全国交際クラブ 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  交際クラブ > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「なぜ彼女たちは裸になったのか」など、性を売る側の女性にばかりが注目されがちな売買春の現場だが、もう一方の当事者である男性側に目を向けることによって、見えてくるものはあるのか!? 「見えない買春の現場 『JKビジネス』のリアル」を2月9日に刊行。「性の公共」をつくるという理念の下に、現代の性問題の解決に取り組んでいる坂爪真吾氏に語っていただいた。




■中年男性は女子高生レベルで、女子高生は中年男性レベル


度重なる規制強化によって、表面上JKビジネスは健全化された。JKブランドを売りにしている多くの店舗では、実際に働いているのは「JKあがりたて」と呼ばれている高校卒業直後の18歳以上の女の子になっているそうだ。
お話を伺ったのは、JKビジネスの情報サイト『合法JKナビ』を運営されている桑田さん。『合法JKナビ』は、「宇宙最強のJK情報サイト」と称して、店舗データベースや利用体験談等、合法・非合法を問わず、JKビジネスにまつわる様々な情報を掲載している。


桑田さんによれば、同じJKリフレ店(=ハグや膝枕、添い寝といった風営法に抵触しない程度のふれあいサービスを提供する店舗)でも街によって男性客の属性は変わるという。
桑田「JKリフレで働いている子は、元々『とにかく稼ぎたい』と思っています。同じお店にいれば、黒髪や清楚系の見た目の子が売れているって分かるじゃないですか。『あの子に負けたくないから、稼ぐためにその子に似せていこう』となって、ギャルっぽい子が黒髪にするようになる。結果として、自然と似たようなルックスの子が集まるようになります」


そういった「プロJK」「プロ素人」を、男性客は素人のJKだと思って喜んでお金を払っているわけだ。男性側のイメージしている素人像は「黒髪」「制服」「清楚」などのワンパターンであるがゆえに、女性にとっては合わせやすい。同じように男性がイメージする「恋人らしさ」も極めてワンパターンであるため、それに合わせて接客を演出することも容易だ。


桑田「以前、出会い系サイトのサクラをアルバイトでしていた事があるのですが、出会い系サイトとJK店のユーザー層はほぼ一緒です。丸被りといってもいい。素人が好きで、プロは嫌い。予想できないことにワクワクする冒険家・・・といえばカッコよすぎますけど。


男性が素人好きになる要因はたくさんあると思うのですが、一つの理由として、女性の方が男性より精神年齢が高いことが挙げられます。特にリフレとかで働いている女の子たちと中年男性は、精神年齢がちょうど釣り合う。


女の子に言わせると、30〜40歳くらいの男性が話しやすくて、20代は子ども過ぎて話が通じない。10代の同級生なんかは絶対無理で、年下は論外だと言います。15〜21歳くらいの女の子って、メイン層のユーザーである30〜40代の男性と話がメッチャ合う。逆に男性側も精神年齢的にはその年代の女の子とちょうど釣り合う」


中年男性の精神年齢は女子高生レベルで、女子高生の精神年齢は中年男性レベル、ということだろうか。真実だとすれば、笑えない話だが。


桑田「もちろん本音を言えば、男性は女の子と裏オプ(=ハンドサービスやオーラルセックス、本番行為などの裏オプション)とかもしたいのでしょうけど、それだけではない。『なんか居心地がいい場所だよね』とお互いが言い合っている。表向きには言いたくないでしょうけど、女の子側もそう思っている節があります」




■恋愛の理想像を少女に押しつける男性客


とはいえ、全ての男性客が女の子とうまくコミュニケーションがとれるわけではない。むしろ、一方通行のコミュニケーションを押し付けてくる男性も少なくない。


桑田「ものすごくコミュ障な人は頻繁に来ますが、こういった店に来る方は、それなりにアクティブだと思うんですよ。それでも、ちょっとこの人は社会的に表に出せないな…という人はいました。コミュニケーション能力が低すぎて誰とも喋れないような男性は、見学店(マジックミラー越しに少女の姿態を見学する店)の客には多かったですね。


リフレに来て、女子高生と恋人みたいになりたいと考えているお客さんって、自分自身がこうありたいという恋愛の理想像を女の子に押しつける傾向があります。それにうまく応えられる女の子は人気嬢になれる。逆にひいてしまう子は売れない。売れるためには男の恋愛理想像に合わせる必要がある。合わせられる子がどんどん売れていく。


リフレに通うお客様は偶像が好きなんです。女の子が自分の理想であってほしいと思っている。ある女の子のツイッターのプライベートアカウントの存在がばれた時、ファンの間で大騒動になったんですよ。『彼女がこんなことを言うわけが無い!』『偽物のアカウントだ!』と。本物だったんですが(笑)。偶像は崩れた時が怖い。


