全国その他 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  その他 > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「スマホへの依存度がどんどん高まっていくと、スマホを片時も手放せなくなります。現実的にやるべきことのほぼすべてを放置してしまう状態になり、社会生活・家族関係に支障をきたすようになりますので、“スマホ廃人”と表現しました。中高生にも増えていますが、私が取材したなかには、主婦たちの例も多かったのです。日中ひとりで過ごす時間の長い主婦だけに、スマホに依存しやすいのだと思います」


そう話すのはジャーナリストの石川結貴さん。石川さんはこの春に『スマホ廃人』(文春新書)という著書を出版している。スマホに依存するあまり、夫や子どもたちからも愛想をつかされて……。そんな状態の主婦が増えているという。石川さんが取材した“スマホ廃人”主婦たちの驚きの肉声とは−−。




■“お小遣いサイト”での過熱競争の果てに……


「スマホで1日500円か600円くらい稼げたらいいな。最初はそんな軽い気持ちだったのですが、熱中しすぎて家事も手につかなくなり、子どもたちのこともほったらかしに……。夫からは叱られるやら、軽蔑されるやらで、夫婦関係も危機的な状態です」


こう語るのは、東海地方に住む秋葉紀子さん(40代・仮名・以下同)。秋葉さんは小学生の子ども2人を持つ専業主婦。秋葉さんは、なんと2年半もの間、起床から就寝直前までほぼスマホ漬け。家事も育児もすべて放棄してしまう状態に陥ってしまったという。


秋葉さんが、家事の合間の在宅ワークにできればと始めたのがポイントサイト(別名「お小遣いサイト」)だった。人気のものは数百万人のユーザー登録者数を誇っている。サイトによって違いはあるが、「広告を見る」「資料請求する」「アンケートに答える」などのメニューがある。たとえば「広告を見る」というメニューを選び、CM動画を視聴したら10ポイント。初日はお手軽にスマホをいじっているだけで、数百ポイントためることができた。


「ためたポイントによって、ショッピングサイトのギフト券がもらえたり、電子マネーに交換したりできます。『今月は20万円稼いだ』なんて書き込みもあって、私も頑張ろうと思ったのです」(秋葉さん)


いつしか秋葉さんの生活はポイント獲得を中心に回っていくようになり、かなりの収入があった月もあった。


「サービスの1つに商品お試しキャンペーンがあります。たとえばサプリメントを1カ月分購入すると、その金額が丸々ポイントになるというものです」(秋葉さん)


ポイントを換金すれば、実質無料で商品を入手することができる。いいことずくめのようだったが、落とし穴があった。“無料でお試し”したつもりが、実際には“定期購入”に申し込んでしまっていたのだ。つまり最初の1カ月は無料だが、その後は料金が発生するという契約だったのだが秋葉さんは気づかなかった。


その損失を取り戻そうと、秋葉さんが手を出したのが、「ワーク」というメニューだったという。単価は安いが、指定された文字や文章を正しく入力したり、商品レビューを書き込めば、ポイントを得られるというシステムだ。利用者の入力の正確性を競うランキングもあり、上位者ほど多くのポイントを獲得できる。


「ほかの利用者たちに負けたくないと必死になって、朝起きると、すぐにスマホをつかみ取るようになりました」(秋葉さん)


その結果、家事もおろそかになり、スーパーのお総菜ばかりが食卓に並ぶようになった。さすがに夫も気づき、厳しく叱られたが、それにも上の空だったという。そんな秋葉さんがふと我に返ったのは、娘が高熱を出しているにもかかわらず、ワークが気になって仕方がないという異常事態に気づいたからだった。


「2年半で獲得したポイントをすべて換金したら30万円ほどでした。無駄に買ってしまった商品の金額などを引くと、もうかったのは10万円程度で……」(秋葉さん)


試みに、費やした合計時間で時給を計算したらわずか25円にすぎなかったーー。




■“位置ゲー”の交通費で家計が崩壊寸前に!


「私、君臨しているんです」。そう嬉々として石川さんにスマホ画面を見せてくれたのは、東京都内に住む主婦の、溝口陽子さん(40代)。溝口さんも客観的には“スマホ廃人”
だが、いまだ自覚はしていない。彼女がハマったのは、いわゆる“位置ゲー”。


GPS機能を利用しており、移動距離に応じてゲーム内の通貨がもらえ、ゲームに利用することができる。遠くに行くほど、多くの通貨を獲得できるため、まず溝口さんは、日帰りで行ける範囲でバスを利用していた。しかし、あっという間に新幹線、飛行機まで使って全国を巡り歩くように。通貨をためたり、特定の土地に行くともらえるレアアイテムを集めたりするのが楽しくて仕方がなくなったのだ。


「同じゲーム内の仲間から《すごいね!》とか称賛のメッセージをもらえるのも快感でした」(溝口さん)


