全国サロン 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  サロン > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
若い世代の貧困が話題だ。なかでも、奨学金返済などで金銭的に追い詰められ、夜の仕事へと足を踏み出す若い女性が注目を集めている。一昔前に比べて、水商売や風俗業で働く若い女性が増えている。そんなイメージも広がりつつある。きちんとした統計がとりづらい世界で働く女性たちは、本当に増えているのか、ライターの森鷹久氏が追った。


「とにかく人が足りないんです。いろんな店を転々とする子が多く、引き止めるのにも精一杯。風俗嬢が増えている?そんなワケないですよ。需要は増えていますけどね」


風俗の激戦地、東京・池袋で派遣型風俗店を営む男性経営者から返ってきたのは、意外な返答だった。“景気の悪化により体を売る女性が増えている”といった論調の雑誌記事やテレビ特集、いわゆる「JKビジネス」に代表されるような、若い女性の売春行為についての報道に日常的に触れていれば、なんとなく「風俗で働く女性が増えている」という雰囲気が醸成される。特に筆者は、特殊な状況下に置かれた女性を取材することも多く「女性と性産業」の距離が縮まり続けているのではないか、と感じていた。


前述の経営者男性によれば、同店に所属する女性は18歳から38歳までの約80人というが、そのうちスケジュールに沿って定期的に出勤する女性は30人未満。面接を経て初出勤後に連絡が取れなくなる女性も少なくなく、スタッフには「女性の確保・管理」の徹底を指導しているが、成果は芳しくない。


一方、東京・台東区内で店舗型風俗店の店長を務める男性は「風俗で働く女性は明らかに増えた」と言い切る。この違いは何か。風俗雑誌のベテランライターが解説する。


「風俗業界の二極化が進んでいるんです。若くて美人で可愛い女性が在籍していると謳う“高級店”の数が増え続けていますが、そういった店で働くことができる女性は当然少ない。特に都市部では高級店を利用したいというニーズが高まっていて、景気上昇の波を感じます」


高級店の対極である“大衆店”や“激安店”の事情は全く逆なのだと、ライターは続ける。


「高級店バブルの陰で、激安店で働きたいという女性は捨てて吐くほどいるというのが現状です。特に“熟女”と言われるジャンルが確立して以降は、中年女性が風俗店で働くケースが激増し、利用料金も下がる一方」


世代間や男女間の“格差”について論じられる機会が増えた昨今だが、それぞれの立場によって物事の見方は180度変わってしまう。「風俗嬢が増えたのか、減ったのか」という視点から景気を読み解こうとしても、逆に景気状況から「風俗嬢の増減」を計ろうとしても、その作業に意味を見いだせないことに気がつく。30代後半から性風俗店で働くようになった40代の主婦・Aさんは言う。


「森さんみたいな人たちが、私たちの存在を面白おかしく書くでしょう?でも実情は全く違う。景気が悪いからこういう業界で働いている人もいれば、私みたいに暇つぶし感覚でやっている女性もそれなりにいる。そもそも“体を売ること”が悪いって前提が男にはあるんじゃない?私と森さんでは、見えているものがぜんぜん違うのよ」


売春少女や性風俗産業で働く女性には数多く取材をしてきた自負があったが、いつの間にか“正義感めいた何か”を盾にし驕っていたのかもしれない。性風俗産業は悪ではないが、自分の妻や娘が性風俗産業で働くとなれば良い気持ちにはなれないだろう。30代以上について仕事として従事する人が増えているという証言はあるものの、「風俗嬢の増減」について実態を知るには、彼女たちの本音を聞き続けるしかなさそうだ。


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170506/dms1705061156007-n1.htm

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
定点観測で世の中を見ることはできても、世の中を測ることはできないということが二極化を機に認識されることになるのかもしれない。
格差があるからこそ、それぞれの世界観にも格差が生じてしまい、「望むこと」「望まないこと」等、個人が欲しがる事象が大きく違うということになるのだろう。

私が疑問に思うことは、その世界観格差の違いの先に目を向ける人は果たしているのだろうか?ということだ。

人は「望むこと」や「望まないこと」に人生を託すことなる。

果たして「望むこと」「望まないこと」として生き残ることができるモノとは何なのだろうか?