女の子に言わせると『それぞれのお客さんで求めてくるやり方は違うけど、彼らの根っこにあるものは一緒』だそうです。すなわち、誰も認めてくれない俺のことを理解してほしいという承認欲求が根っこにある。そうした欲求をメチャクチャ強く持っている。逆に、彼らはこういうところでないと誰にも認めてもらえないわけです。そういう人ばかりが来る。女の子に対するアプローチの仕方が違っても、不器用であっても、根っこの部分は一緒。彼らのそうした欲求に応えるためには、女の子の側に演技力が必要になります」


「自分のことを認めてほしい」という承認欲求は、言い換えれば一方通行のコミュニケーションである。リフレの女の子にお金を払って「私はあなたを認めています」という演技をさせたとしても、それは自分の頭の中のファンタジーをなぞっているだけのマスターベーションにすぎない。お互いに話し合って価値観をすり合わせることで人間関係や信頼関係を育んでいく現実の恋愛とは全くの別物だ。


桑田「お金さえ払えば、女の子に恋人のような演技をしてもらうことはできる。しかし、そこで『この子はこんな俺を認めてくれた』という勘違いをして、恋愛感情を抱いてしまう男性がいる。一方的に勘違いをして、ラインで『店を通さずにあった方が楽しいよね』みたいなメッセージを送ってしまうと、女の子から『何言っているの、この人』と思われる。


ただ、男性客はほぼ全員勘違いしています(笑)。演技をあえて楽しむ、という人もいるとは思いますが、そういった人はメイド喫茶の愛好家のような世界観を楽しめる上級者であり、自分自身のことを客観的に見られるから問題ない。しかしJKリフレのメインの客層は、疑似恋愛を恋愛と勘違いしてしまう人たちです」
(「見えない買春の現場 『JKビジネス』のリアル」より構成)


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170221-00004551-besttimes-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
ああああああ!
これは、、、本音を言うと図星かも。。。


私の場合は40代から上の男性としか話が合わない。
しかも30代は友達感覚で居心地がいい感じはなくて、20代はしんどくなってくる。
10代は・・・無理・・・。




だからこの記事の『なんか居心地がいい場所だよね』という表現はドンピシャとも言える。


だからと言って年上男性なら誰でも居心地がいい感じを感じるわけではないし、男性がほぼ全員勘違いをしていることに関しては、、、本当かどうかは分からないけれど、女子目線でできることは、不用意に男性と仲良くしないくらいかな???

自分に悪気がなくても、何かの拍子に勘違いさせてしまったら申し訳ないじゃん(´;ω;`)ウッ…
やっぱそういう観点からも風俗産業が日本にあってくれてよかったと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
アドミ
ミネラル
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
こんなマンガみたいな御仁が、本当にいるのだ。美女を抱くためだけに、これまで30億円つぎ込んできた。「勿体ない」なんて言葉は、氏の辞書にはない。なぜならそれが彼の「生きる意味」だから。




カネは女のためにある


私は75歳のバツ2。子どももいない「種なしスイカ」で、独身生活を愛犬の「イブ」と一緒に謳歌しております。


14歳で筆おろしをしてもらってから60年以上、美女とセックスすることだけを考えてきたのですから、新年を迎えたからといって急に聖人君子になれるワケがありません。これまでカネを稼いできたのは、美女と付き合うため。その信念がまた一つ年を重ねたからといって、いささかも揺らぐことはないのです。


本誌にこう豪語するのは、和歌山で不動産業や金融業などを営んできた野崎幸助氏(75歳)だ。様々なビジネスで巨額の資産を蓄え、そのカネで数々の美女をモノにしてきた野崎氏の半生を綴った『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』(講談社+α文庫)が発刊され、話題になっている。


「いい女とセックスするためだけにカネを稼いできた」と語る野崎氏は75歳の現在も「現役バリバリ」。果たして年末年始はどんな美女との逢瀬を楽しんでいたのだろうか。


年末は恋人の美紀ちゃんと一緒に年を越しました。美紀ちゃんは昨年秋に私が銀座でナンパした元モデルの美女。身長は170cmと、私より10cm以上も高く、20代半ばで私好みのボン・キュッ・ボンのダイナマイトバディですが、心優しい大和撫子です。


美女を見れば声を掛けたくなるのが私の性分で「ヘイ、ハッピー・オーラ、ハッピー・エレガント、ハッピー・ナイスバディ。私とお付き合いしませんか、食事しませんか」と声をかけ、名刺を渡すのです。「付き合ってくれたら30万円のお小遣いもお渡しします」と加えると、意外と受け取ってもらえるものです。


