全国風俗ニュース 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  風俗ニュース > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
月の月間打率は驚異の3割8分9厘、31日には投手としても先発登板し、4月の左太腿負傷による長期離脱から“二刀流”での復活を果たした大谷翔平(23)。
ヤンキースのキャッシュマンGMが視察に訪れるなど、世界中から熱視線を浴びているが、そんな中、日本の記者たちの間に“仰天情報”が駆け巡った。
なんと「大谷がソープランド通いをしている」というのだ。


「埼玉県の大宮にある『W』というソープランドの待合室に大谷のサインが飾られているそうなんです。
『人目を忍んで通っているのでは?』『断わりきれずサインしたのか』と話題になったのです」(スポーツ紙記者)


これは現地で確認するほかない。本誌記者が『W』に潜入して待合室を見渡せどサインは……ない。仕方なく店員に聞くと、平然とこう答えた。


「数日前までは飾ってましたよ。大谷選手本人が書いてくれたもので間違いありません」


ではなぜ外してしまったのか。


「事情があって撤去したんです。もとはオーナーが大谷選手の大ファンで知人から譲り受けたもの。
大谷選手が店に来たことがあるわけではないんです」(同前)


店員はお茶を濁すが、こんな「事情」だった。


「サインのことを伝え聞いた球団関係者が外すように掛け合ったそうなんです」(別のスポーツ紙記者)


日本ハム広報担当は、本誌の取材を受けて店側に確認したとした上で、「誤解を招くような掲出は止めていただきたいと求め、以後も同様のことがないよう注意を促した」という。


大谷には寝耳に水のメーワクな出来事だったわけだが、風俗店にまでサインが飾られるとは、“有名税”も規格外だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170904-00000022-pseven-spo
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: ソープランド
地域詳細タグ: 東京
【L 〜エル〜】
ミネラル
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
かつては“NK流“と呼ばれる違法風俗店が乱立、歓楽街としてのイメージが強い西川口(JR京浜東北線)。


駅前の周辺半径100m以内にはおよそ20件もの中華料理店が存在。いまや、ここが風俗街だったのか、という雰囲気だ。中には日本では滅多に食べられない郷土料理のお店もあり、「地鶏茸鍋」という、鶏肉・しいたけ・ジャガイモなどを甘辛く煮込んだ東北地域ならではの料理などが楽しめる。客の多くは中国人だ。川口市在住のある中国人は「東北地域の出身ですから、みんなで大鍋を囲んで食事をするのが好きなんですよ。懐かしい味で美味しいですね。食べると故郷を思い出します」と話す。


また、中国人向けのスーパーもあった。本格的な中国食材を取り扱っており、買い物客が県外からも訪れるという。一番の売れ筋商品は、なんと“生きたスッポン“で、値段は1匹4500円。家でさばいて食べるのだという。


蕎麦店を営む小久保亮治さんは「今から20年前くらいに日本語学校ができたことで、多くの中国人留学生が来た、留学しながら飲食店で働く場所もいっぱいあって、ここに住み着くようになったのではないか」と話す。


西川口に住む中国人たちからは「住みやすいかな。友達いっぱいいるから」「昔より風俗がなくなったから。子供とか家族(連れ)も住めるようになったね」と話す。また、顧客の半数以上が中国人だという不動産屋の店長・王磊さんは「都内にアクセスが良いということと、レストラン・物産店など、だんだん生活しやすくなりまして、都心に比べたら安いですし、お得な感じですね」と説明する。西川口駅から東京駅までは直通で約30分というアクセスの良さである上、1Kの物件で比較すると、家賃は都会よりも約2万円も安い。外国人向けの賃貸物件が多く、不動産業界もそれをサポートしている。


しかし、なぜあの西川口が“リトルチャイナ“と呼ばれるまでになったのだろうか。


10年ほど前から、違法風俗店は取り締まりによって廃業、当時の半数以下になったという。それによって生まれた風俗店の空き物件を利用して中国人が続々と料理店をオープンさせていったのだ。その結果、一つのビルに複数の中華料理店が入っているケースもある。これについて社会学者の鈴木謙介・関西大学准教授は「風俗の跡地は借り手が少ないので、ビルのオーナーが借りてくれる人たちに貸していった結果という部分もある」と解説する。


中国・東北地域の郷土料理を扱う中華料理店の店長・王依飛さんが「将来的に(横浜のような)中華街になれば私はとても嬉しいです」と話すとおり、怪しい風俗街から、活気あるリトルチャイナへと変貌を遂げた西川口が、横浜中華街のようになる日が来るのかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00010000-abemav-bus_all

カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
ミセスモンロー
立川風俗受付センター
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
無許可で女性従業員に客を接待させたとして、大阪府警南署は26日、風営法違反(無許可営業)の疑いで、大阪市中央区宗右衛門町のバー「カルテット」を摘発し、経営者の中野久和容疑者(39)=同市浪速区敷津東=ら2人を逮捕したと発表した。


