全国その他 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  その他 > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
政府は31日、アダルトビデオ(AV)への出演強要被害や少女らによる接客を売りにした「JKビジネス」への対応を検討する関係省庁対策会議を首相官邸で開き、当面の緊急対策を決定した。4月を「被害防止月間」と位置付け、取り締まりや相談体制などを集中的に強化する。


会合で、菅義偉官房長官は関係省庁の局長らに対し「自らが陣頭に立ち、取り締まり、教育、啓発、相談などの現場まで、この問題に対する認識が浸透し、具体的な取り組みに確実につながるよう責任を持って取り組んでほしい」と述べた。


緊急対策では、繁華街でのスカウトの取り締まりや児童への補導を強化するほか、被害防止に向けて内閣府のホームぺージに注意喚起を促すサイトを新設。被害に遭った場合の相談窓口の周知徹底も図る。4月の「被害防止月間」の取り組みを踏まえ、5月中旬をめどに今後の政府の活動方針を策定する。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000551-san-pol

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
AVで本当に収益を上げて、自身の幸せに活かしている人は
「AV出演を共用されたことがない。それどころか貴重な人材としてとても大切にされる。」と言っている。


だからこそずっと真っ当に生き残っているAV制作会社はたとえ取締が強化されたとしても問題なく生き残っていくのだろうなと思う。


だって嫌がる人に自分の利益優先で何かを強要する人や組織は結局生き残れなくなって頭打ちになっているから。


だからこそ本当にAV業界で働いて自身の信じる幸せを実現したい人には、AVを強要するような会社には引っかかってほしくないと思う今日このごろ。


関係省庁の敢行される取締に期待を寄せる筆者であった。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
大阪ファッツ
WOW!こんなの!?ヤリすぎサークル.com 新橋店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
彼氏に売り飛ばされた


「彼に、インドへ遊びに行こうと誘われました。反対されると思ったので、家族には黙って家を出ました。バスで国境まで行き、2晩列車に乗った後、またバスに乗り換えて、3階建ての家に着きました。


そこで3人の男にレイプされ、明日から客を取るようにいわれました。嫌だというとひどく叩かれ、“お前を連れてきた男に大金を払った。お前の借金だから全額返すまで働いてもらう”といわれました。それから毎日10人以上の客の相手をさせられました


ネパールの首都カトマンズ。空港近くの住宅街に『マイティ・ネパール』というNGOがある。インドの私娼窟に売られ、売春を強要されていた被害者を保護する施設だ。


その一室で、カルパナ(17歳)が、自分の身に起こった悲劇を打ち明けてくれた。現地NGOと警察によってインド・プネーの売春宿から救出され、ネパールに帰還して2週間目のことだ。


カルパナの家はカトマンズ近郊の下町。家族は、雑貨店を営む両親と兄ひとり弟ひとり。映画とおしゃれが好きな普通の女子高生だった。


そんな彼女の日常を大きく変えたのは一昨年。SLC(高校卒業試験)を終え、春休みに入って間もなくのことだ。きっかけは、Facebookに寄せられた1通のメッセージだった。


「私の写真を見た彼が、かわいいねってメッセージをくれたんです。それでやりとりするようになって、電話でも話すようになりました」


カルパナの6歳上の兄は、Facebookを通じて知り合った相手と結婚したばかりだった。学校の友だちも、Facebook上で出会ったボーイフレンドの存在を自慢していた。だから、知らない男性からのアプローチにも疑いを抱かなかった。SNSから始まる恋は、あたりまえにあると思っていた。


しかし、彼女を待ち受けていたのは、信じた男に売り飛ばされるという現実だった。




少女の値段は約数万円〜数十万円


ネパールとインド間の国境を越えて、年間7000人ものネパールの少女が人身売買されている。少女の値段は、わずか数万〜数十万ルピー(約数万円〜数十万円)。売られる先は、デリーやムンバイ、コルカタ、プネーなど、大都市の一角に巣食う私娼窟だ。