相手にされなくてもめげません。「まさか」があるのが人生で、美紀ちゃんもその「まさか」の一人です。


美紀ちゃんには年の瀬に羽田から私の住む南紀白浜に飛んでもらい、自宅で吉兆の特製のおせち料理や、勝浦の有名ホテルのお重に二人で舌鼓を打ちました。お重から黄金色に輝く数の子を箸に取って「美紀ちゃんのアソコはこんな感じだよね」なんて言うと「全く助平なんだからぁ」って呆れられちゃいました。




バイアグラには頼らない


でも実はこれはマヌケな冗談ではないのです。女性器の奥に無数の凹凸がある「数の子天井」なる秘宝を所有している女性はいるもので、美紀ちゃんもその一人であります。これまで私は4000人以上の女性とお付き合いをしてきましたが、素晴らしい身体の持ち主とセックスできれば、60代でも70代になっても元気になれるんです。


よく「バイアグラとか使われるんですか? と聞かれることがありますが、私はクスリなんかに頼らなくてもちゃんと勃起します。私にとって元気の源は、女性の愛液なのです。「古女房とでは……」と思う方々の気持ちもわかりますが、「長生きをしたかったらとにかくセックスに励みなさい」と言いたくなります。


「どうやってそんなに女性に出会うのか」とよく聞かれます。美紀ちゃんの時のようにナンパをすることもあるし、銀座や新地(大阪)のホステスさんとお付き合いする場合もありますが、最近は交際クラブに登録して女性を紹介してもらうことが多くなりました。


交際クラブによって異なりますが、なかには入会金が50万円とか100万円とかいう高級なところもあります。そこから「社長、いい娘がいますけど会ってみませんか」と連絡が来て、モデルや女優の卵など、20〜30歳手前くらいのかわいい女の子と会うことができるのです。


お互いに気に入れば食事をし、一夜を共にするかどうかも自由。クラブ側はノータッチです。


ナンパは今もバリバリやっています。もちろん、ただ声をかけただけでは相手にしてもらえません。いかに相手を気遣っているかがわかるようにしないとね。


実は私は食べ物にはあまり興味がないのですが、女性のためを思って、自分で選んだ銀座の高級天ぷら屋やお寿司屋に連れていきます。食事まで行ってもらえたら、「食事のお礼にブランド物のバッグでもプレゼントしたいけど、あいにく今日は夜も遅いから、今度自分で買ってくれますか。30万円あればいいかな? とカネを渡します。


さらに「一生に一度の思い出として、キミのような素敵な方と一晩共にさせてくれませんか」と誘いかけるのです。


一晩に30万円という金額は高いと思うでしょうか。たとえばホステスをモノにしようとすれば、一回のクラブ通いで10万円なんてアッという間に飛んでいきます。店によっては「特攻隊」と呼ばれる、客と寝るためのホステスも用意されていますが、私はそういう女性と遊びたいとは思わない。


3回クラブに通って同意した女の子と一夜を共にした、と考えれば、30万円は適正価格だと思います。


なにしろ生まれてこのかた、若い女性とセックスをするために大金を稼いできましたから、人と多少感覚が違うところはあるかもしれません。


でも今でこそ年収は億を軽く超えるようになりましたが、もともと私は戦前の貧乏な家庭に生まれ育ちました。鉄くず拾いで日銭を稼ぎながら、思いついた商売は「コンドームの訪問販売」。


一軒一軒家を周り、「コンドームは要りませんか」と尋ね歩きました。当然追い返されることもありましたが、時には「商品の効果を教えてくれますか」と奥さんに「実演販売」を求められることもありました。


求めてくる客のほとんどは私のタイプでない年配の女性でしたが、そこは商売。懸命に「実演」にはげみ、そのおかげか売り上げは割と伸びていきました。


それでも私は「もっと稼いで、いつか若い美女とセックスしたい」と思い続けていたのです。そんなある時先輩の誘いに乗り、金融業を始めた私は、コンドーム販売では手に入らない大金を手にするようになりました。


金回りがよくなりはじめたころは、銀座や大阪・新地などの高級クラブ通いにもハマりました。ですがその多くは空振り。ホステスにぼったくられたこともありました。


相場の10倍はするようなお好み焼き屋に同伴で連れていかれ、高級バッグを買わされ、ホテルの誘いも「お母さんが倒れた」と見えすいた嘘でドタキャン。


あとでわかったことですが、ホステスはそのお好み焼き屋からマージンをもらっていて、貢いだバッグも質入れされていたようです。私は彼女にとって体のいい金ヅルだったんです。




