全国その他 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  その他 > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
女子高校生による接客を売りにする
いわゆる「JKビジネス」の店が摘発されました。


女子高校生と散歩できるとうたいながら、
実際は少女らに売春などをさせていた疑いで
元店長の男らが逮捕されました。


【逮捕前の小坂洋介容疑者】
「実際コスパで考えたらキャバクラ1時間いくよりは楽しい。
女子高校生とデートできるのはリーズナブルだと思う」


児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは
小坂洋介容疑者(34)ら2人です。


小坂容疑者らは今年3月、
当時17歳の女子高校生を雇い、
ホテルで客に性的なサービスをさせた
疑いなどがもたれています。


小坂容疑者が店長をしていた「なにわ学園お散歩部」。


店のブログには
「なにわ学園お散歩部として健全に快適な
お散歩ライフのお手伝いをさせてください!」
などと書かれています。


店の売りは観光案内。


実際の店舗は存在せず、
インターネット上で集めた客からの電話を受けた
小坂容疑者が少女を指定した待ち合わせ場所へ派遣します。


摘発前に店に連絡を取って、
待ち合わせ場所に行くと
階段から1人の少女が近づいてきました。


【記者】「高校生?」
【少女】「そうです、そうです」
【記者】「何歳?」
【少女】「17です」
【記者】「観光案内してくれる?」
【少女】「え?したことない」


待ち合わせ場所のすぐそばはホテル街。


少女によると、客のほとんどは観光案内ではなく、
性的なサービスを求めてくるといいます。


【少女】
「できればしたくないですけど。
そういうことしないと稼げない」


少女は記者と別れてすぐ、
中年の客とホテル街に消えていきました。


【逮捕前の小坂洋介容疑者】
「電話入ります。『だれだれちゃんなんぼです』って。
そこで散歩っていう体やけど、
何が行われているかは重々わかった上で、
引き合わせているわけやから。具合はあんまりよくないよね」


女子高校生を食い物にしていた「なにわ学園お散歩部」。


小坂容疑者は店を営業するうち、
感覚が麻痺していったといいます。


【逮捕前の小坂洋介容疑者】
「『今日もがんばります』って女子高生からさ、
『お前きょう4人つけるから』って言えるわけ実際。
『予約取ったからな』ってメールを送ったら、
感謝と次の日の仕事が伝えられてくる世界って、
すごい狂ってるなと」


調べに対し、小坂容疑者は
「カラオケや食事をさせていただけです」と容疑を否認していて、
警察は経営者の男についても調べ、
店の実態解明を進めています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000006-kantelev-l27

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
こういう違法なお店が摘発されるのは今後も止めどなく出てくるだろう。

日本の将来という観点から見て一番悲しい気持ちになるのは、

-----------------------------
【少女】
「できればしたくないですけど。
そういうことしないと稼げない」
-----------------------------

17歳の可能性に満ちた少女がこのような狭い固定観念に囚われていることだ。

若いうちからこんな思考回路をしていては、日本のためにならないと、、、思ってるわけないか。。。

同じ高収入のお仕事でも「逃げ」でしているのか「攻め」でしているのかで、頭の動きが戦略的か否かという部分が大きく違ってくる。

どんな境遇にいても「逃げ」で生きない人口が日本に増えてくれることをここでコッソリと祈っておこう。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
大阪ファッツ
ミリオンガールズ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「今振り返ると、全ては金を使わせるために嘘をつかれていたと思う」


大阪府内の20代の女性は、あるホストとの出会いで生活が一変した。


昨年夏、知人女性に連れられ、初めてミナミのホストクラブに足を踏み入れた。それまで「未知の世界」と考えていたが、初回利用の店を連れ回された。「安いから、朝まで過ごす場所としてちょうどいい」とハードルが下がっていった。


通い始めて約1カ月後、ホストから告白され、交際を始めた。連日のように「売り上げ実績がやばい」「お前しか頼める人がいない」と言われ、昨年10月ごろからは毎日通うようになった。1日の料金が25万円にもなることもあった。


