全国SMクラブ 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  SMクラブ > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
東京・立川市の風俗店で17歳の少女を働かせていたとして、店長の男ら2人が逮捕されました。


立川市の風俗店の経営者・並木一央容疑者(26)と店長の安元啓容疑者(39)は去年1月から半年間、店で高校1年の少女を働かせていた疑いが持たれています。警視庁によりますと、並木容疑者らは少女がインターネット上に書き込んだ「働けるところを探しています」というメッセージに返信し、面接をしていました。店は1年間で約1億円を売り上げ、少女には約1カ月分の給与として125万円を渡していたとみられています。取り調べに対して並木容疑者は容疑を認め、安元容疑者は「17歳と知らなかった」と一部、否認しています。


http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000096340.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
知らなかったでは済まされないからこそ、雇う側は絶対に年齢確認を怠ってはいけない。。。


それにしてもお店は1年で1億円の売上で、17歳の女の子は1ヶ月で100万超えのお給料。
高収入のお仕事は間違いなく高収入のお仕事なのだと改めて世間に認識させるニュースだと感じてしまった。


違法でない年齢に達した女性がきちんとしたお店で高収入ワークをすることがこの業界で生き残っていく正当な道なのだから、このブログを読んでくれている女性にはちゃんとした求職活動をして欲しいと思っているのでした★
カテゴリー : 風俗ニュース
Club☆痴女ギャル
フェチさんアモイ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
大阪・ミナミで増加している風俗店へのスカウトやキャッチ行為に対応するため、大阪市が警察官OBらでつくる「特命チーム」を4月から配置することが27日、分かった。市が平成26年に全国初の罰則付きの客引き適正化条例を施行させ一時は減少。しかし、監視の目をくぐり抜ける形で活動を活発化しているとみられ、市は対応が必要だと判断した。チームは違法なスカウトらを徹底マークし、撲滅を図る。


市の調査によると、条例施行直後は、キタとミナミ合わせて400人以上いた客引きが3分の1近く(約160人)に減少。しかし丸2年が経過した昨年11月には約220人が確認された。市は指導員を巡回させるなどしているが、監視の目をくぐる形で復活しつつある。特に居酒屋の客引きよりも、ミナミ地区での風俗店系のスカウトの増加が顕著だという。


この現状について、市の担当者はミナミのほうがエリアが広い上、店舗数も多く激戦であると指摘。その上で「場所にとらわれないスカウトは、(市の)指導員の巡回の動きを把握して立ち回っており、実数はもっと多い」とみている。


居酒屋の客引きは来店させるため必然的に店舗近くで活動せざるを得ないのに対し、女性の勧誘が目的のスカウトは活動の場所を問わないのが特徴。実際、指導員の姿を見ると、場所を移して活動する様子も確認されているという。


そこで、市は現状の指導員20人態勢に、新たにミナミ地区での特命チームとして6人を追加配備。通常の巡回に加え、スカウトらに対象を絞り集中的に監視する。


別の場所に移動してもついていき、条例違反の行為がないか徹底的に取り締まりをする方針だ。


http://www.sankei.com/west/news/170227/wst1702270040-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
市の動きをキッチリ把握する側と、徹底的にスカウトを追跡する側。。。
こうやって「仕事」というのは生じているのかというのを垣間見た気がする。。。


何はともあれ、本当に働きたい女性はスカウトじゃなくて、信頼できるお店をしっかりと自分の意思で探した方がいい。
どこのお店も女性を募集しているのだから、わざわざスカウトについていく必要はない。


それにネットで高収入のお仕事を検索して、大手グループや優良店やその他のお店を徹底比較することだって可能な昨今、高収入ワークの情報源をスカウトだけに絞るのは視野が狭いと言わざるをえない。


賢く生きよう!!!
カテゴリー : 風俗ニュース
風俗SEO.com
池袋人妻アデージョ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
さて、本日2月24日は経済産業省が企業の働き方改革と余暇需要の促進を狙って設定する「プレミアムフライデー」(毎月最後の金曜日)の記念すべき第一回目の実施日であります。経済産業省は各企業に従業員の「早上がり」を推奨し、経団連などと連携しながらプレミアムフライデーを対象とした販売促進(割引プラン等)を後押ししています。


