全国その他 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  その他 > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
警視庁は、制服姿の女子高校生らに男性客の接待などをさせる「JKビジネス」で働いていた少女42人を対象にした聞き取り調査の結果をまとめた。働く目的について約6割が遊興費と答えるなど、多くがお金目当てで働いている実態が明らかになった。


同庁は昨年6月と7月に都内の2店舗を摘発し、そこで働いていた15〜17歳の少女42人に調査を実施した。


店舗を知ったきっかけは友人の紹介が28人(66%)と最多。働く目的(複数回答)は、コンサートチケット代など「遊興費」が25人(60%)▽洋服や化粧品など「物品購入」が19人(45%)▽「生活費」が6人(14%)−−の順だった。1カ月の収入は約半数が10万円未満だったが、50万円以上が5人いた。


JKビジネスでは「裏オプション(裏オプ)」と呼ばれる違法な性的サービスが問題となっている。見知らぬ客との性行為について12人(29%)が「場合によってはやむを得ない」と回答。その理由の大半が「お金をもらえる」だった。


一方、家庭に満足していると答えた少女が約7割。学校生活に満足しているとした少女も約3割いた。同庁少年育成課は「家庭や学校に不満がある子ばかりではない。普通の女の子が金目的で安易に働いている可能性がある」と指摘している。同庁は調査結果を教育委員会などに情報提供し、指導に役立ててもらうという。


また、同庁は少女たちが犯罪被害に巻き込まれるのを防ごうと、開会中の都議会にJKビジネスを規制する条例案を提出した。客にマッサージなどをする「リフレ」や一緒に街中を歩く「散歩」など5業態を規制対象とし、女子高生をイメージさせる店で18歳未満を働かせることやスカウト行為を禁止する。【深津誠】


◇JKビジネスについて調査で寄せられた少女の声


(回答文のまま)


・援助交際より危険じゃないから安心。近くで店長が様子見してくれる。


・法で認められている店で働く分にはよいと思う。


・店があるから女の子もバイトして裏オプしてしまうし、客も寄ってくる。


・被害が出るなら、ない方がよい。


・客はうっとうしい。話は面白い人もいたが基本的には嫌。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000026-mai-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
違法行為はダメですといった分かりきったことは置いといて、金欲しさに高収入ワークという道を歩む人は必ず頭に入れておくべきことがある。


それは自分なりに「金に呑まれない」意識を持ち続けることが必要ということだ。


「お金があったら、、なんでもできる・・・・。」


こんな風に思ってしまうと金に呑まれていると言える。


世の中にはお金では解決できないことがたくさんある。
お金があっても心が死んでいたら意味がないことが大半だ。


「お金があったら海外旅行に行きたい!」
という声も聞くけれど、お金があっても健康じゃなければ飛行機に乗ることすら恐怖でできないこともある。


だから、お金のために働きながらも、お金があろうがなかろうが自分が本当にやりたいことを知って楽しまないと、せっかくの人生がお金で台無しに。


高収入のお仕事をされる方は、お金に呑まれないようにキッチリと生きて人生を謳歌してほしいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
改札劇場
旭川デリヘル ココルル
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
大阪・ミナミで増加している風俗店へのスカウトやキャッチ行為に対応するため、大阪市が警察官OBらでつくる「特命チーム」を4月から配置することが27日、分かった。市が平成26年に全国初の罰則付きの客引き適正化条例を施行させ一時は減少。しかし、監視の目をくぐり抜ける形で活動を活発化しているとみられ、市は対応が必要だと判断した。チームは違法なスカウトらを徹底マークし、撲滅を図る。


市の調査によると、条例施行直後は、キタとミナミ合わせて400人以上いた客引きが3分の1近く(約160人)に減少。しかし丸2年が経過した昨年11月には約220人が確認された。市は指導員を巡回させるなどしているが、監視の目をくぐる形で復活しつつある。特に居酒屋の客引きよりも、ミナミ地区での風俗店系のスカウトの増加が顕著だという。


