全国風俗ニュース 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  風俗ニュース > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
手をつないで電車に飛び込み自殺――園子温監督の映画『自殺サークル』を想起させる不可解な事件に、世間には大きな衝撃が走った。

9日夜、東京・品川区の東急大井町線の荏原町駅で女子中学生2人が急行電車にはねられ、死亡した。警視庁は2人が飛び込み自殺した可能性が高いとみて調査中。警視庁によると、いずれも区内に住む13歳の女子中学生で、捜査関係者の話によれば、2人は手をつないで電車に飛び込んだとの目撃情報もあるという。

現場に残された2人のかばんから見つかった手書きのメモには「死にたい」などと書かれており、警視庁荏原署などによると、2人はともに演劇部に所属する親友で、9日は部活動を終えた後、午後6時過ぎに学校を出た。遺書と見られる手書きのメモには、人間関係の悩みなどが書かれていた。

中学生の自殺は17年ぶりに年間100件超を記録

日本の年間自殺者は全体として減少傾向にある。1998年以降、14年連続で3万人を超えていたその数は、2012年から4年連続で3万人を割り、2015年は2万3971人に。人口全体では自殺が抑制されつつあるにもかかわらず、中学生の自殺傾向は強まっているようだ。

警視庁公開のデータによると、2015年の中学生の自殺による死亡は年間102件で、1998年以来17年ぶりに100件を超えたことがわかった。さらには自殺死亡率(10万人あたりの自殺死亡者数)は、過去最多の記録を更新し続けている。

今月末の伊勢志摩サミットに参加するG7のうち、15〜34歳の死因の1位が自殺というのは日本だけ。他国では事故や病気が死因の1位であり、自殺の死亡率はアメリカやフランス、カナダの約2倍、ドイツやイギリスの約3倍、イタリアの約4倍である。若年層の自殺はG7でも圧倒的に多いのだ。その原因について「他国のように、ストレスの対処法を教育で教わっていないからではないか」と国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所自殺予防総合対策センターの山内貴史研究員は分析する。

中学生のみならず、高校生の自殺死亡率も、1991年以降は概ね増加傾向にある。2015年には高校生だけで年間241件の自殺死亡事案が確認されている。

大型連休明けには注意を

とりわけGWなどの大型連休明けには注意が必要だ。自身がその当事者となってしまう可能性も高くなる。

昨年夏、内閣府が発表した「18歳以下の日別自殺者数」を見ると、子どもの自殺が一番多い日は9月1日。中高生にとっては新学期が始まるこの日に、過去42年間で131人も命を絶っている。「春休みやゴールデンウィーク等の連休等、学校の長期休業明け直後に自殺者が増える傾向がある」(内閣府『平成27年版自殺対策白書』)と報告されており、4月11日、4月8日、9月2日、8月31日と続く。その次に多いのは実は5月上旬だ。

4月は子どもだけでなく、大人も転勤や転職、昇進と環境の変化が大きく強い緊張感の連続にさらされる。張りつめていた気持ちが一気にほどける連休明けは、誰しも気をつけないといけない。「五月病」という言葉もあるくらいで、連休明けのこの時期は心身ともに疲れが出てくるのだ。

今年4月から施行された「改正自殺対策基本法」には、子どもの自殺防止策強化が盛り込まれており、それだけ日本の若者たちの自殺が深刻化していることがうかがえる。人間関係などで追い込まれたら、ときには「逃げる」姿勢も大切だ。

ここで最後に、2015年の週刊SPA!3月17日号に掲載され、たびたび反響を呼んでいる作家・演出家の鴻上尚史氏のコラムを以下に一部引用する。

<逃げる前に「遺書」を書き、台所に置いて、学校に行かず、一日中、ブラブラして、大人達に心配をかけて、「死に切れなかった」と言って戻ってきなさい。それでもダメなら、学校宛てに、あなたをいじめている人の名前書いて送って、そして、その学校から逃げなさい。大人だって、会社が嫌なら逃げているのです。逃げることは恥ずかしいことではありません。逃げて逃げて、逃げ続けるのです。