本プレミアムフライデー施策に関してはその経済効果を期待する声もある一方で、国が「早上がり」だけを推奨したところで企業内での業務改革が起こらない限りは、他の日にしわ寄せが来るだけという批判の声も存在します。事実、今回の経産省主導のプレミアムフライデーに類似する施策として、厚労省主導で昨年始まった「ゆう活」キャンペーン」(夏季の業務時間の前倒しを「推奨」する施策)では、施策アピールの為に先行して導入を決定した各行政官庁の職員から、「残業がかえって増えた」とする不満の声が挙げられたなどという非常に皮肉なエピソードも聞こえてきています。


ということで、その施策への賛否も含めて多くの意見が挙げられているプレミアムフライデーですが、今回、私は皆さんとちょっと違った角度から本施策を切ってみたいと思います。テーマは「プレミアムフライデー施策から弾かれる風俗営業種」です。


多少、専門的な言い回しとなってしまいますが、我が国の特定業種を規制する法律として風営法、正式名称を「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」と呼ばれる法律があります。風俗営業というと、一般の方々はまず性風俗を思い浮かべることとは思いますが、風営法はいわゆる性風俗のみならず、スナックやキャバクラなどの接待営業の他にゲームセンター、雀荘、パチンコ屋、はたまた12時以降に営業を行うダンスクラブやライブハウス、ピアノラウンジなどまで、広範に規制の対象に含む、我が国の「夜の産業」を規制する法律です。


ところが、実はこの様々な風営法に規制されている業態に対して、経産省の主導するプレミアムフライデー施策は快く思っていない模様で、本施策の対象から外されているようです。以下は、プレミアムフライデーのロゴマーク使用規約からの抜粋。


-----------------------------------------------------------------
プレミアムフライデーロゴマーク使用規約 制定平成28年12月12日
https://premium-friday.go.jp/apply.html

(4)次の各項のいずれかに該当する場合は、いかなる場合もロゴマークを使用することはできない。
・風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和 23 年法律第 122 号)第 2条に規定する営業又はその広告等に利用される場合。ただし、特に経済産業省がプレミアムフライデーの取組の活性に寄与する事を認める場合はこの限りではない。
-----------------------------------------------------------------


実はこの規約、プレミアムフライデーのロゴマークを使用しようとして申請を行おうとしたゲームセンター系の事業者さんから、「どうやら風俗営業種は経産省に歓迎されていないようだ」とのタレコミ(もしくはただ愚痴をぶつけたかっただけ)がありまして私も初めて認知したもの。「ただし特に経済産業省がプレミアムフライデーの取組の活性に寄与する事を認める場合はこの限りではない」と規定しているあたりに、経産省としては風営法の規制対象に含まれる業種の中で、このマークを「使用してよい」業種と「使用してはダメな」業種を選別したいような空気は伝わってくるわけですが、とにかく風俗営業種は経産省から嫌われているようです。


一方で、このプレミアムフライデーは民間の事業ではなく、あくまで国の進める公的施策。もし、何らか特定分野の業種に対して差別的な待遇を設けるのであれば、それなりの法令根拠はもとより、そらを峻別する明確な基準を示して頂かなければなりません。ところが、本プレミアムフライデーのロゴマークしよう規約をよく読んでみると、以下のような条項があるわけです。


-----------------------------------------------------------------
11.その他いかなる場合にあっても流通政策課長は、使用者がこの規約に違反した場合やその他不適当と認める場合には、ロゴマークの使用承認を取り消すことができ、これに起因する損失補償について一切の責任を負わない。なお、本規約の解釈その他疑義は流通政策課長が決定する。
-----------------------------------------------------------------


現在の経済産業省の流通政策課長は林揚哲(はやしようてつ)さんという方なのですが、この条項に基づけば、例えば風営法の規制対象業種がロゴの使用申請をしたとしてその林揚哲さんが「プレミアムフライデーの取組の活性に寄与する」と考えた場合にはロゴの使用が認められて、そうでないと考えた場合にはロゴの使用が認められないということなのでしょうか?そういう個人の判断に任せた流動的な基準であるとするのならば、この流通政策課長にダンスクラブ好きの人が座ればダンスクラブがOKになるかもしれませんし、キャバクラ好きの人間が座ればキャバクラがOKになったりするのでしょうか?