売春宿での生活は過酷だ。狭い部屋に閉じ込められ、昼夜を問わず客の相手をさせられる。


しかし、何人客をとっても自分の手には1ルピー(約1円)も入らない。与えられるのは粗末な食事と数枚の衣類、そして安物のメイク道具のみ。HIV/AIDSなどの重い病気に罹かるか、客がつかない歳になるまで、性奴隷として酷使され続けることになる。


私がこの問題を知ったのは1994年のことだ。以来、本業のかたわら、『ラリグラス・ジャパン』というボランティア団体を立ちあげ、人身売買根絶を目標に被害者支援を続けている。活動は今年で20年目を迎えるが、未だ解決の糸口はつかめていない。


決して、無策だったわけではない。活動パートナーである『マイティ・ネパール』は、農村部を中心に啓発活動を行い、インドとの国境の要所に独自の監視所を設けるなどして犯罪抑止に努めてきた。それでも少女たちを守りきれないのが実情だ。むしろここ数年、犯罪の手口の複雑化により、さらなる困難を強いられているといえる。




SNSを通じ甘言で惑わせ連れ去る


かつて、人身売買のターゲットとされるのは、基本的なインフラも整備されていない山間の村に暮す少女たちだった。急峻な地形が耕作を阻み、現金収入の手立てもない村の暮らしは厳しい。こうした村では、子どもも貴重な労働力として扱われる。小学校に通うこともなく、家事や畑仕事を手伝い、10歳ぐらいになると日雇い労働に出て家計を支える。それでも、1日1食さえ口にできないような生活だ。


そうした少女に周旋人は触手を伸ばす。


「いい仕事を紹介してやろう。お金を稼げばおなかいっぱい食べられるし、家族に仕送りだってできる」


と声をかけ、村から連れ去るのだ。農村部における貧困と教育の機会の欠乏が、人身売買犯罪を生むとされてきたのである。


しかし近年、カルパナのような中産階級家庭の子女までもが、犯罪に巻き込まれるようになった。衣食住に困ることもなく、教育の機会にも恵まれたごく普通の女子中高生が、インドに供給されるケースが目立ちはじめているのだ。


その要因とされるのが、携帯電話やSNSの普及だ。カルパナの例にみられるように、少女たちが開設したFacebookにコンタクトをとり、甘言で惑わせて連れ去る手口が横行しているのである。




驚くほど安いスマホ


ネパールは、アジア最貧国のひとつとされている。そのような国の中高生が、日常的にSNSを利用できる環境にあるのかと不思議に思われることだろう。


確かに一昔前のネパールでは、インターネット回線どころか、多額の初期費用を要する固定電話を持つことさえできない家庭も珍しくなかった。そうした人々のために、街や村のあちこちに貸電話屋があったのだが、近年、その数は激減している。SIM形式の携帯電話やスマートフォンが爆発的に普及したからだ。


日本では決して安いとはいえない携帯電話だが、ネパールでは驚くほどの値段で購入できる。もちろん、当初は経済力のある者に限られた高級品だったが、10数年前から中国製やインド製の格安携帯が出回り始め、庶民にも手が届くようになった。もっとも安価なものであれば、日本円にして本体価格1000円程度。SIMカードは100円から購入でき、追加チャージは50円から可能だ。


スマートフォンも同様、本体価格5000〜6000円。インターネット専用チャージであれば20円から可能だ。また、スマートフォンを持たずとも、ネットへのアクセスに不自由はない。貸電話屋から商売替えしたサイバーカフェが、1時間50円で利用できるからだ。


ネパールの庶民的な店でお茶を飲むと1杯10円程度。雰囲気のいいカフェでも25円ほどだ。バス代でいえば、カトマンズ市に隣接するパタン市との間が25円。パタン市より30分ほど遠方に位置し、乗り継ぎを要するゴダワリとの間でも50円ほどだ。つまり、追加チャージ代やサイバーカフェ代は、中高生の小遣いでまかなえるほどの安さなのである。




信じられないほど無防備


世界のFacebookのユーザー数は、2014年に13億5千万人を突破したという。手軽に交友の輪を広げられることが魅力のひとつとされるが、一方でストーカー被害に遭うなど、トラブルに巻き込まれるケースも発生している。ゆえに、ネット上で知り合って間もない相手から「会いたい」と乞われたとしても、警戒心が先に立つのが普通の心理といえるだろう。