そんな中、ホストクラブの幹部から夜の仕事を紹介された。渋っていると「あいつ(交際相手のホスト)と一緒に頑張ってほしい」と説得され、引き受けた。


仕事になじめず、涙を流す日々。「彼のためにも耐えないといけない」と稼いだ金をホストクラブで使う生活を続け、家出もした。


仕事を始めて約1カ月後の昨年11月半ば、生活実態を知った親がホストクラブに出向き、強引に関係を終わらせてくれた。


「当時は頼ってくれる相手を裏切ってはいけないとの思いでいっぱいだった。今思えば甘い言葉は全て嘘だった。値段が安いからと覚悟もなく通うべきではなかった」と女性は悔やむ。


現在も連日、ミナミのホストクラブに通う別の女性(25)は、複数の風俗店を掛け持ちして勤務し、月100万円ほどをホストクラブで使っている。


東北地方の出身で、約5年前に大阪市内へ引っ越すと、ミナミに通い始めた。交際に発展したホストは2人。誕生日には「シャンパンタワー」を注文するなどし、支払いが月500万円になったこともある。


「風俗で稼いでホストに使う生活を何度もやめたいと思ったけど、やめられない。“偽物の愛”と分かっているが、飲んでいるその場が楽しいし、一人では寂しい」とホスト通いを続ける理由を明かした。


http://www.sankei.com/west/news/170521/wst1705210016-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人の幸せって全然違うし、環境や境遇が変わるときにストレスが発生して、その時の心のバランスを保つ手段に何かを使ったりと、理屈じゃないことってたくさんある。

だから嘘の愛でもほしいときもあれば、嘘の愛だから求めてしまうときも、、人というのはあるものとも言える。

それだけ一生懸命生きている証なのだから、人から正しくないと言われたとしても、しっかりと自分と向き合って生きていくことが自分から逃げないことに繋がる。

確固とした自分を確立してから、人と生きると、人依存ではなく自分有りきの人生を送れるともとれる。

そういうわけで、自分有りきの人生を実現するために、夜の世界や高収入のお仕事が1つの手段になることも世の中にはよくある話なのだ。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
アドミ
ミセスモンロー
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
ラブホテルのイメージはよくなった?


朝日新聞によると、国内最大級の宿泊予約サイト「楽天トラベル」とラブホテル検索サイトの大手が提携を協議中だという。この提携が結ばれると、楽天トラベルにラブホテルの情報が掲載されるということで注目が集まっている。


街中でラブホテルの印象を聞いてみると、「汚いところ」「下品」といった意見がある一方で、「最近はきれい」「ゴージャス」「スーパーと同じで、普通にあるもの」「昔ほど悪いイメージはない」と、従来の暗いイメージから大分変わってきているという意見も多い。


今年1月リニューアルした福岡県・博多のラブホテル「HOTEL&SWEETS FUKUOKA」では、新たな客層を開拓するために約1億5000万円をかけて改装。ラブホテルには見えないロビー、そしてフロントの横には食べ放題のスイーツが並ぶショーケースが設置されている。さらに専任のパティシエがスイーツを手作りしている姿も。部屋は白を基調に窓から光が差し込み、インテリアもラブホテルとは思えないほど洗練されている。


このホテルが狙うのは、女性同士の旅行客やビジネス客だ。代表取締役の森藤紳介氏は「若い世代の人に使ってもらうということで、“ラブホテル”っていう言葉のイメージを変えていきたい。この若い世代が良いイメージを持ってなかったら将来的に使ってもらえないなと思ったので。今までの『ラブホテル感』は逆になくていいのかなと。こういう感じにしたから(客が)バンバン来るだろうなというつもりではなくて、ちょっとずつこういうスタイルを浸透させていきたいなという感じです。ある意味チャレンジなんです」と語る。




ラブホテルがホテル不足の救世主に?