風営法の所管業種をも専門の範疇においている私としては、どうもその辺が釈然としないため先月の半ばに事務局に対して質問を送付しましたところ、以下のような回答を得ました。


-----------------------------------------------------------------
Q. 「当方、風営法所管業種の専門研究者です。プレミアムフライデーロゴマーク使用規約1-2-(4)にロゴマークを使用できない場合として「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和 23 年法律第 122 号)第 2条に規定する営業」とありますが、いかなる法令根拠の基づいてこのような特定業種に対する差別的な規定が定められているのか、ご教示頂けましたら幸いです。宜しくお願い申し上げます。


A. 「お問合わせありがとうございます。ご回答が遅くなり申し訳ございません。プレミアムフライデーは国の事業であるため、風営法に抵触する企業・団体様は御遠慮頂いています。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。」
-----------------------------------------------------------------


はい、全く回答になっていないですね。そもそも「風営法に抵触する」というのは、一体どういう意味でしょうか。抵触というのは通常「法律や規則に違反すること」を意味し、この回答を文字通り受け止めるのならば「風営法違反の企業・団体様は御遠慮頂いている」という意味になるわけですが、恐らくそういう意味でこの回答をよこしたとは思えない。この辺りにも、いかにも「適当に回答してきたな」ということが読み取れるわけです。


ちなみに風俗営業法は、そこに規定される各営業種をただ「害悪な存在」として規制を設けているわけではありませんで、「適正な営業が行われれば国民に健全な娯楽の機会を与える営業」としてその「適正化」を図ること目的とした法律となっています。その風営法の立法趣旨からすれば、寧ろ風営法に則って許可を得ている事業者はプレミアムフライデーが政策目標として掲げる「余暇の創出による消費喚起」に寧ろ最も則った業者として警察からお墨付きを頂いている業者群であるわけで、その施策から「爪弾き」をされる言われはありません。


という事で現在、現在事務局に向かって第二段目のアツいお便りを追撃したところ。お返事をお待ちしております。>経済産業省流通政策課長の林揚哲様


http://blogos.com/article/211578/

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
あら!
これは第二段目に対するお返事が気になるところ!


この記事の通り国の進める公的な施策が特定分野の業種を差別しているともとられかねない状況と見える。


また事務局の回答も「風営法に抵触する企業・団体様はお断り」となっていて、ほんっとに適当としか思えない。。。


私は官職の人たちを批判なんてしないけれど、こんな適当な扱いは人から批判されても仕方ないと思う。


人、団体、企業、国の全ては信頼によって成り立っているということを忘れてしまうと、誰もついてきてくれなくなってしまって、消滅することにもなりかねない。


このプレミアムフライでーの規制についてはいい反面教師として今後の人生に活かしていこう。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
ミリオンガールズ
立川風俗受付センター
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
メラニア・トランプ(Melania Trump)米大統領夫人は3月6日、英タブロイド紙「デイリー・メール(DAILY TRUMP)」と「メール・オンライン(MAIL ONLINE)」を所有する米メール・メディア(MAIL MEDIA)に対し、同社がメラニア夫人がかつて風俗業に従事していたと報道し、その結果彼女は大きな商機を失ったとしてニューヨーク最高裁判所に訴状を再提出した。彼女は少なくとも1億5000万ドル(168億円)の損害賠償金を求めている。「メール・オンライン」は昨年8月、メラニア夫人が1990年代にモデルではなく、売春婦として働いていたと報道。これを受けメラニア夫人は、記事の内容は事実と全く異なり、名誉が毀損されたとして9月にメリーランド州の裁判所に訴状を提出していた。その後、記事は取り下げられた。


今回の訴えでメラニア夫人は、大きな商機を失ったと主張。彼女は元モデルで現在はブランドのスポークスマンやビジネスウーマンであり、今後アパレルやアクセサリー、シューズ、ジュエリー、化粧品、香水を手掛けることを検討していたという。訴えによると、各ビジネスは数百万ドル規模になりうるという。また、記事によって「彼女がスポークスマンを務めるブランドやライセンスビジネスには数百万ドルの損害が生じている」としている。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170208-00010017-wwdjapan-ent

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
事の真偽は置いておくとして、

・風俗業界で働く側はきちんと秘密を守ってくれるお店を見つける。
・お店は働く女性を大切にし、情報の管理統制等をきちんと守る。
・サービスを受けるお客様は、この業界の秩序が保たれるためにルールに従って遊ぶ。

という3者間の協力があってこそ、風俗業界が生き残っていけると言える。

人はどんな境遇に生まれて社会に放り出されるか分からないし、家庭に平和に収まっていた方が社会にでざるを得ない状態になることが起こらないなんて言えないし、そのとき困っている人の弱みにつけこむことなく、各々の需要を満たすことが理想なんだけどな・・・。

