全国風俗ニュース 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  風俗ニュース > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
千葉県警松戸署と総務省関東総合通信局は6日、松戸市本町のキャバクラで、アマチュア無線の免許を持っていないのに無届けで店の客引きに高出力のイヤホンマイク(インカム)無線機を持たせて使用した電波法違反(無線局の不法開設)の疑いで、店を経営する松戸市の男性(36)と同店を地検松戸支部に書類送検した。風俗営業を対象とした同法違反の摘発は千葉県内初。


書類送検容疑は、昨年10月20日午後8時55分ごろ、同店で男性と従業員が、総務大臣の許可を得ず、同法違反となる高出力無線機のインカムを使用して無線局を開設した疑い。


同署によると、総務省にアマチュア無線の周波数に同店のインカムによる通信が入り込むという苦情があり、同署と関東総合通信局が合同捜査を行っていた。昨年6月に同店に立ち入り、警告と指導を行ったが、使用をやめなかったため摘発した。男性は「千葉県での摘発を聞いたことがないので、注意や指導で済むだろうと安易に考えていた」と容疑を認めているという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00010005-chibatopi-l12

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
ここ最近18歳未満のJKビジネスに関するニュースばかり見ていたからか、まさか「電波法違反」でキャバクラ店経営者が書類送検されるというニュースに目を剥いてしまった・・・。
ある意味レアな??摘発だと言える。
このニュースを読まれたお店経営者の方々には是非反面教師にして、「知らなかった」で違法行為をしてしまうことのないように心がけてもらいたいと思う。


ってこれ、風俗業界だけが気をつけることではないんだけどね^^;
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 千葉
私のあしながおじさん 営業用
WOW!こんなの!?ヤリすぎサークル.com 新橋店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
制服姿の女子高生らがマッサージなどのサービスを提供する「JK(女子高生)ビジネス」のサービスが過激化している。スケスケ衣装を着た半裸状態の少女と密着したり、ストリップショーやアダルトビデオ(AV)のまねごとをしたり。性風俗店と大差ない接客を行う店が出てきているのだ。その実態とは−。


「摘発の強化で業者の数自体は減った。その一方で、サービス内容はより過激になっている」


業界の内部事情に詳しいライターの高木瑞穂氏は「JKビジネス」の現状についてこう話す。


都内のある店舗では、「30分ハグ」(5000円程度)というサービスが人気という。


「30分間、女子高生と抱き合うというものです。しかも、この店はオプションで少女が着るコスチュームを自由に選ぶことができる。『ハイパーシースルー衣装』といって、スケスケの半裸に近い衣装。ハグといっても、ほとんどペッティングに近い」(高木氏)


高田馬場や池袋などの店舗のなかには、客が女子高生に性行為を連想させるようなポーズを取らせたり、制服から下着姿になる「ナマ脱ぎショー」なるメニューもある。


女子高生によるリフレクソロジー(JKリフレ)などのJKビジネスは、2011年ごろから都内の繁華街を中心に増加。短時間で高い報酬を得られることから、女子高生のアルバイト先として急速に広まり、「添い寝」や「散歩」などサービスもより細分化されていった。その一方で、「援助交際の温床になり、少女が犯罪に巻き込まれるケースが増えている」(捜査関係者)ことから、警察当局による取り締まりも強化されてきた。


高木氏は「これまでJKビジネスの中心地は秋葉原だったが、当局の取り締まりの激化に伴い、郊外や地方に拠点を移す店も増えている。摘発を免れるため、業界用語で『アンダー』と呼ばれる18歳以下でなく、法律に引っかからない18〜19歳の“女子高生”を雇う店が増えた。従業員の年齢層が高くなったのに伴い、利益を出すためにサービス内容が過激化する傾向にある」と指摘する。


少女を食い物にする“JK商法”。どこまで悪質になるのか。


http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/150110/lif15011020100021-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
今良くも悪くも注目を集めるJKビジネス今後の動向は注目したいところ。
やっぱり秋葉原から集中的に取締を強化すると郊外や地方に分散するのは必然と予想できる。
そうなると取締がどんどん難しくなるという流れが今後の第一ステップ??かな??
地方での18歳未満でそのような違法に近い人材の獲得は至難の業なのではないか??はたまた人材を獲得したところで継続して働いて頂くことは可能なのだろうか??
と、地方に一時分散したとしても次なる課題が出てくることが見込まれる。
18歳未満の女性に対して言えることは、違法行為に近いようなことでお小遣いを得るのではなく、社会貢献に重きを置いたお小遣い獲得の活動をして欲しいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
アドミ
フェチさんサンバ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
世間の注目を集めてからはや数年。愛好家の支持を受ける一方で、警察当局はもちろん、昨年、国連をも動かした「JKビジネス」が、またひとつの転換点を迎えようとしている。全国店舗の大多数が集中するとされる東京都で、営業を規制する条例が年内にも可決する見通しとなっている。これまで所在地を変え、業態を変え、摘発をかいくぐりながら生きてきたJKビジネス。今後はどうなっていくのか。