ダマされても恨まない


そんな風にクラブ通いを続けていたころは、まさにカネをドブに捨てるような日々でしたが、ようやく仕組みがわかって登録制の交際クラブに頼るようになったんです。
とはいえ、それでも女性で痛い目を見ることはいまだにあります。私が世間の注目を浴びることになった、例の事件がそのひとつです。


'16年2月、和歌山県田辺市の私の自宅に突然、ワイドショーのスタッフがたくさん押し寄せてきました。私が被害届を出していた窃盗事件の容疑者が逮捕されたのです。当時交際していた27歳の原田由香容疑者(仮名)で、6000万円相当の私の金品を盗み、姿を消しました。


この原田容疑者と出会ったのが、先ほど申し上げた交際クラブです。私と知り合ったころは、モデル事務所に所属して写真撮影会などで糊口を凌いでいたと聞きました。


福岡県出身の彼女はノルウェー人とのハーフで高校卒業後に上京し、新宿区内の古い賃貸マンションで暮らしていたそうです。エキゾチックな顔とFカップのダイナマイトバディを持つ素敵な女性でした。


「囲っていた27歳の自称モデルの愛人に金品を盗まれるなんてバカな爺さんだな」と面白おかしく思って、マスコミの方が集まったんでしょう。


ですが先ほども申し上げたように、私はバツ2の独身ですので、気に入った女性がいれば結婚してもいいという気持ちで、交際クラブが紹介してくれる女の子たちとお付き合いをしていたのです。たしかに痛い目を見ましたが、被害届を出したのは信頼を裏切られたからで、カネが戻ってこないのはかまいません。


仕事も女性とのお付き合いも、「死ぬまで現役」と心に誓っております。誰もが真似できる生き方ではないかもしれませんが、一つの目標に向かって努力を続ければ夢はきっと叶う。私の人生が、皆さんに少しでも勇気を与えることができたなら、これほど嬉しいことはありません。


「週刊現代」2016年2月4日号より


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170201-00050858-gendaibiz-bus_all

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
正直、、、記事を読み出した時は、、「なんじゃこりゃ。。。」と記事の内容にクラっと来てしまった。。。
でも読み進めていってこの方の「カネは女のためにある」や「ダマされても恨まない」と貫かれている精神を尊敬してしまった。


私も完璧な人間じゃないけど、ダマサれても恨まないって貫こう。


だって自分を守るようなことを考えてたら何もできないし、人を信じて人と人の「間」を構築してこそ「人間」でしょ?


カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
業種タグ: 交際クラブ
地域詳細タグ: 和歌山
人妻茶屋 梅田店 営業用
旭川デリヘル ココルル
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
メラニア・トランプ(Melania Trump)米大統領夫人は3月6日、英タブロイド紙「デイリー・メール(DAILY TRUMP)」と「メール・オンライン(MAIL ONLINE)」を所有する米メール・メディア(MAIL MEDIA)に対し、同社がメラニア夫人がかつて風俗業に従事していたと報道し、その結果彼女は大きな商機を失ったとしてニューヨーク最高裁判所に訴状を再提出した。彼女は少なくとも1億5000万ドル(168億円)の損害賠償金を求めている。「メール・オンライン」は昨年8月、メラニア夫人が1990年代にモデルではなく、売春婦として働いていたと報道。これを受けメラニア夫人は、記事の内容は事実と全く異なり、名誉が毀損されたとして9月にメリーランド州の裁判所に訴状を提出していた。その後、記事は取り下げられた。


今回の訴えでメラニア夫人は、大きな商機を失ったと主張。彼女は元モデルで現在はブランドのスポークスマンやビジネスウーマンであり、今後アパレルやアクセサリー、シューズ、ジュエリー、化粧品、香水を手掛けることを検討していたという。訴えによると、各ビジネスは数百万ドル規模になりうるという。また、記事によって「彼女がスポークスマンを務めるブランドやライセンスビジネスには数百万ドルの損害が生じている」としている。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170208-00010017-wwdjapan-ent

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
事の真偽は置いておくとして、

・風俗業界で働く側はきちんと秘密を守ってくれるお店を見つける。
・お店は働く女性を大切にし、情報の管理統制等をきちんと守る。
・サービスを受けるお客様は、この業界の秩序が保たれるためにルールに従って遊ぶ。

という3者間の協力があってこそ、風俗業界が生き残っていけると言える。

人はどんな境遇に生まれて社会に放り出されるか分からないし、家庭に平和に収まっていた方が社会にでざるを得ない状態になることが起こらないなんて言えないし、そのとき困っている人の弱みにつけこむことなく、各々の需要を満たすことが理想なんだけどな・・・。

