全国風俗ニュース 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  風俗ニュース > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
営業禁止区域内で性風俗店を営んだとして、大阪府警吹田署は19日、風営法違反の疑いで、大阪府吹田市豊津町のファッションヘルス店「リラクゼーション『悠香(ゆうか)』」を摘発し、経営者の中国籍、林瓊(リンチョン)容疑者(48)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。


逮捕容疑は、同日深夜、営業禁止区域にあるビルの一室で、40代の男性客に性的なサービスを提供したとしている。府警によると、林容疑者は店内で生活しており、客へのサービスも自分で行っていたという。ほかに従業員はいないとみられる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000552-san-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
中国籍の女性が営業禁止区域にてたった1人で違法ヘルス店を経営!?!?
人生、、、他にできることはいくらでもあったでしょ!?!?と突っ込みたくなるのは筆者だけだろうか???

せっかく生まれてきたのだから、きちんと自分の才能を社会に使ってもらいたいと思う。

社会に育てられて社会を育てるという姿勢を保てれる人が生き残るのだから。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
小岩デリヘルキャンキャン☆CanCan
やんちゃな子猫 日本橋店_営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
政府は18日、犯罪対策閣僚会議を首相官邸で開き、児童性犯罪対策を強化する基本計画を決定した。


児童ポルノの流通・閲覧防止策や被害者の相談体制拡充などが柱。安倍晋三首相は席上、「未然防止、取り締まり、被害児童への支援、安全確保に全力で取り組んでほしい」と指示した。


同計画は女子高生の添い寝やマッサージを売りにする「JKビジネス」の増加やインターネット交流サイト(SNS)を介した児童買春の横行を受けて策定。インターネット事業者による児童ポルノの閲覧規制に向けた働き掛けの強化や、被害者支援のための児童相談所、市町村との連携促進を盛り込んだ。


首相は千葉県我孫子市でベトナム国籍の女児の遺体が見つかった事件に触れ、「痛ましい事件。許し難い犯罪から子どもたちを守るのは私たちの責任だ」と強調した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000029-jij-pol

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
痛ましい事件。
それは分かる。
けれど法の許す範囲で性サービスを事業としている分野まで「許し難い」と見られないようにしてもらいたい。

国の定めたルールを守りながら、人の本能に司る部分を生業とするにはそれ相応のノウハウや知識が絶対に必要で、賢く立ち回っているのだから。。。。

世間の痛ましい事件を生産業へ直結しないような、偏見の少ない世の中が生まれればどれだけいいことか・・・。
カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
熟女家 豊中蛍池店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
新年度が始まる春から新緑の季節は、夢に近づくための一歩を踏み出そうと何かを始める人が多いシーズンだ。一方、希望にあふれた若者の、とくに女性の憧れにつけ込み、何もかもを搾り取ることでビジネスを成り立たせている人たちがいる。かつて芸能人になりたかったある女性はいま、借金に追われ意に沿わぬ仕事を続けている。彼女がなぜ、夢破れて苦しい毎日を過ごさねばならなくなったのか、ライターの森鷹久氏がレポートする。


* * *
AV(アダルトビデオ)への強制出演問題や、元タレントや元アイドルといった肩書きの女性たちがAVに出演しニュースになるなど、女性と性産業に関する話題が尽きない。もちろん、後者に関しては本人の同意や意思によるものだろうから、問題視する声は聞かれない。ただし、元タレントや元アイドルがAVに出演することが半ば”当たり前”のようになってくると、そこに別の弊害も生まれているようだ。


越田仁美さん(仮名)は現在24歳。幼い頃から芸能人になる夢を持ち、地元・関西では、フリーペーパーの読者モデルを務めた実績もある。転機が訪れたのは友人らとの旅行で訪れた渋谷で、編集者にスカウトされたことだった。慎重な性格の仁美さんは、写真は撮らせたものの、自身の住所や連絡先を編集者に教えることはなかった。


「新創刊される雑誌のファッションスナップだということで声をかけられました。怪しさもありましたが、見覚えのある読者モデルがそばに立っていて、あの子も新雑誌でモデルをやるんだと説明されて…」


二カ月後に新創刊された雑誌「X」に自身のスナップが本当に掲載されているのを知り喜んだ仁美さんだが、同時に後悔もした。あの時積極的に自身を売り込んでおけば、もっと夢に近づけていたのではないか…。


「X編集部にお礼の手紙を送り、雑誌の専属モデルになりたいと写真や経歴書を送りました。Xのプロデューサーを名乗る男から電話がかかってきたのは、手紙を出してからほんの二〜三日後だったと思います」