ところが、ネパールの少女は信じられないほど無防備だ。「かわいいといってくれた」、「悩みを聞いてくれた」、「好きといってくれた」。この程度のやりとりで、素性もわからない相手に恋心を抱いてしまうのである。


ネパールの少女の恋愛偏差値は、きわめて低いといわざるを得ない。


その理由は、ネパールの国教・ヒンドゥー教が自由恋愛を禁じているところにある。とくに女子は、「父親に従い、嫁して夫に従い、嫡男を生み育て、成長した後は嫡男に従う」との三大義務を果たすため、清く正しく生きることを求められる。よって、男性と並んで歩いただけでも不良扱いされかねない。


結婚はもちろんお見合いだ。初恋の甘酸っぱさも、恋煩いの悩ましさも、失恋の苦しさも、ひとつとして経験することなく嫁いでいくのがよしとされているのである。


最近では恋愛結婚も増加傾向にはあるが、親の世代は未だ自由恋愛に否定的だ。恋人ができたとしても、デートらしいデートはかなわない。「お寺にお参りにいってくる」といって出かけ、境内の片隅でおしゃべりするのが限界である。これでは、恋愛偏差値を上げられるはずもない。


テレビで湯水のように放送されるインドの恋愛映画も、少女たちに影響を及ぼしている。インドもネパールと同じ、ヒンドゥー教を国教とする国だ。そのため、かつての映画業界は非常に風紀に厳しかったが、昨今はキスシーンも解禁となった。オブラートに包みながらではあるが、ベッドシーンが映し出されることもある。


もはや「結婚まで純潔を守るべし」との教えは過去のものとなり、自由恋愛があたりまえになりつつある。そうした風潮が、少女たちをさらに無防備にさせていると思えてならないのである。


カルパナも、そんなひとりだったのかもしれない。


「友だちにはいえないことも彼には話せた。彼はとてもやさしかった。いつか結婚しようといってくれた。その言葉を信じた私が悪いのです。汚れてしまった私は、もう結婚できないと思います」


彼女の重ねた手の上に、後悔の涙がこぼれ落ちた。


----------
長谷川まり子(はせがわ・まりこ)ノンフィクションライター。1965 年、岐阜県生まれ。世界の社会問題を取材する過程で、インド・ネパールの越境人身売買問題を知りライフワークに。新聞、雑誌、書籍、テレビドキュメンタリーを通じてリポートするとともに、1997 年、人身売買被害者支援のための無償ボランティア団体「ラリグラス・ジャパン」を立ち上げ、その代表としても活動を続ける。著書に『少女売買』(光文社知恵の森文庫)〈第7回新潮ドキュメント賞受賞〉、『がん患者のセックス』(光文社)、『アジア女子旅の達人』(光文社)などがある。
----------


長谷川 まり子


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170328-00051297-gendaibiz-int

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
社会や文化、文明などの進化には必ず混乱がつきものだと言うことが如実に分かる。


痛い思い、苦い思いをした人がたくさん出ることによって社会はもっと進化するという側面もあるため、今まで恋愛に閉鎖的だったのが少しずつ開放的になってきたということで、できることや選択肢が増えた分、自分たちも賢くならなければならないという法則が垣間見える。


また、悪質な売春の闇が蔓延している様を見ると、日本のように国が性風俗産業を認めて、許可する範囲で経済活動を行うというのも、賢いやり方と見ることができる。


色々と鑑みて、頭ごなしに性産業否定すると暗黒面が生じると言わざるをえない。


このブログを読んでくださっている方々には、選択肢がたくさんある日本に暮らす一員として、賢く生きてもらいたいと思う今日このごろであった・・・。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
ミネラル
熟女家 豊中蛍池店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
若い女性が性産業に取り込まれやすい状況や、アダルトビデオの出演強要問題など、性を取り巻く巨大産業の背景に何があり、どこが問題なのか。米軍基地から派生する性暴力についても関心を寄せる、作家の北原みのりさんに話を聞いた。