だが、この優越感の陰で犠牲になっていたのは子どもたちだった。話しかけられても、煩わしいばかりで、ぞんざいな受け答えばかりするように……。そんな彼女に対し、夫は激怒。「いつも出歩いてばかりで何をやってんだ!」と、怒鳴られたとき溝口さんは、こう啖呵をきった。


「このゲームのポイントは換金もできるの。家計の足しになるんだから!私は家族のために頑張ってんのよ!」


もちろん夫は納得するはずもなく、家計のみならず家庭崩壊状態に。最近、溝口さんは交通費を稼ぐため、早朝にデリバリーヘルス(風俗の一種)で働くようになった。「今朝もおじいさんの相手をしてきましたよ」と、石川さんにあっけらかんと語ったという。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170614-00010005-jisin-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
高収入ワークを勤しんで、どこか他の場所にて自分なりの幸せを掴んでいる人がいるという見方もできる。
高収入ワークをどう活かすかは人それぞれ、将来のため、または今の幸せのため、、、人を批評したりする前に誰しもが自分の人生と向き合って生きることが必要不可欠。
酒は飲んでも飲まれるな、と一緒でお金に人生を飲まれず、栄誉や誉れに人生を飲まれず、というスタイルを貫くのは難しいことなのかもしれない。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
地域詳細タグ: 全国
MILKY WAY 営業用
ミネラル
投稿日:2017-06-14 10:39
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
禁止区域で風俗店を営業したとして前橋署は11日、風営法違反と売春防止法の疑いで前橋市千代田町の風俗店「元気堂」を摘発、いずれも韓国籍の経営者と従業員3人を逮捕した。


逮捕されたのは経営者の同市城東町、鄭益敬(59)、従業員の同市千代田町の兪●権(62)、同所、朴仙姫(45)、新潟県燕市新生町の林眞景(45)の4容疑者。朴容疑者は容疑を否認し、残る3人は認めている。


4人は10日午後9時10分ごろ、禁止区域で風俗店を営業、店舗内の個室で客に性的サービスを行ったとしている。同署によると、同店は以前、同様なサービスを提供したとして行政指導を受けていた。


http://www.sankei.com/region/news/170613/rgn1706130031-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
摘発前に行政指導もあったのに、違法行為を続けて摘発されて逮捕。。。
「なんで??」と野暮なことは聞かないとして、高収入や風俗で働く女性たちも自分が違法行為に巻き込まれていないか、故意にでなくても違法行為に手を染めていないか注意する必要が不可欠。

だってこのニュースを見たら、経営者だけではなくて従業員も逮捕されてる。

働くからにはお店が届け出をきちんとしているか?面接のときの雰囲気はどうか?サービス内容に違法行為が含まれていないか?自己責任の範囲でもきちんと確認しよう★★★
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 群馬
立川風俗受付センター
私のあしながおじさん 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
11日午前0時5分ごろ、東京都豊島区池袋の雑居ビル9階で、店舗型風俗店の女性従業員から「店長が包丁で刺された」と110番通報があった。警視庁池袋署員が駆けつけたところ、店内で背中と腹を刃物で刺された40代の男性店長を発見。重傷とみられ、命に別条はないという。


その後署員が周辺を捜索したところ、隣のビルとの間の路地に40代の男が仰向けの状態で倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。同署では男が男性店長を刺した後に、9階の階段踊り場から転落したとみて詳しい状況を調べている。


同署によると、男は閉店準備中だった店内に「財布を落とした」と話して入店し、男性店長ともみ合いになり自分もけがを負ったという。現場からは凶器とみられる文化包丁1本が見つかったほか、階段踊り場に男の血痕が残っていた。


http://www.sankei.com/affairs/news/170611/afr1706110005-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
なんかさ、、、こういうニュースを見ると今ある幸せが本当に有難く感じてしまう。
安全に屋根の下で好きなスイーツを食べて過ごしつつ、、、「あー洗濯物たまってるなー。。。明日頑張ろー。。。」と少し自堕落に過ごせる幸せをしみじみと感じてしまう。

SNS等で「俺は成功者になる!!!」みたいな人たちをよく見受けるけれども、、、成功者になったところで、幸せでいられるかどうかというところは全く別問題であると気づいている人はいるのだろうか??