この現状について、市の担当者はミナミのほうがエリアが広い上、店舗数も多く激戦であると指摘。その上で「場所にとらわれないスカウトは、(市の)指導員の巡回の動きを把握して立ち回っており、実数はもっと多い」とみている。


居酒屋の客引きは来店させるため必然的に店舗近くで活動せざるを得ないのに対し、女性の勧誘が目的のスカウトは活動の場所を問わないのが特徴。実際、指導員の姿を見ると、場所を移して活動する様子も確認されているという。


そこで、市は現状の指導員20人態勢に、新たにミナミ地区での特命チームとして6人を追加配備。通常の巡回に加え、スカウトらに対象を絞り集中的に監視する。


別の場所に移動してもついていき、条例違反の行為がないか徹底的に取り締まりをする方針だ。


http://www.sankei.com/west/news/170227/wst1702270040-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
市の動きをキッチリ把握する側と、徹底的にスカウトを追跡する側。。。
こうやって「仕事」というのは生じているのかというのを垣間見た気がする。。。


何はともあれ、本当に働きたい女性はスカウトじゃなくて、信頼できるお店をしっかりと自分の意思で探した方がいい。
どこのお店も女性を募集しているのだから、わざわざスカウトについていく必要はない。


それにネットで高収入のお仕事を検索して、大手グループや優良店やその他のお店を徹底比較することだって可能な昨今、高収入ワークの情報源をスカウトだけに絞るのは視野が狭いと言わざるをえない。


賢く生きよう!!!
カテゴリー : 風俗ニュース
アドミ
「デリヘルタイムズ」
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
さて、本日2月24日は経済産業省が企業の働き方改革と余暇需要の促進を狙って設定する「プレミアムフライデー」(毎月最後の金曜日)の記念すべき第一回目の実施日であります。経済産業省は各企業に従業員の「早上がり」を推奨し、経団連などと連携しながらプレミアムフライデーを対象とした販売促進(割引プラン等)を後押ししています。


本プレミアムフライデー施策に関してはその経済効果を期待する声もある一方で、国が「早上がり」だけを推奨したところで企業内での業務改革が起こらない限りは、他の日にしわ寄せが来るだけという批判の声も存在します。事実、今回の経産省主導のプレミアムフライデーに類似する施策として、厚労省主導で昨年始まった「ゆう活」キャンペーン」(夏季の業務時間の前倒しを「推奨」する施策)では、施策アピールの為に先行して導入を決定した各行政官庁の職員から、「残業がかえって増えた」とする不満の声が挙げられたなどという非常に皮肉なエピソードも聞こえてきています。


ということで、その施策への賛否も含めて多くの意見が挙げられているプレミアムフライデーですが、今回、私は皆さんとちょっと違った角度から本施策を切ってみたいと思います。テーマは「プレミアムフライデー施策から弾かれる風俗営業種」です。


多少、専門的な言い回しとなってしまいますが、我が国の特定業種を規制する法律として風営法、正式名称を「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」と呼ばれる法律があります。風俗営業というと、一般の方々はまず性風俗を思い浮かべることとは思いますが、風営法はいわゆる性風俗のみならず、スナックやキャバクラなどの接待営業の他にゲームセンター、雀荘、パチンコ屋、はたまた12時以降に営業を行うダンスクラブやライブハウス、ピアノラウンジなどまで、広範に規制の対象に含む、我が国の「夜の産業」を規制する法律です。


ところが、実はこの様々な風営法に規制されている業態に対して、経産省の主導するプレミアムフライデー施策は快く思っていない模様で、本施策の対象から外されているようです。以下は、プレミアムフライデーのロゴマーク使用規約からの抜粋。


-----------------------------------------------------------------
プレミアムフライデーロゴマーク使用規約 制定平成28年12月12日
https://premium-friday.go.jp/apply.html

(4)次の各項のいずれかに該当する場合は、いかなる場合もロゴマークを使用することはできない。
・風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和 23 年法律第 122 号)第 2条に規定する営業又はその広告等に利用される場合。ただし、特に経済産業省がプレミアムフライデーの取組の活性に寄与する事を認める場合はこの限りではない。
-----------------------------------------------------------------


