全国交際クラブ 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  交際クラブ > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
トップ女優はもちろん、企画単体の女優ですら顔を晒してSNSをしている20代前半の女子。一昔前までは高額求人情報誌でも「バレずに稼げる!」が定番フレーズだったが、彼女たちは“身バレ”を恐れていないのだろうか?


「小さい頃からSNSで顔や名前、住所など個人情報を晒してきたから、あまり抵抗がないんですよ。AVに出てることがバレても、同世代からは何も言われません。親はギリギリSNSをやらない世代だから、親にさえバレなきゃいいかなって(苦笑)。あと私たちは中学、高校の頃にモバゲーとかグリーが全盛期で、それを使って援交してるコも多かった。そこらへんもAVに出るハードルを下げてると思う」(24歳・企画女優)


こういった考え方について、「友人知人にバレても『仕方ない』程度の価値観が、この世代の特徴」と分析するのはAVライターのアケミン氏だ。


「思春期にスマートフォンでAVを観ている世代なので、そもそもAVに対しての抵抗がないように思います。“手っ取り早く稼ぐ”手段の一つ程度の考え。だから就職、結婚などの転機であっさり引退し、過去を切り離すんです」


ただ、なかには完全隠密で副業する若い女優もいるとアケミン氏は続ける。


「女子校出身だったり、化粧品会社など、女性の多い職場で働いていたら、案外バレないようです。また、マニア系のみに限定して出演している女優さんもいる。ネットに出回りづらいので、身バレしにくいですし、手堅く稼げます」


職場にこっそりAV出演している部下が潜んでいた……なんてことも、大いにありうるのだ。


一方、男子はというと……この時期は新入社員を連れて“新歓風俗”に行く読者もいると思うが、これが風俗嬢からは大不評だというのだ。いったい、なぜ?


「無趣味なコが多くて、いくら話しかけても盛り上がらないから、雰囲気をつくるのが難しいんです。来た理由を聞いても、仏頂面で『仕事なので……』と。さすがにプレイ中は多少表情も崩れますけど、ヤル前から“賢者モード”なんです」(デリヘル嬢)


草食系をさらにこじらせたステルス世代(本性が見えない若者世代の特徴)の男子は、風俗嬢からもヒンシュクを買ってしまうこと必至。“新歓風俗”に行く前にも研修が必要なようだ。


― [ステルス世代]の若者たち ―


https://nikkan-spa.jp/1325516

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
え・・・
ゆとり世代、さとり世代は知ってたけど、「ステルス世代」っていうのがあるの!?!?
そしてそんなステルス世代が風俗に行くとやる前から賢者モードなのね・・・(笑)
世代別の扱いづらさというのも風俗嬢に聞いていくと面白いデータになりそう。
そしてそれが業界の次なる進化に活かされるのが世の常だったりする。
カテゴリー : 風俗ニュース
ミセスモンロー
「デリヘルタイムズ」
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
仙台中央署は28日までに、県迷惑防止条例違反の疑いで、仙台市青葉区国見6丁目の無職の男(21)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は25日午後6時半ごろ、同区一番町3丁目の路上で、20代の女性警察官に「お姉さん、夜の仕事とか興味ない。ソープとか風俗とか、男の性欲を処理する仕事かな」などと声を掛け、風俗店で働くようしつこく勧誘した疑い。


女性警察官は中央署員。地元商店街などから「スカウトが道行く女性に次々に声を掛け、風紀が乱れる」などの苦情を受け、女性警察官が一般人を装って警戒していた。


2007年5月に同条例が改正され、路上でのスカウト行為が新たな規制対象となっている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000004-khks-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
悪質なスカウトがはびこっているのが当たり前と思っていたけれど、最近は摘発や逮捕が増えてきている。
高収入のお仕事にしても、風俗のお仕事にしても、高収入で働きたい女性が普通にネットで情報収集してお仕事を見つけれる世の中なのだから、スカウトで無理に女性を引っ張る必要なんて皆無。

働きたい女性が働く。働きたくない女性は働かない。それがどんなお仕事の求人でも当たり前のスタンスなのだから、悪質なスカウトは自然淘汰されて当然なのではないだろうか?


