全国風俗ニュース 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  風俗ニュース > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
東京・渋谷区で、就労ビザを持たない中国人女性を100名以上雇い、外国人客に性的サービスをさせていた風俗店が摘発され、経営者が入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで逮捕された。同店は、2008年から現在までに、約5億円を売り上げていたという。

しかし、同様の風俗店は、ほかにも複数存在しているようだ。風俗事情に詳しいジャーナリストは話す。

「経営者も風俗嬢も客も外国人という、日本人には知られざる風俗店が、都内にいくつも存在します。全員外国人のため、警察の捜査の手が及びにくいことが特徴です。池袋には、中国人客専用の本番風俗店が存在しています。経営者は中国人で、入店するためには、中国人であることと、会員の紹介を受けることが条件。店内ではオープンシートのネットカフェのような座席に数十人の女性が座っており、会員はその中から気に入った女性を指名し、2万円を料金として店に払い、一緒にホテルに向かうという手順です。そこで働く女性は、留学ビザか短期滞在ビザで日本に滞在している中国人。特に、短期滞在ビザで入国している女性の中には、中国に子どもを残して出稼ぎに来ているケースも多い」

こうした外国人の外国人による外国人のための風俗店が多数存在する背景には、日本の風俗業界に共通するスタンスが関係しているという。

「外国人による『性の爆買い』も話題になりましたが、合法的に営業している日本の風俗店で、いつでも外国人歓迎という店は全体の5%以下。

ほとんどの店舗は外国人観光客の利用を拒否している。言語上のコミュニケーションが取れないことや、会計時のトラブル、女性スタッフへの態度が非常に悪いことなど理由はさまざまですが、そんな中、今回摘発された店のように外国人客専用の風俗店も数年前から目立つようになってきた」(同)

訪日外国人が右肩上がりの増加を続ける中、新たなビジネスチャンスが生まれているようだ。
(文=広瀬賢)

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170405/Cyzo_201704_post_21614.html
 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
今までもずっと外国人用の風俗店が足りないと言われてきて、摘発されているお店も多いけれどキッチリと生き残って更に増殖中ということで、日本人だけにとらわれることなく、外国のお客様も零さずに進化されるところが生き残っていくということになりそう。


日本人だけの店舗様は支店として外国人専用のお店を出すのも良いかもしれない。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
モンロー
立川風俗受付センター
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
警視庁は、無修正アダルトサイト「カリビアンコム」の運営に関与したとして、米国籍の男性を、「わいせつ電磁的記録送信頒布」罪(刑法175条)の被疑事実で逮捕した。


逮捕地は沖縄県内であるようだが、「カリビアンコム」は、米国カリフォルニア州で運営されている。このようなサイトになぜ日本の法律が適用できるのか。そして、日本で逮捕できるのか。今回は、この点を掘り下げてみたい。




◆無修正動画の配信は「合法」か?


カリビアンコムのサイトでは、こんな一文を掲げ、無修正動画の配信は合法であると主張している。


<当サイトはアメリカ西海岸でサイト管理、運営の全てを行なっており、海外にサーバーを設置することにより、サーバーが設置されている国・地域の法律が適用され、合法的に無修正の動画・画像の配信を行なっています。>


たしかに、カリビアンコムは、カリフォルニア州の企業がつくる「DTIグループ」が運営し、動画のアップロード等もカリフォルニア州で行われているようだ。米国においては、無修正動画は合法とされており、一見、カリビアンコムの言い分も正しいようにも思える。


ではなぜ、今回、警視庁は逮捕に踏み切ったのか。




◆本件は日本国内で行われた犯罪行為なのか?


今回、被疑事実となっている「わいせつ電磁的記録送信頒布罪」(刑法175条)は、簡単に言うと、「わいせつな内容のデータを送信して渡す」罪だ。この罪が成立するためには「犯罪行為の少なくとも一部」が日本国内で行われている必要がある。


今回はカリビアンコムが主張するように「動画のアップロードが全てカリフォルニア州で行われている」とすると、全ての犯罪行為は日本国外で終了しているのではないかという疑問も生じる。「動画をサーバーからダウンロード」する行為は顧客側の動作に過ぎず、「頒布という犯罪行為」は国外で完結しているのではないか。そんな解釈も成り立ちそうに見える以上、本件では「無修正動画の『頒布』行為とはなにを意味するのか」を考えざるを得なくなってしまう。




◆わいせつ電磁的記録送信頒布罪の「頒布」ってなに?


