害に遭う危険性があるという内容だ。

フィリピンが日本への出稼ぎに警鐘 米国も指摘する「人身売買」の実態は

束縛・搾取、性的サービスの強制も
この地区のパブで「ママさん」として働くフィリピン人女性(36)。客として来店した日本人男性に誘われて偽装結婚した結果、日本で性的産業での労働を強要されたフィリピン人女性たちを知っている、と証言する。

ママさんによると、被害に遭う女性は大半が貧困層出身。仲介業者が囁く「日本での高収入」に魅力を感じ、甘い誘いに乗ってしまう場合が多いという。

渡航費用などの借金を理由に束縛・搾取されたり、事前に知らされていないにも関わらず、客に対して性的サービスを強制されたりするケースが後を絶たない。このママさんは性的搾取にあった知人を救うため、来日した経験もある。

悪徳業者の暗躍で人身売買に巻き込まれてしまうケースがある一方、日本でパトロン役の男性を見つけ出し、一攫千金を狙う女性が多い、とも語る。

「お金持ちの大きな獲物を捕まえる機会と捉えている女の子もいます。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-00010004-bfj-int
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: ランジェリーパブ
ミリオンガールズ
街中娘の秘密の素顔。。営業
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
「ジャパゆきさん」。バブルに踊った1980年代の日本で、フィリピンから出稼ぎにやってきた女性労働者はこんな名で呼ばれ、風俗業を中心とした違法就労が社会問題になったことがある。「日本は豊かな国」。
日本に来て働けば幸せになれる−という幻想はなお、海の向こうでは消えていないようだ。パブでホステスとして働かせるためフィリピン人の女を来日させ、日本人と偽装結婚させたとして、大阪府警が経営者の男(59)=大阪府泉佐野市=を逮捕した。出稼ぎのホステスにとっては夢にまで見たニッポン。
いざ来てみればピンハネのひどさに不満が続出、脱走が相次いでいた。彼女たちが豊かな国のウラで直面した現実とは−。

「情が厚く、人懐っこい」

「本日のコスプレは、前回大好評だった体操服です」

男が泉佐野市内で経営していたパブ「クラブ マリポサ」のものとみられるフェイスブック。薄暗い店内で、ブルマー姿の女性らが開脚したり、バレーボールに興じたりしている画像がアップされ、来店を呼びかける言葉が並ぶ。
男は同じ市内で「BARベイウォッチ」という店も営業。
いずれも酒席でのフィリピン女性による接客を売りにしていた。

フィリピンパブと呼ばれる業態で、バブル期は地方を中心に各地に店があり、盛況だった。
女性たちは主にダンスや芸能活動を行うための「興行」の在留資格で来日していたが、実態はホステス。
売春など違法な風俗産業への流出も問題になり、平成17(2005)年の入管難民法改正で対策が強化されてからは外国人パブは下火になった。

http://www.sankei.com/west/news/171019/wst1710190002-n1.html
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
業種タグ: ランジェリーパブ
地域詳細タグ: 大阪
ユニバース倶楽部 立川 営業用
クラブパラダイス_営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
性風俗産業で働く女性(キャスト)のセカンドキャリアを支援する一般社団法人Grow As People(GAP)が今年2月、キャストたちの稼働数や収入、業界に足を踏み入れた動機などをまとめた「夜の世界白書」を発行した。


同白書は、377人のキャストへのアンケート結果から、平均すると月に12日間の実働日数で約40万円の収入がある一方、年齢とともに出勤日数と収入が減少しているといった実態を明らかにし、そのうちの47人もが「なんとなく」働き始めたと回答していることなどを報告している。


このような具体的なデータは今までなく、同白書に注目が集まっている。そこで、今回はGAPに詳しい話を聞いた。


――まず、GAPの取り組みについて教えてください。


GAP 創始者の角間惇一郎が2010年に活動を開始し、12年に一般社団法人格を取得。現在は10人のスタッフが在籍しています。「どんな状況にいても孤立せず、望めば次に行ける。そんなセカイをつくろう」という理念のもとに活動しており、「どんな状況にいても」というのが、具体的にいうと「性風俗産業で働いていても」ということで、「望めば次に行ける」というのは、いわゆる“夜職”から“昼職”への転職や、やはり女性ですので“結婚”や“出産”といったライフステージへ進むということです。キャストの皆さんがそんなセカンドキャリアを実現できる社会の仕組みづくりをしたい……との思いで活動しています。