―昨年6月に那覇市で開かれた米軍属女性暴行殺人事件に抗議する県民大会に参加されたと聞いた。


「米軍関係者による性被害について、基地があるから起きてしまうという『自然現象』のように語ることを絶対に許してはいけないと考えている。加害者の責任を追及していくための理論構築が本当に必要なんだと去年の事件で思った。性被害は軍隊や基地のある故の問題だと一般化してしまうと、加害者の責任が薄まる。日本軍「慰安婦」問題も同様で、「戦争の悲劇」として語ってしまうと日本の責任が薄まる。男の人が権利のように女性を買う文化があって、性暴力に対して鈍い雰囲気が社会にある」




―未成年が性産業に取り込まれる現状についてどう思うか。


「東京のJK(女子高生)ビジネスを取材したときに、10代の子が制服を着ているだけでおじさんが『いくら』と聞いてくる。『高収入 アルバイト』で検索すると、クリック一つで性産業にいける。どこまでが自分の主体的な責任としてなのか、社会に責任はないのか。女性が性風俗につながる環境が整いすぎている問題は大きい」


「性売買の根拠を聞くとおじさんたちは『世界最古の職業だよ』の一言で片付けてしまう。なぜこんなに発展し続けているのか、抜け穴のある売春防止法が、世界と比べてどうなのか。性売買を支える法律、意識、歴史、文化についても考えないといけない」




―子どもの貧困問題で、貧困解消に向け行政も取り組んでいるが、性産業に従事している子育て中の若い人は、支援の対象になりづらい。自分で選択したという誤解もある。


「男の人の中には『金払って支えてやっている』という気持ちの人もいるだろう。しかし見方を変えると『そんなに買わないといけませんか』『そこを前提にしなくていいのでは?』と思う。『性と国家』の本で対談した元外交官の佐藤優さんは、はっきり嫌いだと言っていたが、男の人にもそういう人はいる。男の人が男の人に向けて『買春やめようぜ』と言ってほしい」


「女性が遊ぶ金欲しさに売っているという男性の見方は、買いたい男の安心材料でしかない。男が値段を付けて売り、男が買っている。一方で、男の人の性も相当利用されていると思う。これだけコンビニにエロ本が並ぶ社会で、男性の性的圧迫感も強いだろう。本当は嫌だけど、キャバクラに付き合う人間関係や文化もあると察する」




―アダルトビデオ(AV)への出演強要問題が、最近表面化している。


「AVや風俗がこれだけ巨大産業で一般化されている状況は、他の国で例えようがない。結局AVも風俗も性労働や性表現の問題ではなく『性搾取の問題』だ。性搾取と捉えれば、現実に起きている被害を浮き彫りにでき、こんなことを強要している社会がおかしいよと言える。AVの被害が訴えられないのは、出演料が発生していたり、映像が流通する中、声を上げるとさらに広まったりする恐れがあるから。表現の自由を盾に、あたかも(監督や出演者を)表現者のように祭り上げるのは新たな暴力を生んでいるし、被害者の口をふさいでいる。まず被害者がこれだけいるということを、言っていかないといけない。被害を訴えることと、男たちの需要をやめるのを一緒にやっていかないといけない」


(聞き手 知花亜美)


http://ryukyushimpo.jp/news/entry-468641.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
「性」に関することに限らず、一切の事物は善悪を定めることはできない。


なぜなら、物事を実行する人の「心」というものが最初の始まりだからだ。


愛を持って家庭のためにと包丁を使う人もいれば、憎しみを抱えて包丁を使う人もいるように、全ては行う人の「心」なのに、、、


一概に「性産業」を否定したり、頭ごなしに悪いものと捉えて見たり、それでは社会は発展できない。


包丁を悪い方に使う人がいるから、包丁を地上から消し去りましょう・・・


こんな上っ面だけの対策をしたところで、諸悪の根源の「悪意」と向き合えてはいないのだから。


性産業を否定、批判する方は是非とも、性産業の発展、すなわち真逆のことも議論していただきたいと思う今日このごろ。
そうすることで陰陽一体となった発展のちからが生まれるのだから。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 九州・沖縄
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 沖縄
『高級人妻デリヘル 彩-AYA-』 求人
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
“小田原ジャンパー事件”を機にあらためて注目される生活保護。不正受給対策ばかりが叫ばれるが、実際に不正受給している人たちは何を思い、どのような生活を送っているのか――




