全国交際クラブ 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  交際クラブ > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
仙台中央署は28日までに、県迷惑防止条例違反の疑いで、仙台市青葉区国見6丁目の無職の男(21)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は25日午後6時半ごろ、同区一番町3丁目の路上で、20代の女性警察官に「お姉さん、夜の仕事とか興味ない。ソープとか風俗とか、男の性欲を処理する仕事かな」などと声を掛け、風俗店で働くようしつこく勧誘した疑い。


女性警察官は中央署員。地元商店街などから「スカウトが道行く女性に次々に声を掛け、風紀が乱れる」などの苦情を受け、女性警察官が一般人を装って警戒していた。


2007年5月に同条例が改正され、路上でのスカウト行為が新たな規制対象となっている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000004-khks-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
悪質なスカウトがはびこっているのが当たり前と思っていたけれど、最近は摘発や逮捕が増えてきている。
高収入のお仕事にしても、風俗のお仕事にしても、高収入で働きたい女性が普通にネットで情報収集してお仕事を見つけれる世の中なのだから、スカウトで無理に女性を引っ張る必要なんて皆無。

働きたい女性が働く。働きたくない女性は働かない。それがどんなお仕事の求人でも当たり前のスタンスなのだから、悪質なスカウトは自然淘汰されて当然なのではないだろうか?


カテゴリー : 風俗ニュース
私のあしながおじさん 営業用
Club☆痴女ギャル
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
昨年夏あたりから、ネットを中心に、急激にその存在が明るみに出た「パパ活」なるワード。一見、“イクメン”を連想させるような爽やかささえ漂うが、その実態は、若い女性がパトロン(パパ)を見つけ出し、パパから金銭的に施しを受けるというものだ。


基本的に、女性とパパとの間には“肉体関係”が伴わない。そのためいわゆる“援助交際”とは区別され、「レンタル彼女」「デート援(交)」ともいわれる。具体的には、女性がパパと高級料理店で食事デートをするだけで、現金で2万〜3万円を受け取れるといった具合だ。金額はその内容次第で変動し、さらに高額になる場合もあるという。


その手軽さからか、ツイッターにも、パパ活中と思しき女性から


〈今週は8万円手に入れる予定だったのに3万だ。ひっさしぶりの(一ヶ月ぶりの)パパ活よく会う人だから緊張しないけど〉
〈新規2件めしゅーりょー。食事からの、なぜかフェラガモで靴買ってもらってからの、お茶で2いただいた〉


など、“報酬報告”ともとれる投稿が後を絶たない。女性側にとって都合が良くコストパフォーマンスが良いとされるパパ活。当然、皮肉としての「羨ましい」という声や、「パパ活やってる女は気に食わない」などといった批判が多いのもまた事実だ。


実際はどうなのか、パパ活中だという都内有名私立大学に通う21歳の女子大生・Aさんが、その内情をこう明かす。


「私はいま、社会的に地位ある40代と50代の男性2人とデートしています。基本的に六本木や麻布などで2時間くらい食事デートして数万の食事代をごちそうになりました。高くて8万円のときもあったと思います。あとはいつもではないですが、高額な商品だったり現金で3万円をもらうこともありますね」


最高額は2時間のデートで食事代も含めれば11万相当に上ることになるという。やはり、こうして見るとパパ活でラクしてお金を手にしているように思えるが、前出の女子大生は「実際にはコスパは良くない」と否定する。


「私は、危険性の少ない“健全な”パパ活派。危ないことをしている子は、当然もっと稼いでいますよ。でも、私はお金よりも人脈獲得を重視しているので、パパと会うのは2〜3か月に1回くらい。頻繁に会わないようにすることで、“心の距離”が縮まらないようにして、身体的な危険を回避したいのです。


稼げるかといえば、たいして稼げません。それから、案外手間もかかるんですよ。パパの選択は、ちょっとやらかしたら会社に損益を与えてしまうぐらいのレベルの人じゃなきゃダメ。あと、パパの秘密をにぎることも大事。もしものときのために、スマホに“漏れたらヤバい写真”を入れて対策しています」(同前)


Aさんは、人脈を重視する“健全なパパ活”を続けるためには、手間暇をかける必要性があると主張する。そして、そうした事情から、次第にパパ活の“廃業”を決意する女子大生も増えてきているという。


「お金や人脈は欲しいけど、やっぱり自分で働いた方が手っ取り早いし、危険なことにも遭遇しないから、という子はいますよ。高時給のガールズバーなどで働いた方が面倒な駆け引きもなく“ワリがいい”という考えですね。私の友だちも、今はパパ活を辞めて、ガールズバーのお客さんと仲良くなったり、仲間が出来たりして、生き生きと働いているみたいです」(同前)


Aさんは、ワリがいいかどうかを吟味したうえで、したたかにパパ活を進めていると主張する。とはいえ、彼女たちがその場その場の“コスパ”中心で物事を考えてしまうと、将来的に大きな落とし穴にハマってしまう可能性も否定できないだろう。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00010002-moneypost-bus_all

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
高時給、高収入のお仕事の方が、女性と男性の間にトラブルが起こりにくいという利点がある。
お店もお店の看板がかかっているわけだし、男性の方もルールに同意して遊びにきているわけだし。

何にせよ男女の関係を個人レベルで構築するのはそれなりにリスクが多いと言える。
それを分かった上での「パパ活」というのなら本人の自由ですれば良いけれど、いきなり「パパ活」をする前に、普通にお店と雇用関係を結んで色々な男性の傾向や応対を学ぶという道もある。

そういう知識面でも高収入のお仕事は女性の人生での財産になることが多い。

規制の関係で風俗店やガールズバー等が減っていくと、こういった裏の活動が男女間で横行しているともとれることが増えてしまう。だからこそルールや秩序がある上で風俗店等、風営法に属する産業が廃れずに存続することは日本にとって大切なことだと筆者は思うのだった。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
地域詳細タグ: 全国
「デリヘルタイムズ」
一発0円広告