ラブホテルの利用者が減少していることについて、ラブホテル評論家の日向琴子氏は「ラブホテルには風営法と旅館業法のものがあって、確かに風営法の方は減っているという印象。旅館業法で建てられるラブホテルは増えているので、一概には減っているとは言えない。しかし少子高齢化や、今の若い子はお金がないことも多いので、そういった意味で減少している可能性は考えられる」とコメントする。


また、“性経験のない未婚者の割合”つまり“童貞率”がラブホテル利用者の減少に結びついているという見方もある。18〜19歳の童貞率は2005年の60.7%に比べ、2015年には72.8%と上昇しており、20〜24歳そして25〜29歳を見ても右肩上がりとなっている。(国立社会保障・人口問題研究所調べ)


ただ、ラブホテルの利用率が下がっているなかで、一般的なホテルの稼働率は増加傾向にある。みずほ総合研究所によると、2020年に訪日外国人が約4000万人来ると仮定した場合、およそ4万4000室が不足すると言われている。だからこそ、ラブホテルを外国人旅行者に対して勧めるのは理にかなっているというわけだ。


ちなみに、ホテルの客室稼働率を見てみると、ビジネスホテルの74.4%、シティホテルの78.8%に対して、ラブホテルは40.0%と顕著に低い。(日本中小ホテル旅館協同組合調べ)


日向氏も「政府が後押ししてラブホテルを旅館業法のホテルにしましょう、という支援をする動きもある。先日京都に行った際に、外国人利用者が多くて、ラブホテルも満室で日本人が泊まれない、なんてこともあった」と補足する。


2016年2月には、日本中小ホテル協同組合が政府に対して「ラブホテルの活用」を訴えている。その結果、同年4月に厚生労働省が日本政策金融公庫へ「ラブホテル改装に特段の配慮を」と通知した。


日向氏によると、ラブホテル業界の経営者が直面している問題として「従来のイメージ通りのラブホテルを提供するのか、従来のいかがわしいイメージをそぎ落としていくのか、意見が分かれている」という。




海外では「日本でするべきこと」のベスト3にも


世界最大のホテル予約サイト「booking.com」では、すでに日本のラブホテルが予約可能となっている。そしてアメリカのエクスペディア社でも、日本のラブホテルのネット予約が開始された。


動画投稿サイトYouTubeでも、外国人観光客が投稿した日本のラブホテルを映した動画が注目を集めている。外国ではあまり見かけられないラブホテルが、外国人観光客の心を掴んでいるのだ。日向氏も「とあるサイトによれば、『日本に行って外国人がするべきこと』のベスト3には『ラブホテルに行くこと』が入る」と補足した。


なお、変わったラブホテルが墨田区にある。「HOTEL SALA 錦糸町」は43室全てが異なるコンセプトで、「3年B組」という部屋には、豪華なベッドルームの隣に学校の教室を模した部屋が設置されている。他にも、「縄とロウソクと私」という部屋や「電車でGO」という部屋も。


ホテルとしての位置づけやコンセプトが変わりつつあるラブホテル。興味がある方は一度調べてみてはいかがだろうか。(AbemaTV/AbemaPrimeより)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00010001-abemav-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
海外の方目線で物事を書くことはできないけれど、20代としてラブホテルをどう見てるかは書くことができる!
経たに安いビジネスホテルを利用するより、ラブホテルの方がダントツ綺麗でアメニティーグッズも完備されている。
だからビジネスホテルの利用回数より必然的にラブホテルの利用回数の方が多い。
利用目的もいかがわしいことではなく、単に宿として。。。
これで外国人からも注目されつつあるということで今やラブホテルはビジネスチャンスの渦にいるというと言えることができる。
何にせよ日本の景気がプラスに働く話は嬉しい限り。このまま上昇気流に乗っかってほしいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
旭川デリヘル ココルル
WOW!こんなの!?ヤリすぎサークル.com 新橋店
投稿日:2017-05-15 19:22
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
看護師の格好をした女性従業員が、患者役の男性客を接客する違法風俗店を経営していた疑いで、56歳の男が警視庁に逮捕された。


