全国風俗ニュース 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  風俗ニュース > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
18日深夜に放送された「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京系)に大阪・北新地のナンバーワンキャバ嬢として活躍する「CLUB MON」のりょうさん(27)が出演。月収1000万円はくだらないという金銭事情から枕営業まで、北新地キャラバクラの実態について明かした。


18歳でキャバクラ業界に入ったという彼女。その翌月からいきなりナンバーワンになり、以降、10年近くトップをキープているという。これまで稼いだ最高額は、自身の誕生を祝うというもので、3日間で総額約3000万円。シャンパンタワー(500万円)やドンペリ70本などが振る舞われた。


その時の客の職業は「不動産の人と、風俗関係の会長さんとか」(りょう)。その見返りとして客から“深い関係”になることを求められ、「23歳ぐらいまでは枕営業をしていた」とぶっちゃけた。当時、店で1日に400〜500万円を使えば「もれなく」彼女と一晩過ごすことができたと明かした。


しかし今では枕営業は一切しておらず、その理由について「自分が有名になればなるほど噂がスゴくて、狭い街なんで、(心が)病んじゃって。真っ当にしようと思って、ここ5年ぐらいは(していない)」と説明した。また顔の整形についても言及し、「全部しています。目と鼻と口」とあっけらかん。鼻が一番費用が高かったとし、「200万くらいかかりました」と話した。


気になる稼ぎについては、番組恒例の直近3カ月のリアル月収を公開。「1400(万円)、1400(万円)、1600(万円)」と明かし、出演者を驚かせた。河本準一(42)は「本当の(驚きの)時って声出ないんだね」と言葉を失っていた。


りょうさんはキャバクラ嬢としての稼ぎのテクニックについても説明した。金払いのいいお客を捕まえるために、札束を持った姿や、シャンパンに囲まれた自分の写真をインスタグラムなどに公開。金目のものと一緒に撮った写真をあえてSNSにアップし、「金のかかるキャバ嬢」をアピールすることで効率よく大金を使う「太客」を呼び寄せているのだという。


月収が毎月1000万円超えの彼女だが貯金はわずかで、稼ぎはほぼブランド品の購入費になっている。住まいは大阪市内の高級タワーマンションで、家賃は月40万円の2LDK。ハリー・ウインストンの腕時計(800万円)、オーデマピゲの腕時計(850万円)、1本100万円する高級シャンパンのボトルコレクション(1000万円)などが公開された。


キッチンにはなぜかエルメスのバーキンが3つ(400万〜1200万円)も無造作に置かれ、うち2つは客からのプレゼントされたもの。さらにタンスにもプレゼントされたバーキン(200万〜700万円)が5つもあった。


この日、番組で着用していたリシャール・ミルの腕時計は2000万円で、「これは自分でもちょっと出しました。お客さんから募金しました」と説明。それに名倉潤(48)が「募金は使い方が違う!」と指摘し、「集金しました」と訂正した。


あまりの金銭感覚に華原朋美(42)は「今度遊びに行ってみようかな。面白そう」と興味津々。名倉は「1回、彼女のお店に行かへん?」と華原を誘ったが、その後すぐに冷静に。「ナンボ使わされるかわからん!」と自分にツッコみ、スタジオを沸かせた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000004-ykf-ent

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
これこれ・・・
高収入ワークは自分がドル箱を担ぐことになったり、お客様からドル箱を頂いたりと、兎にも角にも金の流れに入ることになる。
そういう観点から人生を生きる上での1つのツールとして高収入ワークを取り入れるのは賢いやり方だと言える。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
大阪ファッツ
小岩デリヘルキャンキャン☆CanCan
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「今振り返ると、全ては金を使わせるために嘘をつかれていたと思う」


大阪府内の20代の女性は、あるホストとの出会いで生活が一変した。


昨年夏、知人女性に連れられ、初めてミナミのホストクラブに足を踏み入れた。それまで「未知の世界」と考えていたが、初回利用の店を連れ回された。「安いから、朝まで過ごす場所としてちょうどいい」とハードルが下がっていった。


通い始めて約1カ月後、ホストから告白され、交際を始めた。連日のように「売り上げ実績がやばい」「お前しか頼める人がいない」と言われ、昨年10月ごろからは毎日通うようになった。1日の料金が25万円にもなることもあった。


そんな中、ホストクラブの幹部から夜の仕事を紹介された。渋っていると「あいつ(交際相手のホスト)と一緒に頑張ってほしい」と説得され、引き受けた。


仕事になじめず、涙を流す日々。「彼のためにも耐えないといけない」と稼いだ金をホストクラブで使う生活を続け、家出もした。


仕事を始めて約1カ月後の昨年11月半ば、生活実態を知った親がホストクラブに出向き、強引に関係を終わらせてくれた。


「当時は頼ってくれる相手を裏切ってはいけないとの思いでいっぱいだった。今思えば甘い言葉は全て嘘だった。値段が安いからと覚悟もなく通うべきではなかった」と女性は悔やむ。


