全国SMクラブ 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  SMクラブ > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
60歳の時点で4000万円。『お父さんのための裏ハローワーク』(門倉貴史/方丈社)の「はじめに」のページで著者が提示している、老後に必要な生活費のために達成すべき貯金の目標額だ。60歳で退職したとして、年金が支給される年齢までの無収入期間や病気などでの支出も考慮してあるという。自慢じゃないが、借金はあっても貯金ゼロの私には、ページを開いた最初から絶望しかない。しかし、絶望するのはまだ早い。地下経済の第一人者でもある著者は、「ぜひとも副業に励んでいただければと思います」と読者にエールを送り、「裏ハローワーク」として「世の中ではあまり知られていない」仕事の数々を紹介してくれる。


まずは、「好きこそものの上手なれ」とも云うし、個人的な興味でエロ関係の仕事について読んでみた。デリバリーヘルス(派遣型ファッションヘルス)のドライバーなら、マイカーで女の子を男性客のもとへ送迎するだけで、時給1000円以上。休日や空き時間にやるには、悪くない条件だろう。ただし、デリヘル嬢に手を出すのはご法度だから、スケベ心に打ち勝つ自制心が必要となる。それでは見慣れたアダルトビデオの、審査という仕事はどうか。しかし、そこは真面目な仕事であり、モザイクが薄すぎたりズレたりしていないか、特定の商品名が画面に写り込んでいないかなどを、画面を凝視してチェックしなければならない。しかも、1本1800円ほどの出来高払いだから、稼ぐとなれば本数をこなさなければならず、義務感でAVを見るというのは、なかなか大変そうだ。


仕事はやはり、やり甲斐が大切でもあるから、人の役に立つことをしてみようと思うと、代行業がある。現代人はなにかと忙しいため、それを代わりにやれば人から感謝されたうえ、お金も稼げて良さそうである。墓参り代行は、歩合制で1墓参り5000円〜1万円(交通費支給)が基本らしいが、著者によれば依頼者は忙しいだけではなく、高齢化や過疎化によりお参りできない人が増えていて、相場は上がっているらしい。他にも本書には、この手の代行業の紹介が多くあり、謝罪代行や告白代行に交じって、お遍路代行なんてものまであった。しかも車で巡っていいそうで、日給1万円として10日間くらいならば10万円を稼げる。とはいえ、長期休暇を取るほうが難しいかもしれない。


いっそ一攫千金を狙うのはどうか。と云っても、宝クジ並みの確率ではお話にならないから、夢があって、もう少し現実的なところで隕石ハンターというものがあった。隕石は砂漠で発見されることが多いため、著者も海外へ採取しに行くのを勧めているが、国内でも過去に隕石が発見された場所があるので、そのあたりを探してみることを提案している。大きさや質によるものの、火星の石なら3キログラムで1億1000万円、月の石なら1グラムでも110万円の値が付くそうだ。さすがに隕石を探すのは浮ついているとなれば、流木拾いはかなり堅実だろう。用途の一つに、熱帯魚の水槽の展示用にするというのがあり、水に入れると沈むものに希少価値があるそうで、テレビ番組の企画で挑戦した著者は流木を探し始めて30分くらいすると、金額に換算して数千円にはなる枝ぶりのいい流木をいくつも見つけたという。レジャー気分で出かけてお金が稼げるのなら、それこそ万々歳ではないか。


だが最後に、残念なお知らせがある。冒頭での貯金の目標額は、心優しい著者が心臓の弱い読者を想定して配慮した「かなり甘い見積もり」で、「全然足りない可能性が高い」そうだ。では、本当に必要な金額はどれくらいなのか。「あとがき」にその金額が示されているのだが、それを知って絶望している暇などはない。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161128-00013146-davinci-life

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
最近の世の中を見ていると、高齢者の貧困と若者の貧困が際立つ。
私は若者よりの人間だから若者目線で見てみると、家が貧乏でそのまま貧乏の渦から出れないような若者をよく見かける。
出ようと思えばその渦から出れるんだけど、、、なんだろう?正直な感想を書くと視野が狭く感じる。。


もっと高収入求人を人生に活かすべきだと私は思う。


そういう意味で高齢者にも若者にも高収入のお仕事が定着すればなと願うのでした(●´ω`●)
カテゴリー : 風俗ニュース
小岩デリヘルキャンキャン☆CanCan
フェチさんサンバ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
性感染症のひとつである「梅毒」が大流行している。2016年度の報告数はすでに4077件(11月27日現在)で、4165件だった1974年以来、42年ぶりに4千件を超えた。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】