実はこの規約、プレミアムフライデーのロゴマークを使用しようとして申請を行おうとしたゲームセンター系の事業者さんから、「どうやら風俗営業種は経産省に歓迎されていないようだ」とのタレコミ(もしくはただ愚痴をぶつけたかっただけ)がありまして私も初めて認知したもの。「ただし特に経済産業省がプレミアムフライデーの取組の活性に寄与する事を認める場合はこの限りではない」と規定しているあたりに、経産省としては風営法の規制対象に含まれる業種の中で、このマークを「使用してよい」業種と「使用してはダメな」業種を選別したいような空気は伝わってくるわけですが、とにかく風俗営業種は経産省から嫌われているようです。


一方で、このプレミアムフライデーは民間の事業ではなく、あくまで国の進める公的施策。もし、何らか特定分野の業種に対して差別的な待遇を設けるのであれば、それなりの法令根拠はもとより、そらを峻別する明確な基準を示して頂かなければなりません。ところが、本プレミアムフライデーのロゴマークしよう規約をよく読んでみると、以下のような条項があるわけです。


-----------------------------------------------------------------
11.その他いかなる場合にあっても流通政策課長は、使用者がこの規約に違反した場合やその他不適当と認める場合には、ロゴマークの使用承認を取り消すことができ、これに起因する損失補償について一切の責任を負わない。なお、本規約の解釈その他疑義は流通政策課長が決定する。
-----------------------------------------------------------------


現在の経済産業省の流通政策課長は林揚哲(はやしようてつ)さんという方なのですが、この条項に基づけば、例えば風営法の規制対象業種がロゴの使用申請をしたとしてその林揚哲さんが「プレミアムフライデーの取組の活性に寄与する」と考えた場合にはロゴの使用が認められて、そうでないと考えた場合にはロゴの使用が認められないということなのでしょうか?そういう個人の判断に任せた流動的な基準であるとするのならば、この流通政策課長にダンスクラブ好きの人が座ればダンスクラブがOKになるかもしれませんし、キャバクラ好きの人間が座ればキャバクラがOKになったりするのでしょうか?


風営法の所管業種をも専門の範疇においている私としては、どうもその辺が釈然としないため先月の半ばに事務局に対して質問を送付しましたところ、以下のような回答を得ました。


-----------------------------------------------------------------
Q. 「当方、風営法所管業種の専門研究者です。プレミアムフライデーロゴマーク使用規約1-2-(4)にロゴマークを使用できない場合として「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和 23 年法律第 122 号)第 2条に規定する営業」とありますが、いかなる法令根拠の基づいてこのような特定業種に対する差別的な規定が定められているのか、ご教示頂けましたら幸いです。宜しくお願い申し上げます。


A. 「お問合わせありがとうございます。ご回答が遅くなり申し訳ございません。プレミアムフライデーは国の事業であるため、風営法に抵触する企業・団体様は御遠慮頂いています。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。」
-----------------------------------------------------------------


はい、全く回答になっていないですね。そもそも「風営法に抵触する」というのは、一体どういう意味でしょうか。抵触というのは通常「法律や規則に違反すること」を意味し、この回答を文字通り受け止めるのならば「風営法違反の企業・団体様は御遠慮頂いている」という意味になるわけですが、恐らくそういう意味でこの回答をよこしたとは思えない。この辺りにも、いかにも「適当に回答してきたな」ということが読み取れるわけです。


ちなみに風俗営業法は、そこに規定される各営業種をただ「害悪な存在」として規制を設けているわけではありませんで、「適正な営業が行われれば国民に健全な娯楽の機会を与える営業」としてその「適正化」を図ること目的とした法律となっています。その風営法の立法趣旨からすれば、寧ろ風営法に則って許可を得ている事業者はプレミアムフライデーが政策目標として掲げる「余暇の創出による消費喚起」に寧ろ最も則った業者として警察からお墨付きを頂いている業者群であるわけで、その施策から「爪弾き」をされる言われはありません。


という事で現在、現在事務局に向かって第二段目のアツいお便りを追撃したところ。お返事をお待ちしております。>経済産業省流通政策課長の林揚哲様


http://blogos.com/article/211578/

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
あら!
これは第二段目に対するお返事が気になるところ!