――サポートの対象は、具体的にどのような方々なのでしょうか。


GAP まずは、極度の貧困であったり、精神障害・疾患をお持ちの方、福祉的なサポートが必要な方。そして、GAPの一番の対象となっているのが、なんとなく風俗を始めて、ずるずると続けている方です。後者は辞め方も知らず、「性風俗店勤務を知られたくない」との思いを抱えつつ、やはり将来に対して漠然とした不安がある。実は7年間の活動のなかで、このような方々が全体の60%と最も多い割合を占めているとわかったのです。




セカンドキャリア支援事業


――具体的には、どのような支援をしているのでしょうか。


GAP セカンドキャリア支援ですが、その前に、前者に対しては一旦しかるべき支援に橋渡ししています。たとえば、性風俗店に在籍していた時の写真がいつまでもインターネット上に残っているといったトラブルや、お客さんの子どもを妊娠してしまったけれど店に言えないなどの悩みに対し、支援をしてくれるしかるべき機関に橋渡しした上で、その後、本人が「昼職にチャレンジしたい」と望めば、改めてセカンドキャリア支援を行っていきます。


――セカンドキャリア支援事業の内容を教えてください。


GAP まず最初はGAPのスタッフと当事者のマンツーマンで2回にわたる無料の面談を行い、その後、それぞれ有料のプログラムに移ります。プログラムは1000円から3万円のものまで幅広く選べますが、内容は主に2つに分かれていて、ひとつは専門のキャリアカウンセラーによるカウンセリング。面接指導や企業研究、適性検査などです。


そしてもうひとつはインターン研修で、最短3カ月、最長6カ月派遣されます。GAPの活動理念に賛同いただいている企業や団体に派遣しているのですが、その間に昼職の感覚を知ってもらいます。昼職と夜職では、収支や時間軸の感覚にギャップがありますので、そこをインターンで身に付けた後、初めて就活に臨むというルートです。なので、初回の面談からインターンを通して実際に転職が実現するまで、およそ1年かかります。


――その1年の間に、途中で諦めてしまう人などはいないのでしょうか。


GAP いないです。基本的に皆さん「自分を変えたい」と思って来られているので。もちろん、途中でメンタル的に落ちてしまうようなことはありますけど、だからといって転職を諦める方はひとりもいらっしゃらないです。そのためにも、GAPスタッフの手厚いサポートがあります。




一般女性に到達しやすい環境


――転職のタイミングですが、同白書にも「40歳の壁」について書かれていますが、性風俗産業で働く女性は年齢を重ねるとともに働きづらくなり、40歳を前に限界を感じるという問題があります。しかしその前に、女性は30代に差し掛かる際にも一度、年齢を意識するタイミングがくると思うのですが、実際にGAPに相談に来るのは、どの年代が多いのでしょうか。


GAP やはり、20代後半から30歳ちょうどの方が一番多いです。周りの女性が結婚し始めた頃、「あ、ヤバいな」と気付く。そこは、昼職の女性と同じ感覚だと思います。そんなときに、「風俗嬢」「転職」などでネット検索すると、GAPがヒットするのです。というのも、日本で風俗嬢のセカンドキャリア支援をしているのは、GAPだけなので。あとは、GAPの公式サイトやSNS、またメディアの報道などを見て来ていただいています。相談者は月30人ほどで、確実に増えてきています。


――同白書のような、性風俗店で働く女性のデータをまとめたものはこれまでになかったと思うのですが、GAPのスタッフから見ても「意外」といえる情報などはありましたか。