医療機器が並び、病院に見える室内。


この写真は、風俗営業が禁止されている東京・新宿区内で、違法な営業をした疑いで逮捕された川原敦容疑者が経営する風俗店の内部を写したもの。


警視庁によると、看護師の格好をした女性従業員が、患者役の男性客に医療行為を模した性的サービスを行っていたということで、店内からは、患者の好みなどを書き込んだカルテおよそ500人分や、診察台などの医療機器が押収されている。


川原容疑者は、容疑を認めていて、警視庁は、4年間で、およそ5,600万円を売り上げたとみて調べている。


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170515-00000219-fnn-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
ネットでも騒がれてるけど、、、4年間で5,600万円の売上は悪すぎ。。。
儲かってないわ、摘発されるわとなると、正直経営センスというか経営戦略が皆無に見える。
こういう働くメリットがないお店では絶対に女の子に働いてほしくないと私は思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
横浜ミクシーグループ_営業
私のあしながおじさん 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
風俗業界で働く女性らを調査する上間陽子琉球大教授の講演会(主催・かりゆしエンターテイメント)が6日、沖縄県那覇市西の県男女共同参画センターてぃるるであり、約160人が集まった。4年かけて16人の女性から聞き取りをして見えたのは家族やパートナーからの暴力。幼いころから誰かに受け止めてもらう経験が乏しく、10代で風俗業界に入っているのも共通した特徴で、上間教授は、子どもたちに寄り添って話に耳を傾ける必要性を訴えた。




■出会った少女たち


調査のきっかけは、集団レイプの被害に遭った中学生が自殺した事件だったという上間教授。性被害や中高生に売春させるケースも後を絶たず、量的な統計調査から漏れがちな、リスクを多く抱える風俗業界の若者たちに着目した。


そうして出会ったのは、幼少期から性暴力や言葉、態度などさまざまな暴力を繰り返し受けてきた少女たち。ある女性は、14歳の時に集団レイプの被害に遭い、その後、「恐怖に負けなかった」と思おうとして性行動を繰り返したという。別の女性は16歳のころからパートナーのDVを受け、ストレスから妊娠7カ月で早産に。保健師や看護師らの支援を受けながら、キャバクラで働いて生計を立て、子育てと学業を両立させていたという。




■見えてきた暴力


小学6年生で性被害のような形で初体験し、14歳から劣悪な風俗店で働いた女性、母親のネグレクト(育児放棄)で、わずか4歳で1歳の弟の面倒を見させられていた女性もいた。


上間教授は「県の貧困対策でしっかり考えなければいけないのは、特に暴力」と指摘。「(県は)ゆいまーるを喚起しているが、そんなに簡単ではない。調査を通して関わっているケースでも、聞き取りや少女たちの変化には数年かかっている」と説明した。




■「子の話に耳を」


とりわけ心配なのは「誰にも相談できず、早くから男性とつながり、セックスによってつながる方法しか持たない子」という。幼いころから虐げられていると、誰にも手を差し伸べてもらえないと考えざるを得なくなるため、解決策を示されても拒否してしまうことが少なくないという。


そのため上間教授は、支援者自身の考えを排除して「その子の感じ方や望みを聞き取ることが一番大事」と強調。「(支援者にとって)わずかな変化に見えても、その子の望みがかなうことは、その子にとって最大級の変化になり、次につながる。悪いのは子どもに性的な行動をさせている社会や大人なので、支援者は早急に道徳的な判断をしないでほしい」と呼び掛けた。


上間教授は調査結果を「裸足(はだし)で逃げる」(太田出版)と題した本にまとめ、2月に出版している。


http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/96863


幼いころに恵まれない環境にいたことを言い訳にして逃げる人もいれば、恵まれない環境を反面教師にして確固とした自分を生きる人もいる。
そういう確固とした姿勢からもしかすると「負けなかった」と強がって生きているように見えるのかもしれない。
でもだから何?
強がっているように見えても逃げ腰で生きていないなら、それでいいじゃん。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 九州・沖縄
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 沖縄
「デリヘルタイムズ」
MILKY WAY 営業用