この記事の通り国の進める公的な施策が特定分野の業種を差別しているともとられかねない状況と見える。


また事務局の回答も「風営法に抵触する企業・団体様はお断り」となっていて、ほんっとに適当としか思えない。。。


私は官職の人たちを批判なんてしないけれど、こんな適当な扱いは人から批判されても仕方ないと思う。


人、団体、企業、国の全ては信頼によって成り立っているということを忘れてしまうと、誰もついてきてくれなくなってしまって、消滅することにもなりかねない。


このプレミアムフライでーの規制についてはいい反面教師として今後の人生に活かしていこう。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
モンロー
ミリオンガールズ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「なぜ彼女たちは裸になったのか」など、性を売る側の女性にばかりが注目されがちな売買春の現場だが、もう一方の当事者である男性側に目を向けることによって、見えてくるものはあるのか!? 「見えない買春の現場 『JKビジネス』のリアル」を2月9日に刊行。「性の公共」をつくるという理念の下に、現代の性問題の解決に取り組んでいる坂爪真吾氏に語っていただいた。




■中年男性は女子高生レベルで、女子高生は中年男性レベル


度重なる規制強化によって、表面上JKビジネスは健全化された。JKブランドを売りにしている多くの店舗では、実際に働いているのは「JKあがりたて」と呼ばれている高校卒業直後の18歳以上の女の子になっているそうだ。
お話を伺ったのは、JKビジネスの情報サイト『合法JKナビ』を運営されている桑田さん。『合法JKナビ』は、「宇宙最強のJK情報サイト」と称して、店舗データベースや利用体験談等、合法・非合法を問わず、JKビジネスにまつわる様々な情報を掲載している。


桑田さんによれば、同じJKリフレ店(=ハグや膝枕、添い寝といった風営法に抵触しない程度のふれあいサービスを提供する店舗)でも街によって男性客の属性は変わるという。
桑田「JKリフレで働いている子は、元々『とにかく稼ぎたい』と思っています。同じお店にいれば、黒髪や清楚系の見た目の子が売れているって分かるじゃないですか。『あの子に負けたくないから、稼ぐためにその子に似せていこう』となって、ギャルっぽい子が黒髪にするようになる。結果として、自然と似たようなルックスの子が集まるようになります」


そういった「プロJK」「プロ素人」を、男性客は素人のJKだと思って喜んでお金を払っているわけだ。男性側のイメージしている素人像は「黒髪」「制服」「清楚」などのワンパターンであるがゆえに、女性にとっては合わせやすい。同じように男性がイメージする「恋人らしさ」も極めてワンパターンであるため、それに合わせて接客を演出することも容易だ。


桑田「以前、出会い系サイトのサクラをアルバイトでしていた事があるのですが、出会い系サイトとJK店のユーザー層はほぼ一緒です。丸被りといってもいい。素人が好きで、プロは嫌い。予想できないことにワクワクする冒険家・・・といえばカッコよすぎますけど。


男性が素人好きになる要因はたくさんあると思うのですが、一つの理由として、女性の方が男性より精神年齢が高いことが挙げられます。特にリフレとかで働いている女の子たちと中年男性は、精神年齢がちょうど釣り合う。


女の子に言わせると、30〜40歳くらいの男性が話しやすくて、20代は子ども過ぎて話が通じない。10代の同級生なんかは絶対無理で、年下は論外だと言います。15〜21歳くらいの女の子って、メイン層のユーザーである30〜40代の男性と話がメッチャ合う。逆に男性側も精神年齢的にはその年代の女の子とちょうど釣り合う」


中年男性の精神年齢は女子高生レベルで、女子高生の精神年齢は中年男性レベル、ということだろうか。真実だとすれば、笑えない話だが。


桑田「もちろん本音を言えば、男性は女の子と裏オプ(=ハンドサービスやオーラルセックス、本番行為などの裏オプション)とかもしたいのでしょうけど、それだけではない。『なんか居心地がいい場所だよね』とお互いが言い合っている。表向きには言いたくないでしょうけど、女の子側もそう思っている節があります」