現在も連日、ミナミのホストクラブに通う別の女性(25)は、複数の風俗店を掛け持ちして勤務し、月100万円ほどをホストクラブで使っている。


東北地方の出身で、約5年前に大阪市内へ引っ越すと、ミナミに通い始めた。交際に発展したホストは2人。誕生日には「シャンパンタワー」を注文するなどし、支払いが月500万円になったこともある。


「風俗で稼いでホストに使う生活を何度もやめたいと思ったけど、やめられない。“偽物の愛”と分かっているが、飲んでいるその場が楽しいし、一人では寂しい」とホスト通いを続ける理由を明かした。


http://www.sankei.com/west/news/170521/wst1705210016-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人の幸せって全然違うし、環境や境遇が変わるときにストレスが発生して、その時の心のバランスを保つ手段に何かを使ったりと、理屈じゃないことってたくさんある。

だから嘘の愛でもほしいときもあれば、嘘の愛だから求めてしまうときも、、人というのはあるものとも言える。

それだけ一生懸命生きている証なのだから、人から正しくないと言われたとしても、しっかりと自分と向き合って生きていくことが自分から逃げないことに繋がる。

確固とした自分を確立してから、人と生きると、人依存ではなく自分有りきの人生を送れるともとれる。

そういうわけで、自分有りきの人生を実現するために、夜の世界や高収入のお仕事が1つの手段になることも世の中にはよくある話なのだ。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
人妻茶屋 梅田店 営業用
ミリオンガールズ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
ラブホテルのイメージはよくなった?


朝日新聞によると、国内最大級の宿泊予約サイト「楽天トラベル」とラブホテル検索サイトの大手が提携を協議中だという。この提携が結ばれると、楽天トラベルにラブホテルの情報が掲載されるということで注目が集まっている。


街中でラブホテルの印象を聞いてみると、「汚いところ」「下品」といった意見がある一方で、「最近はきれい」「ゴージャス」「スーパーと同じで、普通にあるもの」「昔ほど悪いイメージはない」と、従来の暗いイメージから大分変わってきているという意見も多い。


今年1月リニューアルした福岡県・博多のラブホテル「HOTEL&SWEETS FUKUOKA」では、新たな客層を開拓するために約1億5000万円をかけて改装。ラブホテルには見えないロビー、そしてフロントの横には食べ放題のスイーツが並ぶショーケースが設置されている。さらに専任のパティシエがスイーツを手作りしている姿も。部屋は白を基調に窓から光が差し込み、インテリアもラブホテルとは思えないほど洗練されている。


このホテルが狙うのは、女性同士の旅行客やビジネス客だ。代表取締役の森藤紳介氏は「若い世代の人に使ってもらうということで、“ラブホテル”っていう言葉のイメージを変えていきたい。この若い世代が良いイメージを持ってなかったら将来的に使ってもらえないなと思ったので。今までの『ラブホテル感』は逆になくていいのかなと。こういう感じにしたから(客が)バンバン来るだろうなというつもりではなくて、ちょっとずつこういうスタイルを浸透させていきたいなという感じです。ある意味チャレンジなんです」と語る。




ラブホテルがホテル不足の救世主に?


ラブホテルの利用者が減少していることについて、ラブホテル評論家の日向琴子氏は「ラブホテルには風営法と旅館業法のものがあって、確かに風営法の方は減っているという印象。旅館業法で建てられるラブホテルは増えているので、一概には減っているとは言えない。しかし少子高齢化や、今の若い子はお金がないことも多いので、そういった意味で減少している可能性は考えられる」とコメントする。


また、“性経験のない未婚者の割合”つまり“童貞率”がラブホテル利用者の減少に結びついているという見方もある。18〜19歳の童貞率は2005年の60.7%に比べ、2015年には72.8%と上昇しており、20〜24歳そして25〜29歳を見ても右肩上がりとなっている。(国立社会保障・人口問題研究所調べ)


ただ、ラブホテルの利用率が下がっているなかで、一般的なホテルの稼働率は増加傾向にある。みずほ総合研究所によると、2020年に訪日外国人が約4000万人来ると仮定した場合、およそ4万4000室が不足すると言われている。だからこそ、ラブホテルを外国人旅行者に対して勧めるのは理にかなっているというわけだ。


ちなみに、ホテルの客室稼働率を見てみると、ビジネスホテルの74.4%、シティホテルの78.8%に対して、ラブホテルは40.0%と顕著に低い。(日本中小ホテル旅館協同組合調べ)


日向氏も「政府が後押ししてラブホテルを旅館業法のホテルにしましょう、という支援をする動きもある。先日京都に行った際に、外国人利用者が多くて、ラブホテルも満室で日本人が泊まれない、なんてこともあった」と補足する。