カテゴリー : 風俗ニュース
フェチさんサンバ
ミセスモンロー
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
昨年夏あたりから、ネットを中心に、急激にその存在が明るみに出た「パパ活」なるワード。一見、“イクメン”を連想させるような爽やかささえ漂うが、その実態は、若い女性がパトロン(パパ)を見つけ出し、パパから金銭的に施しを受けるというものだ。


基本的に、女性とパパとの間には“肉体関係”が伴わない。そのためいわゆる“援助交際”とは区別され、「レンタル彼女」「デート援(交)」ともいわれる。具体的には、女性がパパと高級料理店で食事デートをするだけで、現金で2万〜3万円を受け取れるといった具合だ。金額はその内容次第で変動し、さらに高額になる場合もあるという。


その手軽さからか、ツイッターにも、パパ活中と思しき女性から


〈今週は8万円手に入れる予定だったのに3万だ。ひっさしぶりの(一ヶ月ぶりの)パパ活よく会う人だから緊張しないけど〉
〈新規2件めしゅーりょー。食事からの、なぜかフェラガモで靴買ってもらってからの、お茶で2いただいた〉


など、“報酬報告”ともとれる投稿が後を絶たない。女性側にとって都合が良くコストパフォーマンスが良いとされるパパ活。当然、皮肉としての「羨ましい」という声や、「パパ活やってる女は気に食わない」などといった批判が多いのもまた事実だ。


実際はどうなのか、パパ活中だという都内有名私立大学に通う21歳の女子大生・Aさんが、その内情をこう明かす。


「私はいま、社会的に地位ある40代と50代の男性2人とデートしています。基本的に六本木や麻布などで2時間くらい食事デートして数万の食事代をごちそうになりました。高くて8万円のときもあったと思います。あとはいつもではないですが、高額な商品だったり現金で3万円をもらうこともありますね」


最高額は2時間のデートで食事代も含めれば11万相当に上ることになるという。やはり、こうして見るとパパ活でラクしてお金を手にしているように思えるが、前出の女子大生は「実際にはコスパは良くない」と否定する。


「私は、危険性の少ない“健全な”パパ活派。危ないことをしている子は、当然もっと稼いでいますよ。でも、私はお金よりも人脈獲得を重視しているので、パパと会うのは2〜3か月に1回くらい。頻繁に会わないようにすることで、“心の距離”が縮まらないようにして、身体的な危険を回避したいのです。


稼げるかといえば、たいして稼げません。それから、案外手間もかかるんですよ。パパの選択は、ちょっとやらかしたら会社に損益を与えてしまうぐらいのレベルの人じゃなきゃダメ。あと、パパの秘密をにぎることも大事。もしものときのために、スマホに“漏れたらヤバい写真”を入れて対策しています」(同前)


Aさんは、人脈を重視する“健全なパパ活”を続けるためには、手間暇をかける必要性があると主張する。そして、そうした事情から、次第にパパ活の“廃業”を決意する女子大生も増えてきているという。


「お金や人脈は欲しいけど、やっぱり自分で働いた方が手っ取り早いし、危険なことにも遭遇しないから、という子はいますよ。高時給のガールズバーなどで働いた方が面倒な駆け引きもなく“ワリがいい”という考えですね。私の友だちも、今はパパ活を辞めて、ガールズバーのお客さんと仲良くなったり、仲間が出来たりして、生き生きと働いているみたいです」(同前)


Aさんは、ワリがいいかどうかを吟味したうえで、したたかにパパ活を進めていると主張する。とはいえ、彼女たちがその場その場の“コスパ”中心で物事を考えてしまうと、将来的に大きな落とし穴にハマってしまう可能性も否定できないだろう。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00010002-moneypost-bus_all

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
高時給、高収入のお仕事の方が、女性と男性の間にトラブルが起こりにくいという利点がある。
お店もお店の看板がかかっているわけだし、男性の方もルールに同意して遊びにきているわけだし。