雑誌Xのプロデューサーを自称するYは、開口一番「君は一次審査を通過した」と告げ、二次面接のために東京に来るよう勧めたという。


「19歳だったので、私が未成年だということで母親の同伴もYは求めてきました。母親は怪しんでいましたが、実際に販売までされている雑誌ということで、最終的には理解してくれたのです」


Yによる二次面接は、都内のカフェでおよそ一時間にわたって行われた。お母さんは心配かもしれないが私に任せて欲しい、私は芸能界にも太いパイプがある…そして最後に事務所登録時にかかる費用についてYは説明を始めた。


「宣伝写真の撮影料や登録料など、全部で12万くらいかかると説明されました。母は、お金がかかるなんておかしいと言いましたが、写真代だししかたがないと感じて…」


登録するために撮影などでお金がかかるという説明は、悪徳な芸能事務所が使ういつもの手口に過ぎない。まともな芸能事務所は、契約した人に金と手間をかけ育て上げ、メディアに露出させることでビジネスとして成立させる。金を出すべきはどんな場合でも事務所側であり、所属タレントやモデル側が金を出す理由は一つもないのだ。訝しむ母の表情を察したのだろうか、Yは次のような提案を持ちかけてきたという。


「Yは“慈善事業”をやってるんじゃないと、強い口調で言ったんです。私にはまだ才能の芽も出ていないし、必要な努力をしないとダメだと。実際、他の芸能事務所に履歴書を送っても落とされていたので、Yのいうことは信憑性があると感じたのです」


その後、母親をなんとか説得し50万円を借りて上京。登録費などを支払い、日中はアパレル店でのアルバイトを、夜は親に内緒でキャバクラで働いた。雑誌のスナップや、メイク特集の撮影にも何度か呼ばれたが、扱いは極めて小さいもので、事務所に所属したからといって目立った待遇の変化はなかった。ある日、Yから呼び出された仁美さんは、思い切って不満をぶつけたが、返ってきたのはYの驚くべき要求だった。


「Yは私が不満をいうと“俺の彼女になればもっと雑誌に出せる”といってきたんです。ビックリしましたが、数日後には肉体関係を持ってしまいました…」


もし、関係を断ったら、少ない芸能人の仕事もなくなってしまうかもしれない。自分の仕事を増やしたい思いもあるにはあったが、やっとつかんだ憧れの仕事を失うかもしれない恐怖にも襲われ、ほかの選択肢はないように仁美さんは思ってしまった。


それからは、Yの要求は目に見えてエスカレートした。深夜に家に押しかけられ相手をするよう求められたり、金を無心してくることもあった。それでも、自身の夢を叶えてくれるのはYしかいない、そう思った仁美さんは要求に応えていった。そして、気づけばYにとって都合がよい、いいなりともいえる存在になっていた。


「肉体関係を持って以降、雑誌での扱いは格段に良くなりました。Yとも“彼氏と彼女”という良好な関係を続けられていると感じ、私の夢についてもよく相談に乗ってくれていました」


しかしやはりYは信頼に値する男ではなかった。すでに登録料と撮影料を払わせることに成功していたYは、今度は仁美さんに“レッスンの受講”を勧めてきた。


「いろいろあって、私が母親と疎遠になり、あまり連絡をとらなくなっていたことを何度も確認してきたと思うと、数十万円もするレッスンの受講を再度勧めてきたんです。雑誌の表紙を務めるには、ポージングなどの勉強が絶対に必要だと迫ってきて…」


業界では有名な先生の講座があるから、Yが窓口になって特別に受講できるというのだ。受講料は、講師の先生やレッスンを開講しているスクールではなく、Yに支払うという条件だった。


当時のことを、仁美さんはすでに”並みの読者モデル”になれたと勘違いしていたと振り返った。Yは肉体関係を持っているが故の男女間の微妙な心情の変化を巧みに利用し“俺の彼女なんだから、最高のレッスンを受けて一流のモデルになれ”と熱心にすすめてきた。


「150万円近くを借金してYに支払いましたが、レッスンがあったのは最初の数回だけで中身のないものでした。仕事が増えるわけでもないのにプライベートでは相変わらず肉体関係が続いており、さらに、財布を落としたとか、新規事業で損失が出て会社が危ないなど言われる度に、数万円から数十万をYに渡しました」


結局、レッスン代名目の金も含め、Yに500万近くを支払ってしまった仁美さん。最初の150万はどうにか返済できたが、残りの返済のためには仕事を変えざるをえず、風俗で働くしか道はなかった。仁美さんが風俗で働き出してからすぐ、Yとの距離は急に広がった。仁美さんに「騙されているという認識はなかったのか」と尋ねた。