実は裁判実務上は、この「頒布」問題について決着がついている。2014年に最高裁判所が判断を下しているのだ(最決平成26年11月25日)。


こちらの事案も、やはり米国内において、被告人が日本語表記を含むウェブサイトを運営。米国在住の知人を介し、無修正動画をサーバーにアップロードした上で、顧客に有料でダウンロードさせていたというものである。


弁護側は「被告人が行った行為は無修正動画を海外サーバーにアップロードしただけであり、動画をダウンロードするかどうかは顧客の意思に委ねられているから、被告人が『送信して頒布』したとはいえない」と主張した。


これに対して最高裁判所は弁護側の主張を斥けている。その理屈はこうだ。


まず、「頒布」とは、「不特定又は多数の者の記録媒体上に電磁的記録その他の記録を存在するに至らしめること」であると定義されている。


被告人が構築したシステムは、顧客がダウンロードボタン等をクリックすれば自動的に顧客のコンピュータに無修正動画が送信されるようになっていた。この場合、無修正動画の配信目当ての顧客がアクセスする以上、「クリック」という行為は、無修正動画が自動送信されるキッカケに過ぎない。つまり、被告人が、顧客の求めに応じて、「顧客のコンピュータに動画を送信した」と評価できる、という理屈だ。


なんだかわかりづらい理屈にも思えるが、まず大前提として「顧客の注文に対して手動で無修正動画を送信」するのは「頒布」行為に該当する。では、顧客がクリックすると「自動で無修正動画が送信される」システムが構築されている場合はどうか? これは「(顧客の注文に対する)送信作業を自動化した」に過ぎず、前述の手動送信と本質的には変わらないという判断である。


かくして判例上、「顧客のクリック操作によりダウンロードが自動的に開始されるシステム」は刑法175条にいう「頒布」にあたるとされるようになった。




◆本件逮捕は問題あるの?


これまではサイト運営者だとしても、海外サーバの運用など国外業務の担当者が摘発されるケースは皆無だった。しかし、上記判例の理屈を前提に、今回、警視庁は刑法175条が成立するとして逮捕に踏み切った。これまで見てきたように、「日本国内の顧客による無修正動画のダウンロード行為」が同時に、「サイト運営者による送信行為」(「頒布」行為)になるのなら、その犯罪行為は日本国内で行われたことになり、たとえ被疑者が外国籍であっても、日本の法律が適用されるからである。


そこには事実上野放し状態の違法動画の取り締まり強化という意図が透けて見える。その先には、アニメなど著作権の発生するエンターテイメント作品の違法動画アップロード規制の強化も視野に入ってくるかもしれない。




◆カリビアンコムはどうなるの?


本件に先立ち、カリビアンコムを巡っては、AV制作会社や芸能プロダクションの経営者、AV女優などが逮捕されている。警察がカリビアンコム潰しに本腰を入れていることは間違いないだろう。捜査で運営の仕組みが明らかになれば、さらに逮捕者が増える可能性もある。


今後、本件を含め、カリビアンコムを巡る裁判が次々と提起される可能性は高い。事実上、最大手の無修正動画サイトであったカリビアンコムは果たして運営を継続できるのか。同サイトが大打撃を受ける中で他の無修正動画サイトがどう対応するかも興味が尽きない。


AV出演強要問題の事件化なども考えあわせると、AVという産業に対する当局の介入は強化される流れになっていくのだろう。


記事執筆現在において、カリビアンコムのサイトは平常運転中である。今後サイトがどのように変わっていくのか、ウォッチを続けたい。


なお、日本において、無修正動画サイトで動画を閲覧・ダウンロードしても罪にならないので顧客の皆さんは安心していただきたい。


<高崎俊/弁護士>


ハーバー・ビジネス・オンライン


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170404-00135672-hbolz-soci
 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
動画配信者だけでなく、AV制作会社や芸能プロダクションの経営者、AV女優までもが逮捕されているとなると、制作側や役者さんは配信者の意図をキッチリと理解しておかないと痛い目に遭うともとれる出来事。。。