不正受給者の素顔


車を乗り回し、仕事せずにのうのうと生きている……。そんなイメージの強い不正受給者だが、現実はそう甘くない。その一例が田中由美さん(仮名・50歳)だ。


「もともと、20歳の若さでシングルマザーになり、給料の高い保険屋、パチンコ屋などで必死に働きました。


それでも借金は膨れ上がる一方。息子は成人を迎えても引きこもりで働くことができず、仕方なく40歳で風俗を始めました」


精神的苦痛から心の不調に陥り、片付けることが億劫に。部屋にはゴミが積み上がり、飼い猫の餌や糞尿も……。冷暖房もなく、冬場は猫を抱いて寝るという苦しい日々に、やがて限界が訪れた。


「毎年一度、大病を患うようになりました。糖尿病、腎不全、脳炎、子宮頸がん。入院が1か月以上に及ぶこともあり、昼の仕事を探すのはどうしても難しくて……」


どうにか風俗で食いつなぐも、毎年の大病もあり、雪だるま式に借金が積み重なり、家賃も半年間滞納してしまう。


「ある日、大家が来て『家賃払えないなら生活保護を受けるか、体を売れよ!』と脅されました。本当に悔しくて悔しくて……」


この大家の一言が決め手になり、田中さんは8年前に生活保護を申請。風俗出勤で稼ぐ約8万円に、家賃補助込みで毎月約13万円の支給が加わり、生活は安定した。ただ、生活保護費以外に収入がある場合は、それを月に一度報告する義務がある。健康的な生活を取り戻しつつあるが、「不正受給」に変わりはないのだ。


「子供も私の入院を機に、半ば強制的ですが社会復帰して家を出ていきました。少し余裕が出たので、最近は会員制のスポーツジムに通っています」


そんな田中さんだが、小田原ジャンパーの件にも、心が揺さぶられたと話す。


「何様だと思われるかもしれませんが、やっぱり腹立たしい。正義だって言うなら、不正受給しているヤクザ事務所にも、あのジャンパーを着て訪問してほしいですよ」


それでもやましい気持ちがあるのは事実であり、田中さんは生活保護から抜け出したい気持ちは常に持っていると話す。


「最初、役所に支給金を受け取りに行ったときに、あまりにダメそうな人が多くて、“あーなったらダメ”と思いました。『何で働けないのかな〜?』と言うケアワーカーの嫌みも地味にツラいですし」


昨年末からは就労支援の後押しもあり、昼4時間限定でパートも開始。収入申告もして、支給額の減額という第一歩を踏み出した。


「今年1年、病気にならなければ本格的に就職したいです」


その願いは、叶うのか――。


― [生活保護]のリアル ―


https://nikkan-spa.jp/1289833

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人によって人生の生き方は大きく違うけれど、
「病気にならなければ◯◯をする・・・」
「もう少し体力があったら、、、あんなことができたのに・・・。」


そういうスタンスで生きている人が、その不調のサイクルを抜け出しているのをあまり見たことがない。


むしろ、何かしらのハンデを抱えていても、果敢に何かに挑んでいく者が生き残っていたりする不思議。


病気だからと外出を控えたりすればするほど、衰退していく年配の方のようというか・・・


この記事を読んでくれた人には是非とも、
何があっても「自分は元気」と思って?思い込んで?人生を謳歌して欲しいと思う。
逆に言うと「自分は元気じゃない」と思い込んでいたら何もできなくなるからである。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
横浜ミクシーグループ_営業
【L 〜エル〜】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
コンプレックスのひとつやふたつ誰しもあるものだが、女子にとって一番のそれは「ブス」ではないだろうか? 「かわいい」「きれい」では「ない」という劣等感は、たぶん、男性が感じる何倍以上も女子にとってはつらい現実なのである。