■全国初の条例へ


警視庁は平成28年11月、JKビジネスを規制する条例案を公表した。条例案では、18歳未満の接客や勧誘を禁止。営業を届け出制とすることで、都公安委員会が営業停止命令を出すことができるようになる。違反に対する罰則も盛り込む方針だ。


届け出が必要な営業の例は、「リフレ」「散歩」「見学」「撮影」「作業所」「コミュ」「カフェ」−と細かく挙げている。また、水着や下着姿で接客する「ガールズバー」「ガールズ居酒屋」も例示した。


これまでJKビジネスに対しては立ち入り権限がなかったため、サービス内容や従業員の年齢が把握できず、悪質な店舗の判別が困難だった。外部からの情報や、補導した少女から話を聞く中で、18歳未満(アンダー)がいる店を把握し、わいせつな行為をする「裏オプション」の有無を判断していた。


JKビジネスの規制をめぐっては、愛知県が27年に改正青少年保護育成条例を施行し、18歳未満の就業を禁じた。都でJKビジネス単独の条例ができれば全国初。早ければ今春の都議会にも条例案が提出される。


加えて、警察庁は29年度、全国のJKビジネス一斉調査を行うことを明らかにしている。「東京五輪が近づいている。こうした環境浄化策は着実に進めなければならない」。警察関係者は力を込める。




■大人のJKも…


ではJKビジネスはどうなるのか。


捜査関係者によると、これまでの取り締まりを受け、すでに女子高生を連想させるような「制服」「学園」などといった単語を使わない店が増えている。さらには条例の成立を待たずして、現役女子高生ではない、18歳以上(オーバー)がサービスする店舗が多くなっているのが現状だ。


「店が悪質かどうか以前に、JK店なのかどうかすら把握しづらくなっている」と捜査員も頭を悩ます。条例では18歳以上の稼働については触れられておらず、今後はこの傾向が進むとみられる。JKビジネスはもはや“JK風”ビジネスといえそうだ。もちろん裏の裏をかいて、少数の18歳未満が紛れれば把握はより難しい。


一方で無店舗化も進むとみられる。外で客と待ち合わせてホテルなどで2人きりになるとすれば、届け出制になったとしても立ち入りでの直接的な実態解明は困難。デリバリーヘルスのようになれば「もはやJKビジネスである必要はなく、個人の援助交際が相次ぐかもしれない」とみる関係者もいる。


このほか、条例に例示されていない別の業態の誕生もありそうだ。すでにスマートフォンの操作を教えるとうたうサービスが都内などにある。また、東京以外での店舗進出を指摘する声もある。




■「パパ活」台頭か


供給サイドが法の網をかいくぐろうとする一方で、需要サイドの愛好家はどうなるか。


「本物志向が強まる」。風俗ジャーナリストの青山照彦さんはこう言い切る。


青山さんによると未成年と関わりたいと考える男性は一定数いる。「本物の女子高生を見つけようと、店のホームページでの投稿内容や会話の内容からヒントを探る。現役じゃないと学校生活の話題に疎くなる。そういった点をヒントに相手を厳選する傾向が一層強まります」と語る。


こうした男性たちは必ずしもわいせつな行為を求めていない、とも青山さんは指摘する。JKビジネスももともと、体を触るような過激なサービスがある店は少数で、差別化のために裏オプションが横行した向きがある。


「つまり本当の愛好家はJK風ビジネスには目を向けない」。一方で、「パパ活」という言葉が流行しつつあるという。


学生らがお小遣いをくれる男性を持つことを指し、体の関係を持たないことが多いらしい。こうした別の手段に目を向けることになるようだ。


ただJKビジネスが問題となったことで、世間の目が厳しくなっているのも事実。「ホテルやカラオケ店などでも、おじさんと少女が手をつないでいれば通報が入るようになってきている。今後さらに女子高生と交際するリスクは高まっていくだろう」


当局と店と愛好家。それぞれの模索が続きそうだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000508-san-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
何事も表裏一体なわけだから、どこかを取り締まって規制すると、どこかに抜け目が出来てそっちに流れてしまう、そんな風に言えるニュース。。。


それにしてもどのビジネスにも「儲け第一主義の節操のない人」というのは存在するわけで風俗やJKビジネスだけというわけではない。


例えばWeb業界にしたって普通な顔をして人を騙す人だっているわけなんだから、ある意味でWeb業界ほど無法地帯はないとも言える。


じゃあ、どうすればいいの!?!?
なんて声が聞こえてきそう。
「当局」「店」「愛好家」のバランスが取れる管理体制を生み出すこと、ある程度の抜け目は認めること、そして一番重きを置くべきところは「教育」「良心の咎め」「思いとどまるための厳罰」。


どうしても罰だけだと、抜け目によって掻い潜れてしまうからこそ、やっぱり人の心に重きを置いた「教育」「良心の咎め」が大切と言える。


何にせよ「人の欲求」というものを軽んじない取締や規制が求められるところとも言える。
今後の動きも見逃せない!
カテゴリー : 風俗ニュース
WOW!こんなの!?ヤリすぎサークル.com 新橋店
フェチさんサンバ