そこに着目した人はどんな世界観であれ、絶対に生き延びることができるというのは私だけが知る事実として認識させてもらおう。
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪風俗NEWS
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
トップ女優はもちろん、企画単体の女優ですら顔を晒してSNSをしている20代前半の女子。一昔前までは高額求人情報誌でも「バレずに稼げる!」が定番フレーズだったが、彼女たちは“身バレ”を恐れていないのだろうか?


「小さい頃からSNSで顔や名前、住所など個人情報を晒してきたから、あまり抵抗がないんですよ。AVに出てることがバレても、同世代からは何も言われません。親はギリギリSNSをやらない世代だから、親にさえバレなきゃいいかなって(苦笑)。あと私たちは中学、高校の頃にモバゲーとかグリーが全盛期で、それを使って援交してるコも多かった。そこらへんもAVに出るハードルを下げてると思う」(24歳・企画女優)


こういった考え方について、「友人知人にバレても『仕方ない』程度の価値観が、この世代の特徴」と分析するのはAVライターのアケミン氏だ。


「思春期にスマートフォンでAVを観ている世代なので、そもそもAVに対しての抵抗がないように思います。“手っ取り早く稼ぐ”手段の一つ程度の考え。だから就職、結婚などの転機であっさり引退し、過去を切り離すんです」


ただ、なかには完全隠密で副業する若い女優もいるとアケミン氏は続ける。


「女子校出身だったり、化粧品会社など、女性の多い職場で働いていたら、案外バレないようです。また、マニア系のみに限定して出演している女優さんもいる。ネットに出回りづらいので、身バレしにくいですし、手堅く稼げます」


職場にこっそりAV出演している部下が潜んでいた……なんてことも、大いにありうるのだ。


一方、男子はというと……この時期は新入社員を連れて“新歓風俗”に行く読者もいると思うが、これが風俗嬢からは大不評だというのだ。いったい、なぜ?


「無趣味なコが多くて、いくら話しかけても盛り上がらないから、雰囲気をつくるのが難しいんです。来た理由を聞いても、仏頂面で『仕事なので……』と。さすがにプレイ中は多少表情も崩れますけど、ヤル前から“賢者モード”なんです」(デリヘル嬢)


草食系をさらにこじらせたステルス世代(本性が見えない若者世代の特徴)の男子は、風俗嬢からもヒンシュクを買ってしまうこと必至。“新歓風俗”に行く前にも研修が必要なようだ。


― [ステルス世代]の若者たち ―


https://nikkan-spa.jp/1325516

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
え・・・
ゆとり世代、さとり世代は知ってたけど、「ステルス世代」っていうのがあるの!?!?
そしてそんなステルス世代が風俗に行くとやる前から賢者モードなのね・・・(笑)
世代別の扱いづらさというのも風俗嬢に聞いていくと面白いデータになりそう。
そしてそれが業界の次なる進化に活かされるのが世の常だったりする。
カテゴリー : 風俗ニュース
若妻エスコートクラブHips越谷本店
【L 〜エル〜】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
仙台中央署は28日までに、県迷惑防止条例違反の疑いで、仙台市青葉区国見6丁目の無職の男(21)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は25日午後6時半ごろ、同区一番町3丁目の路上で、20代の女性警察官に「お姉さん、夜の仕事とか興味ない。ソープとか風俗とか、男の性欲を処理する仕事かな」などと声を掛け、風俗店で働くようしつこく勧誘した疑い。


女性警察官は中央署員。地元商店街などから「スカウトが道行く女性に次々に声を掛け、風紀が乱れる」などの苦情を受け、女性警察官が一般人を装って警戒していた。


2007年5月に同条例が改正され、路上でのスカウト行為が新たな規制対象となっている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000004-khks-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
悪質なスカウトがはびこっているのが当たり前と思っていたけれど、最近は摘発や逮捕が増えてきている。
高収入のお仕事にしても、風俗のお仕事にしても、高収入で働きたい女性が普通にネットで情報収集してお仕事を見つけれる世の中なのだから、スカウトで無理に女性を引っ張る必要なんて皆無。

働きたい女性が働く。働きたくない女性は働かない。それがどんなお仕事の求人でも当たり前のスタンスなのだから、悪質なスカウトは自然淘汰されて当然なのではないだろうか?