GAP やはり、「なんとなく始めた」という方が多いというデータは、私たちにとっても重要だと感じています。「なぜ、なんとなく始めたのか」という分析もしているのですが、このネット社会に性風俗産業が湯水のごとく広告費をかけているので、一般女性に到達しやすい環境になっているようです。なんとなく始めてしまったという人に話を聞くと、スマートフォンで「短期間」「高収入」などと検索した時に一番上に性風俗店の広告が出てきた、と。現在、デリヘルなどは店舗を持たない代わりに広告費にお金をかけられるような形態になっているので、皆さんが性風俗産業の情報を知る垣根が低くなっているのです。




“孤立”を防ぐ


――そんななか、国や行政にはどのようなことを求めていますか。


GAP 私たちも最終的には行政を巻き込んで活動をしたいと思い、その端緒として同白書を発行しました。まず国や行政に理解してもらいたいのは、性風俗産業に従事している20代の女性が30万人いるということ。この30万人というのは、14年に厚生労働省が発表している全国の医師の数と一緒なんですね。それくらい労働人口があるということなので、それを活かすような取り組みをしてほしい。そのために、私たちのデータをもとに冷静に、一緒になって考えてほしいです。


――現在、国や行政の動きは不十分だと感じますか。


GAP 行政機関の方々は「どうしたらいいか、わからない」という状態のような印象を受けます。だからこそ、私たちのような団体と二人三脚でやっていけたらと思います。


――GAPは性風俗店からも所属キャストの相談などを受けておられ、決して性風俗そのものを否定しているわけではない。「そこに困っている女性がいる」ということが問題なんですよね。


GAP そうです。私たちは性風俗で働いていることを否定も肯定もしないけれど、そこで女性が“孤立”するのはマズいと考えています。


――では最後に、今後の活動に向けての思いをお聞かせください。


GAP ひとつは、全国の当事者の方にサポートが行き渡るようにしたいということ。今は関東エリアを中心に活動していますが、北海道から沖縄まで、地方にいらっしゃるキャストさんに支援の手が行き渡るように、インターンの受け入れ先を地方でも募集したり、『夜の世界白書』を郵送したりしています。もうひとつは、国や行政を巻き込んで活動していきたいので、やはり私たちのような団体をうまく使ってもらいたい。そして、性風俗で働く女性のセカンドキャリアを実現することが望ましいと思ってもらえるようにしていきたいです。ひいては、GAPは今、性風俗産業に絞って活動していますが、ゆくゆくはアスリートなどさまざまなジャンルの方のセカンドキャリアにもお力添えしていきたいと思っています。


GAPは現在、公益社団法人の申請中であり、企業のインターン受け入れ先を募集しているほか、個人会員としての支援も受け付けています。また同白書は郵送料のみ自己負担いただければ郵送しますので、詳しくはGAPの公式ホームページ、もしくはFacebookをチェックしていただければありがたいです。
(構成=編集部)


http://biz-journal.jp/2017/05/post_19277.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗にも抜け出せなくなる人がいる。
他も同様。

例えば株で儲け続けている人。
手を使って頭を使って働くことを捨ててしまい、そちら側へ戻れなくなっている人がいる。
もちろん儲け続けているということはお金が入ってきているということで死にはしないが、ある意味で死んでいる。
それは、、、考える力、何かを成し遂げる力、手を使う実行力、、、そいういった自身の能力が死んでいってしまっているのだ。

サラリーマンの場合も同様。
雇われ続けることに慣れてしまい、そこから抜け出せずにいる。
指示されたことだけをこなし、自分の力で考えること、歩くことを忘れてしまっている人たちがいる。

つまりは、それだけ地に足を付けて自分の足で立っていることができる人が少ないということだ。

そういう意味で何かのポジションから開放する組織・団体は必ず必要になるのが世の仕組みのようだ。
何かに依存して死にかけている人が再び自分の力で歩きだすキッカケというのはそれだけ社会にとって必要不可欠なのだ。

そういう意味で、風俗だけでなく今後の社会発展を祈って、解放の団体というのは存続し続けて欲しいものだ。
カテゴリー : 風俗ニュース
立川風俗受付センター
ユニバース倶楽部 立川 営業用