■恋愛の理想像を少女に押しつける男性客


とはいえ、全ての男性客が女の子とうまくコミュニケーションがとれるわけではない。むしろ、一方通行のコミュニケーションを押し付けてくる男性も少なくない。


桑田「ものすごくコミュ障な人は頻繁に来ますが、こういった店に来る方は、それなりにアクティブだと思うんですよ。それでも、ちょっとこの人は社会的に表に出せないな…という人はいました。コミュニケーション能力が低すぎて誰とも喋れないような男性は、見学店(マジックミラー越しに少女の姿態を見学する店)の客には多かったですね。


リフレに来て、女子高生と恋人みたいになりたいと考えているお客さんって、自分自身がこうありたいという恋愛の理想像を女の子に押しつける傾向があります。それにうまく応えられる女の子は人気嬢になれる。逆にひいてしまう子は売れない。売れるためには男の恋愛理想像に合わせる必要がある。合わせられる子がどんどん売れていく。


リフレに通うお客様は偶像が好きなんです。女の子が自分の理想であってほしいと思っている。ある女の子のツイッターのプライベートアカウントの存在がばれた時、ファンの間で大騒動になったんですよ。『彼女がこんなことを言うわけが無い!』『偽物のアカウントだ!』と。本物だったんですが(笑)。偶像は崩れた時が怖い。


女の子に言わせると『それぞれのお客さんで求めてくるやり方は違うけど、彼らの根っこにあるものは一緒』だそうです。すなわち、誰も認めてくれない俺のことを理解してほしいという承認欲求が根っこにある。そうした欲求をメチャクチャ強く持っている。逆に、彼らはこういうところでないと誰にも認めてもらえないわけです。そういう人ばかりが来る。女の子に対するアプローチの仕方が違っても、不器用であっても、根っこの部分は一緒。彼らのそうした欲求に応えるためには、女の子の側に演技力が必要になります」


「自分のことを認めてほしい」という承認欲求は、言い換えれば一方通行のコミュニケーションである。リフレの女の子にお金を払って「私はあなたを認めています」という演技をさせたとしても、それは自分の頭の中のファンタジーをなぞっているだけのマスターベーションにすぎない。お互いに話し合って価値観をすり合わせることで人間関係や信頼関係を育んでいく現実の恋愛とは全くの別物だ。


桑田「お金さえ払えば、女の子に恋人のような演技をしてもらうことはできる。しかし、そこで『この子はこんな俺を認めてくれた』という勘違いをして、恋愛感情を抱いてしまう男性がいる。一方的に勘違いをして、ラインで『店を通さずにあった方が楽しいよね』みたいなメッセージを送ってしまうと、女の子から『何言っているの、この人』と思われる。


ただ、男性客はほぼ全員勘違いしています(笑)。演技をあえて楽しむ、という人もいるとは思いますが、そういった人はメイド喫茶の愛好家のような世界観を楽しめる上級者であり、自分自身のことを客観的に見られるから問題ない。しかしJKリフレのメインの客層は、疑似恋愛を恋愛と勘違いしてしまう人たちです」
(「見えない買春の現場 『JKビジネス』のリアル」より構成)


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170221-00004551-besttimes-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
ああああああ!
これは、、、本音を言うと図星かも。。。


私の場合は40代から上の男性としか話が合わない。
しかも30代は友達感覚で居心地がいい感じはなくて、20代はしんどくなってくる。
10代は・・・無理・・・。




だからこの記事の『なんか居心地がいい場所だよね』という表現はドンピシャとも言える。


だからと言って年上男性なら誰でも居心地がいい感じを感じるわけではないし、男性がほぼ全員勘違いをしていることに関しては、、、本当かどうかは分からないけれど、女子目線でできることは、不用意に男性と仲良くしないくらいかな???