カテゴリー : 風俗ニュース
WOW!こんなの!?ヤリすぎサークル.com 新橋店
プラチナ_営業
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
東京・立川市の風俗店で17歳の少女を働かせていたとして、店長の男ら2人が逮捕されました。


立川市の風俗店の経営者・並木一央容疑者(26)と店長の安元啓容疑者(39)は去年1月から半年間、店で高校1年の少女を働かせていた疑いが持たれています。警視庁によりますと、並木容疑者らは少女がインターネット上に書き込んだ「働けるところを探しています」というメッセージに返信し、面接をしていました。店は1年間で約1億円を売り上げ、少女には約1カ月分の給与として125万円を渡していたとみられています。取り調べに対して並木容疑者は容疑を認め、安元容疑者は「17歳と知らなかった」と一部、否認しています。


http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000096340.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
知らなかったでは済まされないからこそ、雇う側は絶対に年齢確認を怠ってはいけない。。。


それにしてもお店は1年で1億円の売上で、17歳の女の子は1ヶ月で100万超えのお給料。
高収入のお仕事は間違いなく高収入のお仕事なのだと改めて世間に認識させるニュースだと感じてしまった。


違法でない年齢に達した女性がきちんとしたお店で高収入ワークをすることがこの業界で生き残っていく正当な道なのだから、このブログを読んでくれている女性にはちゃんとした求職活動をして欲しいと思っているのでした★
カテゴリー : 風俗ニュース
立川風俗受付センター
WOW!こんなの!?ヤリすぎサークル.com 新橋店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
大阪・ミナミで増加している風俗店へのスカウトやキャッチ行為に対応するため、大阪市が警察官OBらでつくる「特命チーム」を4月から配置することが27日、分かった。市が平成26年に全国初の罰則付きの客引き適正化条例を施行させ一時は減少。しかし、監視の目をくぐり抜ける形で活動を活発化しているとみられ、市は対応が必要だと判断した。チームは違法なスカウトらを徹底マークし、撲滅を図る。


市の調査によると、条例施行直後は、キタとミナミ合わせて400人以上いた客引きが3分の1近く(約160人)に減少。しかし丸2年が経過した昨年11月には約220人が確認された。市は指導員を巡回させるなどしているが、監視の目をくぐる形で復活しつつある。特に居酒屋の客引きよりも、ミナミ地区での風俗店系のスカウトの増加が顕著だという。


この現状について、市の担当者はミナミのほうがエリアが広い上、店舗数も多く激戦であると指摘。その上で「場所にとらわれないスカウトは、(市の)指導員の巡回の動きを把握して立ち回っており、実数はもっと多い」とみている。


居酒屋の客引きは来店させるため必然的に店舗近くで活動せざるを得ないのに対し、女性の勧誘が目的のスカウトは活動の場所を問わないのが特徴。実際、指導員の姿を見ると、場所を移して活動する様子も確認されているという。


そこで、市は現状の指導員20人態勢に、新たにミナミ地区での特命チームとして6人を追加配備。通常の巡回に加え、スカウトらに対象を絞り集中的に監視する。


別の場所に移動してもついていき、条例違反の行為がないか徹底的に取り締まりをする方針だ。


http://www.sankei.com/west/news/170227/wst1702270040-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
市の動きをキッチリ把握する側と、徹底的にスカウトを追跡する側。。。
こうやって「仕事」というのは生じているのかというのを垣間見た気がする。。。


何はともあれ、本当に働きたい女性はスカウトじゃなくて、信頼できるお店をしっかりと自分の意思で探した方がいい。
どこのお店も女性を募集しているのだから、わざわざスカウトについていく必要はない。


それにネットで高収入のお仕事を検索して、大手グループや優良店やその他のお店を徹底比較することだって可能な昨今、高収入ワークの情報源をスカウトだけに絞るのは視野が狭いと言わざるをえない。


賢く生きよう!!!
カテゴリー : 風俗ニュース
若妻エスコートクラブHips越谷本店
【L 〜エル〜】