メラニア夫人は凄く強くてしっかりしてそうだから心配の必要はなさそうだけどね★★
カテゴリー : 風俗ニュース
『高級人妻デリヘル 彩-AYA-』 求人
私のあしながおじさん 営業用
投稿日:2017-02-06 19:10
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
「時給愛人」とはなにか? 『「AV女優」の社会学』の著者、鈴木涼美が切り込む。


芸能界周辺で不倫糾弾の過剰な渦が巻き起こる反面、「国民の愛人」なんていうフレーズつきの美人グラビアモデルが人気を博し、国民のアンビバレンスをさらけ出した2016年であった。ポリティカル・コレクトネスを突き詰めるような風潮の中でも、「愛人」が人気モデルのキャッチフレーズに堪えうるものだという感覚はわからなくもない。背徳感と隠されることによって漂う色香、そして何より、古きよき時代のお金持ちの嗜みとしてのそれがこんなご時世に非現実的であるからこそ、ファンタジーに値するのだ。


そんなキャッチフレーズの向こう側にいる、現代の実際の愛人たちは、そのようなファンタジーを一蹴する様相を呈している。例えば「月にお手当て100万円」や高級マンションの一室をあてがう経済界や政治の世界のオオモノ、そのお手当てに甘んじて彼らのコイビトに収まる極上の美女たち、そういったイメージを保存するような存在は今、とても希少なものとなっている。代わりに「愛人」という名のもとに台頭しているのは、1回数万円で数時間だけ身体を明け渡す「時給愛人」たちである。


「パパ活」などという言葉で相手を見つける身軽な彼女たちの正体は、その半数以上が風俗嬢やAV女優である。他には、風俗という言葉に抵抗のあるホステスや昼職女性の休日の副業となっている場合も多い。相場は3万〜5万円、有名AV女優やグラビア・読者モデル経験者、客室乗務員やナースなど特別「おじさんウケ」の良い職業経験者であってもせいぜい10万円である。その金額でレストランでの食事とホテルでのセックスをして一般的には4時間の間、相手男性の「愛人」を務める。


窓口となっているのは交際クラブと呼ばれる男女の紹介、マッチングを行う会社、あるいはもともと税理士などの仕事で高収入男性へのツテを持っている個人による紹介である。彼らは風俗やキャバクラ、AVのいわゆる高収入の仕事紹介を生業とするスカウトマンを使い、街の女性たちを「パパ活」「交際」の名目で集め、プロフィール登録をして男性に有料で紹介する。クラブや個人が担うのはあくまで紹介、マッチングされた男女は表向き、自由恋愛をしていることになっているが、実際は女性たちは登録時に希望金額のすり合わせなどをしており、紹介者側も男性にわかるようにその金額を提示している場合がほとんどだ。伝え方は女性のプロフィールにふられた番号に暗号のように金額が組み込まれている場合もあれば、紹介者が口頭で伝えている場合もある。


それにしても、一昔前は「援助交際」なんていうそれもまた都合の良い造語で広く一般的に認知されていた一定金額を交わしてのデートやセックスが、「愛人」や「パパ」というかつては別のニュアンスの関係性を指していた言葉でくくられるようになったのはなぜだろうか。じつは、いかにも美しいグラビアモデルを「愛人」と名付けてしまうようなメンタリティととても近いところにその理由がある。


実際は時給愛人たちのお金をもらっての所作・行動は、時間制で女性を派遣するデリバリーヘルスのそれと酷似している。最も違うのは謳い文句である。はなから性的なサービスを売り物にするデリヘルに対し、パパ活による時給愛人たちにとってはあくまでも職業・仕事ではなく紹介と交際の結果としての性的サービスがある。そもそも女子大生キャバクラや素人風俗を愛するおじさま方の嗜好にそれはとても肌触りが良い。対する女性側も、デリヘル嬢や風俗嬢という職業意識のないままに「素人のまま」高額を稼ぐメリットを有する。風俗嬢たちにとっては、風俗嬢という自らの職業の名前を後ろに追いやる隠れ蓑にすらなる。


時給愛人という名の新たな風俗嬢たちは、スカウトマンの努力のかいあって今やあらゆる紹介業者や交際クラブに群がるように登録している。そこにあるのは、古きよき時代のお金持ちの密かな嗜みとしての「愛人」の響きに憧れながらも、月に100万円のお手当てやマンションを用意するには腰が引ける極めて現代的な効率主義の小金持ちのおじさま方と、グラビアモデルが冠するような「愛人」の響きに憧れながらも腰を据えた愛人にはなりえない現代の潜在的な風俗嬢たちの、奇妙に均衡の取れた関係である。