大丈夫。この世界はあなたが思うよりはるかに広いのです。どこかの山にも南の島にも、あなたが生き延びられる場所はあるのです。とにかく逃げなさい>


<取材・文/北村篤裕>

http://nikkan-spa.jp/1107741

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
「逃げる姿勢も大切」これホントに、時と場合によるねー!
生きてたら、死にたくなるほど嫌なことって、あるやんな。
自分が踏ん張るからこそ、誰かのために働くことができたり、誰かを助けることができたりって場合もあるから、全部が全部逃げの姿勢でいるわけにもいかへんしね。。
てゆーか、なんで若者のストレス耐性が全体的に落ちているのか?てゆーところに着目する方が、実は根本的な解決法が見つかったりして〜★
日本の若者が強く生きていけますよ〜に★★★
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
『高級人妻デリヘル 彩-AYA-』 求人
AXフェチクラブ青山営業
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
『羽田空港を利用するVIPの移動時間を短縮するため』ということで、奇跡的に残った干潟エリアに橋を架ける『羽田連絡道路計画』(事業費約300億円)が進められています」

こう話すのは、日本自然保護協会の志村智子氏。羽田連絡道路は、安倍晋三首相がトップをつとめる「国際戦略特区」が具体化したものだ。この全長約600mの橋を建設することで、渡り鳥が行き交う貴重な干潟に悪影響を及ぼしかねないという。

羽田空港の直近に、奇跡的に残った干潟


「吉野川に3番目の橋を架ける工事が始まった後、渡り鳥の飛来場所が変わってしまいました。恐らく橋が障害物となったり、砂洲が変形したりしたためと考えられます。同じことがこの道路でも起きる可能性は十分にあります」(志村氏)

この計画に対し、「日本野鳥の会」「世界自然保護基金(WWF)」「日本自然保護協会」は今年2月、安倍首相や石井国交大臣、黒岩神奈川県知事らに「(仮称)羽田連絡道路に関する協議会設置の要望書」を提出した。

「現在、東京湾の干潟は過去の10%程度しか残っていません。多摩川河口は、東京湾に残る河口干潟としては塩性植物群落が残る唯一の場所です。多くの渡り鳥や底生生物が生息する場所は、羽田空港の直近という立地では奇跡的なのです」(日本野鳥の会神奈川支部・石井隆氏)

そんな貴重な干潟を危機に晒し、多額の税金を投入して、どれだけ時間短縮効果があるのかというと、何と「わずか5分です」(石井氏)という。

「貴重な干潟に悪影響を及ぼす恐れがあるのに、橋の必要性や、代替案の検討も不十分なまま。事業計画に関する情報公開は不十分で、関係者との間の議論も不足しています。ぜひ多くの人に、このことを知っていただきたいと思っています」(同)

建設によるメリットと、それによって失われる環境はどちらが大事なのだろうか

<取材・文/週刊SPA!編集部>

http://nikkan-spa.jp/1106454

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
私は正直者やから、本当のことを言うと、「干潟」が何なのか、わっかんない!
ググれば分かるんやろうけど、ごめん!!私も生きるだけで精一杯やねん!!!
でも、記事を読むと、VIP移動のたったの5分短縮のためだけに、めちゃおカネを使って、奇跡の干潟を危険に晒すとか?????
VIPってさ、、VIPやねんから、5分くらい移動が伸びても大丈夫な余裕があると思うねんけど・・・。
せやからおカネ使わんと、フツーに移動したらえーんちゃう??って思うわー。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
風俗SEO.com
池袋人妻アデージョ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
35〜49歳の中年男性300人に聞いたところ、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」と答えた男性は、実に全体の72%。中でも約半数の男性が、つまらない原因は「仕事」にあると答えている。

「昔は結果を気にせず全力でがんばれた。今は『できないものは仕方ない』と割り切っている」(42歳・旅行代理店)といった声からうかがえるのは、気力や体力をなくした中年男性のうつろな姿だ。

男の生きづらさを研究する男性学の武蔵大学助教・田中俊之氏はこう語る。

「彼らは、将来の“先が見えない”不安より、すでに結果が出ていてこれ以上の展望が望めない“先が見えてしまった”喪失感のほうが強い。男性は子供の頃から大きな夢を持てと言われて育つため、無限の可能性があった過去を美化してしまい、さまざまなものを“失った”と感じているのでしょう」