政府統計などによると、1950年代には最大12万の患者がいたが、報告数が1万1755件だった67年以降、減少傾向にあった。


しかし2010年以降、急激に患者が増加。小流行期だった1987年(2928件)をあっという間に超えた。




性行為(オーラルセックスやアナルセックスも含む)で感染する梅毒。


厚労省によると、全身の発疹やリンパ節が腫れるなどの症状があり、放置すると脳や心臓などに重大な合併症が生じることがあるという。


また、妊婦が感染すると、早産や死産などにつながるおそれもある。無症状で進行することもあるので、検査による早期発見と治療が必要だ。




「男性の病気」と思われがちだが、そうとも言い切れない。


ここ6年に限ると、女性の増加が約8倍と顕著だ。


また、年齢分布別(2015年)に見ると、15〜24歳に関しては、男性よりも女性の方が報告数が多いことがわかる。


20代女性に限れば382人。10年は33人だったので、11.5倍と急増している。


厚労省結核感染症課の担当者はBuzzFeed Newsの取材に「原因はわからないが、危機的な流行だ」と頭を抱える。


「性風俗の存在だけでは説明できない流行です。自覚症状がないことがあるので、いつの間にか移しているケースも多いのではないか」


妊婦検診で梅毒が判明するケースが増えているという、これまで滅多になかった現場の声も聞こえるようになったという。


梅毒などの性感染症は、コンドームの適切な使用で感染リスクを減らすことができる。同省は、セーラームーンを起用したコンドームを製作するなどの対策に乗り出した。


一緒に配布するビラに書かれた「検査しないとおしおきよ!」という目を惹くキャッチコピーは、原作者の武内直子さんが提案したものだ。


老若男女誰でも知っているキャラクターを通じ、できる限り大勢に性感染症が拡大している現状を知ってもらう狙いがある。


コンドームに関しては、大手メーカーの「オカモト」がが無償で6万個を提供した。成人式や大学祭などで配布するという。




担当者は「一番の問題は無関心です」と言う。


「たとえば風俗で働く人、風俗に行く人の問題だなどと思うのではなく、自分にも関係があると危機意識を持ってもらいたい」


その上で、こうも呼びかけた。


「梅毒をはじめとする性感染症はコンドームだけで防ぐことはできません。自分やパートナーを守るためにも、まず検査を受けてみてください」


梅毒の検査は、地域によっては保健所で無料・匿名で受けることができる。抗生物質で治療できるが、感染を繰り返すこともあるので、定期的な検査が大切だ。


厚労省のサイト「梅毒に関するQ&A」にはより詳しい情報が掲載されている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00010002-bfj-soci


 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
性感染症の流行は1人1人の心がけから食い止めることが始まるわけで、梅毒はオーラルセックスで感染してしまうとのことなので、風俗店の利用で「フェラチオ」「クンニ」をされる方は注意が必要ということになる。
どうしても感染症なので検査をしなければ分からないわけだけれど、風俗店の利用の前に性病についてもきちんと考えるべき。
1人の感染であっという間にあっちこっちへ感染してしまうので、大流行しているときだからこそ、みんなで力を合わせて梅毒注意!を呼びかけよヽ(`▽´)/
カテゴリー : 風俗ニュース
アドミ
旭川デリヘル ココルル
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
気鋭の文筆家・鈴木涼美さんが、現代のオンナのオカネの稼ぎ方・使い方事情をレポートする連載。今回から「4年間で8000万円」を稼ぎ、それを全て使い切った女子大生のお財布事情に肉薄します!




8000万円の4年間


「オカネで買えない価値がある」なんていうカード会社のコピーは超控えめに謙遜してるのであって、実はその価値は現代ではとてもとても少ない。美貌・身長・時間、オカネで買えないと信じられていたものがどんどん買えるようになって久しいし、それらはどんどん細部にまでわたっている。


そして、そういうかつては買えないと信じられてきたものは、バッグや口紅や航空券なんかと違って、そもそも値段をつけられるのに慣れていないが故に、いくらつぎ込んでも溢れることのないコップみたいなものであったりもするのだ。


JR新宿駅東口を出て区役所まで歩き、区役所通り沿いにある喫茶店で私はモトコさんと待ち合わせをした。実は初対面ではなく、2年位前に私の高校時代の友人を介して一度だけ飲み会で会ったことがある。その時、24歳だった彼女がスマホのアルバムから何人かのホストの写真を見せてくれたのを思い出して、私は久しぶりに連絡をとった。


2年弱ぶりに見る彼女は、枝毛だらけだった明るい茶髪を限りなく地毛に近い焦げ茶色に染め替えていた。今年の5月にそれまでの生活を「卒業」して、ほとんどプータローに近い生活をしていたが、今は恵比寿にあるラウンジで気ままに働きながら、簿記の資格をとるための塾に通おうか通うまいか悩んでいるところだという。


