全国風俗ニュース 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  風俗ニュース > 

フリーワード検索
投稿日:2017-05-15 19:22
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
看護師の格好をした女性従業員が、患者役の男性客を接客する違法風俗店を経営していた疑いで、56歳の男が警視庁に逮捕された。


医療機器が並び、病院に見える室内。


この写真は、風俗営業が禁止されている東京・新宿区内で、違法な営業をした疑いで逮捕された川原敦容疑者が経営する風俗店の内部を写したもの。


警視庁によると、看護師の格好をした女性従業員が、患者役の男性客に医療行為を模した性的サービスを行っていたということで、店内からは、患者の好みなどを書き込んだカルテおよそ500人分や、診察台などの医療機器が押収されている。


川原容疑者は、容疑を認めていて、警視庁は、4年間で、およそ5,600万円を売り上げたとみて調べている。


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170515-00000219-fnn-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
ネットでも騒がれてるけど、、、4年間で5,600万円の売上は悪すぎ。。。
儲かってないわ、摘発されるわとなると、正直経営センスというか経営戦略が皆無に見える。
こういう働くメリットがないお店では絶対に女の子に働いてほしくないと私は思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
横浜ミクシーグループ_営業
フェチさんサンバ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
風俗業界で働く女性らを調査する上間陽子琉球大教授の講演会(主催・かりゆしエンターテイメント)が6日、沖縄県那覇市西の県男女共同参画センターてぃるるであり、約160人が集まった。4年かけて16人の女性から聞き取りをして見えたのは家族やパートナーからの暴力。幼いころから誰かに受け止めてもらう経験が乏しく、10代で風俗業界に入っているのも共通した特徴で、上間教授は、子どもたちに寄り添って話に耳を傾ける必要性を訴えた。




■出会った少女たち


調査のきっかけは、集団レイプの被害に遭った中学生が自殺した事件だったという上間教授。性被害や中高生に売春させるケースも後を絶たず、量的な統計調査から漏れがちな、リスクを多く抱える風俗業界の若者たちに着目した。


そうして出会ったのは、幼少期から性暴力や言葉、態度などさまざまな暴力を繰り返し受けてきた少女たち。ある女性は、14歳の時に集団レイプの被害に遭い、その後、「恐怖に負けなかった」と思おうとして性行動を繰り返したという。別の女性は16歳のころからパートナーのDVを受け、ストレスから妊娠7カ月で早産に。保健師や看護師らの支援を受けながら、キャバクラで働いて生計を立て、子育てと学業を両立させていたという。




■見えてきた暴力


小学6年生で性被害のような形で初体験し、14歳から劣悪な風俗店で働いた女性、母親のネグレクト(育児放棄)で、わずか4歳で1歳の弟の面倒を見させられていた女性もいた。


上間教授は「県の貧困対策でしっかり考えなければいけないのは、特に暴力」と指摘。「(県は)ゆいまーるを喚起しているが、そんなに簡単ではない。調査を通して関わっているケースでも、聞き取りや少女たちの変化には数年かかっている」と説明した。




■「子の話に耳を」


とりわけ心配なのは「誰にも相談できず、早くから男性とつながり、セックスによってつながる方法しか持たない子」という。幼いころから虐げられていると、誰にも手を差し伸べてもらえないと考えざるを得なくなるため、解決策を示されても拒否してしまうことが少なくないという。


そのため上間教授は、支援者自身の考えを排除して「その子の感じ方や望みを聞き取ることが一番大事」と強調。「(支援者にとって)わずかな変化に見えても、その子の望みがかなうことは、その子にとって最大級の変化になり、次につながる。悪いのは子どもに性的な行動をさせている社会や大人なので、支援者は早急に道徳的な判断をしないでほしい」と呼び掛けた。


上間教授は調査結果を「裸足(はだし)で逃げる」(太田出版)と題した本にまとめ、2月に出版している。


http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/96863


幼いころに恵まれない環境にいたことを言い訳にして逃げる人もいれば、恵まれない環境を反面教師にして確固とした自分を生きる人もいる。
そういう確固とした姿勢からもしかすると「負けなかった」と強がって生きているように見えるのかもしれない。
でもだから何?
強がっているように見えても逃げ腰で生きていないなら、それでいいじゃん。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 九州・沖縄
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 沖縄
ミリオンガールズ
やんちゃな子猫 日本橋店 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
早朝の歓楽街、人気(ひとけ)もまばらで夜とは打って変わって気だるい空気が流れる中、この時間帯に1日のピークを迎える一角がある。朝一番から営業を開始する風俗店では、遊び方を知る好事家たちが日々「朝活」に励んでいるという。


「今、朝に遊ぶ風俗はかつてない盛り上がりを見せています」


そう語るのは風俗情報誌『俺の旅』編集長の生駒明氏だ。


「早朝帯に大胆な値引きをしているお店は増加の一途をたどっていて、高級店のなかには、通常より2万円近くもお得な朝限定のコースを設けている店もあり、それ狙いの常連も多いですね。しかも、朝イチなら女のコたちもその日はまだ“処女”。得られるメリットはお金だけではないんです」