「肉体関係を持った直後くらいから、たぶん騙されているなという気持ちはありました。でも、私には夢があって、実現のためにはYについていくしかないという気持ちも心の中にあった。逆に言えば、叶わぬ夢を持った私を認めてくれるのが、Yしかいなかったんです。芸能人が性接待を行うのはいくらか常識で、風俗で働くこともあるという間違った認識もあったでしょう。今考えれば馬鹿馬鹿しい話ですが、若くて現実を知らなかった私もいけなかったのだと思います」


そもそも、芸能人にとって、性接待や風俗で働くのはよくあること。なぜ、仁美さんがそんな誤った思い込みをするようになったのか。ひょっとしたら、元アイドルやタレントがAVデビューしたと告げるニュースの多さが、そんな勘違いを生む土壌を生んだのではないか。もしそうなのだとしたら、お茶の間で知られた人がポルノデビューしたと子どもの目にも入ってしまう現在のニュースの報じ方は、問題があると言わざるを得ない。


結局、仁美さんは夢をあきらめ、借金を返すために今も風俗で働いている。登録料、撮影料、レッスン料など様々な名目で仁美さんから多額の金銭を受け取ったYには、もう連絡をとっていないし、向こうから連絡が来ることもない。芸能人になりたいという夢も、すでに過去のものだ。


後日、仁美さんから筆者の元に電話がかかってきた。なんと、仁美さんの夢を利用したYが、新雑誌を作ると吹聴し、モデルにならないかと新たに女性に声をかけているというのだ。仁美さんの声は怒りに震えていたが、力強かった。


「同じような被害者が出ないように、私が経験したことはなんでもお話しします。私への行為については諦めもつくが、若い女性たちがまたYの喰い物にされるようなことは、決して許しません」


モデルになりたい、タレントになりたいといった夢を見るのは悪くない。だが、夢見る他人の隙に入り込み、悪事を働こうとする者が必ずいる。彼らは人の夢を踏み台にし、けしかけ、家族や友人たちと疎遠になるように仕向ける。そして、いま求められていることは、自分の夢を叶えることにつながらないかもしれないと気づきながら従ってしまう。冷静だったら陥らない奇妙な判断をしてしまうのは、金も人間関係も吸い取れるだけ吸い尽くす、カルト的な手法によって精神的に閉じ込められた状態になるからだ。


被害者が一人でも減るように、悪質な手口の存在が少しでも広まり、身を守る手助けのひとつになればと思う。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170415-00000019-pseven-ent

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
生きていたら「失敗」って誰でもすると思う。
その失敗の代償が大きいか小さいかは人によって違うけれど、その代償を背負って生きるツールとして高収入のお仕事が秩序正しく存在していけるように、高収入業界は永遠に働きかけて行って欲しいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 関西 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
熟女家 豊中蛍池店
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。




東京都議会が児童買春の温床になる「JKビジネス」を規制する条例案を可決しました。18歳未満の就労を禁止し、営業には届け出を義務づけるものです。


「女子高生の自己責任ではないのか」「所詮は金目当ての女の子たちじゃないか」と思いますか?


いいえ、どんな子どもの性も買ってはならないのです。当人が仕事と割り切っていようと、セックスが好きと言おうと、児童買春を正当化する理由にはなりません。


中には、家庭不和や虐待、貧困などで苦しみ、周囲に信じられる大人がいない子どももいます。


性に関する知識が乏しく、NOと言えない子も。その弱みに付け込んで、彼女たちを売り買いする大人の存在こそが問題なのです。


「私なら売春なんて絶対にしない。体を売る女性は自業自得では?」と、買い手の男性の言い分に同調する女性も少なくありません。


しかし、「私は絶対にしない」と言う人も、暴力を振るわれ、経済的に困窮し、あるいは心に傷を受けて自分を粗末に扱ってしまったり、セックスに依存してしまう精神状態になったら、意志の力だけで自分を守れるでしょうか。NOと言えない状況に陥ることもあるのです。


性産業に従事する女性は不幸だと決めつけるのは差別だという反論もありますが、整った労働環境のもとで納得して従事している人がいる一方で、暴力にさらされ権利を侵されている人もいます。その最も弱い立場に置かれた人のことを忘れてはなりません。


性欲を満たすために都合よく「みんな好きでやっているのだ」と考えて、法を侵し、魂の殺人に加担してしまうことがあるのです。


買われる側の自己責任だと言い張り、性的搾取や性暴力を正当化する人たちを、私は許せません。


性は売り物ではなく、命そのものだからです。


※AERA 2017年4月17日号


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00000030-sasahi-life

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
性産業に対する人々の利用の目的は十人十色。
儲けたい人、欲を満たしたい人、、、性は命に関する部分だからこそ、なくすことのできない性産業と言える。