習慣化コンサルタントの古川武士氏は、中年男性の喪失感について次のように分析する。

「人間には“変化領域”と“現状領域”がある。20代は、変化にさらされるストレスの代わりに成長感が得られる“変化領域”にいるが、30〜40代は安心や安定と引き換えに停滞感を感じる“現状領域”に入っていき、そのカラは厚くてなかなか抜け出せません」

また、スキルが上がってできることが増えると、かえって仕事の喜びを失うともいう。心療内科医の海原純子氏は、人が物事に没頭した状態についてこう説明する。

人は、達成した結果ではなく、達成するためのプロセスにしか楽しみを見出せない。10回中10回成功するような課題には退屈してしまうので、10回中5回成功し、努力すれば7回になる、くらいの課題がもっとも心地いいんです」

この没頭状態を“フロー感覚”と呼ぶが、「若い頃は、能力は低くても挑戦している実感があるが、中年になると能力が上がるぶん挑戦している手応えはなくなり、退屈さが勝るようになります」(古川氏)。

つまり、中年はどうしたって物事に夢中になれなくなるのだ。こうした要因により、日頃の姿勢が以前より「守り」「どちらかといえば守り」に入ったと答えた男性は68.7%にも及んでいる。

「社会全体がリスクを恐れるようになり、『これ以上ひどい目に遭いたくない』『今までと同じことをしていれば間違いないだろう』という気分が蔓延している。しかし、適度にリスクを取って新しいことに挑戦しないと、現状維持のつもりがむしろ後退になってしまうでしょう」(田中氏)

海原氏も、「人は未知のものに出会って緊張を感じると交感神経が刺激され、脳も体も活性化する。リスクを避けて保守的になると老化も早まります」と警告する。5/10発売の週刊SPA!では「毎日がつまらないの正体」という特集を組んでいる。その原因は仕事か恋愛か日常生活か……。ぜひ原因を突き止めてほしい。 〈取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/スギゾー〉

http://nikkan-spa.jp/1103724

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
まだ中年じゃないから分かんないけど、
つまらないって感じるなら、
ハイキングとか行ったらいいと思う★★★
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
立川風俗受付センター
ミセスモンロー
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
LINEを利用する20〜40代男性100人にスマホの情報管理の実態を調査。LINEによる浮気バレのリスクを分析した。

恐るべし!セカンド女のSNSマーキング

LINEのポップアップ表示や誤送信を妻に見られただけでは浮気と断定できなかったはずが、浮気相手=セカンド女がSNS上に浮気の痕跡を残しまくっていたがために合わせ技で浮気がバレてしまった例も多い。

「寝るときはいつもスマホをサイレントモードにしていたんですが、たまたま音が鳴る設定にしたまま寝てしまった日があって。その日に限って浮気相手からLINEが来たので、嫁に名前を見られてしまったんです。名前を見られたくらいじゃ浮気の証拠には辿りつかないだろうと思ったんですが……」

しかし、FBで名前を検索したら明らかに二人で食べているホテルの朝食バイキングの写真が出てきたのが運の尽き。

「もちろん僕の顔なんて写ってないんですけど、僕が吸ってる煙草と、シャツの袖口が微妙に写りこんでいたので、アウトでした。名古屋に出張だとウソをついて、名古屋土産まで用意して、その実、彼女と都内でお泊まりをしていた日の写真だったので、嫁の怒りは倍増でしたね」(36歳・メーカー)

出張を延泊して不倫旅行を楽しんでいたのがバレたケースも。

「京都出張を延泊して、不倫中の部下と祇園祭を楽しんだのですが……。ただの部下にしては頻繁にLINEで連絡が来すぎだと疑った妻が、京都出張時に不倫相手のコのSNSをくまなくチェック。彼女がアップしていたのは、一見京都とはわからない、普通の飲み屋でビールを飲んでいるだけの写真なんですが、よく見ると微妙に壁に張ってる『祇園祭』のポスターの文字が見切れていたのを妻が発見。その写真のスクショが送られてきました。決定的な証拠ではありませんでしたが、どのみち証拠を掴まれると思って、あわてて東京に帰って土下座しました」(36歳・マスコミ)

最後はなんと、癒されるはずの猫の写真から浮気が発覚!