メラニア夫人は凄く強くてしっかりしてそうだから心配の必要はなさそうだけどね★★
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪ファッツ
Club☆痴女ギャル
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
前回(「週7日飲酒? 赤提灯に集う『暗黒女子』の正体」)、野毛や武蔵小山などの闇市跡にできた盛り場の焼肉店やホルモン店に、若い女性たちが進出していることを紹介した。そして、食とは別な分野でも、近年闇市が注目されている。




■ここ3〜4年、闇市に関する本の出版が相次ぐ


その1つが、学術的なもの。2016年9月に出版された石榑(いしぐれ)督和『戦後東京と闇市』が、5400円という高価な本であるにもかかわらず、たちまち重版し、新聞書評などでも高い評価を得ている。


闇市関係の本の出版状況を見ると、1995年には松平誠の『ヤミ市 幻のガイドブック』が出ていたが、その後2010年あたりから同様のテーマを扱った本が増え始め、特にこの3、4年は一種のブームになっている。


同時に、赤線や遊郭の跡地を歩いたり、その歴史をひもといたりといった本の出版も増えている。これらも2000年ごろから出はじめ、2010年以降に急増している。


『戦後東京と闇市』の著者である石榑さんは、1986年生まれの30歳。戦後東京の闇市に関心をもったきっかけをこう語る。


「岐阜市出身で、子どもの頃は歓楽街の柳ヶ瀬の映画館に映画を見に行ったりしました。今はすっかり廃れてしまいましたが。


2004年に東京に出てきて、小田急線の郊外、神奈川県川崎市の生田(いくた)に住みました。だから、出かける繁華街というと新宿。初めて新宿に行ったときは駅のまわりに全然性格の違う街が混在していることに驚きました。歌舞伎町にも驚きましたが、思い出横丁やゴールデン街も衝撃を受けました。


建築の勉強をしていくと、巨大なビルと小さな店が混在している都市の面白さを実感するようになりました。終戦後の空間が今も生きながらえているのは闇市跡の横丁だけです。そこで、どうして闇市が生まれ、そこから巨大な繁華街が育っていったのかを研究し始めました




「新宿系」椎名林檎の影響?


新宿との関係で気になったのは、石榑さんが中学生のとき、椎名林檎の『歌舞伎町の女王』をよく聴いていたということだ。だから歌舞伎町に行ったわけではないだろうが、もしかしたら潜在意識レベルで影響があったのかと疑いたくなる。




■椎名林檎のメジャー化がもたらした変化


椎名林檎は、1998年にデビューし、従来の渋谷系に対して新宿系を標榜。昭和的な情念を現代的に表現する歌を歌った。渋谷的な都会から、新宿的な都市への関心の変化が、そのころあったのかもしれない。平成的なものから昭和的なものへの変化だともいえる。薄さから濃さへの変化。人工的なものから動物的、肉体的なものへの変化でもある。


前回、野毛の常連としてインタビューした「暗黒女子」Tさん(27歳)も「椎名林檎は大好きです。スナックも好き。前の職場の上司の男性とよく行きました。そこでカラオケもしました。昭和の歌謡曲が好きです。十八番は『天城越え』です」と言っていた。


もちろん椎名林檎は現在最も人気のあるアーティストの1人だから、闇市や遊郭に関心のある人に特にファンが多いわけではないだろう。だが、林檎のメジャー化と、闇市、遊郭人気の拡大は、ほぼ同じ時代の現象だ。何か共通する空気感があるように思える。


直接闇市や赤線や遊郭に関わるものではないが、明治、大正の民衆の暴動を研究した藤野裕子『都市と暴動の民衆史』や、明治、大正の民衆への職業紹介事業を研究した町田祐一『近代都市の下層社会』といった本も、いずれも就職氷河期世代の1980年前後生まれの若い研究者によって出されている。『近代都市の下層社会』の著者の町田祐一は「あとがき」の中で、明らかに自分の世代の問題として同書を書いたと言っている。


また、明治時代の下層社会研究の嚆矢(こうし)、松原岩五郎の『最暗黒の東京』も、すでに岩波文庫があるにもかかわらず、講談社学術文庫から2015年に刊行された。その他にも、2014年には塩見鮮一郎『江戸の貧民』 、翌2015年には同『戦後の貧民』など、貧困層に関わる本も最近は出版が多い。


こうしてみると、長引く不況のために、現代という時代が、敗戦直後にかぎらず、戦前、大正、明治、さらには江戸という過去との共通性を感じさせるものになっており、そのことが闇市、遊郭への関心をもたらす背景になっているとも思われる。




吉原に女子が集まる?