だからこそ国の監視のもと、法と秩序を守りながら存続し続けることがベストと言え、18歳未満の女性が気軽に参入していい世界とは言えない面もある。

大きな問題にならないようにお店に守られながら女性が高収入で働けることがとても大切だと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
フェチさんサンバ
ミセスモンロー
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
昨年夏あたりから、ネットを中心に、急激にその存在が明るみに出た「パパ活」なるワード。一見、“イクメン”を連想させるような爽やかささえ漂うが、その実態は、若い女性がパトロン(パパ)を見つけ出し、パパから金銭的に施しを受けるというものだ。


基本的に、女性とパパとの間には“肉体関係”が伴わない。そのためいわゆる“援助交際”とは区別され、「レンタル彼女」「デート援(交)」ともいわれる。具体的には、女性がパパと高級料理店で食事デートをするだけで、現金で2万〜3万円を受け取れるといった具合だ。金額はその内容次第で変動し、さらに高額になる場合もあるという。


その手軽さからか、ツイッターにも、パパ活中と思しき女性から


〈今週は8万円手に入れる予定だったのに3万だ。ひっさしぶりの(一ヶ月ぶりの)パパ活よく会う人だから緊張しないけど〉
〈新規2件めしゅーりょー。食事からの、なぜかフェラガモで靴買ってもらってからの、お茶で2いただいた〉


など、“報酬報告”ともとれる投稿が後を絶たない。女性側にとって都合が良くコストパフォーマンスが良いとされるパパ活。当然、皮肉としての「羨ましい」という声や、「パパ活やってる女は気に食わない」などといった批判が多いのもまた事実だ。


実際はどうなのか、パパ活中だという都内有名私立大学に通う21歳の女子大生・Aさんが、その内情をこう明かす。


「私はいま、社会的に地位ある40代と50代の男性2人とデートしています。基本的に六本木や麻布などで2時間くらい食事デートして数万の食事代をごちそうになりました。高くて8万円のときもあったと思います。あとはいつもではないですが、高額な商品だったり現金で3万円をもらうこともありますね」


最高額は2時間のデートで食事代も含めれば11万相当に上ることになるという。やはり、こうして見るとパパ活でラクしてお金を手にしているように思えるが、前出の女子大生は「実際にはコスパは良くない」と否定する。


「私は、危険性の少ない“健全な”パパ活派。危ないことをしている子は、当然もっと稼いでいますよ。でも、私はお金よりも人脈獲得を重視しているので、パパと会うのは2〜3か月に1回くらい。頻繁に会わないようにすることで、“心の距離”が縮まらないようにして、身体的な危険を回避したいのです。


稼げるかといえば、たいして稼げません。それから、案外手間もかかるんですよ。パパの選択は、ちょっとやらかしたら会社に損益を与えてしまうぐらいのレベルの人じゃなきゃダメ。あと、パパの秘密をにぎることも大事。もしものときのために、スマホに“漏れたらヤバい写真”を入れて対策しています」(同前)


Aさんは、人脈を重視する“健全なパパ活”を続けるためには、手間暇をかける必要性があると主張する。そして、そうした事情から、次第にパパ活の“廃業”を決意する女子大生も増えてきているという。


「お金や人脈は欲しいけど、やっぱり自分で働いた方が手っ取り早いし、危険なことにも遭遇しないから、という子はいますよ。高時給のガールズバーなどで働いた方が面倒な駆け引きもなく“ワリがいい”という考えですね。私の友だちも、今はパパ活を辞めて、ガールズバーのお客さんと仲良くなったり、仲間が出来たりして、生き生きと働いているみたいです」(同前)


Aさんは、ワリがいいかどうかを吟味したうえで、したたかにパパ活を進めていると主張する。とはいえ、彼女たちがその場その場の“コスパ”中心で物事を考えてしまうと、将来的に大きな落とし穴にハマってしまう可能性も否定できないだろう。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00010002-moneypost-bus_all

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
高時給、高収入のお仕事の方が、女性と男性の間にトラブルが起こりにくいという利点がある。
お店もお店の看板がかかっているわけだし、男性の方もルールに同意して遊びにきているわけだし。

何にせよ男女の関係を個人レベルで構築するのはそれなりにリスクが多いと言える。
それを分かった上での「パパ活」というのなら本人の自由ですれば良いけれど、いきなり「パパ活」をする前に、普通にお店と雇用関係を結んで色々な男性の傾向や応対を学ぶという道もある。

そういう知識面でも高収入のお仕事は女性の人生での財産になることが多い。

規制の関係で風俗店やガールズバー等が減っていくと、こういった裏の活動が男女間で横行しているともとれることが増えてしまう。だからこそルールや秩序がある上で風俗店等、風営法に属する産業が廃れずに存続することは日本にとって大切なことだと筆者は思うのだった。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
地域詳細タグ: 全国
にゃんこspa 天王寺店_営業用
ミネラル