「浮気相手とのトーク履歴はほとんど消していたんですが、彼女とのLINEを見た妻が、トークの繋がりが不自然だったために履歴を消していると感づいて、彼女の名前を検索。ツイッターにもFace bookにも、痕跡になるような写真は一枚もなかったんですが、インスタグラムに一枚だけ、彼女の家で、僕が彼女と飼い猫を撮ってあげた写真があって。よく見たら猫の目に、撮影をしている僕が写りこんでいたんですよね……。僕と断定できるほどじゃなかったし、しらばっくれることもできたんですが、そこまで調べ尽くした妻の執念に恐れをなして認めてしまいました……」

男たちは不慮の事故だと信じたいかもしれないが、セカンド女たちにもいくばくかの「バレちゃえばいいのに」という未必の故意があったと考えるのが妥当だろう。不倫がバレたら慰謝料を取られるだけなのだからバカとしか言いようがないが、セカンド女ゆえの歪な承認欲求がSNSでのマーキングに繋がっているのだ。

― LINEは必ず浮気がバレる! ―

http://nikkan-spa.jp/1069813

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

SNS系のトラブル多いな〜w
老害もあれば、男女の問題も起こっちゃうのね〜w
浮気・不倫をしたい人は、SNSにご用心!!!
セカンド女、妻、夫、それぞれの思惑が錯綜するSNS。。。
なんかドラマになりそうなことがSNSからたくさん発掘できそうね♪♪♪
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
横浜ミクシーグループ_営業
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
Facebookで絡んでくる老人世代がウザい。

「ホント、勘弁してほしい……」と、呆れ顔で溜め息をつくのは、21歳のケイコさん。ケイコさんの溜め息のワケは、彼女が通う大学のゼミの担当教授(60代)だ。

この教授、とにかく絡んでくるし、上から目線。しかも学生たちのプレイベートな情報をかなり詳細に自身のFacebookに書き込んでいたという。Facebookでこうした老人世代に頭を悩ませる人は、彼女だけではなく意外と多いようだ。それらを分類化してみた。

Facebook老害事件簿

―思想信条系老害―

学生運動など政治の季節を過ごした団塊世代に多いのが、このタイプだ。

30代の会社員男性に聞いた。

「60代後半の方でやたらと政治や市民運動に熱い人がいるんですよね。安倍首相とか、原発問題とかの記事のリンクを貼って延々と持論を展開してるんです。まぁ、実害があるワケじゃないからいいやってほうっておいたんです」

だが、ある日その矛先がこの男性に向かった。

「『保育園落ちた死ね』で盛り上がったときに、ウチも息子が待機児童になったことがあるから、記事のリンク貼って『行政はもっと保育園問題に取り組んでほしい』って書き込んだら、すぐに飛んできて、行政の悪口から安倍政権の悪口までものすごい長文をコメントしてきてドン引きましたね。適当にコメントを返したら『子供たちの未来のために、もっと考えて行動するべき』ってコメントが返されて、呆れてそのままブロックしました」

政治信条、主義主張の押しつけは、若い世代にとってはウンザリすることこの上ないようだ。

―ストーカー系老害―

お節介も度が過ぎるとストーカーと見紛う行動になるようだ。20代の会社員女性はウンザリ顔で被害を語ってくれた。

「よく行く飲み屋さんの常連のおじいちゃんなんですが、お節介というかしつこいんです。あたしが彼氏と別れてそのお店で1人で飲みながら泣いてたら、やって来て、あたしも寂しくその人にいろいろ話しちゃったんです。元彼はすごく弱い人で、別れたくても別れてくれなくてちょっとズルズルしたんです。そういうこととかいろいろ話しちゃったのがマズかったですね」