だが、歌舞伎町や池袋、吉原といった代表的な歓楽街を早朝、実際に歩いてみても、イマイチ盛り上がっている気配はない。


「それには明確な理由があります。朝に遊び慣れた人はフラフラと歩きながらお店を品定めしたりはせず、風俗情報サイトや各店のSNSなどであらかじめ吟味し、前日のうちに予約をして直行しています。なので、外からは流行っているように見えなくても、店内はお客さんでぎっしりという人気店も珍しくありません」


昨今、その盛り上がりは全国各地の歓楽街に波及しているという。


「ススキノ、中洲、福原などでは大衆店を中心に早朝営業が活況です。“先着10名様”などの特別割引を実施しているところがあり、そういったサービスがある店舗ではお客さんが殺到しています」




客と嬢、店舗側、各々にメリットが存在


実際、朝活風俗が日常に組み込まれている人も増えている。


「朝、風俗に行くのは、ジム通いやジョギングと同じ感覚。抜いてスッキリすることで頭がクリアになるので、習慣になっています」(43歳・建設)


「出社せずに営業先に直行することが多く、横浜方面の得意先を回る月1〜2日はいつもより2時間ほど早い6時すぎに家を出て、川崎堀之内の早朝ソープで朝風呂するのがルーティンになっています」(42歳・機械)


そして、「朝活風俗」ブームの到来を感じているのは客だけではない。吉原のソープ店で店長を務める田中幸一さん(仮名・45歳)は、昨今の朝帯の繁盛をこう語る。


「朝イチからのお客さまは確かに増えていて、8割以上予約で埋まってしまう日もある。料金は1日の中で最も安く設定していて、ショートコースが中心ですが、回転率がいいので実はとてもおいしいんですよ。規制の影響もあって、最近では夜中までやっているお店はずいぶん減っていますが、その分、早朝に力を入れてるという流れができています」


また、こうした潮流を歓迎するのは働く女のコたちも同様だと続ける。


「朝限定の割引を実施している店が多いですが、基本的に女のコの取り分は変わらないうえに、出勤前のお客さんだと一発抜いたら、セットの時間の終了を待たずにサクッと切り上げる方も多いので、ストレスなく働けると女のコからの評判も上々です。以前は早朝の風俗では夜中働き通しのコが出てくるイメージがあったかもしれませんが、最近ではむしろ朝イチからお店で働き、学校や別の仕事に午後から行くといった生活を送るコが主流な気がします


https://nikkan-spa.jp/1330311

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
早朝の風俗ってそんなにメリットいっぱいなの???
確かに何事も朝にするのがいい・・・よね・・・。
みんな頭スッキリでクリアに過ごして、それぞれのライフスタイルを楽しむ。
それってある意味明るい日本の育成に繋がるかもしれない。
夜遅くまで残業を強いるブラック企業なんかに比べると、清々しさのクオリティが比べ物にならないと確かに言える。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: ソープランド
地域詳細タグ: 東京
AXフェチクラブ青山営業
ミリオンガールズ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
8日、おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるAbemaTVのトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。この番組は「明日のブスのためにブスがブスを語り合う、ブスが主役のトーク番組」であり、この日もブスのゲストたちを招き、さまざまなブス事情をフカボリ。この日は“ブス枠”に応募してきたフリーター・永井はるかが初登場。驚きの結婚エピソードを明かした。


永井は自身の経歴について「実はバツイチ」と告白。「昔、男性に(30分や1時間単位で)癒しとやすらぎを与える仕事をしていて、そこで客だった旦那と出会いました」と、ある“業界”にいたことをほのめかし、矢作は「お客さんと結婚したの?」と興味津々の様子。共演者たちからも「すごい」という声が上がった。


後に夫となるその男性は永井を何度も指名してくれたそう。「そういう仕事をしていると、男性が本心でしゃべっているかどうかが大体わかってくるんですが、結婚相手は私のことを本心で褒めてくれているなと感じて、私から好きになりました」「他の人とは違う、本当の優しさを感じました」といい、出会いから3ヵ月でスピード結婚したという。


結婚後、一度は業界から足を洗ったものの、生活難から間もなく再開。しかしそんな壮絶な結婚生活は、相手の浮気が原因で約2年で幕を閉じたという。


しかし、永井は現在、アルバイト先で知り合った彼氏がいるとのこと。その彼氏は永井の過去も知った上で愛してくれていると幸せそうに語り、共演者たちから羨望のまなざしを受けていた。


(c)AbemaTV


http://news.livedoor.com/article/detail/13035463/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
男性のことで人生を左右される女性を見ると、本当にそれでいいの?と思ってしまうのは私だけ?
女性が自分1人で生きていけるように、全てを構築できていたとしたら、、、、楽しみとか恋愛のためだけに男性と距離感を保ったお付き合いを楽しんで、自分の人生のコアとなるものについては、男性抜きの自分軸で生きていけるとしたら、男性依存しない本当の自分の人生を楽しめるのではないだろうか?