届け出をしている日本の風営法に沿った合法の風俗店のHPでは無修正の広告物なんて掲載できるわけもなく、オンラインの配信物の方が過激で手軽に入手できることから、ある意味風俗店からすると、ネット配信のコンテンツというのは歯が立たない競合だったりする。


というのもネット配信されているコンテンツで若者が風俗店に行かなくとも事足りる状況が整ってしまっているとも業界では言われているからだ。


というわけで、無法地帯と化していたオンラインの配信物が取締対象になるのはリアル界で商売をしている方々からすると願ったり叶ったりと言うか、公平性が現れたとも言える。


公平に公正に物事が進むのは世の進化に欠かせないことだ。
今後もオンラインコンテンツに対する取り締まりをウォッチしていきたいと私も思うのであった。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
やんちゃな子猫 日本橋店_営業用
若妻エスコートクラブHips越谷本店
投稿日:2017-04-04 21:44
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
ことし2月、兵庫県加古川市のキャバクラ店に液体の入った瓶が投げつけられ、割れた破片で店員がけがをしていたことがわかりました。


警察によると2月18日の午前0時50分ごろ、加古川市平岡町新在家にあるキャバクラ店の外階段に液体の入った瓶が投げつけられました。


瓶は手すりにあたって割れ、消防によると近くにいた女性店員がガラス片で脚を切るけがをしたほか、別の女性店員も体調不良を訴えたということです。


警察によると瓶には布が入っていて、布の一部は焦げていました。


形状から、火炎瓶だった疑いもあるとみられます。


警察によると店には目立ったトラブルは無かったということです。


警察は瓶に入っていた周辺の防犯カメラの映像や液体の成分を調べるなど、捜査をしています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00000003-kantelev-l28

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人相手に商売をしていたら何があるか分からないからこそ、きちんと届け出をしている合法のお店で働いていると、こういったトラブルのときも消防や警察など公的な機関にきちんと通報できるわけで、高収入のお仕事の中には届け出をしていない悪徳なものがあることがあるから、きちんと調べて働くのがベストウェイ!


何にせよ、何事も自己責任としてしっかりと動いていくべき!


謎の瓶を投げつけた人が捕まりますように・・・。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西 中国・四国
地域詳細タグ: 兵庫
フェチさんアモイ
熟女家 豊中蛍池店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
風俗産業が衰退している。いわゆる風俗営業法に関連した営業は、いくつかの業種を除いて、減少の一途をたどっているのだ。


風俗営業には大きく分けて、接待飲食等営業、遊技場営業、性風俗関連特殊営業の3種類がある。




バー・キャバレーなど5年で4000店消える


警察庁生活安全局保安課がまとめた「2016年における風俗環境の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」によると、接待飲食等営業は2012年には6万8558店だったのが、2016年には6万4599店と約4000店が消えた(以下、数字はいずれも年末時点)。接待飲食等営業は、いわゆる居酒屋から始まり、バー、キャバレー、クラブ、キャバクラ、料理屋、カフェなど飲食を伴う店のほとんどが含まれる。


飲食関係の雑誌記者は、「飲食業は、景気の影響を受けやすい業種の一つ。その上、高齢化社会になったことで、客の年齢層が上がり、外食をしなくなった。キャバクラやクラブも企業の社用による利用が減少し、まさしく斜陽業種になっている」と指摘する。


次は遊技場営業だが、中心はパチンコ店と雀荘、ゲームセンターになる。こちらも接待飲食等営業と同様だ。パチンコ店は2012年の1万2149店から2016年には1万986店に1000店以上がなくなった。雀荘は1万1450店から9176店に2000店以上が、そしてゲームセンターは6181店から4542店と1600店超が消えた。


ギャンブル雑誌の記者は、「雀荘はゲームの影響がある。若者は麻雀よりもゲーム。しかし、もっとも大きな要因は、かつて雀荘の中心だった層が定年に達したことではないか。パチンコは若者層がギャンブルをしないという一面もあるが、パチンコとゲームセンターには共通の傾向がある」という。