何にせよ男女の関係を個人レベルで構築するのはそれなりにリスクが多いと言える。
それを分かった上での「パパ活」というのなら本人の自由ですれば良いけれど、いきなり「パパ活」をする前に、普通にお店と雇用関係を結んで色々な男性の傾向や応対を学ぶという道もある。

そういう知識面でも高収入のお仕事は女性の人生での財産になることが多い。

規制の関係で風俗店やガールズバー等が減っていくと、こういった裏の活動が男女間で横行しているともとれることが増えてしまう。だからこそルールや秩序がある上で風俗店等、風営法に属する産業が廃れずに存続することは日本にとって大切なことだと筆者は思うのだった。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
地域詳細タグ: 全国
アドミ
AXフェチクラブ青山営業
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
●知られたくない 進む孤立化


東京を拠点に、性風俗店で働く女性たちを支援する一般社団法人「Grow As People」(GAP、角間惇一郎代表理事)が、初の報告書「夜の世界白書」をまとめた。若いうちは高収入でも、年齢が上がると減少していくことや、職業が明らかになることを恐れ、孤立しがちな女性たちの姿が浮き彫りになった。


調査は現状を把握して支援に生かす狙いで、2015年度にインターネット上で実施。女性がホテルなどで客と会う「デリバリーヘルス」といった関東の無店舗型風俗店などに勤める377人から有効回答を得た。


実際に接客した実働日数と月収の全体の平均は、11・8日で43万995円。年齢別では18〜22歳が16日、81万9200円と最多で、43歳以上では7日で18万2千円と最も少なかった。


風俗業を始めたきっかけ(複数回答)は生活費や学費、借金返済など金銭的な理由が延べ215人で最多。「仕事がない」(60人)「なんとなく」(47人)が続いた。「なんとなく」は27歳までが半数超、「仕事がない」は33歳以上が6割超を占めた。GAPは「20代でなんとなく始め、30代で他の仕事に移りにくくなり、40代になると収入が減っていくという姿が表れている」と指摘する。


職業については「誰にも知られたくない」と答えた人が多く、仕事以外では外出を控え、家に閉じこもる傾向も強かったという。


「頼れる人がいなかった」


GAPは全国の性風俗店で働く女性のトラブル処理や転職支援などに関わっている。


九州北部の20代後半の女性からは、今年に入り相談メールが届いた。連絡を取ると、出産予定日が数日後に迫っていた。


昨春から昼間の仕事と掛け持ちをしていて、店にも相手の男性にも妊娠の事実を「話せなかった」。GAPは店に連絡を取り事情を説明。出産後の行政手続きを含め、対応に奔走した。


女性は「頼れる人がいなかった」と話し、支援に感謝しているという。


転職支援では12年度以降、GAPを通じて37人が一般企業などに就職した。


提携する関東のNPO法人でインターンとして働く20代後半の女性は高校卒業後、週3日ほど風俗店で働いていたが、昨夏「このままで大丈夫だろうか」と相談した。電話対応や資料整理などインターン先での経験を通じ「昼の仕事でもやっていけるかも」と自信がついてきたという。


GAPへの相談はメール=info@growaspeople.org=で。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00010006-nishinpc-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
高収入のお仕事をGETしたから一生安泰!!


そんな甘い考えは捨てて、きちんと自分の人生と向き合ってお仕事をしないと、せっかくの人生を尊べていない、、、よ、、、。


当たり前のことだけれど、一生安泰のものなんて何もない。
だから高収入のお仕事に就いたはいいが年齢とともに減少傾向に・・・と性風俗店のお仕事だけが安泰ではないものとしてクローズアップされるのは変な話なのだ。


儲けていまいが儲けていようが、結局は自分の人生に向き合わなければならないように人生はできているのだ。


だからこそ自分の人生に向き合う1つのツールとして高収入のお仕事を利用するスタンスが重要であり、間違っても「高収入だから人生安泰!」といった依存心を持たないことが大切なのである。。。