女性は家に帰ってFacebookを見て、震え上がったという。

「あたしのことが書いてあったんです。よく行く飲み屋で知り合った女性の別れ話を聞いて、親身になって相談に乗ってるみたいなことが書いてて、あたしが話したことがものすっごく細かく書かれてました。そして『こういう別れ方をしたときの男は危険だから、彼女のことが心配だ。さっきから何度かメールしているのだが、返信がない。最悪のことも考えておいた方がいいのだろうか』って、ビックリして携帯見たらメールが5件と着信2回。しかも夜中の1時過ぎですよ。次の日もそのまた次の日も朝から携帯のメール、Facebookのメールとコメントが何通も来て、元彼よりもアンタの方が怖いよ!って思いました」

結局、女性が飲み屋のマスターに話し、男性は出禁になったという。

「常連客の人はみんなウザがっていたみたいです。Facebookもブロックしてスッキリしました」

―マウンティング系老害―

過去の栄華に寄り添うように生きる、今は哀しき老人もFacebookでは我が春を謳歌するように過去の自慢話を繰り広げる。だが、それが度を過ぎるとマウンティングに発展してしまうようだ。

「昔は羽振りが良かったジイさんがいて、何か書く度に対抗心剥き出しでコメント付けてくるんですよ。あれはウザいですね」

と語るのは20代の会社員男性だ。

「先日、中古でBMWのちっこい1シリーズを購入して写真をアップしたら『僕が昔乗っていたのは今はもうない8シリーズ。あの頃は余裕があったからキャッシュで買ったよ』って。彼女と沖縄に行ったときも『リゾートもいいけど、沖縄の本当の魅力は離島にあるんだよ』とか、上司に銀座で寿司を奢ってもらったこと書いたら『銀座の●●(店名)も板前が変わって、随分と味が落ちたって聞くよね』ってイチャモンですよ。もう、いっつもこの調子で被せてくるんですよ」

このおじいさん、自身のFacebookでは常に回顧録に終始し、過去の栄華を日々綴っているという。

「マンションを即金で買ったとか、仕事で有名人に会って銀座で豪遊する仲になったとか、そんなんばっか。でも、今の生活は厳しいみたいで聞いた話では毎月のように携帯が止められたり、電車代もなくて外に出られないみたいなんですよ。僕への書き込みが息抜きになってんならしゃあないかなって」

彼のように優しい人だけじゃないと肝に銘じた方が良さそうだ。

他にも仕事関係の情報を全て書き込んでしまう情報漏洩系老害や、すぐに議論をしたがる討論系老害、他人の悪口を書きまくる暴言系老害など、さまざまなケースの老害事例を聞くことができた。

これらの事例で共通しているのは、こうした迷惑行為を彼らは“よかれ”と思ってやっていることだ。そして、自分の意見や主義主張は絶対に正しいと思い込んでいることだ。

確かに人生の経験値では、60年も70年も生きてきた彼らに適うはずはない。だが、だからといって全てが正しいとは限らない。前述のケイコさんは彼らについてこう話してくれた。

「今の若いコは……とか、あたしたちにはこうしろああしろって言いますけど、そんなに自分たちの世代が正しいんでしょうか。正しいことをしてきたなら、もう少し今の日本は“まとも”じゃないんでしょうか」

ぐうの音も出ないとはまさにこのことか。こうした老人たちを反面教師として見習いたいものである。〈取材・文/SPA!老害問題取材班〉

http://nikkan-spa.jp/1102318

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

最近、FB系のニュース多いな〜。
それだけ人に利用されてるってことか〜。
えーっと、今回のニュースがFB上の「老害」についてね。
ちょっと老害をザックリ並べてみた★

●思想信条系老害
ストーカー系老害
マウンティング系老害
情報漏洩系老害
討論系老害
暴言系老害

ちょっ!種類、多くね??

でもなー。。
このニュースあながち間違ってない・・・。
だって実際におるもん!こーゆー人!
しかも年配者ばっか!

申し訳ないけど、年配者見たら警戒してしまうんよね(ごめん!)

でも、本当のところ、年齢なんて関係ないよね。
お互いが思いやりを持って、
相手の自由意志を尊重する。
ただそれだけでいいと思う。
だから私も、年配者見て警戒するところは反省点かな??

これからも自分をよく見つめて、
人として成長できるように過ごしていこぉ〜(∩´∀`)∩ワーイ
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
フェチさんサンバ
私のあしながおじさん 営業用