全国風俗ニュース 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 >  風俗ニュース > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
いまひとつ伸び悩んでいたら、気がつけば「三流」扱い。はたして、そんな「三流扱い」から脱却することは可能なのか? 大ベストセラー『最強の働き方』(東洋経済新報社)の著者、ムーギー・キム氏を監修に迎え、三流からの脱出法を探った。


◆客や同僚に媚を売る“色恋営業”ができないキャバ嬢の場合


「長所は顔!」と自他共に認める美人の亜美さん(仮名・28歳)だが、現在歌舞伎町のキャバクラ店で指名7〜8位に甘んじている理由は、駆け引きが下手、だ。


一流キャバ嬢は、お客だけではなく、同僚のキャバ嬢、黒服など三方向を上手にコントロールする。私は変にプライドが高いので、同僚と仲良くしたり、客や黒服に対して可愛いコぶる“色恋営業”ができないんです」


同僚や黒服の手助けがないので、フリー客もつけてもらえず、店では孤軍奮闘。さらに普段から営業に消極的なため、頑張った結果、トラブルに結びつくことも……。


「あまりに客がつかないので、珍しく大量に営業メールを送ったら、お客さんが全員同時に来てしまい、相手にできなかったんです。結果、放置された客がブチギレ。ボトルで店の鏡を叩き割られました」


さらに「人の顔を覚えるのも苦手」と、告白する亜美さん。これに対して、「気配り命のサービス業に彼女は根本的には向いていない」とムーギー氏はバッサリ。「顔のよさに頼りすぎたツケがきているのでは?」と指摘する。


「接客業の本質は“期待以上のサービス”です。美しいからこそ、中途半端な接客は『調子に乗ってるな』と思われやすくなってしまう。お客を単なる金づると思わず、長期的な信頼関係を築こうとする習慣、考え方が大切です」


今後はマネジャー業など、接客ではなく、管理する側に立つことが目標だという亜美さん。これに対し、「マネジャーになる準備が全くできていません。管理職こそ、気配り命です」とムーギー氏は注意を促したのだった。




●ココを直せば脱三流!


一流の接客には期待を超えたサービスが必要


【ムーギー・キム氏】


’77年生まれ。慶応大学卒。INSEADにてMBA取得。外資系金融機関、コンサルティングファーム、投資ファンドなどで働く。3冊の著書は累計45万部の大ベストセラーに


― [三流な人々]改造計画 ―


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170109-01248574-sspa-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
キャバクラに限らずこういう不器用な?方って職場とか学校とかにもいる!!
でも私は思おうんだよね。それって欠点じゃなくて強みというか、人間関係で落とし所を見つけるのが苦手なら、なるべく人と関わらないお仕事をすればいいと思う。


このニュース記事の場合は美人さんのケースとのことだから、人と関わらずコツコツとお仕事をして世に認められるときには「なんて美人なんだ!!」こんな美人がこんな素晴らしい働きで社会に貢献しているのか!!!って驚かれたりすると思うんよね・・・


できないことも尊んで、できないことはできないで人生生きてみると考えてもなかっためぐり合わせで大冒険が楽しめるかもヽ(=´▽`=)ノ
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
一発0円広告
改札劇場