2016年2月には、日本中小ホテル協同組合が政府に対して「ラブホテルの活用」を訴えている。その結果、同年4月に厚生労働省が日本政策金融公庫へ「ラブホテル改装に特段の配慮を」と通知した。


日向氏によると、ラブホテル業界の経営者が直面している問題として「従来のイメージ通りのラブホテルを提供するのか、従来のいかがわしいイメージをそぎ落としていくのか、意見が分かれている」という。




海外では「日本でするべきこと」のベスト3にも


世界最大のホテル予約サイト「booking.com」では、すでに日本のラブホテルが予約可能となっている。そしてアメリカのエクスペディア社でも、日本のラブホテルのネット予約が開始された。


動画投稿サイトYouTubeでも、外国人観光客が投稿した日本のラブホテルを映した動画が注目を集めている。外国ではあまり見かけられないラブホテルが、外国人観光客の心を掴んでいるのだ。日向氏も「とあるサイトによれば、『日本に行って外国人がするべきこと』のベスト3には『ラブホテルに行くこと』が入る」と補足した。


なお、変わったラブホテルが墨田区にある。「HOTEL SALA 錦糸町」は43室全てが異なるコンセプトで、「3年B組」という部屋には、豪華なベッドルームの隣に学校の教室を模した部屋が設置されている。他にも、「縄とロウソクと私」という部屋や「電車でGO」という部屋も。


ホテルとしての位置づけやコンセプトが変わりつつあるラブホテル。興味がある方は一度調べてみてはいかがだろうか。(AbemaTV/AbemaPrimeより)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00010001-abemav-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
海外の方目線で物事を書くことはできないけれど、20代としてラブホテルをどう見てるかは書くことができる!
経たに安いビジネスホテルを利用するより、ラブホテルの方がダントツ綺麗でアメニティーグッズも完備されている。
だからビジネスホテルの利用回数より必然的にラブホテルの利用回数の方が多い。
利用目的もいかがわしいことではなく、単に宿として。。。
これで外国人からも注目されつつあるということで今やラブホテルはビジネスチャンスの渦にいるというと言えることができる。
何にせよ日本の景気がプラスに働く話は嬉しい限り。このまま上昇気流に乗っかってほしいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
フェチさんアモイ
フェチさんサンバ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
東京・墨田区で女性従業員にみだらな行為をさせたなどとして、違法風俗店の実質的経営者の男ら3人が逮捕されました。


墨田区江東橋にある「健康堂」の実質的な経営者・古谷美佐男容疑者(48)ら3人は15日、営業禁止地域でマッサージ店を装って、女性従業員に対して男性客に性的サービスをさせた疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、この店では40分1万円で「本番行為できるよ」などと客を集めていて、去年5月からの1年間で約2000万円を売り上げていたということです。店には40代から50代の中国人数人が勤務していました。取り調べに対して古谷容疑者ら2人は容疑を認めていて、1人は否認しているということです。


http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000100957.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
最近は外国人系の違法風俗店摘発ニュースが多い。。。
禁止区域で堂々と安い本番行為にて営業をされているのを見ると、、、近寄るべからずと思われる。
というのも低価格の自転車操業から衛生面への配慮なんてなされていないはずだから。。。

きっちりと風俗店で働ける世の中になって欲しいものだ。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
ミリオンガールズ
【L 〜エル〜】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
神奈川県川崎市で風俗営業の許可を受けないで深夜に飲食店を営業し、その店で17歳の少女に客の接待をさせたとして経営者の男が逮捕された。


風営法違反の疑いで逮捕されたのは、「マジックバーWOW!」の経営者・三橋隆一容疑者(46)。警視庁によると三橋容疑者は13日未明、無許可で飲食店を営業した上、従業員の17歳の少女を客の隣に座らせ、会話の相手や酒の提供などの接待をさせた疑いがもたれている。調べに対し三橋容疑者は「店で雇用したのは間違いない」などと容疑を認めているという。


この店では他にも、女子高校生を含む18歳未満の少女が5人働いていたということで、警視庁は、三橋容疑者が法律で接待行為を禁止されている18歳未満と知りながら働かせていたとみて調べている。


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170515-00000088-nnn-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風営法に違反して働いていると自覚している少女はどれぐらいいるのだろう???
「風営法」自体に明るくない風潮があることから、いざ働くときに自分が違反していると確認する術が少女にはないのかもしれない。

もっと高収入のお仕事や風営法や風俗のお仕事が世間にきっちりと認知されたら、違法行為が減るのかもしれない。

もっと日本が風営法に明るい社会になればいいと思うのは私だけだろうか?
どの文明にも娯楽というものが存在してきたのだから、娯楽を否定せずに尊べる社会が実現すればいいと感じてしまう今日このごろなのだ。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 神奈川
クラブパラダイス_営業用
一発0円広告