自分に悪気がなくても、何かの拍子に勘違いさせてしまったら申し訳ないじゃん(´;ω;`)ウッ…
やっぱそういう観点からも風俗産業が日本にあってくれてよかったと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪ファッツ
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
下半身にプレミアムとはならないのかも。政府が消費喚起や働き方改革の一環として打ち出した「プレミアムフライデー」が、いよいよ今週金曜(24日)から始まる。これは毎月最終金曜は退社時間を午後3時にしようというもの。政府としては仕事を早めに切り上げた後、友人や家族と会ったり、旅行に出かけたりという過ごし方を想定しているが、少なからぬ殿方は明るいうちからヌキに行きたいはず。風俗業界はどうなるのか。


プレミアムフライデー事務局のホームページには、最終金曜の派手な過ごし方が提案されている。「ゆったり贅沢『午後ブラショッピング』」「大切な人と夕方からゆっくり『アーリーディナー』」などなど。


そういった過ごし方もいいが、やっぱり男たるものアーリー風俗のほうがいいだろう。風俗業界も期待しているのではないか。


風俗関係者は「通常、昼は店がすいているので、来たい客は多いはず。日中なら夜より価格も安い。普段、会えない昼番の女のコと遊べることもプラス。はしごしてくれるといいですね」と喜ぶ。


しかし現実は、そう甘くない。風俗情報誌「俺の旅」(ミリオン出版)の生駒明編集長は「昨年からプレミアムフライデーの話は聞いていましたが、風俗店がそれに合わせて企画をしたりというのは聞かないですね」と効果に疑問を呈する。


政府の政策に風俗業界が乗っかった例は2009年の定額給付金だ。1人1万2000円が配られたので、覚えている人も多いだろう。


「あのころ、愛知県に取材で行ったら、風俗店が『定額給付金コース』を作っていたんですよ。ここだけじゃなく、全国に便乗したコースや割引がありました。理由は簡単で、お金が配られたから。そりゃ、みんな使うことを考えるじゃないですか。プレミアムフライデーは、ただ消費しろって話。給料が増えないのに消費はできないですよ」(生駒氏)


働き方改革とは聞こえがいいが、お金を使って経済を回してもらいたいという政府や経済界の思惑にすぎない。実際に働き方が変わりそうなのは風俗嬢だけかもしれない。


「最近、大学生が奨学金で借金を背負う問題が話題になりました。風俗業界も無縁じゃなく、都内のピンサロに行くと女子大生がいっぱい。聞くと口を揃えて『奨学金返済のために今稼ぎたい』と。時間があれば、みんな稼ぎたいんです。すでに社会に出ているOLで稼ぎたい人は、午後3時に退社してデリヘル嬢になるかもしれない。月末の金曜だけ現役OL風俗嬢が激増することは間違いありません」(同)


もっとも、客が増えるかどうかは別問題だ。「うまくいって風俗業界が盛り上がれば最高です。しかし、消費喚起のための政策でしょうが、そもそも、みんなが消費しないのは、お金がないから。定額給付金のようにお金をくれれば、みんな喜んで風俗に行きますよ!」と生駒氏。時間ができて、OL風俗嬢が増えても、お金がなければ遊びに行けない。


http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20170221/TokyoSports_653890.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
「時間はあるけど金はない」という現象がが「プレミアムフライデー」として世に現れてくるということか。。。


一体誰が私の書いている文章を読んでくれているかなんて知る由もないけれど、ここに少し違った観点から見た自分の意見を書いておこうと思う。


「時間はあるけど金はない」という状態であるならば「何もできない」と認識することが問題として捉えて、
「時間はあるけど金はない」が「何もできないとは言い切れない」と認識すると、、、悲観的に見ていた現状がガラリと変わるのではないだろうか?


「全ては可能性を秘めている」として、もしも時間があるならば、何か少しでも人に与えれる何かを自分は持ち合わせていないだろうか?
と考えるといきなりお金儲けのことなんて考えないから、新時代に沿ったことの種を蒔くようなことを知らず知らずのうちにしてしまうことになっていたりすることもある。


だから「プレミアムフライデー」を生かすも殺すもあなた次第であって、新たなる時代の一翼を担うか担わないかもあなた次第であると言える。


どうせ生きるなら、、、、どっち側で生きたい???(*ノω・*)テヘ
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
立川風俗受付センター
AXフェチクラブ青山営業