Text: Suzumi Suzuki


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170204-00010000-gqjapan-life

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
「どんなサービスをいくらで売るのか?」を決めるのは自分自身。
「時給愛人」を高いとみなす人もいれば安いとみなすひともいるのは当たり前。
数千円のお小遣いを月に4日くらい働いて数万になってたらそれで良しとする人もいるわけなのだから。
「時給愛人」というのはむしろ時代にあっていると捉えれたりもする。

ただし、自分の努力なしにお金を得ようとすればするほど、どんな身分にいようとも儲けること、または儲け続けることは不可能なのだから、努力なしのお金儲けをするための「パパ活」をしている方からすると「時給愛人」ほど買い叩きも甚だしい案件はないのかもしれない。

働くなら、きちんと頑張ること。
これに限る。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
地域詳細タグ: 全国
一発風俗SEOちゃんねる
ミリオンガールズ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
前回(「週7日飲酒? 赤提灯に集う『暗黒女子』の正体」)、野毛や武蔵小山などの闇市跡にできた盛り場の焼肉店やホルモン店に、若い女性たちが進出していることを紹介した。そして、食とは別な分野でも、近年闇市が注目されている。




■ここ3〜4年、闇市に関する本の出版が相次ぐ


その1つが、学術的なもの。2016年9月に出版された石榑(いしぐれ)督和『戦後東京と闇市』が、5400円という高価な本であるにもかかわらず、たちまち重版し、新聞書評などでも高い評価を得ている。


闇市関係の本の出版状況を見ると、1995年には松平誠の『ヤミ市 幻のガイドブック』が出ていたが、その後2010年あたりから同様のテーマを扱った本が増え始め、特にこの3、4年は一種のブームになっている。


同時に、赤線や遊郭の跡地を歩いたり、その歴史をひもといたりといった本の出版も増えている。これらも2000年ごろから出はじめ、2010年以降に急増している。


『戦後東京と闇市』の著者である石榑さんは、1986年生まれの30歳。戦後東京の闇市に関心をもったきっかけをこう語る。


「岐阜市出身で、子どもの頃は歓楽街の柳ヶ瀬の映画館に映画を見に行ったりしました。今はすっかり廃れてしまいましたが。


2004年に東京に出てきて、小田急線の郊外、神奈川県川崎市の生田(いくた)に住みました。だから、出かける繁華街というと新宿。初めて新宿に行ったときは駅のまわりに全然性格の違う街が混在していることに驚きました。歌舞伎町にも驚きましたが、思い出横丁やゴールデン街も衝撃を受けました。


建築の勉強をしていくと、巨大なビルと小さな店が混在している都市の面白さを実感するようになりました。終戦後の空間が今も生きながらえているのは闇市跡の横丁だけです。そこで、どうして闇市が生まれ、そこから巨大な繁華街が育っていったのかを研究し始めました




「新宿系」椎名林檎の影響?


新宿との関係で気になったのは、石榑さんが中学生のとき、椎名林檎の『歌舞伎町の女王』をよく聴いていたということだ。だから歌舞伎町に行ったわけではないだろうが、もしかしたら潜在意識レベルで影響があったのかと疑いたくなる。




■椎名林檎のメジャー化がもたらした変化


椎名林檎は、1998年にデビューし、従来の渋谷系に対して新宿系を標榜。昭和的な情念を現代的に表現する歌を歌った。渋谷的な都会から、新宿的な都市への関心の変化が、そのころあったのかもしれない。平成的なものから昭和的なものへの変化だともいえる。薄さから濃さへの変化。人工的なものから動物的、肉体的なものへの変化でもある。


前回、野毛の常連としてインタビューした「暗黒女子」Tさん(27歳)も「椎名林檎は大好きです。スナックも好き。前の職場の上司の男性とよく行きました。そこでカラオケもしました。昭和の歌謡曲が好きです。十八番は『天城越え』です」と言っていた。


もちろん椎名林檎は現在最も人気のあるアーティストの1人だから、闇市や遊郭に関心のある人に特にファンが多いわけではないだろう。だが、林檎のメジャー化と、闇市、遊郭人気の拡大は、ほぼ同じ時代の現象だ。何か共通する空気感があるように思える。


直接闇市や赤線や遊郭に関わるものではないが、明治、大正の民衆の暴動を研究した藤野裕子『都市と暴動の民衆史』や、明治、大正の民衆への職業紹介事業を研究した町田祐一『近代都市の下層社会』といった本も、いずれも就職氷河期世代の1980年前後生まれの若い研究者によって出されている。『近代都市の下層社会』の著者の町田祐一は「あとがき」の中で、明らかに自分の世代の問題として同書を書いたと言っている。


また、明治時代の下層社会研究の嚆矢(こうし)、松原岩五郎の『最暗黒の東京』も、すでに岩波文庫があるにもかかわらず、講談社学術文庫から2015年に刊行された。その他にも、2014年には塩見鮮一郎『江戸の貧民』 、翌2015年には同『戦後の貧民』など、貧困層に関わる本も最近は出版が多い。


こうしてみると、長引く不況のために、現代という時代が、敗戦直後にかぎらず、戦前、大正、明治、さらには江戸という過去との共通性を感じさせるものになっており、そのことが闇市、遊郭への関心をもたらす背景になっているとも思われる。




吉原に女子が集まる?