その「ブス」というコンプレックスを乗り越えた一人の女性がいる。しかも、男性向けAV監督として彼女が関わる「エロ業界」が「ブス」の劣等感を克服してくれたのだ。
『女の数だけ武器がある。たたかえ!ブス魂』(ペヤンヌマキ/幻冬舎)は、女性ながらにしてAV監督であり、現在は自身の演劇ユニット「ブス会*」の劇作家・演出家も務める著者が綴った「ブス克服&共感エッセイ」だ。


著者のペヤンヌマキさんがAV業界に足を踏み入れたのは、「エロを仕事にするなんて、なんだか面白そう」という理由から。「平凡な自分の人生を変えてくれる何かがあるかもしれない」という期待感から、なんとなくAV制作会社の門を叩いたのが始まり。


もう一つの理由は「彼氏が風俗に行くのを許せる女になりたい」というもの。当時付き合っていた彼氏とセックスレスだったのに、彼氏が風俗に通っていたことに大ショックを受けたペヤンヌさんは、「彼女の私を差し置いて、自分の彼氏を欲情させる女性たちの実態を知れたら楽になるのでは?」という気持ちもあったそうだ(彼氏の観るAVのAV嬢にも嫉妬していたとか)。


そしてAV業界に入り、自分が女を品定めする立場になってみると、「私がこれまで羨んでいた、なりたくてもなれなかったような美女が、全ての男から好かれるというわけではありませんでした」ということに気づき、さらに「どうやら男は、美人というよりもエロい女が好きなようでした」と感じる。


女は、美人じゃなくてもスタイルがよくなくても、エロければ魅力的に見える。そういう基準もあるということに気づいた途端、ものすごく心が楽になりました。


『エロ』に救われたのです。


さらに彼氏が風俗に行くのは「自分に魅力がないから」だと落ち込んでいたペヤンヌさんに、AV業界は「そうではない」ことも教えてくれた。「男は大きく3つのタイプに分類され」「キャバクラ好き。風俗好き。そして、どちらも行かないという人」とのこと。


ペヤンヌさんの彼氏は激安のピンサロ好きで、ただ射精ができればよかったタイプの男性だった。「マンネリ化した彼女以外」なら、誰でもよかったのだ。そう思えるようになったことで、スーッと心が楽になったとか。


まさかAV業界が「ブス」というコンプレックスを克服するきっかけになるとは、著者自身も思っていなかっただろう。だが、ペヤンヌさんにとってAV業界は、「コンプレックスを強みに変えた女は強い」ことを教えてくれた場所でもある。貧乳、背が小さい、ぽっちゃり……AV嬢には様々な女性がいるが、「誰しも、誰かには求められている」。コンプレックスも(それが好きな相手には)売りになる。そのことも、ペヤンヌさんの心を軽くした。


「女性の視点からAV業界・AV嬢を観た場合」、男性とはおそらく違った見え方になるだろう。本書ではその「女性ならではの視点」が面白い。


また、終始エロい話をしているわけではなく、ブスの劣等感に苦しんだ思春期時代や、大人になってからの「同窓会での女友達の幸せ自慢攻撃」、「ブスは克服できたのに、今度は未婚、子なし三十路の焦り」などなど、同じ状況の女性にとって「あるよね〜」と思える「共感エッセイ」の側面もある。


知られざるAV業界への「好奇心」も満たされ、「共感」もできる本書。ネガティブ思考を吹き飛ばしたいなら、ぜひご一読あれ!


文=雨野裾


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00362531-davinci-ent

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗業界を知らないで敵視したり、風俗業界を知らないで卑下したりする女性が多い中、こんな風に自分の人生を謳歌している女性がいたとは。


「エロ」を頭ごなしに否定するものは「エロ」に泣く。


そんな名言が出そうな記事。


風俗業界で働く女性は男性との向き合い方が上手とはよく聞く話。
せっかく風俗業界に携わるなら、お金以外の面も自分の人生の肥やしにしたいと考えさせられる記事だった。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
プラチナ_営業
旭川デリヘル ココルル