実は、パチンコ店もゲームセンターも減少しているものの、1店の規模が大型化している。例えば、パチンコ店では1店当たりの台数が2012年378.0台から2016年には411.9台に増加している。遊戯台が501−1000台のパチンコ店は2012年には2355店(19.4%)だったのが、2016年には2585店(23.5%)に増加、1001台以上の店も190店(1.6%)から287店(2.6%)に増加している。ゲームセンターも1店舗当たりの台数は72.2台から79.7台に増加、101台以上を設置する店が占める割合は28.3%から30.6%に増加している。


つまり、「パチンコ店もゲームセンターも、顧客の減少を中小店の淘汰で、1店が大型化することで乗り切っている」(同)というのだ。




急激に伸びる有料アダルトサイト


では、性風俗関連特殊営業はどうか。こちらは2012年の3万133件から2016年の3万1892件に1700件超の増加となっている。しかし、これにも大きな特徴がある。性風俗関連には、店舗型、無店舗型、映像送信型、電話異性紹介と4つのカテゴリーがあるが、増加しているのは、無店舗型、映像送信型だ。


店舗型には、ソープランド、店舗型ファッションヘルス、モーテル・ラブホテル、アダルトショップなどが含まれるが、そのすべてが減少している。一方、無店舗型には派遣型ファッションヘルスとアダルトビデオ等の通信販売があるが、派遣型ファッションヘルスは2012年の1万8119件から2016年の1万9856件に1700件超(9.6%)増加、アダルトビデオ等の通信販売は1138件から1267件に11.3%増加している。


だが、これよりも大きい伸び率で増加しているのは、映像送信型で1879件から2536件に35.0%も増加している。映像送信型とは、インターネットの有料アダルトサイトを指すのだが、これが急速に増加しているわけだ。


しかし、2017年初めに、無修正アダルト動画No.1を掲げる「カリビアンコム」という大手アダルトサイトが無修正の猥褻動画を配信したとして、AV製作会社の社長ら6人がわいせつ電磁的記録等送信頒布の疑いで警視庁に逮捕された。「この件は、アダルトサイト、特に無修正アダルトサイトに強い警戒感を与えた。無修正サイトは、徐々に減少していくだろう」(アダルト雑誌記者)と見られている。


意見を聞いた記者の多くは、少子高齢化や人口減少という要因も挙げながら、「良かれ悪しかれ、風俗に元気がないということは、人間に活力がないということ。景気や賃金の問題があるのだろうが、生活がどんどん質素にこじんまりしていく傾向が強まっているような気がしてならない」と話していた。


http://www.j-cast.com/2017/04/02294427.html?p=all

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人口減少や少子高齢化の都合から仕方がないと言えば仕方がない・・・。
性産業は残るとしても、その時代や全体的な境遇を鑑みて果たして風俗が栄えることが時代に沿っているのか?という視点を失ってはならないということは重要だったりす。


つまりは若い人が風俗を利用していないからといって、質素になっていっていると決定付けるのは視野が狭い。


風俗を利用しない若者が娯楽のために何をしているのか?というのをリサーチしてそれを元に社会を発展させればいいだけの話なのだから。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
立川風俗受付センター
不倫センター梅田店_営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
沖縄県警は1日、風俗店で店員のスマートフォンを盗んだとして、米海兵隊キャンプ・フォスター所属の3等軍曹マイケル・トン・ファム容疑者(26)を窃盗容疑で逮捕し、発表した。「間違いない」と容疑を認めているという。


那覇署によると、1日午前2時45分〜3時50分ごろ、那覇市の風俗店の個室で、接客した店員が充電のために置いていたスマートフォン1台を盗んだ疑いがある。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000076-asahi-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
(´;ω;`)ウッ…


遅刻・・・・した・・・・


え?何に??
ブログの執筆活動に!!よ!!!!!


日曜日以外、毎日書いてるんだけど・・・
なんでか突然睡魔に襲われて・・・起きたら今・・・
土曜日だったがずが・・・・もう日曜日やん!!!!!!!!!!


(´;ω;`)ウッ…


アメリカの海兵隊の3等軍曹も、、一体何を血迷ったのか??という感じね。。。
摘発される風俗店のニュースが多いけれど、風俗店は自分自身を守ることを視野に入れつつ経営されていたりするのも実情。
物騒な世の中で生き残り続ける風俗店を尊敬する筆者なのでした。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 九州・沖縄
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 沖縄
モンロー
テスト