こうした一連の流れと関連して、2016年、戦後すぐに発行されたカストリ雑誌や、遊郭関連の本の復刻本などを出版するカストリ出版という個人出版社が、吉原のソープ街のすぐ脇に「カストリ書房」を開店し、話題を呼んでいる。運営するのは、IT企業出身で30代の渡辺豪さんだ。




■女子には「どろどろしたものを求める気分」がある?


渡辺さんによると、カストリ書房に来る客は、なんと6、7割が女性であり、年齢は20〜30代と若いという。中学生の女子生徒にもファンがいる。


「何かどろどろしたものを求める気分が僕の中にはあるんですが、それは来店する女性たちにもある気がします。怖い物見たさというか……。


僕は旅行が好きで全国を回っていたのですが、するとしばしば各地に不思議な魅力的な場所がある。何だろうと思って調べてみると、昔遊郭があった場所だとわかった。それで全国の遊郭を調べてそれらを訪ね歩いてSNSで発信しはじめたんですが、その情報に反応してくるのは女性が多かったのです。だから、(カストリ書房にも)女性客が多いことは当初から想定していました」(渡辺氏)


なぜだろう。映画の『吉原炎上』とか、漫画の『さくらん』とか、春画展とか、女性が遊郭に関心をもつきっかけは最近継続してあった(2015年に東京の永青文庫で開催された「春画展」も、若い女性客が多かったことで話題になった)。


「女性のほうがレバーを食べる、男性はあまり食べない」という本連載前回インタビューでの女性の発言もあったが、男性のほうが今は、動物的、肉体的なものと距離があるということではないか。


女性は毎月いやでも自分が動物であることを肉体で実感する。対して男性のほうがパソコンやゲームなどのデジタルなものや人工的なものだけに浸って生きてしまいがちだ。生活全体のデジタル化に生理的に満足できない、リアルさを求める心理が女性のほうでより強いということかもしれない。


また、昭和のレトロな看板がいいよねとか、昔の喫茶店やスナックが好きだとかというブームはずっとある。都築響一の『天国は水割りの味がする-東京スナック魅酒乱-』の発行が2010年、同『東京スナック飲みある記』『演歌よ今夜も有難う』が2011年、東京の下町のディープな魅力を深掘りした『東京右半分』が2012年の発行だ。下町的な庶民的な泥臭さや一種のキッチュさが面白いと思われる心理が広がっていた。『ブルータス』がスナックを特集したり(2015年11月15日号)、JpopのJUJUが『スナックJUJU』というアルバムを出したりもしている(2016年)。


こうした風潮の背景には、少し大げさだが、1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災の影響もあるのではないか。人々がずっと信じてきた近代的な都市計画が、地震によって予想もしない崩壊をしたこと。そのころが、当時青少年だった世代に、都市に対するイメージの何らかの変容をもたらしたのではないか。




長引く不況がもたらしたもの


都市の未来よりも、都市の過去、ずっと生きながらえてきた小さな空間。恐竜が滅びてもゴキブリが滅びなかったように、巨大な近代建築よりも小さくたくましく生きる人間たちがつくる猥雑で有機的で生命のある場所。そうしたものへの関心が無意識のうちに高まったのではあるまいか。そういう時代感覚の分析はいくらでもできる。


だが実は私は、やはり格差とか貧困の問題が遊郭に惹かれる女性たちの心の根底にはあるのではないかと思っていた。しかし、いきなり渡辺さんにそう聞くと、文化的な現象と経済情勢を安易に結びつけることを嫌がられるかと思って質問しなかった。だが、渡辺さんの方から「貧困とか不況とか少子化というものも絡んでいるだろうと思う」との発言があった。


「倫理観も変化しているし、セックスワークに対する女性の考え方も変化している。不況のためになかなかお金を得られないために、そうした仕事をしている女性たちがいることを一般の女性も知っているし、自分の身の回りにもいるわけです。セックスワークをしている女性たちも自分たちの考えをSNSや出版でも発信していて、それは中学生の女子でも知りうる。じゃあ、こういう働き方を自分はできるのか、と考える機会も増える。ちょっと調べれば、昔は遊女がたくさんいたことはわかるし」(渡辺氏)