こうした一連の流れと関連して、2016年、戦後すぐに発行されたカストリ雑誌や、遊郭関連の本の復刻本などを出版するカストリ出版という個人出版社が、吉原のソープ街のすぐ脇に「カストリ書房」を開店し、話題を呼んでいる。運営するのは、IT企業出身で30代の渡辺豪さんだ。




■女子には「どろどろしたものを求める気分」がある?


渡辺さんによると、カストリ書房に来る客は、なんと6、7割が女性であり、年齢は20〜30代と若いという。中学生の女子生徒にもファンがいる。


「何かどろどろしたものを求める気分が僕の中にはあるんですが、それは来店する女性たちにもある気がします。怖い物見たさというか……。


僕は旅行が好きで全国を回っていたのですが、するとしばしば各地に不思議な魅力的な場所がある。何だろうと思って調べてみると、昔遊郭があった場所だとわかった。それで全国の遊郭を調べてそれらを訪ね歩いてSNSで発信しはじめたんですが、その情報に反応してくるのは女性が多かったのです。だから、(カストリ書房にも)女性客が多いことは当初から想定していました」(渡辺氏)


なぜだろう。映画の『吉原炎上』とか、漫画の『さくらん』とか、春画展とか、女性が遊郭に関心をもつきっかけは最近継続してあった(2015年に東京の永青文庫で開催された「春画展」も、若い女性客が多かったことで話題になった)。


「女性のほうがレバーを食べる、男性はあまり食べない」という本連載前回インタビューでの女性の発言もあったが、男性のほうが今は、動物的、肉体的なものと距離があるということではないか。


女性は毎月いやでも自分が動物であることを肉体で実感する。対して男性のほうがパソコンやゲームなどのデジタルなものや人工的なものだけに浸って生きてしまいがちだ。生活全体のデジタル化に生理的に満足できない、リアルさを求める心理が女性のほうでより強いということかもしれない。


また、昭和のレトロな看板がいいよねとか、昔の喫茶店やスナックが好きだとかというブームはずっとある。都築響一の『天国は水割りの味がする-東京スナック魅酒乱-』の発行が2010年、同『東京スナック飲みある記』『演歌よ今夜も有難う』が2011年、東京の下町のディープな魅力を深掘りした『東京右半分』が2012年の発行だ。下町的な庶民的な泥臭さや一種のキッチュさが面白いと思われる心理が広がっていた。『ブルータス』がスナックを特集したり(2015年11月15日号)、JpopのJUJUが『スナックJUJU』というアルバムを出したりもしている(2016年)。


こうした風潮の背景には、少し大げさだが、1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災の影響もあるのではないか。人々がずっと信じてきた近代的な都市計画が、地震によって予想もしない崩壊をしたこと。そのころが、当時青少年だった世代に、都市に対するイメージの何らかの変容をもたらしたのではないか。




長引く不況がもたらしたもの


都市の未来よりも、都市の過去、ずっと生きながらえてきた小さな空間。恐竜が滅びてもゴキブリが滅びなかったように、巨大な近代建築よりも小さくたくましく生きる人間たちがつくる猥雑で有機的で生命のある場所。そうしたものへの関心が無意識のうちに高まったのではあるまいか。そういう時代感覚の分析はいくらでもできる。


だが実は私は、やはり格差とか貧困の問題が遊郭に惹かれる女性たちの心の根底にはあるのではないかと思っていた。しかし、いきなり渡辺さんにそう聞くと、文化的な現象と経済情勢を安易に結びつけることを嫌がられるかと思って質問しなかった。だが、渡辺さんの方から「貧困とか不況とか少子化というものも絡んでいるだろうと思う」との発言があった。


「倫理観も変化しているし、セックスワークに対する女性の考え方も変化している。不況のためになかなかお金を得られないために、そうした仕事をしている女性たちがいることを一般の女性も知っているし、自分の身の回りにもいるわけです。セックスワークをしている女性たちも自分たちの考えをSNSや出版でも発信していて、それは中学生の女子でも知りうる。じゃあ、こういう働き方を自分はできるのか、と考える機会も増える。ちょっと調べれば、昔は遊女がたくさんいたことはわかるし」(渡辺氏)