ってちょっと偉そうに書きすぎたかな???
何にせよ、高収入はたくさんあるツールの内の1つなのだ。
カテゴリー : 風俗ニュース
フェチさんアモイ
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「客は気持ち悪かった」「平均月収10万未満」−。警視庁が公表した違法「JKビジネス」店に在籍していた少女に対する意識調査で、接客に抵抗を感じる少女の内心や、実際の給与はほかの仕事と大差ないケースが多いといった実情が浮かんだ。警視庁幹部は、「楽観的な考えで働き初めてしまう少女が多い」と危機感を示している。


調査は昨年、警視庁が初めて実施。昨夏に摘発した、都内の2店舗に在籍していた15〜17歳の少女42人に聞いた。調査によると、JKビジネスで働くきっかけ(複数回答)は、「高額収入」が23人と最も多い。稼ぐ目的(同)は、25人が「遊興費」、19人が「物品購入」を挙げ、「生活費」「学費」は合わせて8人だった。実際に1カ月当たりの収入を「20万円以上から30万円未満」としたのは6人、「50万円以上」が5人と、高額を稼いだ少女もいる。しかし一方で、ほぼ半数の20人が「10万円未満」と回答した。


また、JKビジネスを知ったのは「友人」(28人)が最多。働いた感想は「嫌だった」(15人)が、「よかった」(6人)を上回り、見知らぬ男性との性行為は7割が「いけないこと」と感じていた。客については「気持ち悪い」「うっとうしい」との声も上がり、業務に抵抗感を持ちながら応じた状況も浮かぶ。居場所を失った女子中高生たちを支援する団体「Colabo(コラボ)」(東京)の仁藤夢乃代表は、「少女たちは給料がいいと思って働き始めるが、意外と普通のアルバイト代と大きく変わらない」と指摘する。


「業者は、友達間の紹介で新たな少女を取り込むなど敷居を下げるのがうまいので、少女らに仕事の危険性が認識されていない。少女が積極的に性を売っているとみるのではなく、少女を利用する業者の悪質さに目を向けるべき」と話し、学校などで危険性を呼びかけることが必要とみる。


JKビジネスに対しては警視庁が平成24年から、労働基準法、風営法、児童福祉法などを適用して32店55人を検挙してきた。25年からは15〜19歳の少女90人を補導した。さらに店への監督を強化しようと、警視庁は開催中の東京都議会定例会に、JKビジネスを規制する条例案を提出している。18歳未満の就労を禁止し、営業には届け出を義務づける。条例が新たに制定されれば、全国初。7月の施行を目指している。


条例案では、看板や衣装などでJKを連想させる店で、マッサージを建前とした「リフレ」▽デートできる「お散歩」▽会話をする「コミュ」−などの5形態を「特定異性接客営業」に規定。営業する際は、公安員会に届け出をし、従業員名簿を備える。警察は条例に基づき、立ち入り調査や命令を行うことができる。違反すれば、最高で1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。水着や下着姿で接客するガールズ居酒屋なども18歳未満の就労を禁止する。


都内では約100店のJKビジネス店が規制の対象となる見通しだ。条例案をめぐっては、警視庁が主催する有識者懇談会で昨年5月、実態把握と禁止行為を明確にするために法的規制が必要とする報告書が出されていた。警視庁は、「JKビジネスは営業実態の把握が困難になっている。条例で、福祉犯罪の防止と少年の健全育成につなげたい」としている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000520-san-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
これは、、、JKビジネスだけに言えることではなくて、高収入で働きたい女性が本当に高収入を労働を通して得ているのか?というのは働く側がキッチリと高収入ワークのお給料事情を把握しておかなければならないと思う。


高収入で働いているつもりなのは本人だけで、世の中から見るとちっとも高収入で働けていなかったというのであれば、もはや高収入で働く意味はない。。。。。


やはり高収入ワークのお給料事情というのはキッチリと世の中へ発信しなければ、儲けたい女性の心を逆手に取って、全然儲けれてない女性が世の中に増えてしまう。。。


条例や規制が世のために進められることを見守りつつ、筆者は世の中への情報発信をキッチリして世の役に立ちたいと姿勢を正したのでした。
カテゴリー : 風俗ニュース
プラチナ_営業
小岩デリヘルキャンキャン☆CanCan