そもそも10万円の家賃で同じ所に4年以上住み、その間一度も旅行などには行かず、貰い物だというプラダの革製のバッグを永遠に使い続けていた彼女の生活が極端に地味なものに変貌したわけではないのだそうだ。


彼女はこの4年間で、正規の収入・非正規の副収入(お小遣いやチップなど)を合わせて少なく見積もっても8000万円稼いでいた。最低限の家賃や光熱費・生活用品や美容代を覗いてそのほとんどをこの区役所通り近辺の飲み屋に使い切ったという。


ありがちなホスト通いの代償だが、私は彼女に頼み込んで、使った金額を覚えている限りできるだけ細かくリストアップしてもらった。


彼女が指名して通ったホストクラブはこの4年間で2軒ある。最初の1年間はG店。中堅どころだという24歳のホストを指名していた。1年間で使った金額は約600万円。その後、F店の幹部ホストNに心変わりし、つい最近まで3年間通い続けた。


その間、彼女が「サブ」と呼ぶ他の店のホストも3人ほど指名したことがあるが、そちらのお会計は4年間で3人合わせても50万円程度。それ以外のオカネはほぼすべてNのいたF店に支払った。


私もホストクラブには一度や二度ではなく行ったことがあるので料金システムは承知しているつもりだし、人によっては一晩で何百万円も使うことが可能だというのも、実際にそういう「太客」が支えている商売の形態だという知識もあったが、それにしても途方のない金額に思えた。


彼女に「もっと安く飲んでいる客もたくさんいる気がするけど」と聞いてみても「麻痺してたから」「義務みたいになってた」「自分に酔ってた」といまいち要領の悪い答えしか返ってこない。


金銭感覚の麻痺なんていうのは急速に高収入になった場合には老若男女問わず起こりえることだが、彼女の収支を聞くとどう考えても、急速に高収入になったというより、ホストクラブで使う金額に合わせて多少無理をして収入を上げていったように見える。


例えば臨時収入の祝いだとか、頑張ったご褒美だとか、そもそも高収入の嗜みとしてとかいって通われることの多いキャバクラやクラブと違って、売掛システムを主とするホストクラブは「飲んでから稼げ」の精神が根本にある。


客は、その日使った金額が記入してある伝票を持ち帰り、月末までに使った金額を次の月の入金日(大抵3日や5日)までにまとめて支払う。銀座で飲み歩く、立場と身分のある男性とは違い、歌舞伎町のホストクラブで高額を使う客は、モトコさんのような風俗店勤務であったり、個人的な愛人、水商売の女性が約8割を占める。


当然、とりっぱぐれはある。売掛を飛んで逃げた客を追い詰めたところで、彼女が消費者金融などでオカネを作れるとは限らないし、そもそも行方を捕捉するのも大変だ。だからホストたちは交際しているふりをしたり、お客の家を訪問したりして、なんとか逃げないでオカネを使い続けるよう客を管理するのである。


それにしても途方も無い金額を店に借金する形をとってまで使い切る彼女たちは何を買っているのか。少なくとも麒麟淡麗350ミリ缶やヴーヴ・クリコを買っているわけではないのは確かだ。




入り口は3000円、次回は3万円


どうして何の不自由もない子がこんな仕事を? いう、実は社会学の研究室などでは現代社会を読み解くヒントとでも言わんばかりに話題の対象になりやすいテーゼがあり、女子高生の援助交際から始まり、女子大生の風俗バイトや、お嬢様のAV出演など、ちょっとした社会問題が起きる度に識者たちがあれやこれやと批評したがる。


私もまたそういった話題をよく取り扱っていたのだが、とある風俗嬢に「それみんなホスト狂いだっただけじゃない? と言われて、なるほど確かに現代社会の謎の一部は単純明快に説明がついてしまった。


たしかに例え親が50万円仕送りしてくれるようなセレブな大学生でも、ホストに通おうと思えば風俗嬢に転身するのは自然の成り行きであろう。同じようになんであんなに常識的だった子が嘘をついて大金をせびるのか? 何千万円も客からだまし取って何をしていたのか? なワイドショーの話題も大部分は同じように説明がつく。


モトコさんもまた、表向きそういった現代社会の謎と仕分けられるような何不自由ない女子大生から気合の入った風俗嬢になったクチである。


この4年間で、デリヘル、SM系デリヘル、ソープランド、交際クラブ、アダルトビデオへの出演、と風俗絡みの仕事はフルコースで経験した。さらに、そういった業態で知り合った客らから個人的に、多い時では300万円の現金を援助してもらった。