貧困女子が性風俗で働くことをレポートした本も売れている。学費を払うために、それこそ吉原のような風俗街で働く女子学生も多いという内容だ。


さらに、渡辺さんは少し違う見方もする。「遊郭があった時代のほうが日本は勢いがあって、商店街もにぎやかだった。ところが今は産業が空洞化したり、少子化で人口が減ったりで、商店街はシャッター街。遊女たちの哀しい歴史というのはたしかにあるけど、明るい面、たくましい面、文化的な面もあったということに目が向き始めたのではないか」。




■“遊郭好き女子”「魅力は窓がかわいいこと」


私にはたまたま遊郭が好きな女性の知人がいるので、遊郭の魅力を彼女に聞いてみた。


Hさん(29歳)は、東京の会社に勤める女性。近年、全国の遊郭跡を訪ね歩いている。すでに50カ所に行った。「いちばん印象的なのは京都の五条楽園。次が尾道。3番目は難しいですが、豊橋かな。愛知県が全般にいいです。建築的に派手というか、面白い」。


Hさんは大学で日本文学を学び、そこで樋口一葉や吉原に関心をもった。課題のレポートで遊郭建築について書いたこともある。それから建築を学び、しばらく遊郭のことは忘れていた。ところが数年前「誰かがツイッターで飛田新地のことを書いていたんです。料亭の写真に惹かれました。それがきっかけで自分でも遊郭跡を回るようになったんです」。


遊郭の魅力は「窓がかわいい。タイルも。見れば見るほど好きなところが増えます」。タイル好きの人というのはいる。窓が好き、手すりが好き、という一種のフェティシズムも確実に存在する。そうした欲求を総合的に満たしてくれるのが遊郭建築らしい。




若者たちの興味は過去へ


建築だけではない。遊郭街、花街という空間全体もまた、えもいわれぬ魅力をもっている。すでに全盛期は遠く、今となっては薄汚れてすらいる街が、かえって独特の湿り気と落ち着きをもっていて、むしろ心にしみる。


「遊郭跡だけではなく、飲み屋街が好きです。酒場が好き。大学3年から高円寺に住んで、ガード下の飲み屋さんでよく飲んでいました。つまみは何でもいい。空気がよどんだ感じが好き。日常ではない空間ですね」


高円寺も大正から昭和にかけてカフェ街があった街だ。今も風俗店が多い。ガード下は飲食店が多く、ぬめぬめした空気感があり、独特だ。




■「昭和の街の良さがわからないなんて、ダメな人たち」


「きれいな街に行くとそわそわしちゃう。一方で、こういう昭和の街の良さがわからないなんて、ダメな人たちって、きれいな街が好きな人たちを、ちょっと馬鹿にしているかも」(Hさん)


遊郭跡以外にも酒場を訪ね歩くことはあるのだろうか。


「埼玉の飯能の川沿いにある橋本屋。ただの大衆酒場ですね。それから稲田堤の、やっぱり川の近くのたぬきや。おばさんひとりでやっている茶店みたいなところ。川と電車を見ながら飲みます」。昔の日本映画のワンシーンみたいだなあ。


「音楽はちあきなおみが好き。あとは藤圭子。YouTubeでたくさん見ます。阿佐ヶ谷の映画館ラピュタで上映している映画のテーマ曲などから気になった曲を調べて聴いたりしています」


闇市と遊郭とひなびた居酒屋にはまる若い世代。AIだVR(バーチャルリアリティ)だのと、日々技術は進歩しているが、人々の心は過去に向かっている。


三浦 展


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170131-00156078-toyo-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
記事自体が長いけれど、この記事を取り上げたのは「日々技術は進歩しているが、人々の心は過去に向かっている。」という最後の文章に惹かれてしまったから。


これに関しては図星で、私の心も未来を見ているけれど、基本的な自己の確立については過去の叡智に耳を傾けていると言える。


私の場合はこの後に矛盾が生じていたりする。というのも過去の叡智によって自己を確立すると、未来に関する良い思いつきというものが発生して、未来に向けて生きていくことができているからだ。


だからこそ、この記事の著者は鋭いと言えるし、過去に向かう若者の心はある意味で正しいと言える。
そして私は日本の未来は明るいと感じざるを得ない。


それと同時に昔賑わっていた性産業が、また活気付いて新たな賑わいを日本にもたらしたら面白いのに・・・と思ってしまった。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
旭川デリヘル ココルル