成功者になったところで10分後には死ぬかもしれない。
要は何もかもが紙一重で成り立っているということを悟った先に本当の幸せがあるのではないだろうか?
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
WOW!こんなの!?ヤリすぎサークル.com 新橋店
小岩デリヘルキャンキャン☆CanCan
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
女子高校生に性的サービスをさせるいわゆる「JKビジネス」店が摘発された事件で、この店は過去に摘発された別の店で働いていた少女を雇い入れていたことがわかりました。


「なにわde散歩」の元経営者・新開祐介容疑者(39)はことし1月、17歳の女子高校生を雇い、男性客に性的な行為をさせた疑いで逮捕されました。


新開容疑者は容疑を否認しています。


捜査関係者によると、新開容疑者は去年摘発された別のJKビジネスの店で働いていた少女を雇い入れていたということです。




【店の従業員】
「私が前にいた店が摘発された。(この店も)いつかつぶれると思う」


【新開祐介容疑者】
「女の子が10人くらい僕に『オープンまだしないんですか?』と。みんなから『雇ってください』と」


政府は「JKビジネス」の取締強化に取り組んでいて、警察が営業の実態解明を進めています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000002-kantelev-l27

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
働く少女側もJKビジネスに依存したライフスタイルを構築しているのが垣間見える。
職場が摘発されて、次のJKビジネスで働ける場所を探す・・・
この循環を見ると、摘発だけでは不十分で働く側になる可能性がある少女への教育が必要としか言いようがない。
カテゴリー : 風俗ニュース
私のあしながおじさん 営業用
ミネラル
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
制服姿の女子高校生らに男性客の接客をさせる「JKビジネス」が大都市を中心に広がっている。客にマッサージをする「リフレ」や悩み相談をうたう「カウンセリング」などさまざまな形態があるが、「裏オプション(裏オプ)」と称する違法な性的サービスを提供する店が相次いで摘発され、児童買春など性被害の入り口とも指摘されている。今月中旬、大阪市内のJKビジネス店を訪ねた。


「失礼します」。大阪市内にある雑居ビルの一室を区切った10平方メートルほどの部屋に、白いブラウスにグレーの膝上丈のスカート姿の少女が現れた。マスカラでぱっちりさせた目元は大人びているが、幼さを感じさせる言葉遣いとのギャップが印象的だ。記者が腰掛けるソファの隣に慣れた様子で座ってきた。


普段の暮らしを尋ねると、大阪府内の高校に通う17歳だという。「毎日、ユーチューブを見てる。友達とはカラオケやケーキバイキングに行くことが多いかな」。好きな俳優や漫画、ドラマについて語る様子は無邪気で生き生きとしている。


この店で働き始めたのは半年前。友達の誘いがきっかけだった。スーパーのレジ打ちのアルバイトと掛け持ちで、週1〜2回、まとまったお金が欲しい時にシフトに入り、稼いだお金は洋服や化粧品の購入に充てている。両親にはこの店のことは話していない。


客から性的なサービスの要求はないのか。記者の質問に思わせぶりにほほ笑んだ後、「触るなら2。見るだけだったら1ね」と話した。「2」「1」はそれぞれ2万円、1万円のことだといい、裏オプの存在を明かした。そして「どうしたいの?」と顔をのぞき込んできた。


受付には、2人で過ごす時間ごとの基本料金が書かれているだけ。客から裏オプの利用を持ち掛けられたときには少女らが個別に交渉するようだ。受付の店員からは「風俗ではない」「必ず見回りに行く」との注意書きを見せられたが、少女によると実際にはほとんど巡回はないという。男性客については「年上の仲の良い友達みたいな存在」といいながら、困ったような表情も見せた。「闇の業界に来ちゃったな」


話し続けていると突然、アラームが鳴った。タイマーにセットした時間が経過していたのだ。「終わりだね。気をつけて帰ってね」。少女は屈託なく笑顔で記者を送り出し、手を振ってドアを閉めた。【高嶋将之】




◇「最初はバイト感覚でも……」


大阪府警によると、府内には大阪市内を中心にJKビジネス店が約40店舗ある。一緒に街中を歩く「散歩」まであり、形態はさまざまだ。摘発を逃れるため、店頭での説明を避け、隠れて少女らに性的サービスをさせる店が後を絶たない。府警は実態調査を進め、捜査を強化する。


ある捜査幹部は「最初はバイト感覚でも、働き続けるうちに性被害に遭うリスクは高くなる。安易に足を踏み入れるべきではない」と指摘する。


府警は昨年以降、少女らに性的サービスをさせていた市内の3店舗を摘発。店長ら6人を児童福祉法違反(淫行(いんこう)させる行為)などの疑いで逮捕した。家出中の中学3年(当時)の少女らが働いていたケースもあった。


26日夜から翌朝にかけ、JKビジネス問題の対策の一環として大阪・ミナミの歓楽街でガールズバーの客引きをしていた15〜18歳の少女7人を一斉補導した。【宮嶋梓帆】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000037-mai-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
まぁ、、、後を絶たない・・・。
違法にJKビジネスをしたい側を取り締まるのは当たり前としても、学校や地域でお金が欲しい女の子が少なくなるように教育ってできないものなの???
お金だけ急いで得に行っても、良い事って結局なかったりするって結構世に知れ渡ってるのにね・・・。
カテゴリー : 風俗ニュース
私のあしながおじさん 営業用
【L 〜エル〜】