貧困女子が性風俗で働くことをレポートした本も売れている。学費を払うために、それこそ吉原のような風俗街で働く女子学生も多いという内容だ。


さらに、渡辺さんは少し違う見方もする。「遊郭があった時代のほうが日本は勢いがあって、商店街もにぎやかだった。ところが今は産業が空洞化したり、少子化で人口が減ったりで、商店街はシャッター街。遊女たちの哀しい歴史というのはたしかにあるけど、明るい面、たくましい面、文化的な面もあったということに目が向き始めたのではないか」。




■“遊郭好き女子”「魅力は窓がかわいいこと」


私にはたまたま遊郭が好きな女性の知人がいるので、遊郭の魅力を彼女に聞いてみた。


Hさん(29歳)は、東京の会社に勤める女性。近年、全国の遊郭跡を訪ね歩いている。すでに50カ所に行った。「いちばん印象的なのは京都の五条楽園。次が尾道。3番目は難しいですが、豊橋かな。愛知県が全般にいいです。建築的に派手というか、面白い」。


Hさんは大学で日本文学を学び、そこで樋口一葉や吉原に関心をもった。課題のレポートで遊郭建築について書いたこともある。それから建築を学び、しばらく遊郭のことは忘れていた。ところが数年前「誰かがツイッターで飛田新地のことを書いていたんです。料亭の写真に惹かれました。それがきっかけで自分でも遊郭跡を回るようになったんです」。


遊郭の魅力は「窓がかわいい。タイルも。見れば見るほど好きなところが増えます」。タイル好きの人というのはいる。窓が好き、手すりが好き、という一種のフェティシズムも確実に存在する。そうした欲求を総合的に満たしてくれるのが遊郭建築らしい。




若者たちの興味は過去へ


建築だけではない。遊郭街、花街という空間全体もまた、えもいわれぬ魅力をもっている。すでに全盛期は遠く、今となっては薄汚れてすらいる街が、かえって独特の湿り気と落ち着きをもっていて、むしろ心にしみる。


「遊郭跡だけではなく、飲み屋街が好きです。酒場が好き。大学3年から高円寺に住んで、ガード下の飲み屋さんでよく飲んでいました。つまみは何でもいい。空気がよどんだ感じが好き。日常ではない空間ですね」


高円寺も大正から昭和にかけてカフェ街があった街だ。今も風俗店が多い。ガード下は飲食店が多く、ぬめぬめした空気感があり、独特だ。




■「昭和の街の良さがわからないなんて、ダメな人たち」


「きれいな街に行くとそわそわしちゃう。一方で、こういう昭和の街の良さがわからないなんて、ダメな人たちって、きれいな街が好きな人たちを、ちょっと馬鹿にしているかも」(Hさん)


遊郭跡以外にも酒場を訪ね歩くことはあるのだろうか。


「埼玉の飯能の川沿いにある橋本屋。ただの大衆酒場ですね。それから稲田堤の、やっぱり川の近くのたぬきや。おばさんひとりでやっている茶店みたいなところ。川と電車を見ながら飲みます」。昔の日本映画のワンシーンみたいだなあ。


「音楽はちあきなおみが好き。あとは藤圭子。YouTubeでたくさん見ます。阿佐ヶ谷の映画館ラピュタで上映している映画のテーマ曲などから気になった曲を調べて聴いたりしています」


闇市と遊郭とひなびた居酒屋にはまる若い世代。AIだVR(バーチャルリアリティ)だのと、日々技術は進歩しているが、人々の心は過去に向かっている。


三浦 展


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170131-00156078-toyo-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
記事自体が長いけれど、この記事を取り上げたのは「日々技術は進歩しているが、人々の心は過去に向かっている。」という最後の文章に惹かれてしまったから。


これに関しては図星で、私の心も未来を見ているけれど、基本的な自己の確立については過去の叡智に耳を傾けていると言える。


私の場合はこの後に矛盾が生じていたりする。というのも過去の叡智によって自己を確立すると、未来に関する良い思いつきというものが発生して、未来に向けて生きていくことができているからだ。


だからこそ、この記事の著者は鋭いと言えるし、過去に向かう若者の心はある意味で正しいと言える。
そして私は日本の未来は明るいと感じざるを得ない。


それと同時に昔賑わっていた性産業が、また活気付いて新たな賑わいを日本にもたらしたら面白いのに・・・と思ってしまった。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪ファッツ
一発風俗SEOちゃんねる