同署によると、この店はアニメやゲームをテーマにしたバーで、本来なら接客行為はできないが、女性従業員がコスプレをするなどして接客していた。中野容疑者は「接客をしないと売り上げが上がらなかった」と容疑を認めているという。


逮捕容疑は25日午後、府公安委員会の許可を受けずに女性従業員に対し、男性客と談笑し、飲み物を出すなどの接待行為をさせたとしている。


中野容疑者は、大阪市中央区や浪速区でメイドカフェやコスプレバーを20店舗以上経営。今年1月、この店が接客行為をしているとの情報を得て同署が捜査を開始し、2月に接客行為を止めるよう中野容疑者に誓約書を書かせたが、その後も継続していたため摘発に踏み切ったという。
http://www.sankei.com/west/news/170726/wst1707260050-n1.html
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
改札劇場
プラチナ_営業
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
中国・上海の風俗業界に11日、衝撃が走った。当局による大規模取り締まりが突如あったのだ。「摘発されたのは上海体育館そばのエロサウナ2軒。完全武装の特警(特殊部隊)数十人が強襲し、テロか戦争かと身構えたほど」とは、現場近くに居合わせた日本人駐在員。


現地報道によると、テレビ局のクルーを連れ、護送用のバスを用意した特警は店の責任者3人を逮捕し、従業員やサウナ嬢ばかりか客も拘束。現金500万元(約8000万円)を押収した。これを受け、人気エロサウナは軒並み店を閉め、再開のめどは立っていない。


売買春が違法で、風俗営業が厳しく取り締まられる中国には、公然と営業している店が少なく、そのほとんどは地下に潜っている。ただ、上海のエロサウナは当局にも見逃され、かつ土地勘のない旅行者でも簡単にアクセスできる風俗だった。某アダルト誌編集長はこう解説する。


「一大売春エリアだった広東省東莞市の歓楽街が摘発で壊滅してから、上海サウナは中国風俗マニアの間で『最後の“性”地』と呼ばれてきた。基本的には日本のソープと同様のシステムだが、なんといっても女の子のレベルが非常に高い。女優、アイドル級がゴロゴロ。しかも氷や酒を口に含んでのフェラや、中国雑技団かと思うようなアクロバティックな体位をしてくれて、その性技は日本のソープ嬢を上回っている。それでいて料金は800元(約1万3000円)からとリーズナブル。日本語対応できる店もいくつもあり、日本人にも人気だった」


現地在住の駐在員だけでなく、日本からの風俗ツアー客も多かった店だけに、日本人も摘発に巻き込まれたとマニアたちは臆測するが、真相は不明。それでも摘発直後、上海の日本領事館が「中国での売買春行為は違法です」との警告を突如ホームページに載せ、在留邦人には注意喚起メールが回ってきた。


「摘発の背景にあるのは、地元の公安の人事異動ではないか?」と前出駐在員は指摘する。問題のサウナがある区で新しく着任した公安トップが、権力を見せつけるために摘発に踏み切ったという説がある。また共産党指導部の女性陣の上海視察に合わせた浄化作戦の一環という話も。


上海の政治事情に詳しいライターによれば「地元風俗業のバックについてるのはすべて公安、警察」だという。「公安同士で互いに縄張りがあり、けん制し合ったり、対立するシマの店を嫌がらせで摘発したりと、まるでヤクザ。区の公安が摘発に入った仕返しに、もっと上の市の公安が出てきたりもする。今回はさらに大きな勢力争いが裏であるとみられ、11月の党大会までサウナの営業再開はないという意見が強い」


中国でこうした摘発現場に居合わせると、外国人でも賄賂は通じず、最高15日間拘留された末、5000元(約8万円)以下の罰金が科せられ、国外退去処分となる。その後の再入国が禁止になる場合も。こうした処分を受けたエロ日本人は、実はひそかに多いのではないかといわれている。
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/743391/

カテゴリー : 風俗ニュース
アドミ
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
飛田新地、松島新地といえば、聞いたことのある人も少なくないだろう。かつては華やかな遊郭だった赤線(公認の売春地帯)地域だ。
今も日本有数の「ちょんの間」街、つまり風俗街である。客が店に金を支払い、女の子と本番行為を行う性風俗店が乱立するが、不思議なのはどの店も「料理店」として営業許可を出していること。
菓子などを?料理?として提供し、「店員と客の自由恋愛」という体裁で売春が行われる。実態と明らかに異なる届け出なのに、なぜかほとんどの店舗が警察当局の摘発から逃れている印象が強い。
本気を出せばできそうな「掃討作戦」をなぜ実行しないのか。
http://www.sankei.com/smp/west/news/170323/wst1703230004-s1.html
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
業種タグ: 料亭
地域詳細タグ: 大阪
一発0円広告
小岩デリヘルキャンキャン☆CanCan