人間はみんな支え合って生きているのだから、依存して生きるのは望ましくないと私は思う。
女性が自分軸で生きていけるように、高収入ワークもツールの1つになればこの業界の将来も明るいと思う今日このごろなのでした。
カテゴリー : 風俗ニュース
プラチナ_営業
MILKY WAY 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
若い世代の貧困が話題だ。なかでも、奨学金返済などで金銭的に追い詰められ、夜の仕事へと足を踏み出す若い女性が注目を集めている。一昔前に比べて、水商売や風俗業で働く若い女性が増えている。そんなイメージも広がりつつある。きちんとした統計がとりづらい世界で働く女性たちは、本当に増えているのか、ライターの森鷹久氏が追った。


「とにかく人が足りないんです。いろんな店を転々とする子が多く、引き止めるのにも精一杯。風俗嬢が増えている?そんなワケないですよ。需要は増えていますけどね」


風俗の激戦地、東京・池袋で派遣型風俗店を営む男性経営者から返ってきたのは、意外な返答だった。“景気の悪化により体を売る女性が増えている”といった論調の雑誌記事やテレビ特集、いわゆる「JKビジネス」に代表されるような、若い女性の売春行為についての報道に日常的に触れていれば、なんとなく「風俗で働く女性が増えている」という雰囲気が醸成される。特に筆者は、特殊な状況下に置かれた女性を取材することも多く「女性と性産業」の距離が縮まり続けているのではないか、と感じていた。


前述の経営者男性によれば、同店に所属する女性は18歳から38歳までの約80人というが、そのうちスケジュールに沿って定期的に出勤する女性は30人未満。面接を経て初出勤後に連絡が取れなくなる女性も少なくなく、スタッフには「女性の確保・管理」の徹底を指導しているが、成果は芳しくない。


一方、東京・台東区内で店舗型風俗店の店長を務める男性は「風俗で働く女性は明らかに増えた」と言い切る。この違いは何か。風俗雑誌のベテランライターが解説する。


「風俗業界の二極化が進んでいるんです。若くて美人で可愛い女性が在籍していると謳う“高級店”の数が増え続けていますが、そういった店で働くことができる女性は当然少ない。特に都市部では高級店を利用したいというニーズが高まっていて、景気上昇の波を感じます」


高級店の対極である“大衆店”や“激安店”の事情は全く逆なのだと、ライターは続ける。


「高級店バブルの陰で、激安店で働きたいという女性は捨てて吐くほどいるというのが現状です。特に“熟女”と言われるジャンルが確立して以降は、中年女性が風俗店で働くケースが激増し、利用料金も下がる一方」


世代間や男女間の“格差”について論じられる機会が増えた昨今だが、それぞれの立場によって物事の見方は180度変わってしまう。「風俗嬢が増えたのか、減ったのか」という視点から景気を読み解こうとしても、逆に景気状況から「風俗嬢の増減」を計ろうとしても、その作業に意味を見いだせないことに気がつく。30代後半から性風俗店で働くようになった40代の主婦・Aさんは言う。


「森さんみたいな人たちが、私たちの存在を面白おかしく書くでしょう?でも実情は全く違う。景気が悪いからこういう業界で働いている人もいれば、私みたいに暇つぶし感覚でやっている女性もそれなりにいる。そもそも“体を売ること”が悪いって前提が男にはあるんじゃない?私と森さんでは、見えているものがぜんぜん違うのよ」


売春少女や性風俗産業で働く女性には数多く取材をしてきた自負があったが、いつの間にか“正義感めいた何か”を盾にし驕っていたのかもしれない。性風俗産業は悪ではないが、自分の妻や娘が性風俗産業で働くとなれば良い気持ちにはなれないだろう。30代以上について仕事として従事する人が増えているという証言はあるものの、「風俗嬢の増減」について実態を知るには、彼女たちの本音を聞き続けるしかなさそうだ。


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170506/dms1705061156007-n1.htm

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
定点観測で世の中を見ることはできても、世の中を測ることはできないということが二極化を機に認識されることになるのかもしれない。
格差があるからこそ、それぞれの世界観にも格差が生じてしまい、「望むこと」「望まないこと」等、個人が欲しがる事象が大きく違うということになるのだろう。

私が疑問に思うことは、その世界観格差の違いの先に目を向ける人は果たしているのだろうか?ということだ。

人は「望むこと」や「望まないこと」に人生を託すことなる。

果たして「望むこと」「望まないこと」として生き残ることができるモノとは何なのだろうか?

そこに着目した人はどんな世界観であれ、絶対に生き延びることができるというのは私だけが知る事実として認識させてもらおう。
カテゴリー : 風俗ニュース
若妻エスコートクラブHips越谷本店
横浜ミクシーグループ_営業