それ以前は、50万円とは言わないまでも、10万円の家賃と学費の他に5万円の仕送りをもらい、時々キャバクラでもバイトする極めて何の不自由もない女子大生だった。


「一見さんお断り」とは京都や銀座の粋な老舗の匂いがするが、対してホストクラブは「一見さん超大歓迎」のシステムを誇る。駅方面から靖国通りを渡り、歌舞伎町に入ると、女性を待ち構えたホストクラブの客引きが間髪入れずに声をかけてくる。


一昔前は店で働くホストが「キャッチ」と銘打って路上で客引きをしてたが、法令の関係でそういった姿は見かけなくなり、そのかわりに店を紹介する言わば「歩く案内所」のようなおじさんたちが、「初回いかない? 「1000円で飲めるところあるよ」などと一見客とホストクラブをつなぐ役割をはたすようになった。また、数は少ないがホスト案内所と銘打った店舗も散見される。


よく知られたことだが、初めてホストクラブを訪れた客が支払う料金は500円〜5000円。それで2時間、焼酎のボトルと割物が飲み放題となる場合が多い。その際に指名のシステムはなく、店のホストたちが入れ替わり立ち代わり名刺を持ってきて10分程度接客をする。


そして気に入ったホストがいれば携帯番号を交換し、会計の際に最も気に入ったホストを告げるとそのホストが店先まで見送ってくれる「送り指名」をすることができる。実際に正規の料金を支払うのは指名で来店する2回目以降だ。


正規の料金は店や地域によってまちまちだが、歌舞伎町ではセット料金が7000円〜8000円、テーブルチャージ3000円〜4000円、指名料3000円前後、それにオーダーした飲み物の代金を足し、TAX30〜40%、消費税8%をそれぞれかけた金額を請求する場合が多い。つまり8000円の鏡月ボトルと2000円の割物のお茶を注文した場合、大体お会計は3万5000円。基本的な料金はこんなものであって、高いといえば高いが非現実的な金額ではない。


モトコさんも初めてホストクラブを訪れた21歳の頃は、初回システムを使って2000円や3000円でいろいろな店を飲み歩いていた。G店のホストと仲良くなって通いだしてからも当初は「片手(5万円)以内くらいで週に1〜2度」店を訪れる程度だった。


彼女は2回目の来店、つまり指名で初めて店に行った際に鏡月のボトルを1本入れ、割物の緑茶をピッチャーで一つ、指名ホストが飲む缶ビールを1セット(2本)頼み、会計は少しおまけしてもらって3万円ちょうどだった。その後、鏡月のボトルは彼女自身とヘルプにつくホストで大抵1回につき1本空いてしまうので、その後も大体それくらいのオーダーで、3〜4万円支払うことが多かった。


この基本的な飲み物は卒業する直前、F店に高頻度で通っていた時も大して変わっていない。鏡月と割物のお茶、缶ビールである。しかし、通い慣れてくると、ただ焼酎のお茶割りを飲んでホストとおしゃべりするだけに終始するだけではおさまらなくなった。


ヘルプと盛り上がってお酒を飲むゲームなどをしていればテキーラ、その店のホストの誕生日や特別な理由がある時には5〜30万円のシャンパンを追加する。自分の指名ホストのお祝い、店の締め日(月末最終営業日)などでは、60〜250万円の飾りボトルや150万円以上のシャンパンタワーをオーダーした。


3〜4万円の支払いを続けていれば、それを週に1回、4年間休みなくしたとしても800万円程度である。8000万円には程遠いし、当然、ホストクラブでもそれは許されている。彼女は望んでそこに何十万、何百万円の追加オーダーを重ねていった。通う頻度も多くなった。そこには、客を色分けするホストクラブの独特の文化や慣習、店が用意するシステムなどがうまく作用している。


次回は、その文化とシステムがもたらす作用を細かく観察してみようと思う。


鈴木 涼美


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161109-00050108-gendaibiz-bus_all
 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
高収入を稼ぐ女性の事情は千差万別。


・遊びたい時期をしっかり遊ぶために自分で決めた時期だけ高収入のお仕事をする人。
・色々な事情から借金を負って返済のために高収入のお仕事をする人。
・起業資金を貯めるために高収入のお仕事をする人。
・お小遣いのために副業として高収入のお仕事をする人。


このように自分なりの目標実現のために高収入のお仕事をされる女性はこんなことにならない。


でも、お金がもったがゆえに選択肢が増えて、道を誤る人がいるのも確か。


お金は必要だけど、お金に呑まれてはいけない。


そう感じる記事だったな。
みんながハッピーになれる高収入ライフが一番清々しい♪♪♪
カテゴリー : 風俗ニュース
若妻エスコートクラブHips越谷本店
熟女家 豊中蛍池店